1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. フリーターが手取り20万になるには

フリーターが手取り20万になるには

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・フリーターが手取り20万円を稼ぐのは難しい傾向にある
  • ・フリーターと正社員では年収に差がある
  • ・手取り20万円を目指すなら、正社員になるのが近道

フリーターが手取り20万になるには

バイトの経験がある方やフリーターの方なら、手取り20万円という壁の高さを実感している方も多いのではないでしょうか?

実際フリーターとしての自分の手取りを思い浮かべてみてください。
厚生年金・健康保険・雇用保険などの社会保険料や所得税、必要経費…様々な控除額の多さに驚き、手取りの少なさに愕然とする方も多いはずです。
逆に「保険に加入していない」など控除額が少ないとすれば、それは勤務日数や時間が短いため手取り自体が少ない方が大半といえるでしょう。

働く条件によっては、フリーターのままで手取り20万円が無理だとは言い切れません。
ただし、それは努力や時間を惜しまず働いてこその金額です。
もし時給が1000円だとしたら、週5日8時間勤務で16万円。各種控除額を考えれば、手取り20万円には到底及びません。
だからと言って残業やダブルワークをすれば、貴重なプライベートタイムが削られることに。
もし、運よく高時給の仕事を見つけたとしても、専門性や実力を必要とする業務であったり責任を負う場面が発生したりと、正社員並みの技術や責任感が必要となる可能性が高いはずです。

では、なぜ「手取り20万円」なのでしょうか。

それは、新卒者が正社員として1年目に受取る年収240万円(手取り)の平均月収をイメージしているからです。

朝から晩まで必死で働いて同じ手取り20万円なら、フリーターより正社員になるほうが割に合うと思えませんか?さらにボーナスや手当などの待遇を含めるとすれば、フリーターと正社員の年収の比はとても大きな違いがあります。この差に気付くことができるか、そして行動に移せるかが今後の貴方の生活や将来設計を描く上で大切な分岐点です。

本気で手取り20万円を目指しているなら、フリーターから正社員への一歩を踏み出すこと。それが一番の近道だと気付くことができた今、行動するのは貴方次第です。

フリーターの就職に強いハタラクティブでは、多くの20代の方のサポートを行ってきました。
80.4%と高い内定率を誇っており、無料でご利用できますので、この機会ぜひご相談ください。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる