新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 検討の意味は?類語やビジネスメールでの使い方を例文付きで解説!

検討の意味は?類語やビジネスメールでの使い方を例文付きで解説!

公開日:

検討の意味は?類語やビジネスメールでの使い方を例文付きで解説!の画像

【このページのまとめ】

  • ・検討とは、物事をよく調べて考えることを意味する言葉
  • ・検討するの類語には、「考える」「一考する」「考慮する」などがある
  • ・「見当」「ご査収」は、検討と意味が違うので注意しよう
  • ・「検討してください」ではなく「ご検討ください」が正しい敬語表現
  • ・ビジネスの場で「検討」を使うシーンはたくさんあるので、意味や使い方を覚えよう

監修者:後藤祐介

キャリアコンサルタント

一人ひとりの経験、スキル、能力などの違いを理解した上でサポートすることを心がけています!

「検討」はビジネスシーンでよく用いられる言葉ですが、その意味や使い方に自信がないという人もいるでしょう。「検討」とは物事をよく考えることを意味します。状況によって適さない場合もあり、使い方には気をつけなければなりません。このコラムでは、「検討」について意味や類語、使い方をまとめました。ビジネスの場で使える敬語表現の一つとして、正しく理解しておきましょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

検討(けんとう)の意味は?

「検討」とは、「物事をよく調べて考えること」を意味する熟語です。検討の「検」は、「取り調べる」、「討」は、「詳しく調べる」「探し求める」といった意味を持ちます。また、ビジネスシーンでよく使われる「ご検討ください」というのは、ただ「考えてほしい」よりも「よく吟味して考えてほしい」といったニュアンスを持つフレーズです。

検討するの類語

「検討する」の類語には以下のような言葉があります。それぞれ、意味と一緒に確認しましょう。

考(かんが)える

「検討する」をシンプルに表現すると「考える」に言い換えられます。ただし、「考える」はフランクな表現になるため、状況によってはビジネスの場にふさわしくありません。ビジネスシーンで使うなら「お考えください」のように丁寧な表現にする必要があるでしょう。

一考(いっこう)する

「一考」とは、その言葉どおり「一度考えてみる」という意味を持ちます。「検討」よりも軽い印象になりますが、「考える」よりも謙虚な姿勢が伝わる言葉です。「一度でも考えてみてほしい」という気持ちを伝えたいときに使うと良いでしょう。

考慮(こうりょ)する

「考慮する」とは、「よく考えてみること」を意味する言葉です。「考」はそのまま「考えること」、「慮」は「考えを巡らす」といった意味があり、あれこれ思いを巡らせて考えるといったニュアンスで使われます。

検討と間違いやすい言葉

「検討」と似ているため、間違いやすい言葉もあります。「検討」との意味の違いを知り、正しく使いましょう。

見当(けんとう)

「見当」は、検討と読み方が同じですが、意味は全く異なります。「見当」は、「おおよそのめあて」といった意味を持つ言葉。「今後の予定について見当をつける」のように、予想や見込みを立てるときに使います。

ご査収(さしゅう)

「ご査収」とは、「(書類やモノ、お金などを)よく調べたうえで受け取ること」を意味する言葉です。ビジネスシーンでは、「ご査収ください」のようによく使われます。「検討」と意味は異なりますが、「ご検討ください」「ご査収ください」というように使い方が似ているので、間違えないように気をつけましょう。

検討の英語表現は?

検討を英語で表す際は、「think about ◯◯ (◯◯について考える)」や「consider ◯◯ (◯◯について検討する)」などが使えます。think about ◯◯よりも、consider ◯◯のほうが、物事を深く考えるといったニュアンスになるため、状況によって使い分けましょう。

「検討」のほかにも、ビジネスや就活の場でよく使われる敬語がいつくかあります。「『伺う』と『参る』どちらを使う?就活生にマストの敬語表現」では、「伺う」と「参る」の意味や使い方を解説。ビジネススキル修得の参考にしてください。

意味を覚えるだけでは不十分!「検討」の使い方

ここでは、「検討」をビジネスシーンで使う際のポイントを解説します。

「検討」の丁寧語「ご検討」を使う

ビジネスシーンにおいて、「検討」を上司や顧客などの目上の人を相手に使う場合、「検討してください」でも意味はとおりますが、丁寧さが欠けた表現になります。正しい敬語表現は、「検討」の丁寧語である「ご検討」を使った、「ご検討ください」や「ご検討お願いします」です。

自分側が検討する場合は丁寧語にしない

自分側が検討する立場になるときは、丁寧語の「ご検討」ではなく「検討」を使い、「検討いたします」としましょう。より丁寧な印象を与えるなら、「前向きに検討いたします」や「検討させていただきます」とすると良いでしょう。

「ご検討してみてください」はNG

ビジネスの場で「検討」を使う場合、「ご検討してみてください」とするのは砕けたな意味合いになるためおすすめできません。同僚相手ならそれほど気にする必要はないかもしれませんが、相手が上司や顧客であるときは、「ご検討ください」とするのが無難です。

「丁寧語って何?」と疑問に思った方は、敬語のいろはを解説する、「その敬語間違ってない?正しいビジネスメールのマナーとは」をご覧ください。「検討」以外にも、ビジネスの場で使う敬語表現の意味や使い方を確認できます。

【例文と意味をチェック】「検討」を使うフレーズ

最後に、「検討」を使うフレーズとしてよくあるものを、シチュエーション別にご紹介します。ビジネスシーンで正しく使えるよう、例文と意味をしっかり押さえましょう。

検討してほしいとき

ビジネスメールで相手先に何か依頼をする場合は、以下のようなフレーズがよく使われます。

「ご検討のほどよろしくお願いいたします」
「ご検討のほどお願い申し上げます」
「ご検討いただけますと幸いに存じます」

「ご検討のほど~」は決まり文句としてよく使われますが、「~のほど」を使うのは、柔らかい印象を与えるため、断定表現を避ける意味があります。会話の締めくくりとしてもよく使われるので、必ず押さえておきましょう。

検討してもらいたいことが複数あるとき

ビジネスの場では、検討してもらいたい内容が一つとは限りません。複数依頼したい場合は、次のように「重ねて」と前置きすると良いでしょう。

「重ねてご検討のほどよろしくお願いいたします」
「重ねてのご連絡になりますが、◯◯の件についてもご検討よろしくお願いいたします」

依頼するときに、「あれもご検討お願いします」「これもご検討お願いします」と同じ表現を使うと、くどい印象になり相手に不快感を与える恐れがあります。要件が複数あることを意味する「重ねて」を使い、適度に表現を変えましょう。

検討してもらったとき

上司や取引先に検討してもらったときは、お礼を述べるのがマナーです。お礼メールでは、以下のようなフレーズを用いて感謝の気持を伝えましょう。

「ご検討いただきありがとうございます」
「お忙しい中、ご検討いただきありがとうございます」

お礼を述べるときは、「お忙しい中」「お忙しいところ」などのクッション言葉を使うのもおすすめ。クッション言葉を使うと、相手に配慮した思いやりのある表現・意味になります。

検討中の場合

上司や取引先から依頼を受けていて、「◯◯の件はどうなったか」と聞かれた場合は、次のようなフレーズが使えます。

「◯◯の件は、ただいま検討しております」
「◯◯の件は、現在検討中でございます」

「検討中です」だけではそっけない印象になるため、「~しております」「~ございます」などを使いましょう。また、検討した結果が何時ごろになるか分かるときは、「現在検討しております。◯月◯日ごろこちらからご連絡いたします」のように、結果を伝えられる日にを添えるとより丁寧です。

すぐに判断できないとき

ビジネスの場では、自分だけではすぐに判断できないこともあります。そういったときは、「今すぐには答えを出せないけれど、しっかり考えたい」という意味になるよう、次のような表現を使うと良いでしょう。

「この件は、検討させていただきます」
「前向きに、検討させていただきます」
「ぜひ、検討させてください」
「社内で検討させていただきます」
「一度、社に持ち帰って検討させていただいきます」

その場で判断できず、社内での相談が必要な場合は、「会社に持ち帰って」というフレーズが便利です。相手に今は結論を出せないことを伝えつつ、前向きに検討する気持ちを伝えられます。「検討します」のみでは、人によって「ぞんざいに扱われた」と感じる場合もあるので、できるだけ丁寧な表現を心がけましょう。

ビジネスメールの基本マナーについて知りたい方は、「面接の日程調整メールはどう返す?ビジネスメールの基本」が参考になります。返信方法や件名の書き方などを解説していますので、ビジネスマナーに不安を感じる方は、ぜひチェックしてみてください。

就職や転職の場においても、「検討」をはじめとする敬語表現に苦労する人は一定数います。「就活で使える敬語表現や意味が知りたい」という方は、就活アドバイザーに相談してみるのも一つの方法です。

就職・転職エージェントのハタラクティブは、20代の若年層向けにカウンセリングや求人紹介といった就職サポートサービスを提供しています。サービスの一環として、応募書類の作成や面接対策のアドバイスも実施。敬語表現に関する疑問もアドバイザーが一緒に解決に導きます。サービスはすべて無料なので、ぜひお気軽にご相談ください。

関連キーワード

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

面談から平均3週間で内定獲得!

あなたに合う企業を厳選して紹介するので、短期間で内定獲得できます!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ