既卒になると人生終了!?既卒の就職活動のポイントとは

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 既卒になると人生終了!?既卒の就職活動のポイントとは

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・既卒とは、学校卒業後に正社員として勤務したことがない人のこと
    ・既卒でも応募できる求人はあるので前向きな気持で就活に取り組もう
    ・既卒の方は応募条件を確認しながらなるべく早く就活を行おう
    ・第三者からアドバイスをもらうのも一つの手

新卒で入社できなかったことに焦りを感じる人は多いと思われます。
しかし、既卒になったからといって人生が終了するほどの立場なのでしょうか。
こちらのコラムでは既卒についての解説をすると同時に、既卒の方が就職活動をする上でのポイントを紹介します。

◆既卒=人生終了ではない!

「既卒」とは、高校や専門学校、短大、大学などを卒業後、正社員として勤務したことがない人のことを指します。
就活中に内定が取れなかった方や公務員を目指して失敗した方、働くイメージがわかずに就職しなかった方など、既卒になった理由は人によってさまざまです。
学校卒業後に就職せずアルバイトをしている人の場合は、フリーターと既卒の両方に該当します。
ちなみに「第二新卒」は、学校を卒業した後に就職し、その後1~3年以内に辞めた人のことを指す言葉です。
既卒と似ている用語ではありますが、既卒と第二新卒は明確に区別されていると言えるでしょう。

既卒になったしまった人の中には、状況を深刻に捉えて「人生終了」と考えてしまう人も少なくありません。
実際には、経歴を不問としている正社員求人は多数存在しますし、近年では卒業後3年以内の既卒者を新卒と捉える企業が増加傾向にあります。
既卒の人も応募できる求人はあるので、就職したいと考えている人はあきらめずに前向きな気持ちで行動しましょう。

◆既卒からの就職を成功させるコツ

自分の特性にマッチしていない企業に入社してしまうと、早期離職に繋がる可能性があります。
求人を探す前に自分が何をしたいか、何になりたいかという気持ちと真剣に向き合いましょう。
既卒での就活は、新卒時とは状況や注意点が異なります。
以下に既卒の就職活動を行う上でのポイントをまとめたので、就職を成功させたいと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

・なるべく早く就活を始める
就活では年齢が上がるにつれて経験やスキルが重視されるようになります。
また、年齢を重ねる度に既卒応募可能な求人も減ってしまうため、早めに行動に移すことが大切です。
年齢が若ければポテンシャルを評価されるでしょう。

・応募条件をしっかり確認する
「経歴不問」「未経験歓迎」などと表記されているものは、既卒の方でも応募しやすい求人です。
また、企業によっては既卒歓迎の求人も存在します。
アルバイト経験者の場合は、経験が活かせる求人に積極的に応募すると評価に繋がるでしょう。

・第三者にアドバイスをもらう
自己分析や応募書類の作成、面接対策など、就職活動ではやるべきことがたくさんあります。
自分ではわからない部分は他者によって分析できる場合があるので、相談相手を見つけて力を借りるのも一つの手です。
一人で悩んでいる方は、就職支援サービスを活用してみてはいかがでしょうか。

◆就職の相談はハタラクティブへ!

ハタラクティブは、既卒やフリーター、第二新卒などの若年層を対象に就職支援を行うサービスです。
内定率は80.4%(2015年7月)という実績を誇っており、時間のかかる就職活動を効率的にサポートしています。
ハタラクティブではプロのアドバイザーがヒアリングを行い、あなたの希望条件やスキルに最適な求人を提案。
ここでしか得られない企業の情報を提供しているほか、就活に関するあらゆる悩みや相談に対応しています。
また、入社前と入社後にギャップがないか、定期的なアフターフォローも行うなどきめ細やかなサービスに注力。
地に足の着いた就職活動で、あなたに合った企業の内定を手に入れましょう。




職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ