面接官のチェックポイントを理解しよう!これで就活も怖くない!

面接官のチェックポイントを理解しよう!これで就活も怖くない!の画像

【このページのまとめ】

  • ・面接官は、面接の段階によって変わる。一次面接は人事担当者で、採用要件に合っているかなどをチェックする
    ・二次面接は人事責任者と、実際に働いた場合に上司になる可能性のある管理職。スキルや経験がチェックされる
    ・最終面接は、社長や役員などが担当。熱意や将来のビジョンなどから、会社に相応しい人材かチェックされる
    ・複数の面接官がいる場合も、質問への答えに矛盾がないよう、全ての面接官に気配りを忘れないよう気をつける
    ・面接官が重視しているポイントは、人格やスキル、明確なビジョンがあるか、働く意欲など。一方で準備不足は意欲がないと判断されることもある

就活に欠かせない面接対策。しかし、面接官を知らずして対策ができるでしょうか。
面接官は何をチェックし、何を重視して採用を決めているのか。それが分かれば、面接対策もしやすくなるはずです。
当コラムで面接官についてまとめていますので、参考にしてください。

面接官は誰が担当する?

就活で避けて通れない面接。しかし、面接が得意な人はほとんど居ないのではないでしょうか?
自分を上手にアピールし、「採用したい」と思ってもらわなければいけないのはプレッシャーとなり、不採用が続けば大きなストレスにもなります。
では、その面接は誰が担当し、どんなところを見られているのでしょうか。
 

面接の段階によって面接官は変わる

就活の面接は数回に渡って行われるのが一般的。
会社の規模や考え方によって変わりますが、採用面接は以下のような流れになっているようです。
 

一次面接:人事担当者

第一関門である一次面接では、採用要件に合っているかや、コミュニケーション能力の有無などを確認しているとされています。
この段階の人事担当者は応募者の基本的な素養をチェックすることが目的なので、迷う場合は二次面接に判断を委ねることが多いのだとか。
 

二次面接:人事責任者、管理職など

二次面接では人事の責任者と共に、応募者が採用された場合に実際に配属される予定の部署の部長・課長クラスが面接を担当します。つまり、上司になる可能性が高い人物です。
二次面接が一次面接よりも通りにくい理由は、「一緒に働きたい人物か」「会社に貢献できるか」などを厳しくチェックされているから。一次面接よりも掘り下げた形で経歴やスキル、意欲について聞かれることが多いでしょう。
会社や仕事についての理解ができていないまま臨んだり、その場その場で考える受け答えでは、通過は難しいといえます。
 

最終面接:社長、役員など

就活の最後の難関、最終面接。役員面接ともいわれるように、面接官となるのは社長や役員など。
一次、二次面接と異なるのは、「迷ったら通す」ではなく「迷ったら落とす」という考え方だということ。
最終面接まで残ったということは、人事や現場とって、その応募者は「採用したい人物」。その中から、会社に対する熱意や入社後の展望などを見て、最終的に自分の会社に相応しいと感じる人を選んでいます。
採用は人事がメインで動いていますが、やはり最終決定は社長や役員が下すようです。

面接官が複数いるとき

面接では、面接官は1人とは限りません。複数の面接官に対して応募者が複数、または1人など、企業によってさまざまなスタイルで行われます。
1対1でも緊張する面接に、複数人の面接官がいれば萎縮してしまいそうですが、そこは心を強く持ってきちんと自分を伝えられるようにしましょう。
複数の面接官で面接が行われる場合、異なった視点でそれぞれが応募者を評価するという意図があります。こういった場面でも、対1人のつもりで各面接官からの質問に丁寧に答え、それぞれの答えに矛盾がないよう注意が必要です。
また、主に質問してくる面接官が1人であった場合でも、他の面接官が応募者をチェックしていることに変わりありません。1人ひとりと目を合わせるなどの気配りを忘れないよう心掛けましょう。

面接官が採用で重視するポイント

毎年たくさんの応募者と対峙している面接官。では、面接官たちは応募者のどんなところを重視し、採用を決めているのでしょうか。
 

人柄や性格

どんなに素晴らしい経歴があっても、職場に馴染めなくては円滑な仕事運びはできませんし、入社後にトラブルを起こしそうな性格の人とは一緒に働きたいとは思えないのではないでしょうか。
作ったものではなく、会話の中に自然と感じられる誠実さや丁寧な言葉づかいは、仕事に対する姿勢にもつながるため、重視している面接官が多いようです。
また、ふとした瞬間に出るマナー違反な行動や言動も、NGポイントとして見られていることを忘れないようにしましょう。
 

将来のビジョンが明確

面接で、年単位で将来のビジョンを描けている応募者は、活躍するイメージがしやすいため高評価につながります。
しかし注意したいのは、企業研究も同時にきちんと行っているかどうか。せっかくしっかりとしたキャリプランがあっても、その企業にマッチしていなければ業務を理解していないと判断されてしまいます。
 

スキルや経験

企業が中途採用に求める人材は即戦力。その企業で活かせるスキルや経験があれば当然有利になります。上記にもつながりますが、持っているスキルや経験をどのように企業で活かし活躍するかをきちんと考えられてるかどうかも大切です。
 

意欲があるかどうか

面接に挑むにあたって必要不可欠なのは、意欲ではないでしょうか。
特に新卒や未経験の人であれば、十分な経験やスキルがないのは当たり前。その場合、仕事に対する意気込みや「この会社で働きたい」という熱意が伝われば、ポテンシャルを評価してくれる面接官も多いようです。
逆に、しどろもどろになってしまう受け答えや、調べればすぐに分かるような質問をするなど、準備不足を感じさせるような言動は働く意欲がないと判断されかねません。
面接に向かう前にできる限りの準備はしておきましょう。

面接対策をしっかり行うことが大切

前の項でも触れましたが、面接官が見ているのは、働く意欲。
その場しのぎの言葉では、たくさんの応募者と向き合っている面接官には響きません。この会社で働きたいと思ったら、きちんと企業研究をし、自分の熱意を伝えるための準備が大切です。
自分を客観的に判断される面接は、大多数の人が苦手と感じているのではないでしょうか。しかし、面接官は応募者を落とすために面接をしているのではなく、応募者のいいところを見つけ、一緒に働きたいと思える人、企業のために貢献してくれる人を探しています。
面接対策がしっかりとできていれば、いつもより落ち着いて面接を受けられ、あなたの長所や熱意もきちんと面接官に伝わるはずです。

就職・転職支援をしているハタラクティブなら、就活のプロが面接対策をしっかりサポート。
1人では不安な就活も、経験豊富なアドバイザーがマンツーマンで支援します。
就職活動に迷ったら、お気軽にハタラクティブにご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION