就職がしんどいのは「○○しなければならない」が原因?

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 就職がしんどいのは「○○しなければならない」が原因?

2017/08/18

【このページのまとめ】

  • ・自分が楽しいと思えることを、仕事にしている企業が見つかるまで疑わずに探す

    ・将来の安定性や給与面ばかりを気にしていても、行きたいと思える企業でなければ就活もしんどくなる

    ・どういった仕事なら就職したいと思えるのか、自分の気持を常に把握することが必要

    ・就職はこういった企業で働くものだと決めつけてしまうと、就活の目的がわからなくなる

    ・他人の情報や価値観よりも、結局は自分がどうしたいのかが大事!

就職がしんどいのは、金銭面や待遇などの「条件」や「○○のほうが就職に有利なはず」などの既成概念にとらわれ過ぎているからではないでしょうか? 当コラムでは就活がしんどい理由を挙げながら、解決につながるヒントや目的意識を変える方法について紹介したいと思います。

◆就活がしんどい理由

・内定がなかなかでない

内定がなかなか出にくいときは確かに、気持ちに余裕がなくなるときもあります。ですが、あなたを否定しているわけではなく、会社の雰囲気に合うかどうかを面接側は判断している場合もあるようです。逆に言えば雰囲気の合わない会社から内定をもらっても、就職したときに実際になじめないのであれば本末転倒です。内定がなかなか出ないときは、自分とは合わない場所だったのだと、気持ちを切り替えることも大切ですよ。

 

・応募書類を書くのがめんどうくさい

何十通、もしかしたら何百通の応募書類を書くのかもしれません。たしかに数多く応募すれば、内定を貰える確率も上がるとは思いますが、今一度、応募したくもない企業へ事務的に応募しようとしていないか、立ち止まって考えてみましょう。楽しそうと思える企業や、興味のある企業で「自分だったらこうしたい」と思えるようであれば、応募書類で自分の想いを伝えたくなるかもしれませんよ。たとえば、自分の得意なことを友だちに話すのは、楽しいと思えることも多いのではないでしょうか。応募書類を書くのがめんどうくさいときには、興味のない企業に事務的に応募していないかどうか、自分の気持を意識し整理してみましょう。

 

・面接が苦手

面接が苦手な人の中には、面接イコール怖いというイメージをもってしまっている方も多いようです。ある意味面接は採用者の前で、自分がどういう人間なのかを伝える場でもあります。逆に言えば、あなた自身もその企業に就職するのかどうかを、見極める必要があるのではないでしょうか。面接されるだけではなく、面接する立場でもあるということを念頭に、面接というハードルを少し下げて、構えないでいることが、苦手意識を克服できるキッカケになるのかもしれません。もし、人の前に出るだけで緊張してしまうなどの場合には、誰かとロールプレイをしながら、回数をこなして何度も面接の練習をしてみましょう。ひとりで練習する場合は、ビデオカメラや録音機器などを使って練習するという方法もあるようです。ほかにも就職するためのセミナーや、研修を行っている専門の機関があるようですので、そういったところを活用するのもいいかもしれません。

 

・就活の目的が分からない

就活の目的がわからない1つの理由として、「就職はこういうもの」と思っていたり「周りが○○しているから」などのように、自分の気持ちではない誰かの常識や、価値感に自分を無理やり合わせてしまっていることが、少なからずあるのではないでしょうか。まずは自分がどんな仕事だったら楽しいと思えるのか、興味のある仕事がどういった分野につながるのか、自己分析をしながら細かく追求していくことで、就活の目的が見つかる場合もあるでしょう。やりたい仕事がない場合は、やりたい仕事をつくれる可能性のある企業を探すのも、就活の目的を見つけるヒントになるのかもしれませんよ。

 

・自分に自信がない

自分に自信がない人の理由の中には、自分のことを大切にしていなかったり、過小評価しかしていなかったりする場合もあるのではないでしょうか。自分のできない理由ばかりしか考えられないのであれば、自信をもつことは難しいかもしれません。まずは自分のできるところを紙に書くなどして、目視で確認できるようにしてみましょう。できないことに意識を向けるのではなく、できることに意識を向ける習慣をつけていければ、自信につながっていくのではないでしょうか。

 

 

◆ストレスをためないことが大切 

・就活や将来についてネガティブに考えていないか

就活や将来などをネガティブにとらえすぎて、気持ちが萎えてしまうと、身体が硬直して緊張状態が続く場合もあり、ストレスをためてしまうことが考えられます。就活は苦しむための活動ではないですし、捉え方によっては、自分のしたいことを探す活動ともいえます。ネガティブに考えてしまいそうなときは、目的や目標を都度確認しながら、自分の気持を確認してみましょう。ほかのことをしながら気分転換する時間をつくることも、ストレスをためないコツと言えるのではないでしょうか。

 

・将来何がしたい、どうなっていたいなど前向きに考えよう

目先のやるべきことにフォーカスしすぎていませんか。就活は将来なりたい自分を、見つけるための活動とも言えるのではないでしょうか。難しく考えすぎず、どんな自分になれたらいいのか、どうなっていたら毎日楽しく過ごせるのかを、具体的にイメージしてみるのも、前向きな気持に切り替えられる解決策になるのかもしれません。

 

・どうしてもしんどいときは、リフレッシュしてみては?

自分を追い詰めても毎日がしんどいだけですし、前向きな気持ちに切り替えられないのであれば、旅行に行ったり、マッサージをしたり、散歩するなどしてリフレッシュしてみるのも1つの方法かもしれませんよ。

 

 

◆しんどいときは1人で悩まない

・1人での就活がつらいと感じる人は多い

1人の就活が、つらいと感じている人も多いようです。実際に就活している方との交流は、共感できる話も多く、孤立感から解放される場合もあるのではないでしょうか。悩みすぎて解決できない場合は、同じ悩みを抱えている人と意見交換することで、悩みが解決するのかもしれません。

 

・相談するなら、身近な人、ハローワーク、就職支援サービスなどいろいろある

就活するうえで悩みを相談するのであれば、就活経験のある身近な人に、体験したことを聞くのも良いでしょう。ハローワークや就職支援サービスでは、過去に相談された事例をもとに、アドバイスを行っていることもあるようです。自分にあった相談したいことを調べるところからはじめてみましょう。

 

 

「何を相談したらいいのか」「どうしたら前向きな就活ができるのか」などで悩んでいる方は、ハタラクティブにおまかせください。

ハタラクティブでは、就活で悩む若年層の方を対象にしたアドバイスやコラムなどを紹介しています。アドバイザーがあなたに合った就活プランや、就活だけではない人生相談などにも対応。就活が円滑にいくためのサポートを行っているハタラクティブを活用して、就活するための心強いサービスを利用してみませんか?


関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ