32歳の平均年収を解説!性別や地域、産業別の収入差や転職のポイントも紹介

32歳の平均年収を解説!性別や地域、産業別の収入差や転職のポイントも紹介の画像

この記事のまとめ

  • 厚生労働省の調査に基づいて計算すると、32歳の平均年収は約417万
  • 32歳の平均年収は性別や学歴、地域によっても差がある
  • 32歳の平均年収が高い業界は「電気・ガス・熱供給・水道業」や「情報通信業」など
  • 年収を増やすなら、現職で昇給を狙うだけでなく転職するのも有効

32歳は、社会人経験が豊富になり給与額も増える年齢。自分の年収が周囲に比べて多いのか少ないのか気になる方もいるでしょう。しかし、お金に関することは他人に聞きづらいもの。このコラムでは、32歳の平均年収をはじめ各項目別の平均賃金をご紹介します。年収を増やすための方法や転職成功のためのポイントも解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

32歳の平均年収は約417万

e-stat(厚生労働省のデータ参照)の「賃金構造基本統計調査 / 令和4年賃金構造基本統計調査」によると、32歳が該当する30~34歳の平均年収は約417万でした。なお、労働者全体の場合、平均年収を計算すると約462万円です。年齢別の平均賃金を見たとき、労働者全体の平均賃金を超えるのは35歳以降。そのため、労働者全体と比較して32歳の平均年収がやや少ないのは一般的であるといえます。

項目別の32歳の平均収入

以下では、性別、学歴、地域、産業、雇用形態に分類したときの32歳の平均収入をご紹介します。自分に当てはまっている条件で、より細かくチェックしてみましょう。

性別

厚生労働省の「令和4年賃金構造基本統計調査 結果の概況」によると、30~34歳の平均賃金は、男性が29万7,000円、女性が25万4,000円です。男性は年齢を重ねるごとに賃金も上昇していく傾向にありますが、女性はほぼ横ばい状態が続いていることが分かります。

学歴

同調査によると、学歴別に見る30~34歳の平均賃金は、以下のとおりです。

高卒…24万8,500円
専門学校卒…26万3,100円
高専・短大卒…26万1,300円
大学卒…30万4,900円
大学院卒…35万4,300円

各学歴の平均賃金を比較すると、高卒、専門学校卒、高専・短大卒が25万円前後、大卒・大学院卒が30万円を超える結果となっています。この結果を見ると、学歴の高さが平均賃金の高さに比例しやすい傾向があるといえるでしょう。

地域

同調査で地域別の場合、年齢別の調査は行われていませんが、日本全国でもっとも平均賃金が高かった都道府県ベスト5は以下のとおりでした。

1位…東京(37万5,500円)
2位…神奈川(33万5,600円)
3位…大阪(33万900円)
4位…愛知(31万2,600円)
5位…兵庫(31万2,300円)

なお、全国計の平均賃金は31万1,800円です。上記の5つのなかでも、1位の東京が平均賃金を大きく上回っているでしょう。以上のことから、32歳の平均年収がもっとも高いのも東京と予想できます。

産業

同調査の30~34歳で平均賃金が高かった産業別ベスト5は、以下のとおりでした。

1位…電気・ガス・熱供給・水道業(34万3,100円)
2位…学術研究・専門・技術・サービス業(33万6,600円)
3位…情報通信業(33万3,600円)
4位…金融業・保険業(32万5,500円)
5位…鉱業・採石業・砂利採取業(32万900円)

最も平均賃金が高い産業は、電気・ガス・熱供給・水道業でした。次いで学術研究・専門・技術・サービス業、情報通信業と続いています。「今より手取りを多くしたい」「年収を上げたい」と転職を検討している方は、これらの高収入を狙いやすい産業の仕事がおすすめです。

雇用形態

同調査によると、30~34歳の正社員・正職員の平均賃金は28万8,400円、正社員・正職員以外の場合は21万5,500円でした。正社員・正職員は年齢が上がるにつれて賃金が上昇していく傾向にありますが、正社員・正職員以外の非正規労働者の賃金は、年齢が上がっても賃金はほぼ横ばい状態で、昇給は難しいでしょう。

平均年収や収入を上げる方法については、「平均収入の実態を紹介!年収を上げる方法や転職の注目ポイントを解説」のコラムを参考にしてみてください。

参照元
厚生労働省
令和4年賃金構造基本統計調査 結果の概況
e-stat
統計で見る日本

未経験OK多数!求人を見てみる

32歳公務員の平均収入は?

人事院の「令和4年国家公務員給与等実態調査の結果」と総務省の「令和4年地方公務員給与実態調査結果等の概要」によると、32歳以上36歳未満の国家公務員の平均賃金は33万6,253円、地方公務員の平均賃金は31万5,093円でした。
国家公務員の年収は、人事院が調査した民間企業の給与を基準とする「人事院勧告制度」によって決まります。この調査は毎年行われており、調査対象となる民間企業はいわゆる大企業。そのため、公務員の給与水準は、労働者全体の平均年収と比較してやや高くなる傾向にあるようです。地方公務員の場合は、国家公務員の俸給表に相当する給料表に準じて職務の「級」と「号給」の組み合わせから給料が決まります。
32歳の方で公務員に興味がある方は、「30歳以上で公務員試験への合格は可能!試験対策のポイントも解説」のコラムをご一読ください。

参照元
人事院
令和4年国家公務員給与等実態調査の結果
総務省
令和4年地方公務員給与実態調査結果等の概要

32歳の平均貯蓄額は?

厚生労働省の「2022(令和4)年国民生活基礎調査の概況」によると、32歳が該当する30~39歳の1世帯当たりの平均貯蓄額は717万8,000円でした。32歳の平均年収は約417万」でご紹介した平均年収の約1.7倍程度の金額が、平均的な貯蓄額のようです。

貯蓄額には大幅な差があるのが実情

前述した貯蓄額は、あくまでも平均値。同年代でも、就いている仕事や雇用形態、独身か既婚かなどの条件によって、貯蓄額には差があるのが実情です。若くして多額の貯蓄を持つ方もいますが、32歳では貯蓄額が年収額を下回る方も多く、個人差が大きい分野といえるでしょう。

貯金を増やすコツや節約術については、「貯金がない人は多い?効果的な節約術と対処法を紹介」や「20代の貯金はいくらだと安心?中央値と貯蓄を増やすコツを解説」のコラムでご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

参照元
厚生労働省
2022(令和4)年国民生活基礎調査の概況

32歳の社会人が年収を増やす5つの方法

ここでは、32歳の方に向けて年収を増やす5つの方法を紹介します。以下を参考に、自分に合う方法を試してみてください。

1.今の会社でステップアップをする

年収を増やす方法の1つとして、現在働いている会社で昇進や昇格などのステップアップを目指すやり方があります。勤続年数による定期昇給制度もありますが、大きな昇給は望めないのが実情です。定期昇給を待つよりも、仕事で生産性を上げる、大きな結果を出すなどの「評価に対する昇給」を狙うほうが、年収アップにつながりやすいでしょう。

2.資格を取得して手当を増やす

資格を取得して手当を増やすのも、年収アップにつながる方法の一つです。特定の資格を持つ人に対して「資格手当」を支給する企業は多いもの。汎用的なものでは、簿記や秘書検定、専門的なものでは宅地建物取引士や社会保険労務士、理学療法士などが挙げられます。資格手当の金額は、業務への関連度や企業にもよりますが、数千円~3万円が相場のようです。
社会人におすすめの資格を紹介!取得するメリットや勉強法も解説します」では、おすすめの資格や勉強法をご紹介しています。こちらのコラムもあわせてご一読ください。

3.資産運用をする

年収を増やすには、貯蓄を元手にして株や投資信託といった資産運用を行うのも、選択肢の一つです。大きなリターンを期待するなら株式、堅実に増やしたいなら債権や投資信託など、自分の希望やスタイルに合わせて始められるのが特徴。ただし、知識がないままに資産運用を始めてしまうと損をしてしまう可能性もあるので注意しましょう。

4.副業を始める

本業以外に副業を始めて、年収を増やす方法もあります。会社員であれば、在宅ワークや休日に行うアルバイトなどが人気でしょう。ただし、副業を禁止している会社もあるため、副業を始める前に必ず社内規定を確認してください。

5.転職をする

すぐにでも年収を上げたいのであれば、現職より年収アップを狙える企業に転職するのが有効です。これまでの経験やスキルを評価してくれる企業に転職できれば、現在より高い給与水準で働けるでしょう。ただし、収入だけを重視して転職するのは危険です。多少年収が増えても、残業や業務量が多くて大変だった…ということも考えられます。業務内容や社風までしっかりと調べて、転職したい企業が自分に合うのかを確認しましょう。

年収アップを目指す転職成功のポイント

ここでは、年収アップを目指す転職成功のポイントを解説します。32歳の社会人のなかには、「新卒入社の会社で働き続けて転職をしたことがない」「就職活動で苦労したから転職活動も難しそう…」という方もいるでしょう。以下を参考に転職を成功させ、年収アップを実現してください。

転職に求める条件の優先順位を決める

年収を増やすために転職したい場合、年収以外の条件の優先順位を決めておきましょう。転職に求める条件が多い場合、すべてを満たす企業は少ないため、優先順位の低い希望はあきらめなければならない場合もあります。優先すべき条件を間違えて「こんなはずじゃなかった…」と後悔しないよう、年収のほかに何のために転職したいのかを深掘りしておきましょう。

スキルや経験の棚卸しをする

32歳の社会人の方が転職を成功させるには、転職活動の準備段階でスキルや経験の棚卸しをしておくことが大切です。これまで積んできた経験や身についたスキルを整理して、転職後に活かせるアピールポイントを洗い出しましょう。企業にアピールできるポイントが多いほど、より年収の高い好待遇で迎えられる可能性が高まります。

上場企業の求人に注目する

上場企業の求人に注目するのも、年収を増やすための転職活動で大切なことです。同系統の仕事であっても、企業の規模によっては年収が大きく変わることもあります。年収アップを最優先に転職したいのであれば、より給与水準の高い大手企業への転職を目指すのが効率的といえるでしょう。

高収入を狙える異業種の仕事も選択肢の一つ

基本的には経験のある同業種に転職するほうが年収を増やしやすい傾向にあるものの、産業の項でご紹介したような平均賃金の高い業界であれば、異業種への転職も検討すべきでしょう。異業種でも活かせる経験やスキルがあれば、未経験の仕事に転職しても年収を増やすことは不可能ではありません。

参照元
厚生労働省
令和4年賃金構造基本統計調査 結果の概況

「月給や手取りが少ない…」「年収を増やせる求人に応募したい」とお悩みの32歳社会人の方は、転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブでは、スタッフが掲載企業に訪問し、社内の雰囲気や掲載情報に関して調査を実施。実際に見聞きした情報をお伝えできるのが特徴です。転職事情や企業・業界情報に詳しいスタッフによるマンツーマンのサポート体制で、一人ひとりの条件に合う求人をご紹介。企業に言いづらい給与交渉は専任担当者が代行するので、年収が上がる可能性も高まります。ハタラクティブのサービスはすべて無料なので、ぜひお問い合わせください。

この記事に関連するタグ