フルコミットの意味とは?ビジネスシーンで困らないための使い方

フルコミットの意味とは?ビジネスシーンで困らないための使い方の画像

【このページのまとめ】

  • ・フルコミットとは、物事に対して「全責任を負う」「全力で取り組む」ことを意味する
  • ・フルコミットとコミットの意味はほぼ同じで、違いはニュアンスの強さ
  • ・ビジネスシーンでは、「結果を約束する」という意味でフルコミットを使う
  • ・フルコミットを使う際は自分の責任の範囲を明らかにしておこう
  • ・宣言せずとも仕事にはフルコミットで臨もう

上司から「この仕事はフルコミットにしてください」と言われ、意味が分からず困ってしまった経験がある方もいるのではないでしょうか。フルコミットとは、約束することや責任を負うことを意味する「コミット」をさらに強調した用語です。「全責任を負う」「全力で臨む」という意味合いになります。このコラムでは、フルコミットの意味や正しい使い方、注意点などを紹介しているので、ぜひご一読ください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

フルコミットの意味とは?

フルコミットには、「全力で対応する」「全面的に責任を追う」といった意味合いがあります。フルコミットは、最高や最大を意味する「フル」と、約束することや引き受けることを意味する「コミット」が合わさった和製英語です。
ビジネス用語として、幅広い業界で使用されています。

コミットとの違い

フルコミットとコミットの違いは、ニュアンスにあると捉えて良いでしょう。
上記でも述べたように、コミットには「約束する」「引き受ける」といった意味がある言葉です。日本のビジネスシーンで用いられる場合は「結果を出すことを約束する」「積極的に取り組む」という意味になります。フルコミットは「フル」がつくので、「結果を出すことに全責任を負う」というような、より強い意味合いになるでしょう。意味とともに、両者の違いを頭に置いてください。

コミットはIT用語としても使われる

ビジネス用語の「フルコミット」や「コミット」と、IT業界の用語である「コミット」は、異なる意味合いを持つ言葉です。
「コミット」をIT用語としても用いる場合は「行った処理を確定させる・反映させる」といった意味になります。データベースの処理が完了して、結果が出た状態が「コミット」です。また、データの編集や変更を反映させることを「コミット」ということもあります。
さらに「オーバーコミット」という用語もあり、CPUやメモリの容量を超えることを意味します。

プロミスとの違い

プロミスもフルコミットも「約束する」という要素がありますが、その意味には大きな違いがあります。
フルコミットは発言者本人が自発的にする約束であるのに対し、プロミスは本人の意思に関係なく結ばれる約束を意味する言葉です。そのため、フルコミットは約束事に対して本人が全面的な責任を負うことになりますが、プロミスは約束が果たされなくても責任を追求されません。

フルコミは「フルコミッション」を指す

「フルコミ」という略語がありますが、こちらはフルコミットの略語のことではなく、「フルコミッション」のことを指します。
フルコミッションとは基本給のない完全歩合制のことであり、仕事の成果で報酬が決まる完全実力主義の働き方です。主に不動産や保険などの営業、フリーランス、タクシードライバーなどの職業で用いられます。
意味合いが異なるので、フルコミットを使いたい場面でうっかりフルコミを使ってしまわないよう注意しましょう。
フルコミットのほかにも、ビジネス用語に困ったときには「社会人なら知っておきたい!よく使われるビジネス用語一覧」もあわせて参考にしてください。

ビジネスシーンにおけるフルコミットの使い方と例文

先述したように、フルコミットには全責任を負う、全力で臨むといった意味があります。ビジネスシーンでは、主に仕事に関する約束事に用いられる言葉です。下記で具体的な使用例を紹介するので、参考にしてください。

〈例文〉
・上司から部下に対して「この仕事はフルコミットしてください」
・このプロジェクトにフルコミットします
・売上△%上昇にフルコミットします

上司から「フルコミットしてください」と言われた場合、その仕事は責任感を持って全力で取り組んだほうが良いでしょう。また、自分から「フルコミットする」と宣言した場合も、仕事に対する責任が重くなります。
フルコミットだけでなく、ほかのビジネス用語の正しい使い方も覚えておくと便利です。「ペンディングとは?正しい意味と使い方をマスターしよう」や「プロパーとは?意味と使い方を知ろう!」もあわせて一読し、ビジネス用語を正しく覚えていきましょう。

フルコミットを使う際の注意点

フルコミットの意味を知ったら使いたくなることもあるかもしれませんが、安易な気持ちで使わないよう注意する必要があります。フルコミットを使う際は下記の点に注意し、よく考えて発言しましょう。

フルコミットは過程ではなく結果が重視される

フルコミットは「結果を出す」「約束を果たす」ことに対して、強いニュアンスを含む言葉です。「フルコミットします」と宣言した仕事に対しては、過程よりも結果が重視されるでしょう。もし目標を達成できなかった場合、「頑張りましたができませんでした」では済まされないので注意してください。
そのため、決意表明の意味あってもフルコミットは軽々しく使わないほうが無難です。

多用し過ぎず適切な場面で使う
ビジネスシーンでフルコミットを使用する際は、多用し過ぎず適切な場面で使いましょう。
先述したように、フルコミットするということは、全責任を持ってその仕事やプロジェクトに臨む必要があります。そのため、フルコミットという言葉を使う場合は、その仕事の責任の範囲や所在を明確にしておかなければいけません。
仕事の責任の範囲をきちんと見極めておかないと、本来は無関係の部分まで責任を背負わされてしまう恐れがあります。
そのような事態を避けるためにも、フルコミットは使いどころをきちんと考えましょう。
「フルコミット」を使う以外にも、仕事で評価される道はあります。今よりも評価を上げたいと考えている方は、「仕事ができる人にはこんな特徴が!効率的な仕事術とは」もご覧ください。

仕事はフルコミットで臨むことが大事

宣言せずとも、仕事にはフルコミットで臨むことが大切です。自分の責任がどこまであるのか見極めたうえで、結果を出すことに全力を注いでいけば評価は上がっていきます。ただし、すべての仕事にフルコミットしようとすると精神的にも肉体的にも疲れてしまうので、適度にリラックスすることも心掛けましょう。
もし今の仕事ではフルコミットするのが難しいと考えているなら、転職を視野に入れるのも一つの手です。今よりもフルコミットできる仕事を見つけ、充実した日々を送りましょう。
転職活動は一人でするよりも、プロのサポートが受けられる支援サービスを利用するのがおすすめです。
ハタラクティブでは、専属のアドバイザーによるヒアリングを通してあなたに合った求人をご紹介します。求人を出している企業には事前に取材を行っているため、ミスマッチの心配もありません。ほかにも、応募書類の添削や面接対策など、就活・転職でつまずきやすい部分のサポートも充実しています。今の仕事にお悩みなら、ぜひハタラクティブにご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION