失業保険とは違う?再就職手当とは

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・再就職手当とは、早期の再就職を支援するための給付金
  • ・受給の条件は、失業手当の「所定給付日数」が3分の1以上残っていること
  • ・就職が早く決まると、再就職手当の給付率が高くなる
  • ・条件によっては、ハローワーク以外で就活しても再就職手当がもらえる

「失業手当をもらえる期間に就職すると、給付が途絶えて何だか損をした気分に…」
そんな風に思っている方はいませんか?
実は再就職が決まった際には、失業給付の一部を"再就職手当"として受け取ることができる制度があります。今回のコラムでは、再就職手当がもらえる条件と、再就職を目指す方に求人探しのヒントをご紹介。再就職の活動に向けてぜひ参考にしてください。

◆再就職手当とは?

再就職手当とは、失業者のいち早い再就職を支援するための給付金。
失業保険の受給期間中に再就職が決まった人を対象に、失業手当の一部金額が支給されます。

受給の一つ目の条件は、基本手当(失業手当)の支給残日数(失業の認定を受けてから就職日の前日までの期間)が所定給付日数(失業給付を受け取れる最大の日数)の3分の1以上あること。


失業手当の所定給付日数を3分の1以上残して再就職した場合は失業給付の支給残日数の60%、3分の2以上残して再就職した場合は70%を受け取れます。
つまり再就職手当は、就職が早く決まるとより給付率が高くなるという仕組み。
自分がもらえる手当の額を知りたいという方は、以下の式に数字を当てはめてみてください。

(支給残日数)×(基本手当日額)×(60%または70%)= 再就職手当

再就職手当をもらうためには、就職先は1年を超えて勤務することが確実である、雇用保険の加入があるといった条件を満たす必要があります。離職した前の会社と、人事・取引・資金等で密接な関係にある企業への再就職は手当の対象となりません。
また、過去3年間に支給を受けている人は受給ができないので注意してください。再就職手当の受給を検討している方は、詳しい条件について確認しましょう。

【受給の方法】

再就職が決まったら就職先から採用証明を受け取り、ハローワークに提出します。
その際に受け取った申請書類に事業主の署名・捺印をもらい、就職日の翌日から1ヶ月以内にハローワークに提出するという流れです。
1ヶ月を超えると受給できなくなるので、早めに手続きを済ませると良いでしょう。

 

◆ハローワーク以外で就活しても、再就職手当はもらえる?

自己都合で退職した方が再就職手当をもらうには、待機期間(失業手当の受給決定から7日間)を除くはじめの1ヶ月はハローワークもしくは厚生労働省の許可を受けた職業紹介事業者を通して就職する必要があります。
1ヶ月を過ぎると新聞広告や知人の紹介等で就職した場合も、再就職手当の受給が可能です。

また、自営で事業を開始する人も、待機期間終了後から1ヶ月が経過すれば再就職手当の受給ができます。

倒産や解雇で失業した方に関しては、待機期間の7日を過ぎればいずれの方法で就職しても手当を受け取ることが可能です。

◆ケースによっては就業促進定着手当の支給も

再就職手当と合わせて知っておきたい手当として「就業促進定着手当」というものがあります。

 

就業促進定着手当とは、再就職先で6ヶ月以上雇用され、賃金額が離職前よりも下回る場合に支給される手当です。

支給額は以下の計算式によって算出できます。

 

(離職前の賃金日額-再就職後6か月間に支払われた賃金日額※1)×再就職後の賃金の支払基礎となった日数※2

 

※1

再就職手当の支給を受けた再就職の日から6か月間に支払われた賃金。

算出方法は給与形態により以下の通り。

 

〈月給〉再就職後6ヶ月間の賃金÷180

〈日給・時給〉AとBどちらか金額の高い方

       A:再就職後6ヶ月間の賃金÷180

       B:(再就職後6ヶ月間の賃金÷賃金支払の基礎となった日数)×70%

  

※2:月給制の場合は暦日数、日給月給制の場合はその基礎となる日数、日給制や時給制の場合は労働の日数

 

また、支給額には上限があり、以下の計算式で算出できます。

基本手当日額×支給残日数※1×40%※2

 

※1:失業保険の所定給付日数の残り日数

※2:再就職手当の給付率が70%の場合は30%

 

参照元:ハローワーク https://www.hellowork.go.jp/insurance/insurance_stepup.html

◆ハローワークと合わせて、転職エージェントを活用しよう!

転職エージェントとは、求職者に対して1名の担当者がつき、仕事の紹介から面接対策、面接日程の調整などで転職や再就職をサポートするサービスのこと。
経験豊富なプロによる客観的なアドバイスが利用のメリットで、一人では探し切れない求人や非公開となっている求人を見つけることができます。


20代で再就職を考えている方におすすめなのが、若年層に特化したサービスを提供するハタラクティブ。ハタラクティブは正社員を目指す高卒や既卒、第二新卒などの若者を主な利用者層としています。
ハタラクティブではマンツーマンでのカウンセリングを行い、求職者の希望を丁寧にヒアリング。就活アドバイザーが一人ひとりの適性を見極めた上で、信頼できる企業の正社員求人をご紹介しています。
ハローワーク以外の求人にも興味がある、一人での就活に不安を持っているという方は、ぜひお気軽にハタラクティブまでご相談ください!

 

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ