新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. みんなどのくらい貯めてる?30歳の平均貯金額とは

みんなどのくらい貯めてる?30歳の平均貯金額とは

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・30代の平均貯蓄額は約333万円
    ・結婚には約300万円、教育資金に約1,000万円、老後資金に約3,000万円かかると言われている
    ・効率的に貯金を増やすには、先取り貯蓄や固定費の削減がおすすめ
    ・近年では収入アップのために転職するというのも一般的になっている

仕事も慣れて責任ある業務を行うことが増える30代。
中には、結婚や住宅購入といったライフイベントを迎える人もいると思いますが、同世代の貯金額が気になったことはありませんか?
当コラムでは、30代の平均貯金額について解説しています。
効果的に貯金を増やす方法も紹介しているので、「自分の貯金額が多いか少ないか知りたい」「今後に備えてもっと増やしたい!」という方は参考にしてください。

◆30代の平均貯金額

新卒入社であれば10年ほどの社会人経験を持つ30代。
仕事にも余裕ができ、結婚や住宅購入といったライフイベントを迎えるという人もいるでしょう。

しかし、ライフイベントにはお金がかかることが多く、自分の貯金額でまかなえるか心配…と考えたこともあると思います。
また、中には自分の貯蓄額が多いか少ないか知りたいけど、デリケートな話なのでなかなか周囲に聞けない…と悩んでいる人も。
30代の平均貯金額はいくらなのでしょうか。

金融広報中央委員のデータによると、30歳代の平均預貯金額はおよそ333万円
生命保険や株式、投資信託といった金融資産を含めると、約589万円が平均となっています(金融資産を保有しない世帯を含む)。

また、金融資産を保有する世帯だけの平均だと、預貯金は約566万円、金融資産全体だと約1,002万円。
およそ6割の30代が金融資産を保持しているようです。

参照元:金融広報中央委員 - 家系の金融行動に関する世論調査 https://www.shiruporuto.jp/public/document/container/yoron/tanshin/2017/17bunruit001.html

◆ライフプランニングに合わせた貯金を

30代になると、結婚や子どもの誕生、住宅購入といったライフイベントも身近になると思います。
それぞれのイベントにはどのくらいの資金が必要になるのでしょうか。

【結婚】

結婚資金といっても、式や披露宴だけでなく結納や指輪、新居への引っ越し、家具家電の購入などが当てはまります。
全てをまかなおうとすると400~500万円が必要と言われていますが、両親からの援助や義祝儀といった収入も期待できるため、自己負担額の目安としては300万円が一般的な額と言えるでしょう。

【住宅購入】

地域や住宅の種類によって差はありますが、一般的に3,000万円~4,500万円が住宅の平均価格と言われています。
多くの人は住宅ローンを組みますが、頭金を多く用意すれば借入額が減るため、可能であれば500万円ほど用意できると安心です。

【教育費】

子どもがいれば、就職までの教育費が必要になります。
一般的に、幼稚園から大学まで全て国公立に進んだとしても、子ども1人あたり1,000万円、途中で私立に進学するとさらに1,000万円が必要と言われています。
さらに、塾や習い事、留学などを行えばその分資金が必要となるので注意しましょう。

【老後】

退職金や年金などを除き、老後の生活には3,000万円が必要と言われています。
ライフスタイルや定年後の就業状況によっても差はありますが、「ゆとりある老後」のためには3,000万~5,000万ほどがあると安心です。

◆貯金額を増やすには

前項で、ライフイベントごとにかかる資金が明確になったと思いますが、「そんなに貯められない…」という方もいると思います。
どのような方法だと、効果的に貯金を増やすことができるのでしょうか。

【先取り貯蓄の習慣をつける】

貯まらない人の特徴として、「毎月の生活費が余ったら貯金しよう」という考えが挙げられます。
しかし、貯金をするためには「先に貯金額を決め、余った金額で生活する」のが基本。
そのため、給与が振り込まれたら自動引落や給与天引きといったサービスを利用して強制的に貯金を確保し、確実に積み立てるようにしましょう。

【家計の見直し】

家計を見直して無駄を省くことも大切です。
特に通信費は人によって大幅にカットできる可能性も。
毎月決まった金額を支払う「固定費」を削減するのが重要です。

【ベースとなる収入を増やす】

貯金を増やすには「出費を減らす」ことと「収入を増やす」ことがポイントなので、ベースとなる収入=毎月の給料を増やすのも方法の1つ。
一般的には、昇給や資格手当、副業(企業によって禁止なので注意)などが挙げられます。
また、近年では収入アップを狙って転職する…といったケースも増えています。
現職での昇給が難しいと感じている、大幅な収入アップを希望する人は転職を検討してみてはいかがですか?

今より条件の良い会社に転職したい、高収入が狙える業界はどこ?といった転職に関する相談はハタラクティブにお任せください!
転職情報に精通しているアドバイザーがカウンセリングを実施して、あなたの適性や強みを見出し、活躍できる業界や求人を紹介いたします。
また、企業に直接言いづらい条件交渉もアドバイザーが代行。
「これくらいの年収が欲しい」「持っている資格を活かして活躍したい!」という方はお気軽にお問い合わせください。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ