転職面接では何を質問される?回答のポイントを知って対策を立てよう

転職面接では何を質問される?回答のポイントを知って対策を立てようの画像

この記事のまとめ

  • 転職面接の質問の基本的な流れは、自己紹介→転職理由→志望動機→自己PR→逆質問
  • 転職面接前に対策すべき質問は、キャリアプランや雇用条件に関する質問
  • 転職面接で他社の選考状況に関する質問をされたら、正直に答えよう

「転職面接では何を質問される?」と不安に思う方は多いでしょう。転職面接では、転職理由や志望動機、キャリアプラン、雇用条件などに関する質問をされるのが一般的です。このコラムでは、転職面接前に対策しておくべき質問や他社の選考状況を聞かれたときの対応、質問対策以外で準備すべきことなどを解説しています。転職面接を受ける前にチェックし、自信を持って選考に挑みましょう。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

転職面接の質問の流れ

転職面接の質問は、「自己紹介」「転職理由」「志望動機」「自己PR」「逆質問」の順にされるのが一般的です。この項では、面接官が質問する意図や回答に盛り込むべき内容を紹介するので、参考にしてみてください。

1.自己紹介

転職面接で企業が自己紹介を求めるのは、「応募者の人柄を知るため」「緊張を解くため」「経歴を把握するため」といった理由があります。そのため、あまり構え過ぎずに回答しましょう。
自己紹介には、氏名や前職の仕事内容といった情報を盛り込むのが基本です。ただし、自己紹介の段階で内容を掘り下げ過ぎてしまうと、次に続く質問で話すことがなくなってしまう可能性があるので注意してください。転職面接における自己紹介のコツは「面接での効果的な自己紹介!自己PRとの違いは?回答例文でコツをつかもう」で詳しく紹介しています。

2.転職理由

採用担当者が面接で転職理由を聞く目的は、「同じ理由で早期離職する可能性がないか確かめるため」「仕事への向き合い方を判断するため」などです。そのため、「転職理由は何ですか?」と質問されたら、転職に至った原因やその原因を解消するために取り組んだことなどを前向きに伝えましょう。「転職理由別の例文7つ!好印象を与えるために意識するべきポイントとは」のコラムでは、転職理由の回答例や回答のポイントを紹介しているので、あわせてご参照ください。

3.志望動機

企業は、応募者の志望動機から「会社との相性」「就業意欲」「企業の理解度」などを確かめています。盛り込む内容としては、「魅力に感じている点」「同業他社との違い」「自分の能力をどの業務にどう活かすか」などが挙げられます。志望動機を考えるときのコツは「転職活動の志望動機はどうする?好印象を与える書き方や例文を紹介」のコラムで確認してみてください。

4.自己PR

転職の面接で面接官が自己PRを求めるのは、「入社意欲や応募者の人柄を確かめるため」だといわれています。自己PRには、自分の強みや仕事での活かし方などを盛り込むのがおすすめ。また、強みは、具体的なエピソードをもとにアピールするのが効果的です。「転職面接の自己PRとは?効果的なアピール方法とよくある質問をご紹介」のコラムでは、自己PRが求められる理由だけでなく、質問&回答例や自己紹介との違いなども紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

5.逆質問

採用担当者が転職面接で逆質問を求めるのは、応募者の入社意欲やコミュニケーション能力、会社とのマッチ度などを確かめる意図があります。
「質問はありますか?」と聞かれたときは、業務内容や応募する職種、業界の動向などに関する質問をすると良いでしょう。その際、Webサイトに載っていることや面接官がすでに説明したことを聞いてしまうと、「研究不足」「人の話を聞いていない」と思われる可能性があるので注意してください。

転職面接の逆質問に関してより詳しく知りたい方は、「転職面接の逆質問に上手く対応するポイントは?OK・NG例をそれぞれ紹介」や、「転職の面接では逆質問をするべき?コツを掴んで効果的な回答を考えよう」のコラムも要チェックです。

転職面接前に対策しておいたほうが良い質問

この項では、転職面接の前に対策しておくべき質問を紹介します。面接でスムーズに回答できるように、事前にしっかりと準備しておきましょう。

キャリアプランに関する質問

転職面接でキャリアプランについて聞かれるのは、「入社後のミスマッチを防ぐ」「仕事への向き合い方を知る」といった企業の意図があります。そのため、「応募企業の展望と自分の将来の方向性を合わせる」「志望動機とキャリアプランを関連付ける」というポイントを押さえて、回答を用意しておきましょう。キャリアプランの立て方や回答例は「面接でキャリアプランを質問されたときの答え方は?例文もご紹介!」でご確認ください。

雇用条件に関する質問

転職面接では、働くうえでのお互いの認識をすり合わせる目的で、雇用条件に関する質問をする企業もあるようです。たとえば、「転勤は可能ですか?」「残業の許容範囲はどれくらいですか?」といった質問が考えられます。
雇用条件に関する質問をされたときは、企業が求める人物像に沿いつつも、自分の気持ちに嘘をつかないことが大切です。転勤したくないのに「転勤可能です」と回答したり、私生活も大切にしたいのに「残業は何時間でも問題ありません」と回答したりするのは、入社後に負担がかかる可能性が高いので避けましょう。ただし、「○○できません」と断言してしまうと、就業意欲が低いと判断される場合があるので、伝え方には注意が必要です。不安な方は「転職活動における面接の流れは?基本的なマナーやよくある質問について解説」で、雇用条件に関する質問をされたときの回答方法を確認しておきましょう。

会社に関する質問

企業理念や経営方針といった会社に関する質問は、「会社についてよく調べているか」「考え方が似ているか」などを確かめる目的でされます。回答のポイントは、具体的なエピソードを添えることです。「○○に共感しました」と述べるだけだと、「どこの企業でも同じことを言っていそう」「研究不足なのでは?」とマイナスな印象を持たれる可能性があるので気をつけましょう。

応募職種に関する質問

転職面接では、応募職種に特化した質問をされることもあります。たとえば、「なぜ○○職を選んだのですか?」「あなたにとって、○○職が担う役割とは何ですか?」などです。職種に関する質問は、就業意欲や仕事の取り組み方などを確認する目的でされる場合が多いので、自分がなぜその職種で働きたいのか・その職種の企業における役割などを明確にしておきましょう
事務職の転職面接で質問されることとは?回答例やマナーを解説」では、事務職の面接でされやすい質問を紹介しているので、あわせてご参照ください。

転職面接で聞かれる質問数はいくつ?

30分間~1時間で6つ前後の質問をされるのが一般的なようです。ただし、質問数は転職面接の長さや種類によって異なります。また、面接時間は同じでも、「採用担当者が一つひとつの質問を深掘りするか、できるだけ多くの質問をするかによっても質問数は変わる」と認識しておきましょう。

転職面接の質問例を紹介!好印象につながる回答の仕方やコツなども解説」のコラムには、転職面接における具体的な質問例を載せているので、ぜひ面接対策にお役立てください。

転職面接で他社の選考状況に関する質問をされたら?

企業は、志望度や入社意欲の強さを確かめる目的で、他社の選考状況を聞く場合があります。転職面接で「ほかに受けている企業はありますか?」と質問されたときは、正直に選考状況を答えましょう。ただし、志望度を聞かれた場合は「御社が第一志望です」と答えるのが無難です。「面接でよく聞かれる「他に受けている企業は?」の答え方」のコラムでも、面接で選考状況を聞かれる理由やベストな回答を紹介しているので、参考にご覧ください。

転職面接の質問以外のチェックポイント

転職面接を受ける場合は、質問以外にもチェックしておくべきことがあります。転職面接を成功させたい方は、以下を確認しておきましょう。

面接前に持ち物を確認しておく

転職面接を受ける前に、必要な持ち物を用意しておきましょう。転職面接に必要なものは、「履歴書」「職務経歴書」「筆記用具」などです。履歴書や職務経歴書はコピーを取っておき、面接が始まる前の空き時間に内容を確認すると良いでしょう。物によっては準備に時間が掛かる場合もあるので、余裕を持って用意を始めるのがおすすめです。面接に必要な持ち物についてより詳しく知りたい方は、「面接時の持ち物は大丈夫?必須アイテムを確認しよう」をご覧ください。

身だしなみにも気を配る

転職面接では、身だしなみにも気を配りましょう。主なポイントは以下のとおりです。

・自分の体のサイズに合ったスーツを着る
・スーツのシワや汚れは落としておく
・化粧はナチュラルにする
・長い髪はまとめる
・寝ぐせがないか確認する

上記のように、「清潔感」や「TPO」を意識して身なりを整えれば、採用担当者に好印象を持ってもらいやすいでしょう。「転職活動の服装はスーツが基本?面接で好印象を与える身だしなみを解説!」のコラムでは、転職面接に適した服装や企業が見ているポイントなどを詳しく解説しています。身だしなみを整える際の参考にしてみてください。

Web面接の場合の準備は?

転職面接がオンラインで行われる場合は、面接場所のセッティングを自分で行う必要があります。必要な準備は、「静かな場所を選ぶ」「部屋をきれいにする」「面接で使用する端末を用意する」「通信環境や音声を確認する」「カメラの映り具合をチェックする」などです。「Web面接ってどうやるの?注意点と必要な準備をご紹介」には、準備のチェックリストだけでなく、Web面接の流れや面接官が見ているポイントも載せているので、ぜひお役立てください。

転職面接の質問対策を一人でするのが不安な方は、就職・転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブは既卒・フリーター・第二新卒に特化した就職活動支援を行っています。就活アドバイザーがマンツーマンでサポートするため、転職活動が初めての方も安心です。サービス料はすべて無料なので、ぜひお気軽にご利用ください。

この記事に関連するタグ