超えたら扶養はどうなる?フリーター103万の壁とは

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 超えたら扶養はどうなる?フリーター103万の壁とは

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・年収が103万円を超える場合は扶養から外れ、所得税を納付する必要がある

    ・年収が130万円を超えると、自身で健康保険料を納める必要がある

    ・2018年からは、配偶者特別控除が拡大される

    ・年収201万円までは、収入に応じた配偶者控除を受けることが可能

「103万円の壁」とは一体何でしょうか。

このコラムでは、フリーターの方が知っておくべき「103万円の壁」のほか、2018年から変わる配偶者特別控除の上限についてご紹介します。興味のある方は参考にしてみてください。

◆「103万円の壁」とは

「103万円の壁」は、パートやアルバイトで働く人が103万円以下の年収であれば、税金面でメリットがあることを意味します。

「103万円の壁」については、以下の2つを把握しておきましょう。

・年収が103万円を超えると、超えた金額について所得税を納めなければならない 
・年収103万を超えると扶養から外れるため、家族の税負担が増える

 

103万円は総支給額(額面給与)を指し、非課税の通勤手当などは除きます。

 

103万円を超えて働こうと考えている場合は、「130万円の壁」について知っておくことが大切。

年収が130万円を超えると健康保険の扶養から外れるため、自身で保険料を納めることが必要です。ただし、アルバイト先で一定時間・日数働いているのであれば社会保険に加入でき、会社と自身で折半して納めることになります。

◆配偶者控除は「150万円の壁」に変わる?

配偶者控除とは、労働者に配偶者がいる場合、生活費用の負担を考慮して、所得から一定金額を控除する制度のこと。

 

これまでは、妻の年収が103万円以下のとき、夫は「配偶者控除」として38万円の所得控除を受けることができました。妻の年収が103万円を超えるときは、「配偶者特別控除」という名称に変わり、年収が141万円になるまで控除額が段階的に減少する仕組みです。

 

2018年からは、所得控除額38万円の対象となる妻の年収が、103万円から150万円に上がります。これは、女性の社会進出を促すための改正です。

 

「配偶者特別控除は『150万円の壁』に変わるのか」と思う方がいるかもしれませんが、夫の所得が一定の範囲内であれば、201万円までは収入に応じた配偶者控除を受けることが可能です。

 

前の項目でもご紹介したように、年収が130万円を超えると社会保険料の負担義務が生じるため、家族全体の収入を考慮した上で働き方を検討するようにしましょう。

 

「今の収入では生活が厳しい」「もう少しスキルアップできる環境で働きたい」と考えているフリーターの方は、選択肢の1つとして、正社員としての就職を考えてみてはいかがでしょうか。


正社員未経験からの就職を目指す方は、ぜひハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブは若年層に特化した就職・転職サービスで、未経験OKの求人を多数取り扱っています。


面接対策や応募書類のアドバイス、選考日時の調整といったサポートを行うため、就職活動が初めての方も安心してご利用いただけます。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ