委託社員と派遣の違いを知ろう!得意分野を活かせるのは?

委託社員と派遣の違いを知ろう!得意分野を活かせるのは?の画像

求人情報で見かける「委託社員」と「派遣社員」。紛らわしくてよくわからない!と感じたことはありませんか?
ここでは、「委託社員」の意味と派遣社員との違いを詳しく解説。様々な働き方を知って、自分に合った働き方を考えていきましょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

■委託社員とは?

委託社員とは、「特定の仕事を業務委託という形で引き受け、企業と雇用契約を結ぶ社員」を指します。

労働契約ではないため、契約を結んだ企業の管理下に置かれず、結果に応じて契約会社から報酬を得ることができます。
あくまでも個人の裁量で業務を遂行し、完成を持って契約を満了します。
基本的に個人事業主となるため、労働基準法の規制や社会保険の加入義務がないのも特徴のひとつです。

■委託社員と派遣社員の違いは?

【派遣社員】

・派遣先の正社員と同じような業務、もしくは補助的な業務を任せられる
・派遣社員は派遣会社と雇用契約を結び、派遣会社と派遣先が労働者派遣契約を結ぶ
・指揮命令は派遣先に準じる
・雇用期間は契約時に定められた満了期間まで(更新あり)

【委託社員】

・契約通りに業務を完成させる
・業務内容が達成できなかったときには責任を問われるケースあり
・委託社員には派遣会社のような仲介となる会社がない
・企業と立場は対等であり、指揮命令は受けない
・内容によっては在宅勤務も可能
・雇用期間は、委託契約内容の仕事が完了するまで
・自身の得意分野の仕事を専門として活躍することもでき、成果が直接収入に繋がる

■これから就職・転職を目指す方へ

これから就職活動または転職活動を考えている方は、企業の社風や業務内容だけでなく、正社員や派遣社員、委託社員といった「雇用形態」にも注目してみると良いでしょう。

応募する企業が希望の職種や社風とマッチしていたとしても、雇用形態によっては自分の目指す働き方ができない場合も。
就職・転職先を探す際には、「自分に合った働き方ができるかどうか」をしっかりと考えることが大切です。


とはいえ、正社員、契約社員、派遣社員、委託社員など雇用形態は様々…紛らわしいい雇用形態もあるため注意が必要です。

どの働き方が自分に合っているのか分からない方は、就職サポートサービスのハタラクティブへ。
第二新卒・既卒・フリーターの方向けに、就職・転職についての相談や応募書類の添削、面接対策など幅広いサービスを提供しています。専任の就活アドバイザーが、分かりにくい雇用形態についても丁寧にアドバイス!是非お気軽にご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION