テレワークとは何の略?本来の意味やどんな仕事があるかを簡単に解説

テレワークとは何の略?本来の意味やどんな仕事があるかを簡単に解説の画像

この記事のまとめ

  • テレワークとは「離れた場所」と「働く」という言葉の意味を合わせた造語
  • テレワークとは在宅勤務のほかサテライトオフィス勤務やモバイルワークなども含む言葉
  • テレワークの最大の特徴とは、働く際に時間や場所の制約を受けないこと
  • テレワークには災害時の業務継続だけでなく、人材採用の可能性が広がるメリットもある

近年注目されている「テレワーク」とは何か詳しく知りたい方もいるでしょう。テレワークは以前から一部の仕事で行われていましたが、社会情勢の影響や働き方の見直しなどから徐々に社会に広まってきている働き方です。テレワークには自由度が高いというメリットがある一方で、生産性を保つのが難しいといった課題もあります。このコラムではテレワークについて網羅的に解説しているので、概要を押さえるのにお役立てください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

テレワークとは

テレワークの本来の意味は「ICT(情報技術)を使用する、時間や場所の制約を受けない柔軟な働き方」。略語ではなく、離れた場所を意味する「tele」と仕事を表す「work」という言葉を合わせた造語です。和製英語ではなく、実際に「telework(テレワークする)」という動詞が存在します。
テレワークは先述のとおり時間や場所の制約を受けませんが、働く場所によって以下の3つに分けられるのが特徴です。

1.在宅勤務

在宅勤務は、本来オフィスに出勤して仕事をするところ自宅で業務を行う形態です。在宅勤務には通勤の必要がない、子育てや介護といった事情のある人も働きやすいというメリットがある一方で、ほかの人と連携が取りにくい、生産性が下がりやすいといったデメリットも。また、感染症の流行などで外出規制がかかった際などには「テレワーク」が在宅勤務を示す言葉として使われることがあります。

2.サテライトオフィス勤務

サテライトオフィス勤務とは本社などいつも社員がいるオフィスではなく、コワーキングスペースやレンタルオフィスなどで勤務する形態のこと。会社がオフィスを用意する場合もあります。2020年頃のテレワークが世間に浸透する以前からIT企業などでよく取られていた勤務形態で、ITエンジニアなどが主に勤務していたようです。

支社とサテライトオフィスの違い

支社や営業所は、本社とは別の組織を組んで業務を行うのが基本。サテライトオフィスは、あくまで本社で働く人が遠隔地で業務を行うための場所です。つまり、サテライトオフィスで働く人は「本社勤務」。支社や営業所のように別の組織に属していないのが違いです。

3.モバイルワーク

モバイルワークは、移動中や外出先などオフィス以外の場所で働く形態です。主に、移動の多い営業職などに見られます。取引先ですぐに対応できるのはもちろん、そのあとオフィスに戻って仕事をする必要がなくなるので、時間の無駄や体力の消耗を防ぎ効率を高める効果があります。

「リモートワーク」との違いは?

リモートワークとテレワークは、実質的にほとんど違いはありません。リモートワークは遠隔を意味する「remote」と仕事を表す「work」を組み合わせた造語で、内容はテレワークと同様です。敢えて言うなら、遠くにいる他のメンバーと連携を取って働くという意味合いが強い言葉といえるでしょう。
リモートワークとは何?テレワークとの違いやメリット・デメリットも解説」のコラムでは、主にリモートワークに焦点を当てて解説しています。テレワークとの違いなど、リモートワークについてより詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

テレワークによる労働者のメリット・デメリット

テレワークの導入は「労働者にとってワークライフバランスが取りやすい」「通勤時間が省ける」といったメリットの一方、「職場の人と連絡が取りにくい」「仕事とプライベートの区別がつきにくくなる」といったデメリットも。以下、それぞれ見ていきましょう。

労働者にとっての3つのメリット

テレワーク導入の労働者にとってのメリットは、以下の3つです。

1.ワークライフバランスが取りやすい

通勤時間がないぶん時間に余裕ができ、ワークライフバランスが取りやすいのが特徴です。これまで通勤時間にあてていた時間を自由に使えるので、プライベートを充実させられます。

2.ライフスタイルが変化しても勤続しやすい

ライフスタイルの変化により通勤が困難になっても、退職せず勤続できるのもメリット。通勤が前提にあるとオフィスに通えなくなると退職せざるを得ませんが、テレワークの場所を問わず働ける点を活かし、働き続けることが可能です。

3.精神的や肉体的な疲労が軽減する

通勤がないため、移動による疲労を避けられるのがメリットです。家で業務を行えるのでリラックスでき、精神的にも負担がかかりにくいのも特徴といえるでしょう。

労働者にとっての3つのデメリット

一方、労働者にとってテレワークを導入することへのデメリットには、以下の3つが挙げられます。

1.職場の人と連絡が取りづらい

職場の人と離れて仕事をしているため、連絡が取りづらく業務に困ることがあります。一緒にオフィスで仕事をしていればすぐに聞けることも、テレワークではすぐに話しかけることができず、やりにくさを感じるでしょう。

2.仕事の自己管理が難しくなる

テレワークでは周囲に仕事ぶりを監督する人がいないため、仕事の自己管理が難しくなる可能性が高まります。やる気が下がって出勤時よりもこなせる仕事量が少なくなったり、オフィスで業務をするより仕事がはかどらないと感じたりする人も多いでしょう。

3.仕事とプライベートの区別がつきにくくなる

仕事量が多い人の場合、就業時間とプライベートの時間の区別がつきにくくなるといったデメリットがあるでしょう。就業時間が過ぎても仕事を続けてしまい、かえって疲れてしまう人もいるようです。
テレワークのメリット・デメリットについては「テレワークのメリット・デメリット 成果を上げる働き方とは?」のコラムでより詳しく解説していますので、あわせて参考にしてみてください。

テレワークによる企業のメリット・デメリット

企業にとってのテレワーク導入には「人材採用の可能性が広がる」「災害時でも業務を継続できる」といったメリットのほか、情報漏洩リスクの増大や生産量低下の恐れといったデメリットがあります。以下、それぞれ詳しく見ていきましょう。

企業にとっての3つのメリット

企業にとってテレワークを導入するメリットは、以下の3つです。

1.人材採用の可能性が広がる

テレワークを導入すると、多種多様な人材を採用できる可能性が高まるのが一つのメリット。通常採用だと、基本的に「オフィスに決まった時間出社できること」が採用の絶対条件といえるでしょう。しかし、テレワークによる勤務を認めればその条件を満たせない人でも採用対象になりうるので、より多くの人材の採用可能性が高まります。

2.災害時でも業務を継続できる

大地震や感染症の流行などで、オフィス勤務が困難になった場合でも業務を継続しやすいのがテレワーク導入のポイント。災害が起こるとオフィスへの通勤が困難になることから業務が停止する可能性が高いですが、テレワークでは別の場所で業務を進行できるため事業継続しやすいのがメリットです。

3.人材の流出を防げる

テレワークの導入によって、優秀な人材の流出に歯止めがかかる効果があるといわれています。これまで通勤できなくなり退職を余儀なくされていた人も在宅で働き続けられるようになるので、企業の損失が少なくなるでしょう。

企業にとっての3つのデメリット

テレワークの導入にはメリットだけでなく、情報漏洩や全体の生産量低下といったデメリットもあります。以下、それぞれ見ていきましょう。

1.情報漏洩のリスクが大きくなる

テレワークを導入すると、情報漏洩のリスクが高まるといわれています。なぜなら、事業に関する機密情報を企業が一元的に管理できなくなるためです。テレワークでは情報管理が個々人に任されますがインターネットセキュリティへの認識はそれぞれ違うため、なかには管理の甘い人も。よって、テレワークではオフィス勤務より情報漏洩のリスクが大きくなるといえます。

2.生産量低下の恐れがある

テレワークでは業務の進捗を確認する管理職の目がないため、企業全体で生産量低下の恐れがあるようです。テレワークでは個人の業務の様子が分からず管理しづらいため、仕事の進捗は個々人の裁量に任されます。また、業務の進み具合にばらつきが出るうえ離れていることから他の人の業務をフォローしにくくなり、全体的に生産量が低下する傾向があるようです。

3.導入にコストがかかる

テレワーク導入にはコストがかかるのも大きなデメリットといえるでしょう。全員に貸与するぶんのパソコンを揃えたり円滑に業務が進むように連絡手段を整えたりと必要経費が大きいので、なかなか進まない企業もあるようです。

勤務場所を限定されない仕事にはどんなものがあるのか知りたい方は「リモートワークにぴったりの職種は?始め方や注意点も解説!」のコラムが参考になるでしょう。

テレワーク導入が進む3つの仕事

元よりテレワークが多い傾向のあった営業職やITエンジニアにくわえ、近年では事務職にもテレワーク導入が進んでいるようです。以下、それぞれご紹介します。

1.営業職

営業職は外勤が多く取引先とのやり取りにパソコンを使用するため、元来テレワークが進んでいた職種です。また、一日に何件も取引先周りをすることが多くオフィスに戻れないため、外出先で仕事を進めることも多いのが特徴。よって、営業職であれば基本的にテレワークとなる日が多いといえるでしょう。

2.ITエンジニア

ITエンジニアも営業職と同様、元々在宅勤務やサテライトオフィス勤務の多い仕事。インターネット上で業務に関する連絡を取り合い、プログラミングなどの単独作業は離れた所で行うという働き方です。元々ITエンジニアはコンピュータネットワークに関する仕事のため、早くからテレワークを導入できたのも要因の一つでしょう。

3.事務職

近年、災害や人材流出による生産性低下への対策としてテレワークが導入され始めたのが事務職です。事務職では主にパソコンを使用する業務が多いため、接客業など対人業務を主とする仕事よりも比較的テレワークを導入しやすいのが普及の背景にあります。また、在宅勤務が可能になったことで優秀な人材の退職に歯止めをかける効果も期待されているようです。

テレワークを希望する人の仕事の3つの探し方

テレワークを希望する場合は就職サイトで仕事を探すほか、ハローワークや転職エージェントを利用するのもおすすめです。以下、それぞれ解説します。

1.就職サイト

テレワークのできる仕事を探す際には、就職サイトで「テレワーク」といった単語を入力して検索するのが一般的な方法といえるでしょう。就職サイトはいつでも利用できるうえ、自分で好きな求人にいくつも応募できるのがメリットです。一方、「大量の求人から希望のものを探すのが困難」「応募や面接日程の調整など、すべて自分で企業と直接やり取りをしなければならない」というデメリットもあります。

2.ハローワーク

ハローワークでテレワークのある仕事はないか検索したり、相談してみたりするのも手です。ハローワークを利用するメリットには、管轄地域の求人を多く持っており地元で就職したい人に向いていることや、無料の就職セミナーに参加できることなどが挙げられます。デメリットとしては、支援対象者が幅広いため自分の希望に合った求人がなかなか見つかりにくいことや、直接職員にカウンセリングを受けられる機会が比較的少ないことなどが挙げられるでしょう。

3.転職エージェント

転職エージェントで、テレワークのある仕事を希望していると相談するのもおすすめです。転職エージェントとは民間企業の運営する転職支援サービスのこと。運営する企業によって支援対象や求人を扱う業界が異なるのが特徴です。利用するメリットは就活アドバイザーによって転職活動を全面的にサポートしてもらえることと、転職エージェントでしか扱っていない求人を紹介してもらえる可能性があることなどが挙げられるでしょう。

テレワークができる仕事を探したいと考えている方は、転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブは20代の経験やスキルに不安のある方に向け、人柄やポテンシャルを重視する企業の求人をご紹介しています。最初のカウンセリングで就活アドバイザーがあなたのご希望を丁寧にうかがってから求人をご紹介しますので、自分の希望に近い求人を紹介してもらえるのが特徴です。ご登録、ご利用はすべて無料ですので、どうぞお気軽にご相談ください。

テレワークに関するQ&A

ここでは、テレワークについてよくある質問と回答をまとめました。

テレワークとはどういう働き方?

テレワークは、情報技術を使った時間や場所を問わない働き方です。働く場所によって、主に自宅やサテライトオフィス、外出先での勤務の三種類に分かれます。テレワークは災害などで出勤不能になっても業務を継続できるだけでなく、多様な働き方を可能にする働き方として注目を集めているのが特徴です。「テレワークとはなんの略?モバイルワーク・在宅勤務も簡単に説明します」のコラムでもテレワークについて網羅的に解説していますので、こちらもお役立てください。

テレワークを導入している業種や職種は?

テレワークは以前から営業職やITエンジニアといった仕事で行われていますが、近年事務職でも導入されているのが特徴的です。テレワークのなかでも在宅勤務を希望する場合は、事務職かITエンジニアが候補に上がるでしょう。在宅勤務ができるITエンジニアに興味のある方には「リモートワークエンジニアは未経験でもなれる?必要なスキルも解説」のコラムが参考になります。

テレワークの具体的なメリットは?

テレワークには、ワークライフバランスの取りやすさや疲労の軽減といった労働者側のメリットのほか、事業継続性や優秀な人材流出の防止といった企業側のメリットも。情報漏洩のリスクや自己管理の難しさといった課題はありますが、多様な働き方を認めていこうとする社会の流れに沿った働き方といえるでしょう。「リモートワークとは?テレワークや在宅ワークの違いと向いている職種」のコラムではリモートワークの課題や成功させるコツについて詳しく解説していますので、ご一読ください。

テレワークできる仕事に転職したいです

テレワークできる仕事を探すには転職エージェントの活用がおすすめ。テレワーク可能と転職サイトの求人に書いてあっても、実際どのくらいできるか確認できないからです。転職エージェントでは事前に企業への取材を行っているので、就活アドバイザーが勤務実態についてある程度把握しています。よって、勤務実態への疑問は就活アドバイザーに聞いてみると良いでしょう。ハタラクティブでは20代の方に向けて求人をご紹介していますので、一度ご相談ください。

この記事に関連するタグ