就活に疲れた…就職活動がうまくいくコツと対処法

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 就活に疲れた…就職活動がうまくいくコツと対処法

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・就活に疲れないコツは気持ちの切り替えをうまくやること
    ・就活がうまくいかないときは、業界や職種を絞りすぎていないか、志望動機は会社にニーズに合っているかなど、今までのやり方を見直してみる
    ・誰かに相談したり就職サポートサービスを利用したりして、1人で悩まないように気をつける

就職活動がうまくいかないとき、「就活に疲れた…」と感じる人は多いのではないでしょうか。
就活に疲れると、どうしてもネガティブな気持ちになりがちです。
ここでは、就活に疲れないコツ、求職活動に行き詰まったときの見直し方をご紹介。
前向きなイメージで就職活動を乗り切りましょう。

◆就活に疲れないコツ!

就活に疲れないコツは「気持ちの切り替えをうまくやること」です。

就職活動中は情報交換を行う機会が多いので、周りの就活生の進捗状況をチェックすることもあるでしょう。
しかしながら、周りの人と自分を比較して就職に対する不安や焦りを募らせてしまうのは逆効果。
「友人は内定をたくさんもらっているのに自分はまだ1つももらえていない」「自分は友人に比べて劣っているのかも」など、うまくいっている人と比較することで自信がなくなり、就職活動に悪影響を及ぼすケースがあります。
人の進捗状況を気にしすぎるのは避け、自分の就職活動に集中するようにしましょう。

また、不採用が続くと「自分は社会的価値が低いのでは?」と思い詰めてしまう人もいるようです。
そんな人は、「面接は単に応募者と会社との相性を見極める場」と捉え、自分と価値観が合わなかっただけと前向きに考えましょう。

「就活=人生の全て」ではありません。

苦しいときこそ「成長のチャンス」と考え、つらい気持ちをポジティブに切り替えることが重要です。


◆就活のやり方を見直そう!

就職活動がうまくいかない、就活に疲れたというときは、今までのやり方を見直してみるのも対処法のひとつです。
例えば、求人を探す際に業界や職種を絞りすぎていないか、自己PRや志望動機は希望する企業のニーズに合っているかどうかなど、見直すべきポイントはいくつかあります。

求人を探す場合、希望条件はある程度必要ですが、業界や業務内容を最初から「コレじゃなきゃダメ」というように絞ってしまうと、選択肢が限られ思うような結果に繋がらないことがあるようです。
最初から自分がやりたい仕事だけ応募するという方法でうまくいく人もいますが、なかなか内定につながらない人は、将来的にやりたい仕事に繋がる求人や自分の性格に合いそうな求人など、選択肢の幅を広げて求人探しをしてみましょう

また、今まで当たり前のようにやってきたマナーが間違っていたり、応募先企業に対して有効な面接対策になっていなかったりすることがあります。
基本的な礼儀やマナー、面接対策がきちんとできているか今一度確認し、気づいた点をしっかりと改善すれば、採用の可能性が高まるのではないでしょうか。


◆就活に疲れたときの対処法

就活がうまくいかないストレスを溜めると、疲れはなかなか取れないものです。
規則正しい生活や食事に気をつけて生活リズムを整える、ストレス発散する、就活をしない日を1日作るなど、自分に合ったリフレッシュ方法を見つけて、ストレスを溜め込まないようにしましょう。

また、1人で悩んでいると思い詰めてしまい、マイナスなことばかり考えてしまう人も。
そんなときは、社会人の先輩に相談したり、就職サポートサービスを活用したりすることで、1人で抱え込まないように心掛けましょう。

若年層向けの就職サポートサービスを提供するハタラクティブは、専任の就活アドバイザーがあなたの就職活動をお手伝いします。
あなたの適性や希望条件に合った求人紹介はもちろん、応募書類の添削や面接対策、入社後のフォローなどさまざまなサービスがあるので、スムーズに就職活動可能です。
1人での就活が不安な人、なかなか内定がでなくて焦っている人などは、ぜひハタラクティブまでご相談ください。

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ