転職面接で質問に対する答え方!前向きさが大事!

転職面接で質問に対する答え方!前向きさが大事!の画像

転職活動の面接。担当者からの質問に上手く答えることができているでしょうか。退職した理由など少し答えにくい質問をされることもあります。
しかし、そこを乗り越えていくことが内定をたぐり寄せる近道といえます。

このページでは面接でよくある質問に対して対策を検討していきます。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

面接でよくある質問とその対策とは?

転職の面接でよくある質問と言えば「志望動機はなにですか?」ではないでしょうか。

今の仕事を辞めてなぜ転職したいのかについて、面接官はとても関心を持っています。

志望動機に説得力を持たせるには企業研究の成果を見せることが有効です。志望企業のホームページをよく読み、あなたの経歴のどの点が具体的に活かせそうなのか話せるようにしておきましょう。

転職に限った話ではないですが「あなたの長所はなんですか?」という質問もよく聞かれる内容です。

これはあなたの自己分析能力を図るためのものです。自分を客観的に見るのはなかなか難しいので、信頼できる友人や親に意見を求めてみましょう。

その内容をヒントに自分の強みを考えてみてください。どんな質問が来たとしても企業研究に基づいた具体的な志望動機と、独りよがりになっていない正確な自己分析ができていれば、だいたいの質問は乗り越えることができるのではないでしょうか。

この2点について、自分の考えをじっくりと練り上げていきましょう。

不平不満はNG!退職理由はとにかく前向きに!

転職の際には退職理由をいかに上手く答えるかが重要なポイントです。とにかく前向きな表現を心がけると良いでしょう。
満足のいかない仕事内容で辞めたのであれば、よりキャリアアップできる職場を求めて転職活動をしていることを伝えましょう。

人間関係が上手くいかなくて辞めたとしても、前職のメンバーをおとしめるようなことは言わないようにしましょう。お互いに刺激を得ることができるような、成長できる職場で働きたいと伝えることが無難です。

給料が低かったから辞めたという理由も、かなりリスクがあります。
能力が低かったから給料が安かったのではないか、と思われる可能性もゼロではありません。ネガティブな内容は排除し、とにかくポジティブに転換していきましょう。

転職をすることで、自分自身がステップアップしたい!という方向に話を持っていくのが良い退職理由のコツです。

言いたいことはいろいろあるかもしれませんが、前職に対して不満を述べることはマイナスイメージが付きやすくなることを理解しましょう。

面接最後の逆質問で自己PR!あなたは自分の強みがわかりますか?

面接では担当者からいろいろと質問がされますが、面接の最後に「なにか質問はありませんか?」とこちらから逆質問する機会を与えられるのはよくあるケースです。
この逆質問の対応次第で合否が分かれることも少なくないでしょう。

こちらから質問する内容ですが、「抽象的な内容」「自分で調べればすぐわかること」など「どうでも良いこと」を聞くのはイメージダウンにつながる可能性があります。
逆質問は自己PRのチャンスです。入社後にどのような仕事を担当できるのか、入社までにどのような準備を進めるべきかなど具体的で、こちらのやる気が伝わる質問をするようにしましょう。

今までのキャリアを元に、「私は〇〇には自信がありますが、御社でこのスキルをお役に立てることはできますか」など、少し踏み込んでみても良いかもしれません。ただし、単なる自慢話にはならないようにしてください。

自己PRや長所を述べる際にはしっかりと根拠を示して伝えるようにしてください。
「自分の強みがわからない」「正社員の経験が乏しく自信がない」という人も中にはいるでしょう。

ハタラクティブでは20代を中心に既卒・フリーター・第二新卒を中心に就職活動のバックアップを行っています。プロの就活アドバイザーが正社員になるまでマンツーマンでサポートしますので、就職活動に不安がある方も心配はいりません。
企業別の面接対策を行っていますので、一緒にがんばっていきませんか。サービス料はすべて無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

関連タグ