フリーターも確定申告する?掛け持ちしている場合や提出に必要なものを紹介

フリーターも確定申告する?掛け持ちしている場合や提出に必要なものを紹介の画像

この記事のまとめ

  • 勤務先で年末調整が行われないフリーターは確定申告が必要
  • 「給与収入-各所得控除≦150万円」「所得金額≦20万円」の場合は確定申告が不要
  • フリーターが確定申告をしないと「無申告加算税」「延滞税」などが課される場合がある
  • フリーターが確定申告をすると住民税が安くなったり、所得税の還付が受けられたりする
  • フリーターの確定申告には「源泉徴収票」や「確定申告書A」が必要

「フリーターも確定申告する?」「所得がいくらから確定申告は必要?」と疑問に思う方は多いでしょう。アルバイト先で年末調整されない・給与所得や退職所得を除く所得の合計額が20万円を超えるというフリーターは確定申告が必要です。期日中に確定申告を行わないと、支払う税金が増える可能性があるので注意しましょう。このコラムでは、確定申告をするメリットや必要なものなどを解説しているので、ぜひお役立てください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

確定申告が必要なフリーターの特徴は?

確定申告が必要なフリーターの特徴は?の画像

「勤務先で年末調整が行われない」「所得の合計額(給与所得・退職所得を除く)が20万円以上」といった条件に当てはまるフリーターは確定申告が必要です。また、仕事を掛け持ちしているフリーターの場合、年末調整は基本的に片方の会社でしか行われません。そのため、「年末調整されていない勤務先の給与収入+所得金額(給与所得・退職所得を除く)」が20万円以上の場合は、確定申告が必要です。
ただし、給与収入から各所得控除(雑損控除・医療費控除・寄附金控除・基礎控除を除く)を引いた額が150万円以下で、所得金額(給与所得・退職所得を除く)が20万円以下のフリーターは、確定申告が必要ありません。

親の扶養に入っていて、確定申告が必要かどうか悩んでいるフリーターは、「フリーターが親の扶養を抜けるとどうなる?外れるタイミングや手続きを解説」のコラムもあわせてチェックしてみてください。

そもそも確定申告とは

確定申告とは、1年間に発生した給与所得や不動産所得、雑所得などの所得税を計算し、納税額を税務署に申告する手続きのことです。申告期限までに確定申告書を提出し、源泉徴収された税金や予定納税で納めた税金などの過不足を精算します。

フリーターが確定申告をしないとどうなる?

フリーターが期限内に確定申告をしないと、無申告加算税や延滞税などが課されます。その結果、本来払う税金よりも高い金額を支払わなければならないので注意が必要です。フリーターが確定申告をしないリスクは「フリーターが確定申告しないとどうなる?やり方や必要書類をご紹介!」のコラムでも紹介しているので、ぜひご覧ください。

フリーターが確定申告を行う3つのメリット

フリーターが確定申告を行うメリットは、「住民税が安くなる場合がある」「所得税が戻ってくることがある」などです。それぞれのメリットについて以下で詳しく解説します。

1.住民税が安くなる場合がある

確定申告を行えば住民税の控除額が大きくなり、支払う税金が安くなる場合があります。特に、自分で国民健康保険や国民年金を支払っているフリーターは、医療費控除や社会保険料控除などを申告すれば、税金が安くなる可能性が高いでしょう。

2.所得税が戻ってくることがある

フリーターが確定申告をすれば、払い過ぎていた所得税が還ってくることがあります。毎月のアルバイトの給料から差し引かれている所得税は、高めに天引きされている場合があるからです。所得税の還付について詳しく知りたい方は、「所得税の還付を受けるために知っておきたいこと」のコラムも確認しておきましょう。

3.医療費控除を受けられる

確定申告では、医療費控除やセルフメディケーション控除を受けられ、税金が安くなることがあります。また、病院でもらった領収書の金額が10万円を超えているフリーターの方は、10万円を超えた金額から控除を受けることも可能です。

フリーターの確定申告に必要なもの

フリーターの確定申告に必要なものの画像

フリーターの確定申告に必要な書類は「源泉徴収票」「確定申告書A」の2つです。以下で詳しくご紹介するので、事前に確認しておきましょう。

源泉徴収票

確定申告には、給与所得の源泉徴収票が必要です。給与所得の源泉徴収票には、会社から支払われた1年間分の給与や賞与の総額、納めた所得税の金額が記載されています。源泉徴収票は、勤務先に発行を依頼することで入手可能です。勤務先によっては、確定申告の時期になった際に、会社側から発行される場合もあります。
源泉徴収票がもらえる時期や必要な場面が知りたいフリーターの方は、「源泉徴収票はいつもらえるの?必要になるタイミングと届かないときの対処法」のコラムもあわせてチェックしてみてください。

確定申告書A

確定申告書とは、1年間の所得を計算し、納税額をまとめた書類です。税務署でもらうか、国税庁のWebサイトからダウンロードすることで入手できます。確定申告書には「確定申告書A」と「確定申告書B」の2種類があり、税務署に申告する所得が「給与所得」「雑所得」「配当所得」「一時所得」のみのフリーターは確定申告書Aを使用します。確定申告書Bは、誰でも使用が可能です。

所得控除がある場合に必要なもの

所得控除用の主な書類は「医療費控除の明細書や医療費通知の原本」「生命保険料控除の証明書」「地震保険料控除の証明書」などです。フリーターによってはそれ以外のものも必要な場合があるので、国税庁のWebサイトでよく確認しておきましょう。

フリーターの確定申告の提出方法は3種類

確定申告の提出方法は、「税務署に郵送提出」「税務署に出向いて申告を行う」「電子申告を行う」の3種類です。
実際に会場に出向いて確定申告を行う場合、混雑時であれば長時間待つこともあるため、時間に余裕を持って向かいましょう。一方、電子申告の「e-Tax」であれば、自宅から確定申告ができます。利用にはマイナンバーカードやICカードリーダライタなどが必要なので、事前に用意しておきましょう。マイナンバーカード方式でe-Taxを利用する場合、一度登録すれば翌年からは税務署長への届出や電子証明書の登録などをせずに済むため、今後も確定申告をする予定があるフリーターはぜひ活用してみてください。

フリーターの確定申告のやり方

フリーターの確定申告のやり方の画像

確定申告は、原則2月の半ばから3月の半ばごろまでに所轄の税務署で行います。具体的な流れは以下のとおりです。

1.確定申告に必要なものを用意する
2.申告書に必要事項を記入する
3.提出書類を確認して提出する
4.納税する/還付を受ける

国税庁の「確定申告書等作成コーナー」では、案内に従ってデータを入力すれば確定申告に必要な書類を作成できます。確定申告書の書き方が分からないフリーターは、ぜひ活用してみてください。

税理士に依頼する方法もある

確定申告に不安があるフリーターは、税理士に代行してもらうのもおすすめです。ただし、税理士に依頼するには一定の費用が掛かるため、それを加味したうえで依頼するかどうか判断しましょう。
年末調整を行ってくれる会社への就職を考えているフリーターには、就職エージェントの利用がおすすめ。就職エージェントのハタラクティブは、フリーターや既卒などの若年層を対象とした就職・転職支援サービスです。プロのアドバイザーがあなたの希望に合った仕事をご紹介します。未経験歓迎の求人を多数取り扱っているので、経験やスキルに自信のない方も安心です。応募書類の添削や面接対策などのサポートもマンツーマンで行います。サービスの利用はすべて無料なので、まずはお気軽にご相談ください。

確定申告すべき?フリーターが抱えるお悩みQ&A

この項では、「フリーターが確定申告しないのはアリ?」「フリーターから正社員になった場合は確定申告が必要?」など、確定申告に関するフリーターからのよくあるお悩みを解決していきます。

フリーターが確定申告しないのはアリ?

確定申告が必要なフリーターは、期限内に確定申告を行う必要があります。期限内に確定申告を行わないと、本来納めるべき税金に対して課税されたり、住民税が高くなったりする可能性があるので注意が必要です。フリーターが確定申告を行わないリスクは、このコラムの「フリーターが確定申告をしないとどうなる?」でも紹介しているので、あわせて確認しておきましょう。

フリーターの確定申告に必要なものは?

フリーターの確定申告には、「源泉徴収票」「確定申告書A」などが必要です。源泉徴収票は勤務先の会社からもらえます。確定申告書Aは税務署もしくは国税庁のWebサイトで入手可能です。そのほか、所得控除がある場合は、医療費控除の明細書や生命保険料控除の証明書などが必要となります。

フリーターから正社員になった場合は確定申告が必要?

フリーターから正社員になった場合、就職先の会社に源泉徴収票を提出することで年末調整を行ってもらうことが可能です。会社側は源泉徴収票をもとに、フリーターとして働いていた期間と自社で正社員として働いていた期間を合わせて所得税の計算を行い、年末調整を行ってくれます。フリーターから正社員への転職・就職を考えている人は、ぜひハタラクティブへご相談ください。

源泉徴収票のもらい方は?

源泉徴収票は、勤務先の会社からもらえます。年内最後の収入額が確定する12月に、給与明細と一緒に渡されるのが一般的です。年度の途中で退職する場合は、それまでの収入額が記載された源泉徴収票を、退職時にもらいます。配布されない場合は、勤務先の会社に問い合わせて発行してもらいましょう。源泉徴収票については、このコラムの「フリーターの確定申告に必要なもの」でも解説しているので、あわせて確認してみてください。

この記事に関連するタグ