正社員に採用された!!内定までの流れと入社までの準備

正社員に採用された!!内定までの流れと入社までの準備の画像

この記事のまとめ

  • 正社員就職を目指すなら就活の基本的な流れを把握することが大切
  • 「準備」「書類作成」「求人応募」「面接対策」「内定」が基本的な流れ
  • フリーターから正社員を目指すなら経験やスキルを問われない仕事がおすすめ
  • 内定をもらったあとも内定承諾や書類提出といった流れを把握して対応しよう

面接をクリアして採用の連絡をもらえると「やっとフリーターから正社員になれる!」と嬉しくて安心するでしょう。しかし、内定を得たからといって気を抜きすぎるのは禁物。入社までには多くの手続きや準備が必要です。気持ちよく就職するため、正社員就職の流れや内定後にするべきことをしっかり確認しましょう。コラムでは、これから正社員を目指す方に向けて正社員就活の基本についてもまとめています。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

正社員就職までの流れ

フリーターから正社員になるには、「事前準備」「書類の作成」「求人への応募」「面接対策」「内定」という流れが基本です。各段階での注意点も合わせて確認していきましょう。

1.事前準備

就活を始めるにあたって最初に行うのが準備。準備をせずにいきなり応募しても、書類選考を通過できる可能性は低いでしょう。具体的には、自己分析と就活の情報収集を行います。

自己分析

自己分析とは、自分について深く把握する作業のこと。これまでの経験やそのとき感じたことを書き出しながら、自分が大切にしている価値観や強みを見つけていきます。自己分析は、就活の基本。「自己分析とは?就活や転職活動での必要性を解説!方法やメリットもご紹介」を参考に行いましょう。

情報収集

どんな業界で働きたいのか、どんな仕事をしたいのかを考えるためにも、業界研究を行ったり職種を調べたりして情報収集を行います。ある程度志望先が絞れたら、業界・職種の特徴や将来性、必要なスキルなどを調べてまとめましょう。

就職の目的の明確化

なぜ正社員になりたいのか、明確化しておきましょう。「なぜフリーターとして過ごしてきたのか」「なにがきっかけで正社員を目指したのか」「なぜ正社員になりたいのか」を明らかにすることで、仕事選びや書類作成、面接での受け答えにも役立ちます。

2.書類作成

正社員求人への応募で使用する書類は、アルバイトと同じ内容では採用されません。また、アルバイトへの応募では必要ない職務経歴書が必要になります。それぞれの書き方を確認し、書類選考を突破できる応募書類を作成しましょう。なお、自己PRや志望動機は応募先に合わせて変えるのが基本。応募先が決まっていない場合は、決めてから作成します。

履歴書

基本的にはアルバイトに応募するものと同じですが、自己PRや志望動機はしっかりと作り込むのがポイント。また、アルバイトは職歴にはなりませんが、フリーターとしての経歴しかなく、アルバイト歴が長い場合は記載してもOK。「今さら人に聞けない?履歴書の基本的な書き方」「アルバイト経験は職歴欄に書くべき?既卒の履歴書の書き方」でご確認ください。

職務経歴書

職務経歴書とは、これまでの職歴を記載した書類のこと。履歴書の職歴欄をより詳しくした内容です。フリーターから正社員になるのは、一般的に「転職」に該当するため職務経歴書を求められることが多いでしょう。具体的な書き方や項目については、「職務経歴書はフリーターも必要?書き方の見本や作成のポイントをご紹介」で説明しています。

書類は丁寧に扱う

履歴書や職務経歴書は、中身だけでなく扱い方も評価されています。折れや汚れがないか、誤字脱字がないか、明らかな空欄がないか、丁寧に書いているか。これらが出来ていないと、「雑な人」「就職意欲が低い」とマイナスイメージにつながります。

3.求人へ応募

自己分析や情報収集を行ったら、希望や適性に合う求人を探して応募します。ここで選り好みしすぎてしまうと応募数が減ってしまうため、少しでも気になる企業があればチェックし、企業研究などを行って応募するか決めるのがおすすめ。応募先を決めたら、書類の自己PRや志望動機を企業に合わせて作成しましょう。

ブラック企業の見分け方

ブラック企業は、「常に求人が出ている」「一度の採用人数が多い」「離職率が高い」「平均に対して高すぎる給与」などで判断できます。「ブラック企業の特徴は?こんな会社には注意!」も参考にし、条件だけで応募を決めないよう注意してください。

4.面接対策

フリーターから正社員を目指す場合、高い確率で質問されるのが「なぜフリーターだったのか」「なぜ正社員になりたいのか」というもの。「フリーターの正社員面接でよくある質問は?ふさわしい服装についても解説」のコラムを参考に、回答を準備しておきましょう。また、志望動機や自己PRは面接の定番質問。こちらも併せて対策を行います。
面接では受け答えの内容だけでなく、身だしなみや基本マナーにも注意。スーツ着用を基本として、清潔感のある身だしなみと挨拶など基本的なマナーを意識しましょう。

5.内定

内定連絡をもらったら、承諾するか考えて返答します。「内定承諾の連絡は電話とメールどちらが良い?基本のマナーと例文をご紹介」でも述べているように、内定承諾の連絡は電話が基本。その場で回答できるなら伝え、待ってもらう必要があれば「内定を待ってもらうにはどうする?メールの例文や一般的な保留期間を紹介!」を参考に保留にしてもらいましょう。

平均的な就活期間は?

転職活動の場合は3~6ヶ月が平均といわれています。仕事をしながらの転職活動は大変ですが、長期化すると転職への熱意が下がるため短期間で終わらせるのが理想。また、離職後の転職活動も経済的に厳しくなったり空白期間ができてしまったりするため注意しましょう。

内定から入社までの基本的な流れ

フリーターから脱却して正社員となるために頑張る就職活動。面接に合格すると、まず企業の人事から内定通知を受け取ることになります。入社の意思をしっかりと伝えたら、正式な社員となるための労働契約を結びます。
労働契約書には勤務時間や給与、休日などについて明記されているのでよく確認してサインをしましょう。次に、いつから出社できるのかを決めます。フリーターの場合、人事から採用をもらった時点でまだアルバイトを辞めていない可能性も。引き継ぎやシフトの変更などを考慮し、アルバイト先に迷惑がかからないように注意してください。あらかじめ就活をしていることをバイト先に伝えておくと、スムーズな退職が叶うでしょう。アルバイトの退職が決まれば、あとは入社日を待つのみ。スーツなどの服を揃えたり、スキルアップの勉強をして準備しておきましょう。

入社までに必要な書類

内定後に入社の意思を伝えると、正式な契約の手続きをするため多くの書類が必要となります。ほとんどの企業では、新卒・既卒に関係なく次の6つの書類が必要です。

・労働契約書:すべての勤務条件が明記されている書類
・年金手帳:もし失くしていたら、社会保険事務所で再発行が必要となる
・給与振込に関する書類:企業側がする用紙に、振込先として指定する口座を記入
・雇用保険被保険者証:前バイト先かハローワークでもらえる
・源泉徴収票:年末調整に必要な書類で、前バイト先でもらえる
・健康保険被扶養者異動届:扶養義務のある家族がいる場合のみ提出

フリーターが採用を受けた場合、アルバイト先に用意してもらう書類もあります。また、上記以外にも会社や職種により資格証明書や健康診断書、身元保証書などが必要となることも。求められた書類を正確に用意できるよう、早めの確認が大切です。

フリーターから正社員になれる?

フリーター経験しかない場合、正社員として採用されるか不安な方もいると思いますが、フリーターから正社員になることは可能です。

フリーターとは

フリーターとは、厚生労働省の定義では学校を卒業した15~34歳の男女(女性は未婚の人)のうち、下記に該当する人を表します。

1 雇用者のうち「パート・アルバイト」の者
2 完全失業者のうち探している仕事の形態が「パート・アルバイト」の者
3 非労働力人口で、家事も通学もしていない「その他」の者のうち、
就業内定しておらず、希望する仕事の形態が「パート・アルバイト」の者

参照元
厚生労働省
若年者雇用に関する参考資料

フリーターの就職事情

労働政策研究・研修機構の調査によると、フリーターを含む非典型雇用から正社員になった人は、全体で20.9%でした。年齢別の移行率は以下のとおりです。

年齢(男女計) 正社員移行率
15-19歳 29.9%
20-24歳 32.7%
25-29歳 25.5%
30-34歳 18.1%

引用:引用:労働政策研究・研修機構「若年者の就業状況・キャリア・ 職業能力開発の現状3-平成29年版「就業構造基本調査」より-(72p)

上記の結果から、年齢が高まるにつれて正社員として就職できる確率は減ることが分かります。フリーターから正社員採用を受けたときに評価対象になるのは年齢とポテンシャル。年齢が高くなれば、相応の経験やスキルを問われます。

フリーターから正社員が難しいといわれる理由

フリーターに対して、「すぐに仕事を辞めそう」「責任に対する意識が薄いのでは」とネガティブな印象を抱く方もいます。また、アルバイトはどれだけ長く働いてもスキルアップが難しいため、年齢に応じたスキルがないのも、フリーターからの就職が難しいといわれる理由の1つ。
ただし、フリーターから正社員になれないわけではありません。自己分析や企業研究をしっかりと行い、自分の適性や強みに合った企業を選んだり、仕事に対して意欲的な姿勢を見せたりすれば、ポテンシャルを評価されて採用される可能性も高まるでしょう。

フリーターから正社員になるメリット

フリーターから正社員になると、収入と雇用が安定します。また、スキルアップの機会も増えるのでキャリアアップを目指すこともできるでしょう。

収入が安定する

アルバイトをはじめとする非正規の雇用形態は多くが時給制。働いた時間だけ給与が発生する形態のため、収入が不安定といえます。特に、体調を崩したり長期の休みを取ったりすれば、必然的に働く時間が減るため収入も減るでしょう。いっぽう、正社員の場合は休みを問わずに支払われる月給制や固定給の導入が基本。長期の休みに対する手当や制度も整っているため、収入を安定させやすい特徴があります。

雇用が安定する

正社員は基本的に終身雇用。自己都合での退職や倒産などがない限り働き続けることができます。しかし、アルバイトは非正規雇用。会社の都合や社会情勢によっては契約を解除されることもあるでしょう。たとえ雇用が続いても、シフトに入れないといった事態も考えられます。

社会的地位が向上する

前項で説明したとおり、正社員は雇用が安定しています。また、雇用している企業に認められていると捉えられるので、アルバイトに比べると社会的地位は高いでしょう。住宅や車のローン、賃貸契約などの審査は「今後の雇用と収入」で判断されます。正社員であれば長期間にわたって安定した雇用と収入が見込めるため、審査に通りやすいでしょう。

長期的なキャリアプランを考えやすくなる

企業は正社員に対して積極的にスキルアップやキャリアアップの機会を設けます。これは、長期雇用が見込まれるため。アルバイトなど非正規雇用者は短期間での離職も多いため、基本的には誰でもできる仕事を任されます。正社員になることで、より高いスキルや専門的な知識を得る機会に恵まれ、キャリアプランの幅も広がるでしょう。

フリーターから正社員就職を目指すコツ

フリーターから正社員就職を成功させるには、正社員登用制度の活用や採用されやすい仕事を選ぶことがポイントになります。

正社員登用制度を活用する

正社員登用制度とは、非正規雇用として働く従業員を正社員として採用する制度のこと。企業によって実施の有無は異なりますが、これまでのアルバイト経験を活かせるため同じ仕事で正社員を目指すなら検討してもいいでしょう。ただし、制度があっても実績がなかったり、利用には企業が定める条件を満たしていたりする必要があります。「正社員登用制度とは?特徴や注意点を解説!」で詳細をご確認ください。

採用されやすい仕事を選ぶ

フリーターから正社員就職を目指したとき、人手不足の業界や経験・スキルを問われない仕事を選ぶのもポイントです。一般的に、アルバイト経験は職歴に該当しないため「未経験歓迎」「経歴不問」の仕事を探してみましょう。

営業

営業職は経験や経歴よりも人柄や将来性を重視されやすい仕事です。特別なスキルは必要なく、傾聴力やコミュニケーション能力、フットワークの軽い人に向いています。ビジネスの基本を身につけられるため、はじめての就職先としてもおすすめです。具体的な仕事内容は「営業職とは何をする仕事?業務の内容やメリット・デメリットを解説!」でご紹介しています。

販売

アルバイトとして経験した方もいる販売職も、フリーターからの就職におすすめの仕事です。営業職と同様に特別な資格やスキルは必要なく、人柄が重視されます。正社員になると店長やエリアマネージャー、SVなどキャリアアップが目指せるのもポイントです。

介護

高齢化に伴って人手不足が課題となっている介護職。専門知識は求められますが、働きながらスキルアップが叶うのでまったくの未経験・知識なしでも採用されやすい業界です。資格取得を支援してくれる企業も多く、長期的なキャリアを描きやすい仕事でしょう。

視野を広く持つ

フリーターから正社員を目指すなら、視野を広く持つことが大切。正社員はアルバイトのように簡単に採用されません。「△△の仕事しかしたくない」「△△で働きたい」など、自分の希望ばかりを重視していては求人は見つからないでしょう。
希望する仕事に関連するものも調べたり、第三者にアドバイスをもらったりしながら視野を広げて求人を探してみてください。

譲れない条件を持つことも大切

「視野を広く」を意識しすぎて「なんでも良い」状態になるのは間違い。勤務地や仕事内容、待遇など譲れない条件を2~3個持つことで、より自分の求める仕事を見つけやすくなります。

複数内定が獲得できた際に注意すべきこと

正社員の就活を行っていると、1度にいくつかの企業を受けることがあります。もし複数の会社から内定がもらえれば、それはとても嬉しいこと。しかし実際は一つの会社にしか就職できないため、他の会社に辞退を申し出ることになります。
内定辞退も入社承諾と同じく、採用通知から2、3日以内に連絡をしましょう。先方の人事には迷惑をかけることになるため、1日でも早い連絡が大切。ここで「どうせ働かない会社だから」などと考えて連絡をしないのは絶対にNG。就職先の会社と同じ職種だった場合は顔を合わせる可能性がありますし、上司や重役がどこでつながっているか分かりません。社会人として相応の対応を心がけてください。
複数内定から本命を決めるのに悩むこともあります。そのときは、就職する会社に求める条件を箇条書きにして比較してみましょう。フリーターから正社員になれるせっかくの採用です。よく考えて決定してください。

正社員就職の流れがよく分からない、はじめての就活でなにから始めていいか分からないという方は、フリーター向け就職エージェントのハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブでは、ご利用者一人ひとりに専任の就活アドバイザーがついて、自己分析や仕事選び、提出書類の添削などを実施。模擬面接も納得するまで何度も行います。
これまでのアルバイト経験をどう強みとしてアピールすればいいか、なぜ正社員になろうと思ったのかなど、悩む方の多い項目も、専任アドバイザーが採用担当者の目線からチェック。スムーズな就職のお手伝いをいたします。

正社員就職に関するよくあるQ&A

フリーターから正社員を目指すときによくある質問に回答していきます。就活の参考にしてください。

正社員になれる仕事が多いのはどんな業界ですか?

特定の業界はありませんが、人手不足の仕事がおすすめです。

人手が足りない仕事は、経歴よりも年齢や仕事への熱意を重視する傾向。フリーターから正社員になりたいという気持ちを伝えましょう。「ニートから正社員になれる?おすすめの職種や就職のポイントをご紹介」のコラムでは、おすすめの仕事を紹介しています。
 

正社員就職にかかる費用は?

人によるものの、多ければ数十万円かかることも。

たとえば、すでにスーツなどを持っていて、さらに近隣地域での就職を希望している人ならそこまで費用は掛からないでしょう。「就活には10万円以上かかる?今から始めよう就活貯金!」でも紹介しているように、スーツやかばんを用意するなら数万円かかりますし、遠方へ選考を受けに行けば交通費が必要です。また、履歴書や証明写真など細かな出費もあるので留意しておきましょう。
 

正社員にならないといけないですか?

正社員になるのは必須ではありませんが、将来を考えるなら就職がおすすめです。

フリーターのままでも生活は可能ですが、年齢に応じた収入を得るのは高齢になるほど難しくなるでしょう。社会的信用も低い傾向なので、年齢を重ねると多くの場面で厳しさを感じる方もいるようです。「正社員になりたくない…フリーターを続けるリスクとは」のコラムで、フリーターの将来についてご確認ください。
 

初めての就活、どうしたらいい?

プロに相談してサポートを受けるのがおすすめです。

就活は一人でも行えますが、成功させるにはコツが必要。初めての就活かつ経歴がフリーターなら、プロの力を借りるのがおすすめです。ハローワークのほか、民間の就職エージェントも検討してみましょう。ハタラクティブは、フリーターに強い就職エージェント。ぜひご相談ください。

関連タグ