新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 履歴書にブランクがある場合は?書き方や志望動機の例をご紹介!

履歴書にブランクがある場合は?書き方や志望動機の例をご紹介!

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・離職期間が半年以上あるとブランクがあると見なされる
  • ・企業は履歴書に記載されたブランクの理由を通して、働く意欲を確かめている
  • ・ブランクの理由が病気療養や留学だった場合は、履歴書に事情を書こう
  • ・ブランクがある人は、履歴書の志望動機や自己PR欄でスキルと意欲を伝えよう
  • ・ブランクは正直に伝えること、自信を失って後ろ向きにならないことが大事

監修者:後藤祐介

キャリアコンサルタント

一人ひとりの経験、スキル、能力などの違いを理解した上でサポートすることを心がけています!

「履歴書へのブランクの書き方が分からない」という方に向けて、ブランクがある場合の職歴欄の書き方を解説します。また、どのくらいの離職期間があるとブランクと見なされるのか、ブランクがあると採用で不利になるのか、といった疑問を解決していきます。ブランクをマイナス印象にしない志望動機、自己PRの書き方もご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

履歴書にブランクの理由は書いた方が良い?

前職の退職から時間が経っている場合、状況によっては履歴書には理由を記載するのが良いでしょう。以下では、そもそもどのくらいの期間があくとブランクになるのか、企業はブランクの何を問題視しているのかを解説していきます。

履歴書にブランクの理由を記載するのはいつから?

ブランクがあると判断されるのは、退職からおよそ半年以上が経過している場合です。一般的に、転職活動にかかる期間は長くて半年程度と考えられています。そのため、ブランクが半年以内である場合は、その期間を気にかけない企業も多いようです。

ブランクに関して応募先企業が知りたいことは?

ブランクがある求職者に対して、応募企業は「働く意欲があるのか?」「なぜ前職を辞めたのか?」といったポイントを確かめたいと思っています。ブランクの理由が曖昧だと、企業側は「採用してもすぐに辞めてしまうのでは?」と不安になってしまいます。半年以上のブランクがある場合は、履歴書の職歴欄に理由を記載しましょう。
記載できる理由がないときは、志望動機や自己PR欄で入社意欲を伝えることが重要になります。

空白期間があっても転職を成功させる!面接・履歴書での回答方法を解説」では、ブランクを不安に感じる人へのアドバイスを掲載しています。選考でブランクを聞かれたときの回答方法を知りたい方は、ぜひご覧ください。

ブランクがある場合の履歴書の具体的な書き方

ブランクがある場合、履歴書の職歴欄にはどのように理由を記載すれば良いのでしょうか?ここでは、よくある理由別の書き方と例文をご紹介します。

病気や怪我でブランクがある場合

病気や怪我で療養していた場合、履歴書の職歴欄に事情を記載したうえで、現在は問題なく働けることを示すのがポイントです。療養中に資格取得など就職に向けた活動をしていた人は、その旨も記載してアピールにつなげましょう。

平成30年 4月 ◯◯株式会社入社
令和2年 10月 病気療養のため退職
(病気療養をしていましたが、現在は回復し仕事には支障のない状態です。療養中に介護福祉士の資格を取得しました)

家族の介護でブランクがある場合

自分ではなく家庭の事情でブランクが生じた場合も、履歴書にその旨を記載しましょう。

平成31年 6月 ◯◯株式会社入社
令和元年 8月 家族の介護のため退職
(母の介護のために前職を退職しましたが、現在母は施設に入所しており仕事に支障はありません)

留学でブランクがある場合

留学でブランクがある場合は、留学の目的と留学先が分かるように履歴書に記載します。

平成30年 4月 ◯◯株式会社入社
令和2年 3月 一身上の都合により退職
令和2年 4月 英語の語学学習のためイギリスに1年間留学

特に理由がなく転職活動が長期化した場合

特別な理由がなく転職活動が長期化してしまった場合や、退職後にすぐに転職活動をせずにブランクが長引いてしまった場合は、履歴書の職歴欄には「一身上の都合により退職」と書けば問題ありません。志望動機や自己PR欄で入社への意欲をアピールしましょう。

平成30年 4月 ◯◯株式会社入社
令和2年 3月 一身上の都合により退職

第二新卒でブランクに不安を抱いている方は、「第二新卒の空白期間は内定を左右する?」をご覧ください。ブランクが内定に与える影響と、企業に前向きな印象を与える方法をまとめています。

ブランクがある場合は履歴書の志望動機や自己PRを充実させる

ブランクの理由は人によって異なり、ブランク期間が一概にマイナス評価されるわけではありません。企業の採用担当者は、履歴書や面接を通して「自社を志望する理由」「入社後にどのように貢献してくれるのか」を知りたいと思っています。説得力のあるアピールができれば、ブランクに関係なく内定を獲得できるでしょう。

志望動機では応募企業に入社したい理由を伝える

履歴書の志望動機欄では、なぜ他社ではなく応募企業に入社したいかを伝えることが大切です。競合他社でもいえる理由は説得力がないので、応募企業の特徴を把握したうえで、具体的に何に魅力を感じたのかを説明しましょう。ブランク期間を経て前職と異なる業界や職種を志望する場合は、なぜその業種にチャンレンジしようと思ったのか動機を伝えることも必要です。

自己PRでは前職での経験やスキルを伝える

履歴書の自己PR欄では、前職で培った経験やスキルを伝え、入社後にどのように役立てられるかをアピールします。正社員経験がない人は、アルバイトで得たスキルを伝えましょう。専門的なスキルがなくても、コミュニケーション能力や計画性などは幅広い企業で評価の対象となります。
また、資格取得の勉強など、ブランク期間中に努力していた活動がある場合は自己PRで伝えましょう。就職・転職に向けて前向きに取り組んでいることが伝わり、積極的な印象を持たれるはずです。ブランク期間中に習得した具体的なスキルがなくても、「志望する業界で働く知人に話を聞いて企業研究に力を入れた」というように、意欲が伝わるエピソードがあれば盛り込みましょう。

履歴書に記載する自己PRの詳しいつくり方は、「自己PRの書き方で就活が変わる!ポイントと例文を紹介」を参考にしてください。

ブランク期間がある人が履歴書作成で注意するべきこと

履歴書の職歴欄にブランクがある人は、以下の点に気をつけましょう。

ブランク期間は正直に伝える

ブランク期間があることを隠して履歴書の職歴欄を偽ってはいけません。前職の在籍期間を延ばしてブランクをなくすのは、経歴詐称になるので注意が必要です。事実が明らかになると、不採用や内定取り消しになりかねません。経歴詐称は年金記録などが原因で発覚する可能性があります。ブランク期間は正直に伝え、志望動機や自己PRで前向きな姿勢をアピールしましょう。

退職理由を職場のせいにしない

ブランクがない人にもいえることですが、自己PR欄や志望動機欄で、辞めた理由を職場のせいにするのは避けましょう。なぜなら、企業からすると「また同じ理由で辞めるのではないか」という懸念が生まれるからです。たとえ会社に原因があったとしても、履歴書では表現を工夫してください。たとえば、「〇〇をしたかったから」とやりたいことに目を向けると、ポジティブな姿勢を示せます。

自信を失い過ぎないようにする

ブランク期間があるからと自信を失うと、後ろ向きな気持ちが企業側に伝わってしまいます。履歴書では、ブランクが長かったとしても、仕事に対して意欲があると示すことが大切です。自分の良い面に目を向け、履歴書を通して現状のスキルと入社後の抱負を伝えましょう。

就職活動をするうえでブランクが不安な方は、ハタラクティブに相談してみませんか?
ハタラクティブでは、ブランクがある方の悩みをお聞きし、その人に合った求人提案や選考対策を行います。履歴書の添削も行うので、職歴欄の書き方やアピールの方向性に不安がある方も安心です。
未経験歓迎の求人も多く扱っているので、「前職と違う業界にチャレンジしたい」「アルバイトから正社員を目指したい」という方も、ぜひハタラクティブをご利用ください。

履歴書にブランク期間を記載するときのQ&A

職歴のブランク期間がある人が就職活動をする場合、履歴書にはどのように記載すれば良いのでしょうか?ここでは、ブランクの不安を解消するQ&Aをまとめました。

どのくらい職歴があくとブランクになるの?

一般的に、転職活動にかかる期間は3~6ヶ月とされており、半年以上職歴が途切れるとブランクと見なされることが多いようです。ブランクが長いと企業から質問を受けることもあるので、あらかじめ回答を考えておきましょう。「空白期間を面接で質問されたときの対策」では、ブランクがある方に向けた面接対策の方法をアドバイスしています。
 

ブランクがあると採用が不利になる?

ブランクといってもその理由は人によって異なるので、必ずしも不利になるとは限りません。ただ、企業はブランクがある人に対して、「働く意欲があるのか?」という懸念を抱きがちです。そのため、履歴書や面接では前向きな入社意欲を伝えることが重要です。仕事で活かせる自分の長所を見直したうえで、入社後の抱負を説明できるようにしましょう。
 

ブランクの理由は書いた方が良い?

留学や病気療養、家族の介護といった理由がある場合は、履歴書の職歴欄に記載することで企業の理解を得られます。一方で、転職活動が長引いているなど、理由が書きにくい場合は職歴欄に記載する必要はありません。自己PR欄や志望動機欄で、入社後に活かせるスキルや入社意欲をアピールしましょう。
 

ブランクをごまかすのはいけない?

ブランク期間はごまかしてはいけません。ブランクを隠したいからと、前職の在籍期間を延ばして履歴書の職歴欄に記載するのは避けましょう。事実が明るみに出ると経歴詐称と見なされ、内定取り消しや入社後の処分につながる恐れがあります。「経歴詐称は罪?バレると解雇や損害賠償の可能性も」では、経歴詐称のリスクをまとめました。
 

ブランクがある人の自己PRのコツは?

資格取得の勉強など、ブランク期間に努力していたことを伝えましょう。また、前職の経験やスキルを整理し、応募企業で活かせそうなものを盛り込みます。書類作成につまずいている方は、就職・転職エージェントを利用するのも一つの手です。ハタラクティブでは、求人提案や履歴書の添削といった選考対策を通して、ブランクに悩む方の就職サポートを行っています。

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

    ▼ ご相談はこちらから ▼

    登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

    • はい

    • いいえ

    • arrow
    • youtubeIcn

    © 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ
    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ