1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. フリーターの年末調整って?正社員になった後は?

フリーターの年末調整って?正社員になった後は?

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・所得税とは、個人の所得(収入から必要経費を差し引いた利益)に対して課される税金

    ・年末調整とは、個人に代わって会社が所得税を計算して納付する制度

    ・フリーターから正社員になった年は、両方の所得で年末調整を受けることが必要

    ・退職した会社から源泉徴収票を必ずもらうこと



今回は所得税や確定申告とも関わりの深い、年末調整についてお伝えします。
就職して正社員になった時のためにも当コラムで知識を身につけてみませんか?

◆フリーターも正社員も収入には所得税がかかる

まず、年末調整の説明をする前に、所得税についておさらいしておきましょう。

そもそも所得税とは、個人の所得(収入から必要経費を差し引いた利益)に対して課される税金で、国が定めた税制度の中心にあたる国税といわれるものです。

会社員だけでなくフリーターの人も、年間の所得が一定以上の収入を超えた場合に課税されます。

 

フリーターの場合、年間所得が一定以上の収入基準を満たさずに課税対象外となるケースもありますが、フリーターから正社員として就職した人は収入額が増えるため、ほとんどの人は課税義務が発生するでしょう。

正社員であれば税金や社会保険料は、給与から天引きされているのが一般的。実際に手にする給与額は、所得税やそのほかさまざまな項目が引かれた額です。

納める所得税の額は、収入額によって決まりますが、毎月概算で徴収されています。 

そこで発生する過不足をなくすために、個人の生活事情に合わせて再計算するのが、年末調整です。会社員であれば毎年11~12月に行われます。

年末調整では、「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」「給与所得者の保険料控除申告書 兼 配偶者特別控除申告書」という2種類の書類を従業員に配布。

これらの書類は、配偶者特別控除や保険料の控除の対象になるかの申告をするための書類で、配偶者の所得状態や、自分で支払いをした生命保険料や社会保険料を記入して提出します。

その人の状況によって提出を求められる書類が異なるので、都度確認することが大切です。

ここまで、所得税と年末調整についてお伝えしてきましたが、年末調整と似ている確定申告はどうするべきなのか疑問に思う方もいるのではないでしょうか。

次の項目で詳しく解説します。

◆年末調整と確定申告の違い

年末調整も確定申告も「所得税を申告して納付する」という点は一致しているので混同しがちですが、それぞれ別のものです。

まず、所得税は原則として申告納税方式の税金で、自分で税額を計算して申告し、納税することが基本となります。 

年末調整は会社が所得税の計算と納付を代行してくれるもので、手続きのタイミングは毎年11~12月。確定申告は自分で所得税の計算と納付をするもので、翌年2~3月に手続きをします。

つまり、年末調整が完了している時点で翌年の確定申告をする必要はなくなります。

年末調整が行われる理由はいくつかありますが、代表的なものは手続きをシンプルにして、税務署側の業務負担を軽減することです。

すべての会社員が直接税務署に対して確定申告するとなると、税務署の処理が追いつかず、徴税も困難になります。 

その問題を回避するために、従業員を雇用している企業が窓口となって、税金の計算や納付を代行する源泉徴収や年末調整の制度ができました。同制度によって、従業員も手続きの負担が少なく済みます。

◆フリーターから正社員になった時の年末調整

1年間でフリーター期間と就職して正社員になった後の期間がある場合、年末調整はどのように行われるのでしょうか? 

そのときは、フリーターとして働いていたアルバイト先から、退職時に源泉徴収票をもらいます。

源泉徴収票とはフリーターとして年の途中まで働いていた期間に支払われた給与総額や、天引きした税金、社会保険料だけが記載されたものです。

フリーターから正社員として就職した場合、この源泉徴収票は就職した会社に提出。

受け取った会社は源泉徴収票をもとに、自社で正社員として雇用した期間だけでなく、他社でアルバイトとして働いていた期間も含めて所得税の計算をして、年末調整を行います。

ただし、下記の方は確定申告が必要になりますので注意しましょう。

・給与はもらっていたが年末調整されていない

・退職したが年内に転職していない

・正社員の仕事とは別の会社でアルバイトをしていた

最初のケースですが、年末調整がされているかどうかは源泉徴収票を確認しましょう。

年末調整されていない場合は、「(摘要)」に「年末調整未済」と表記されている、または

「乙欄」に「○」がついていますので、すぐ分かります。

年末調整がされておらず、確定申告をする場合、還付金がある可能性が高いので忘れずに手続きをしましょう。

今回は年末調整について詳しく解説しましたがいかがでしたか?
フリーター時代とは異なり、正社員になると今まで知らなかった手続きをする機会が増えるもの。おおよそでも構わないので知っておくと、本来は無用だった追加書類の提出などを防ぐことができるのではないでしょうか。

就職活動の傍ら、少しでも知っていただければ幸いです。

もしフリーターから正社員としての就職を目指しているのであれば、ハタラクティブを利用してみませんか?

ハタラクティブは、フリーターや高卒、既卒、第二新卒を対象とした就職・転職支援サービスです。

 厳選した1,500件以上の求人から、あなたに合うお仕事をご紹介。未経験OKの求人も多数ご用意しています。

経験豊富なアドバイザーが、面接対策や応募書類の添削といったサポートをマンツーマン体制で行います。ぜひ気軽にご相談ください。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

正社員経験がなくても大丈夫!

未経験OKの求人も多くあるため、あなたにぴったりな仕事が見つかります!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる