1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. テレワークとは?導入のメリットと向いている人の特徴

テレワークとは?導入のメリットと向いている人の特徴

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・テレワークとは、時間や場所にとらわれない柔軟な働き方のこと
  • ・テレワークの形態は「在宅勤務」「モバイルワーク」「サテライトオフィス勤務」の3つ
  • ・テレワークを始めるのに必要なのは、パソコンやスマートフォンなどの通信環境
  • ・導入するメリットは、非常時の事業継続やオフィスコストの削減など
  • ・育児や介護のために通勤が困難な人や、営業などの顧客対応が中心の人に適している

テレワークとは?導入のメリットと向いている人の特徴の画像

最近よく耳にするようになった「テレワーク」ですが、どのような働き方なのかよく分からないという方も多いのではないでしょうか?就職・転職を検討している人は、テレワークという働き方を知ることで、仕事の選択肢が広がる可能性もあるため、知っていて損はありません。このコラムでは、テレワークの意味や基本の働き方などをご紹介しています。多様な働き方を知り、ライフ・ワーク・バランスを実現しましょう。

監修者:吉田早江

キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタントとして数々の就職のお悩み相談をしてきました。言葉にならないモヤモヤやお悩みを何でもご相談下さい!

テレワークとは?

テレワークとは、時間や場所にとらわれない柔軟な働き方のこと。ICT ( Information and Communication Technology=情報通信技術) を利用し、自宅やサテライトオフィス、取引先などから勤務します。

テレワークと似た言葉には、リモートワーク、在宅ワークなどがありますが、意味はほぼ変わりません。エンジニア系、クリエイティブ系の仕事に関するものはテレワークやリモートワーク、自宅で隙間時間に稼ぐアルバイトは在宅ワーク、といったニュアンスで使われることが多いようなので、頭の片隅にとどめておくと良いでしょう。


テレワークの語源

英語の「tele(遠隔、遠く)」と「work(働く)」を組み合わせた造語です。和製英語ではなく、実際に「telework(テレワークする)」という動詞が存在しています。
teleworkは他にも、「work from home(在宅勤務する)」「work remotely(リモートワークする)」などの表現がよく使われるようです。

テレワークの3つのやり方

テレワークは、働く場所によって以下3つの形態に分けられます。

1.在宅勤務

在宅勤務はオフィスへ出勤せず、自宅を就業場所にする働き方です。1日の業務のすべてを自宅で行えるため、通勤に費やす時間が減り時間の有効活用ができます。
企業との連絡手段はパソコンやスマートフォンなどから行うため、通信環境は必須です。

2.モバイルワーク

モバイルワークの就業場所は、取引先や移動中の車内(電車や車)、カフェなど。施設に依存しない働き方で、在宅勤務と同じようにパソコンやスマートフォンを利用します。
オフィスから取引先へ出向くことが多い仕事の場合、移動時間を有効に使うことが可能です。わざわざオフィスへ戻って業務を行う必要がなくなるため、生産性の向上にも繋がります。

3.サテライトオフィス勤務

サテライトオフィス勤務とは、会社が入居するオフィスとは別の遠隔勤務用のオフィスで働くこと。取引先や社員の居住地の近くへテレワーク専用のオフィスを用意することで、通勤や移動の時間を削減できます。
サテライトオフィスには、会社単体で利用するスポットオフィスや専用サテライト、複数社で利用する共同サテライトやレンタルオフィスなどがあり、企業によってさまざま。都市部の企業は郊外に、地方の企業は都心にサテライトオフィスを設置する傾向があります。

テレワークに必要なものは?

テレワークをするのに必須なのは、パソコンやスマートフォンなどの通信環境です。
先述したとおり、ICT ( Information and Communication Technology=情報通信技術) を利用し、社内の情報へアクセスする必要があるため、Web環境が整備されていなければテレワークは成り立ちません。
セキュリティ面をクリアしないと、自宅のパソコンから社内ネットワークへアクセスできないこともあるので、注意しましょう。
また、在宅勤務の場合、仕事をするデスクや椅子などの周辺環境を整えておくのがおすすめ。デスクワークので1日中座って仕事をすることを考えれば、できるだけ快適な環境を整えておくのが大切です。

テレワーク導入のメリット・デメリット

「テレワークの導入はメリットが多そう」というイメージがありますが、当然デメリットもあります。実際にテレワークを行う前に、メリット・デメリットそれぞれを把握しておきましょう。

テレワークを導入する5つのメリット

まずは、テレワーク導入のメリットを5つご紹介します。

1.非常時の事業継続
地震などの自然災害時や、コロナウイルス、新型インフルエンザといった感染症の流行などの非常時に、事業を継続することが可能です。
会社が被災したり、通勤できない事情があったりしても、自宅や災害に見舞われなかったオフィスから対応することで、事業がストップするのを防げます。

2.コストの削減
都心部でのオフィスの確保や印刷代(コピー機や紙など)といったオフィスコスト、通勤や移動に必要な交通費を削減できます。

3.ワーク・ライフ・バランスの推進
子育て中や家族の介護で家を空けられない人でも、安心して働くことが可能です。
通勤時間が削減できるため、家族と過ごす時間や趣味に費やす時間が増え、プライベートの充実化を図れます。

4.多様な人材の確保
柔軟な働き方を実現することで、社内の有能な人材の流出の抑止力に。就業場所と時間に依存しないため、海外や地方などの遠方に居住する人材を確保できます。

5.地域の活性化
郊外の空き施設などをサテライトオフィスとして有効活用することで、地域の活性化が期待できます。

自己管理が難しいのがデメリット

職場へ出勤すれば上司や同僚の目がありますが、テレワークの場合は自由度が高い分プライベートと仕事のメリハリがつきにくく、自己管理が難しいと感じる人が多いようです。
企業側も、「社員がサボっていないだろうか」という懸念が払拭できなければ、テレワークを積極的に導入できないでしょう。
テレワークを導入する前に、「成果物の提出を義務化する」「定量評価にする」など、雇用者と被雇用者との間に明確なルールを設けることが大切です。

テレワークに向いている人の特徴

テレワークという働き方に向いている人には次のような特徴があります。
自分がテレワークに適しているのかどうか考える参考にしてください。

育児や介護中で通勤が困難な人

「働きたい」という気持ちがあっても、育児や介護のため自宅を離れられないという人は、在宅勤務に向いているといえます。
昔に比べて女性の社会進出は増えてきたものの、出産や育児、介護のタイミングでフルタイム勤務やキャリアの継続に一定の難しさを感じる人は多いでしょう。
在宅勤務であれば、通勤にかかる負担が軽減できるため、就労の継続が叶いやすくなります。

自己管理ができる人

先述したとおり、テレワークは自己管理が難しいのが懸念されています。
しかし、自己管理ができる人なら問題はありません。プライベートと仕事を分け、集中して業務に取り組める人は、テレワークに向いているといえるでしょう。

営業などの顧客対応が中心の人

外回りが多い営業職や、顧客対応が中心のSE、サポートサービスの担当者などは、モバイルワークが向いているといえます。取引先からオフィスへ戻る時間が短縮できるため、業務の効率化が図れるでしょう。

管理部門や研究・開発部門の人

企画や総務、人事、経理といった管理部門の人や、研究・開発部門の人は、部分的にテレワーク勤務を導入するのがおすすめです。会議や企画のプレゼンはオフィスへ、それ以外は在宅やモバイルワークなど、状況に合わせた働き方を選択すれば、効率よく働けるでしょう。


テレワークを導入する企業は最近増加傾向にありますが、まだまだ多いとはいえません。そのため、自分で探すのは時間を要する可能性があるでしょう。
就職・転職中で、テレワークを検討している人は、一度エージェントへ相談してみるのをおすすめします。

就職・転職サポートサービスのハタラクティブは、専任のアドバイザーが働き方の希望や能力、性格などを考慮した求人をご紹介。選考スケジュール調整や企業との交渉代行、応募書類の添削、面接対策なども行い、求職活動をトータルサポートいたします。
ハタラクティブ利用後の内定率は、80.4%(2019/01/16)。サービスはすべて無料なので、ぜひお気軽にご相談ください。

これまでに就職したことはありますか? 必須 ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

  • image

    テレワークのメリット・デメリット 成果を上げる働き方とは?

  • image

    リモートワークとは何?テレワークとの違いやメリット・デメリットも解説

  • image

    テレワークとはなんの略?モバイルワーク・在宅勤務も簡単に説明します

  • image

    リモートワークとは?テレワークや在宅ワークの違いと向いている職種

  • image

    未経験からリモートワークは挑戦できる?正社員を狙いやすい職種とは

  • image

    リモートワークエンジニアになりたい!未経験者が身につけるべきスキルとは

  • image

    リモートワークにぴったりの職種は?始め方や注意点も解説!

  • image

    在宅ワークはニート卒業にピッタリって本当?

  • image

    正社員未経験から就職する方法!在宅ワークはできる?できない?

  • image

    転職するなら最適なタイミングで!おすすめの時期とは

  • image

    週3日勤務の正社員は存在する?多様な働き方の可能性

  • image

    残業代は出ない?業務を効率化して脱仕事のお持ち帰り

  • image

    web面談の基本を解説!スマホは使える?場所や服装、注意点を確認しよう

  • image

    フリーターの将来は?生活保護をもらえば良い?不安に感じたらすべきこと

  • image

    Web面接に最適な場所は?選び方を解説!

  • image

    できる仕事がないと感じる原因とは?対処法とおすすめの仕事

  • image

    飲食についてのページ

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる