リモートワークとは?テレワークや在宅ワークの違いと向いている職種

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. リモートワークとは?テレワークや在宅ワークの違いと向いている職種

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・リモートワークとは、会社のオフィス以外で業務を行う働き方のこと
  • ・メリットは「通勤時間の削減」「採用の拡大」「ワークライフバランスの充実」など
  • ・生産性の低下やセキュリティ面の不安を課題に挙げる企業は多い
  • ・リモートワークは、場所に制限がなくオンラインで情報共有ができる仕事に向いている
  • ・リモートワークをするなら、ビジネスチャットやweb会議システムを活用しよう

リモートワークとは?テレワークや在宅ワークの違いと向いている職種の画像

オフィスに出勤せず、自宅やサテライトオフィスで業務を行うリモートワーク。導入する企業が増加していますが、どんなメリットがあるのでしょうか。本コラムでは、リモートワークの概要や実施に必要なツール、注意すべき点についてまとめています。未経験からリモートワーカーとして就職できるのか、その真偽についても掲載していますので、参考にしてください。

リモートワークとは

リモートワークとは、場所や時間を制限しない「柔軟な働き方」の総称です。「リモート(remote)=離れた」「ワーク(work)=働く、仕事」を語源としており、会社のオフィスではない場所で業務を行う働き方です。


メリット

リモートワークがもたらす大きなメリットは、以下の3点です。

1.通勤時間の削減…体力やストレスの軽減、交通費の削減につながる
2.採用の拡大化…通勤が困難な人や遠方の人材を採用できる
3.ワークライフバランスの向上…従業員一人ひとりに合った働き方が叶う

上記以外にも、オフィスの維持費を削減できたり、人間関係のトラブルが減ったりすることも利点になるでしょう。


デメリット

リモートワークを実施することで考えられる主なデメリットは、以下の3つです。

1.コミュニケーション不足…オンライン上のやり取りになるので、対面に比べてコミュニケーションが難しくなる
2.生産性の低下…上司や管理者の目が届かないので、オフィス勤務と同様の生産性を保てなくなることも
3.情報漏えいリスク…セキュリティが脆弱なフリーWi-Fiや、不特定多数の人間が集まる場所を利用しての作業はリスクが高まる

ほかに、プライベートとの線引きが難しく長時間労働化しやすいことも考えられます。


テレワークや在宅勤務、在宅ワークとの違い

テレワークとは、「テレ(tele)=離れた場所」と「ワーク(work)=仕事」をかけ合わせた造語。リモートワークとは同義で使用されます。
在宅勤務は、前述したように「自宅で行うリモートワーク」のこと。
一方、在宅ワークとは、「自宅で行う自営型テレワーク」が当てはまります。いわゆる内職のことで、企業や注文者とは雇用関係ではなく委託関係を結ぶ働き方です。

参照元
厚生労働省
情報通信機器を利用して自宅などで仕事をしている方へ(自営型テレワーク(在宅ワーク))

正社員でもリモートワークは可能?

会社によってリモートワークの制度は異なりますが、「正社員は出社してアルバイトはリモートワーク」やその逆など、雇用形態によって実施が制限される事例は少ないようです。企業によっては、正社員向けの福利厚生の一環として在宅勤務を取り入れるなど、正社員のほうがリモートワークを実施しやすい環境であるともいえます。


業務内容によってはできない

すべての正社員がリモートワークを実施できるわけではありません。
特に、販売・清掃・理美容・運送・医療関係といった生活関連サービス業や仕事場が決まっている業務の場合は、リモートワークを取り入れるのは難しいでしょう。


リモートワークを取り入れやすい仕事の条件

リモートワークを取り入れやすい仕事の条件は、以下の3つです。

1.場所にとらわれないこと
2.時間管理がしやすいこと
3.業務の共有がしやすいこと

決まった仕事場、いわゆる「現場」があれば、そこを離れて仕事をするのは難しいのが実情です。また、リモートワークは実際に勤務をした時間の管理が難しくなるため、毎日の勤務時間が一定で時間管理がしやすい仕事も、リモートワークを取り入れやすいといえます。
オンライン上でやり取りを行うため、業務や資料、情報の共有がしやすいことも条件。日頃から勤怠や資料をオンライン上で管理していれば、問題ないでしょう。

未経験からのリモートワーク

未経験でいきなりリモートワークに挑戦するのは厳しいといえます。


全くの未経験は難しいのが実情

多くの企業では、リモートワーク前提の採用でない限り、ある程度経験を積んでからリモートに切り替えるのが一般的。未経験者がいきなりリモートワークを始めても、仕事の進め方やトラブル時の対応方法が不十分であること、教育が行き届かないといった点から許可されないでしょう。


未経験OKの求人はあるのか

未経験OKのリモートワーク求人は、全くないわけではありません。
在宅勤務を前提とした求人を中心に探せば、選択肢は少ないものの見つかります。
次項では、リモートワークの傾向が強い職種を紹介しています。未経験の場合は、以下の職種を候補に入れてみてください。

リモートワークを導入しやすい職種

リモートワークを導入しやすい職種の代表は、以下の3つです。


1.ITエンジニア

一口にエンジニアといっても、リモートワークに向いているのは主に開発系。顧客やデータセンターとの関わりが薄く、パソコンとインターネット環境があれば作業ができます。
書き上げたコードがそのまま成果となり、データはオンライン上で共有が可能。すでに社内のITエンジニアの大半をリモートにしている企業も見受けられます。


2.ライター

ライターという職種は多種多様ですが、どんな分野でも記事を書き上げるのが仕事のため、リモートになりやすい仕事の代表でしょう。
書いた記事の量や内容で成果を確認できますし、記事の作成から提出までオンライン上で完結するのも特徴です。


3.デザイナー

仕事過程のほぼすべてを1人で行うデザイナーも、リモートワークに向いている職種の1つ。なかでも、webデザイナーやグラフィックデザイナーは、パソコンがあれば行える仕事です。

必要なツール

ここでは、リモートワークを行うために必要となるツールを紹介します。リモートワークをお考えの方は、以下を参考に準備を進めていきましょう。


パソコン

リモートワークを行う上で必須となるツール。私物を使用することもありますが、セキュリティの観点からも会社で貸与されているパソコンを持ち帰ることが多いようです。


ビジネスチャット

オンライン上でコミュニケーションを取るために使われるのが、タイムラグが起きないチャットツール。近年はビジネス利用に特化した「ビジネスチャット」を採用する企業が多いようです。
日常のコミュニケーションだけでなく、タスクやファイルなどの情報共有の場としても活用されています。


web会議システム

リモートワーク中に会議を行うなら、ビデオチャット機能を擁したweb会議システムが必要です。多くのビデオチャットは1対1で行われるのに対し、web会議システムなら複数名の同時参加が可能。また、テレビ会議のように専用ツールを必要とせず、パソコンやタブレットがあれば参加できる点も特徴です。


勤怠管理システム

普段からオンライン上で勤怠管理を行う企業は多いようですが、リモートワークの場合は作業中のパソコン画面を自動撮影したり、打刻した場所をGPSで記録できたりするツールが活躍。
従業員の生産性が下がっていないかをチェックできる勤怠システムを採用する企業は多いようです。


タスク管理ツール

誰が、どの業務を、どこまで進めたのかを共有するのがタスク管理ツール。
進捗状況を可視化できたり、参加メンバーのスケジュールを管理できたりすれば、生産性のチェックにもつながります。


バーチャルオフィスを導入する企業もある

オンライン上にオフィスを開設し、通話やチャット、打ち合わせを行える「バーチャルオフィス」を導入する企業も見受けられます。
従業員は各々でアバターを作成し、就業中はバーチャルオフィスに参加するなど、通常のオフィスと同様に活用することで、不足しがちなコミュニケーションを取るきっかけにもなるでしょう。

注意したいこと/課題

リモートワークを行ううえで注意したいことや課題になるのは、以下の3つといわれています。


コミュニケーション

従業員が違う場所で、個々に作業を進めるため、オフィスで勤務するときに比べてコミュニケーションの不足が懸念されます。
コミュニケーションをおろそかにすれば業務の進捗や完了に影響が出ることもあるので、チャットツールなどを使用して密なコミュニケーションを心がけましょう。


PC設定や周辺環境

従業員全員がパソコンの扱いに慣れているとは限りません。また、家に常に誰かがいる、インターネット環境が整っていないなど、業務環境が一定に保てないことも課題。一定のレベルを保つためには、サテライトオフィスを用意したり会社側でポケットWi-Fiを貸与したりといった対策が必要です。


労働時間や生産性の管理

何度か述べているように、リモートワークになると周囲や上司の管理が行き届かなくなり、人によっては生産性が下がることも。自宅で業務ができるため、労働時間が長くなったり、残業が発生したりと労働管理が難しいのも課題です。
これらを解決するには、前項で紹介したタスク管理ツールや勤怠管理システムが活躍します。

リモートワークを成功させる3つのコツ

自宅で業務を行うことが多いリモートワーク。なかなか仕事モードになれないなら、以下の3つのコツを実勢してみてください。


1.切り替え

普段は「出勤」「退勤」が仕事とプライベートの切り替えになっている方も多いでしょう。しかし、出退勤のないリモートワークでは、仕事と私生活の切り替えが難しくなることも。以下の行動が切り替えのスイッチとして活用できます。


勤務時間

ダラダラと仕事をするのではなく、9時から18時など、しっかりと勤務時間を区切ることが大切です。出勤時と同じ時間に起床し、朝食や歯磨きといったルーティンを守ることが、時間の区切りにつながります。


服装

誰にも会わないから、とパジャマや部屋着で業務を行うのは避けたいもの。通勤するときと同じ服装に着替えることで、自然と仕事のスイッチが入るでしょう。


適度な外出

ずっと家にこもっているのは、「切り替え」「服装」の観点からも良くありません。外出することでリフレッシュができますし、視点や環境を変えることが生産性の向上にも効果があるでしょう。


2.作業場所

住宅事情は人によって異なりますが、できる限りオフィスと同じ環境を保つのがポイントです。


仕事用スペースの確保

ベッドの上やソファはリラックスしてしまう可能性が高いので避け、書斎やリビングデスクなど「仕事をするスペース」を確保しましょう。


自宅以外ではセキュリティにも留意しよう

自宅以外のカフェやレンタルオフィスで業務を行う場合は、セキュリティ対策も必要です。資料を必要以上に広げたり、離席時にパソコンをシャットダウンしなかったりするのは第三者に情報を盗まれる可能性が高い行為。ウィルス感染や情報抜き取りのリスクが考えられるため、セキュリティが脆弱なフリーWi-Fiの使用を避けることも大切です。


3.コミュニケーションツールの活用

オフィスなら気軽に話しかけたり相談できたりしますが、リモートはその限りではありません。困ったことや課題を臆せず相談できるよう、ツールを活用して普段から積極的なコミュニケーションを取ることが大切。他者の進捗状況などを知るきっかけにもなります。

未経験からリモートワークができる仕事をお探しなら、就職エージェントのハタラクティブをご利用ください。
ハタラクティブでは、ご利用者の経験や経歴、強みに合った企業・求人のご紹介を行っています。リモートワークに関しても、企業ごとに条件を確認し、未経験から挑戦できるかご案内。
未経験の職種に挑戦するのが不安でも大丈夫です。ハタラクティブは、若年層に特化した就職エージェント。扱う求人の多くが「未経験歓迎」「経歴不問」ですし、研修や教育制度が整った企業も多数。しっかりと研修を受け、経験を積んだうえでリモートワークに転向することもできるでしょう。ぜひ1度お問い合わせください。専任アドバイザーがお待ちしております。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ