既卒の就活での強み

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 既卒就職TOP
  4. >
  5. 既卒の就活での強み

公開日:

最終更新日:

◆私は既卒?第二新卒?言葉の定義を明確にしよう

既卒や第二新卒などの言葉は、求人情報を見ているとよく目にしますが、その二つには一体どのような違いがあるのでしょうか?
既卒とは大学や高校を卒業後、定職につかずにフリーターやニートになっている人のことを表します。一方、第二新卒は新卒で企業に就職し、1~3年以内に会社を辞めて現在無職や就職活動をしている人を指します。

こう書くと既卒は新卒にも第二新卒にも劣るような印象を与えますが、実際はそうではありません。既卒には既卒の強みがあります。正社員へのファーストステップは卑屈な考え方をしないことです。プラス思考で『既卒だっていいじゃない!』と思うところから、就職活動は始まっているのです。

◆既卒の強みとは?苦労が人を惹きつける

学校を卒業後、フリーターで生計を立ててきた人は、他の社会人に負けず劣らず様々な社会経験があることでしょう。苦労でいえば、既卒者は学生や第二新卒者よりも多くの苦労をしているかもしれません。

しかし、それが逆にチャンスになります。
『苦労しているからこそ正社員への渇望がある』と面接官にアピールしましょう。やる気がある人材を欲しがっている企業はたくさんあります。

既卒は、元気の良さを全面に押し出すことで正社員になる確率を上げましょう。
また、多様なアルバイトの経験は決して無駄にはなりません。他人とのコミュニケーション能力も鍛えられている上に、様々な人脈もあることでしょう。
レジ打ちから交通整理まで、器用になんでもこなせる可能性のある既卒は、企業にとって魅力的な存在です。

もうひとつ既卒を雇う企業側のメリットとして、既卒のフットワークの軽さが挙げられます。
新卒者は内定から仕事を始めるまで時間がかかるので、企業としては入社まで長い間待たなければなりません。新卒と違い採用即就職というスムーズさは、既卒の強みと言えるでしょう。

◆既卒の就活テクニックは履歴書で自分の経歴を盛らないこと

既卒者が履歴書を書くときに行ってはいけないことは、自分の履歴に自信がないからといって、嘘とまではいかないまでも誇張した表現を使うことです。
既卒の履歴書の書き方で有効な方法は、職歴欄がほとんど空白なのはあまり気にせずに、趣味などの人間性をアピールできる箇所にこだわりをもつことです。
例えば、読書が好きであれば『趣味:読書』で終わるのではなく、小説やノンフィクションなどのジャンルを書き、好きな作家は誰なのかを明記すると、面接時の話のきっかけを作りやすいですし、相手からの共感を得られやすいでしょう。

ハタラクティブは既卒の就職活動に役立つ情報をたくさん提供しています。無料でプロの就活アドバイザーとマンツーマンで話せるので、自分に合った自分だけのベストな就活テクニックが学べるでしょう。また、就活に一番必要なやる気を奮い立たせてくれるのが、ハタラクティブの最大の魅力です。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ