フリーターが手取り20万を稼ぐには?

フリーターが手取り20万を稼ぐには?の画像

この記事のまとめ

  • フリーターで手取り20万を稼ぐことは不可能ではない
  • 手取り20万を稼ぎたいなら、フルタイムで時給1400円以上が目安
  • フリーターと正社員では年収以外にも待遇に大きな差がある
  • 手取り20万円を目指すなら、フリーターではなく正社員としてが確実

フリーターで手取り20万を得ることは可能か知りたい方は多いでしょう。働く条件によっては、フリーターが手取り20万を得ることは可能です。しかし、フリーターで手取り20万を得るには時間を惜しまず働く必要がある場合も。このコラムでは、フリーターが得られる月給の目安や正社員との違いをご紹介します。「もう少し稼ぎを増やしたい」とお悩みのフリーターの方は、ぜひ参考にしてみてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事あるのかな?
  • 自分と同じような人はどうしてる?
  • 資格は取るべき?
経歴にかかわらず、ゼロからサポートします!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

フリーターが手取り20万を稼ぐことはできる?

フリーターが手取り20万を稼ぐことはできる?の画像

働く条件によっては、フリーターのままで手取り20万円を稼ぐことは不可能ではありません。ただし、それには時間を惜しまず働く必要があることも。手取り20万を稼ぐ場合、基本的には社会保険への加入が必要になるため、厚生年金・健康保険・雇用保険などの社会保険料や所得税、必要経費とさまざまな控除額の多さに驚き、手取りの少なさに愕然とする方も多いはずです。

アルバイトの時給が1000円の場合

アルバイトの時給が1000円だとしたら、週5日8時間勤務で16万円の月収となります。各種控除額を考えれば、手取り20万円より極めて少ない額になるでしょう。長時間労働やダブルワークをすれば、手取り20万にとどく可能性もありますが、プライベートの時間が削られることに。万一、高時給の仕事を見つけても、専門性や実力を必要とする業務であったり責任を負う場面が発生したりするなど、正社員並みの技術や責任感が必要となる場合が多いはずです。

手取り20万円稼ぐにはどれくらいの時給が必要?

フルタイムの場合、時給1400円以上あれば手取り20万円にとどく可能性があります。

計算式:1400円×実働8時間×23日出勤=257,600円

税金などで5万円引かれたとしても、手元に20万円残る計算です。手取り20万の年収に詳しく知りたい方は、「手取り20万は額面や年収でいくら?一人暮らしはきつい?家賃や貯金も解説」のコラムで詳しく解説しているので参考にしてみてください。

ハタラビット

自分の適職とは?
ハタラクティブで
相談してみませんか?

こんなお悩みありませんか?

  • 自分のやりたいことがわからない…
  • 就職・転職のタイミングがつかめない
  • 就活って、何からはじめたらいいの?

就活に関する不安や疑問にもハタラクティブでは、1つ1つ向き合います!
あなたに合った求人のご紹介だけでなく、今の転職市場のお話や必要な準備など、ご状況に合わせて、専任の担当が丁寧にサポート
今すぐでも、少し先の就活でもOKです!
まずは気軽に相談してみませんか。

未経験OK多数!求人を見てみる

手取り20万を目指すなら正社員就職も検討しよう

手取り20万円を稼ぎたい方は、正社員に就職するのも選択肢の一つです。フリーターと正社員の年収の差は大きく開いているのが現実。正社員に就職すれば、ボーナスを受け取れたり、充実した福利厚生が受けられたりすることもめずらしくありません。正社員と同じ時間働くなら、正社員として就職したほうが効率的に思える方もいるでしょう。フリーターを続けるのも、正社員就職を目指すのも個人の自由ですが、今後の生活や将来設計を描くうえで大切な分岐点といえます。

やりたい仕事がないと悩んでいるフリーターの方は、「したい仕事がないフリーターがすべきことは?おすすめの職種も紹介!」のコラムもぜひチェックしてみてください。

「正社員に興味あるけどなかなか就職への一歩を踏み出せない」「自分に合った正社員の求人があるのか不安」という方は、若年層向けの就職・転職エージェントの利用がおすすめです。
フリーターやニート、既卒といった若年層に特化した就職・転職エージェントのハタラクティブでは、多くの20代の方のサポートを行ってきました。未経験を歓迎する求人を多く扱っているのが特徴。専任のアドバイザーが丁寧にカウンセリングしたうえで、一人ひとりの要望に応じた求人を紹介します。「良い求人を見つけられるか不安」というフリーターの方も自分に合った仕事を見つけられるはずです。サービスはすべて無料で利用できるので、この機会にぜひご相談ください。

フリーターが手取り20万を目指すときによくあるQ&A

フリーターが手取り20万円を目指すときによくある質問に回答していきます。

フリーターの平均的な手取りは?

フリーターの平均月収は、厚生労働省が発表している「令和4年賃金構造基本統計調査の概要(12p)」によると、20~24歳の非正規雇用者の平均月収は19万6,200円というデータが出ています。男女別に見ると、男性が22万1,900円、女性が18万8,200円となっています。この収入からフリーターは国民保険料や年金などの税金を支払わなければなりません。そのため、手元には約8割の給与が残るということになります。男女別に見ると、男性が約18万円で女性が約15万円という計算です。

参照元
厚生労働省
令和4年賃金構造基本統計調査 結果の概況

フリーターを目指すなら早めのほうが良いですか?

フリーターから正社員を目指すなら早めのほうが良いでしょう。正社員としてのキャリアを形成していくため、年齢制限を設けている企業も多くなっています。そのため、できる限り早めに行動することが大事です。フリーターから正社員就職を成功させる方法は「フリーターから正社員になるには?就職活動の基本や受かりやすい求人を紹介」のコラムで詳しくご紹介しています。

フリーターと正社員の違いは?

フリーターと正社員には給与面以外にも待遇面に違いがあります。正社員であれば、賞与や充実した福利厚生といった待遇を受けることが可能です。また、正社員は雇用が安定していることから、社会的信用も得やすいといえます。フリーターと正社員の違いは「正社員との差って?フリーターとその他の雇用形態の違い」で解説しているので、あわせてご覧ください。

フリーターを辞めて正社員になるのが怖いです

正社員になって労働時間が定まったり、責任ある内容になったりすることに恐怖があるのは当然です。しかし、その反面やりがいや安定、将来など手に入れるものが多いでしょう。きちんと対価を得られることを考えると、少しは気持ちが楽になるはずです。正社員就職を考えているなら、ハタラクティブにお問い合わせください。求人の紹介だけでなく、就職に関する相談やアドバイスも行っています。

この記事に関連するタグ