つらい就活を乗り切る3つの方法

つらい就活を乗り切る3つの方法の画像

就活がつらいと感じる瞬間は、どんな時でしょうか?また、つらい就活をうまく乗り切るための方法にはどんなものがあるでしょうか?夢の正社員に向けて、就活を実りあるものにするためのコツをご紹介します。

つらい就活を乗り切る3つの方法

就活がつらいと感じてしまう一番の理由は、就活で思ったように内定をとれないこと。特に職歴がないと、就職では大きなハンディになるようです。
職歴なしの就活、こんなことがつらい!!

・「書類審査で落ちる」「そもそも職歴なしでは正社員の応募基準に満たない」などで、相手にされない
・職歴がアルバイトばかりだと、採用担当者から「なまけている」「アルバイト感覚で仕事をしてもらっては困る」という評価を受ける
・狙っている企業に響くようなアピールポイントがない
・正社員経験がないので、いざ入社した時のイメージを想像できず、就活に自信が持てない

職歴がないフリーターだと、就活で効果的なアピールができないことはもちろん、企業からのニーズも下がってしまい、つらい思いをするという側面があるようですね。
就活がつらい状態だと、絶望感も強くなるもの。では、そうした時はどうすればいいかを考えてみましょう。

・企業にこだわり過ぎない

良い会社に勤めることにこだわるあまり、本当に長く続けられる企業を逃してしまうことも。無理して合わない企業に就職してしまうと、入社後のギャップにつらいと感じてしまいまいがちです。職種や地域にこだわらず、色々な企業に目を向けてみましょう。

・親しい人に相談する

家族や友人、頼れる先輩など、信頼できる親しい人に相談してみることです。就活でつらい状況を自分のみで抱え込まないこと。就活の経験が豊富な人であれば、あなたの状況に合ったアドバイスを提案してくれるかもしれません。

・適度に息抜きをする

就活中は、「早く内定先を見つけなくては」という焦りから、心身はどんどん消耗してしまいます。その結果、思う通りに就活が進まなくなり、つらい状況になるという悪循環を産んでしまうことも。たまには就活のことを忘れて、リフレッシュすることが大切です。好きな趣味やスポーツに打ちこむことで、新たな気持ちで就活に望みましょう。

ハタラクティブでは、就活に悩んでいる方のサポートを行っています。一人ではつらいと感じる就活も、プロのコンサルタントがしっかりサポート。二人三脚であなたの就活を成功へと導きます。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION