既卒が手に職をつけるには?おすすめの仕事一覧

既卒が手に職をつけるには?おすすめの仕事一覧の画像

この記事のまとめ

  • 既卒が手に職をつけるのにおすすめの仕事は、Webマーケティングや施工管理職など
  • Webマーケティングの仕事は、学歴が問われにくい傾向にある
  • ITエンジニアは、ITに関する知識や学習意欲がある人が歓迎されやすい
  • 施工管理職の面接では、気配り力や臨機応変性などの能力が評価されやすい

「既卒が手に職をつけるのにおすすめの仕事は?」と考えている方もいるでしょう。手に職をつけるための仕事としておすすめなのは、WebマーケティングやITエンジニア、建設系の施工管理職などです。このコラムでは、おすすめの仕事だけでなく、手に職をつけられる仕事に就く方法もあわせて紹介しているので、就職活動にお役立てください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

既卒向け!手に職をつけるのにおすすめな3つの仕事

既卒が手に職をつけるのにおすすめの仕事は、WebマーケティングやITエンジニア、建設系の施工管理職などです。以下でそれぞれの仕事について解説します。

1.Webマーケティング

Webマーケティングとは、Webサイトへのアクセスを分析し、広告やメール、SNSなどを駆使してWebサイトのユーザーを増やしていく仕事です。社内に自社サイト専門のWebマーケティングの部署が置かれている場合は、自社サイトのマーケティングを担当するのが一般的。他社をクライアントとして、Webマーケティングの代行を行なっている企業もあります。Webマーケティングに興味がある方は、「未経験からWebマーケティング担当になる方法!向いている人と必要スキル」のコラムもご覧ください。

正社員

メディカルコミュニケーション営業職(東京)

  • 年収 306万円 ~ 490万円

  • 賞与あり,学歴不問,昇給あり,諸手当あり

2.ITエンジニア

ITエンジニアとは、IT系の技術者のことです。ATMやお店のレジ、予約システムなどのコンピュータを使ったシステムの開発に関わる「システムエンジニア」、ネットワークの設計や構築、運用を行う「ネットワークエンジニア」、アプリの開発を手がける「アプリケーションエンジニア」などさまざまな種類があります。「エンジニアとは何をする人?仕事内容や求められる能力をわかりやすく解説!」のコラムではエンジニアについて詳しく解説しているので、あわせてご参照ください。

正社員

ITエンジニア

  • 年収 284万円 ~ 439万円

  • 未経験OK,昇給あり,諸手当あり

3.建設系の施工管理

建設現場で働く職人達を、工事が円滑に進むように管理するのが施工管理の役割です。工事が図面通りに進み、事故なく工期内に終わるように気を配る現場の調整役となります。施工管理の仕事に就きたいと考えている方は、「施工管理の仕事」のコラムも要チェックです。

正社員

施工管理職

  • 年収 339万円 ~ 524万円

  • 学歴不問,昇給あり,諸手当あり,残業少なめ,未経験OK,賞与あり

手に職をつけたい女性におすすめの職業28選!資格と在宅ワークを紹介」では上記以外の仕事も紹介しているので、気になる方はチェックしておきましょう。

未経験OK多数!求人を見てみる

既卒が手に職をつけられる仕事に就くには?

前項で紹介したWebマーケティングの仕事は、Webに関する興味が強く主体性がある人物なら学歴は比較的問われない傾向にあります。
ITエンジニアは技術職であるため、高卒以上の学歴を求められることが多いですが、こちらもITに関する知識や意欲を持っている方が歓迎されやすいようです。経験の有無に関わらず、自ら勉強することが大切でしょう。
施工管理職も、「高卒OK」という求人が目立ちます。現場での気配りや臨機応変な対応が求められる仕事なので、そういった能力を面接でアピールすると評価されやすいでしょう。

転職を考えている既卒の方は、ぜひ転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブは、既卒や第二新卒、フリーターなど若者の就職・転職支援に特化したサービスです。マンツーマンのカウンセリングを行ったうえで、一人ひとりの適性に合った求人をご紹介します。応募書類の添削や面接対策なども実施しているため、転職活動が初めての方も安心です。サービスは無料で利用できるので、ぜひお気軽にご連絡ください。

手に職をつけたい既卒向けのQ&A

ここでは、「『手に職をつける』の意味は?」「手に職をつけるためにできることは?」「既卒者が転職を成功させるには?」など、手に職をつけたい既卒者が抱える悩みを解消します。疑問を持っている方は参考にしてみてください。

「手に職をつける」の意味は?

「手に職をつける」とは、「その仕事によって生計を立てること」や「就職に必要な資格やスキルを身につけること」などを意味します。手に職をつけることで、収入アップが見込めたり、長期的に安定して働けたりするといったメリットが生じるようです。手に職をつけたい既卒者は、「手に職をつけるデメリット」もあわせてチェックしておきましょう。

ものづくり系の仕事で手に職をつけることは可能?

資格を取ったり、経験を積んだりすれば、ものづくり系の仕事で手に職をつけることは可能です。ものづくり系の仕事の例としては、施工管理職や工業デザイナー、家具職人などが挙げられます。それぞれの仕事の特徴は、「ものづくりの仕事を代表する5つの職業」で詳しく紹介しているので、就職先選びの参考にしてみてください。

手に職をつけるためにできることは?

手に職をつけるためには、「資格を取得する」「仕事を通してスキルを習得する」といった手段があります。専門学校に入って必要な知識や資格を得るのも手段の一つです。それぞれの方法について、詳しくは「未経験から手に職をつける方法」で解説しています。

既卒が転職を成功させるには?

既卒が転職を成功させるには、転職理由を明確にしたり、自分の強みと企業の特徴を結び付けて「どのように貢献するか」を伝えたりすることが大切です。転職サイトや転職エージェントなどといった支援サービスを利用するのも効果的でしょう。転職エージェントのハタラクティブは、既卒を含む若年層に特化した転職支援サービスです。求人紹介から面接対策まで、転職活動を一貫してサポートするので、ぜひ利用を検討してみてください。

この記事に関連するタグ