フリーターから正社員になるための3つの考え方

フリーターから正社員になるための3つの考え方の画像
ハタラビット

ハタラクティブは20代の
フリーター・既卒・第二新卒

特化した
就職支援サービスです

フリーターとしての実績は重要視されていない

アルバイトとしての経験は、多くの場合採用に大きな影響を与えません。
もちろんフリーターとして働く人の中には、重要な仕事を任せられたり、責任のあるポストについていたりした人もいるでしょう。
ですが、それらは『正社員として働いていた』という実績に比べると、はるかに低い評価しかもらえないのが現実です。

企業の求められている人材の一つとして、『責任感があること』が挙げられます。正社員として働いた経験がない、ということは、『責任のある仕事をしたことがない』とみなされがちです。実際には責任あるポストを任されていてもです。

フリーターとして働いてきた経験は、確かに実績ではあります。ですが、あまりそこを重要視しすぎないほうが良いでしょう。あくまで自分に少し色をつける、くらいのニュアンスで考えておきましょう。

大事なのは社会人としてのマナーや常識

では、実際に採用のポイントとなるのはどのような点でしょうか?
同業種の経験があることは、それほど重要ではありません。むしろ他の会社の色に染まっている、と敬遠されることもあります。業界の知識や変な常識を持っておらず、これから入社しようとする企業の理念や思想に共感し、それに沿って成長できる人材のほうが、企業としては好ましいのです。

正社員としてまず求められるのは、社会人としての常識やマナー。面接での受け答えや敬語をきちんと使えているか、スーツの着こなし、清潔感があるかなどのほうがより重視されるのです。
また、日頃からニュースや新聞などで今話題になっていることを調べておくこと。特に就職しようとしている業界について、日頃からどれくらい関心を持っているかは、その後の成長意欲を測る上で、企業が重要視するポイントです。
これらも含めて、社会人としての常識と言えるでしょう。

今働いている職場でステップアップを目指すよりも転職を。

最後に、現在アルバイトとして働いている職場で、正社員になろうとするよりも、新しい職場で正社員を目指すほうが近道である、ということを覚えておきましょう。

雇う側からすると、これまでと同様の仕事を任せるのであれば、アルバイトとして雇っている方がコストはかかりません。アルバイトでしっかりと働いている人は多いですが、逆に言うと『アルバイトの地位でもそれだけ働いてくれる』存在なのです。あえて正社員に登用するメリットは、企業側にとってあまり大きくないと言わざるを得ません。

どうしても職場にとって欠かせない存在であれば、正社員としての話を持ちかけてくるはず。長年勤めていてそうした話がないのであれば、企業側は『代えがきく存在』と認識していることになります。
そうした職場で働き続けても、正社員になる見込みはありません。長年働いていれば愛着もあるでしょうが、そこは割り切って新しい職場を探すのが賢明です。

フリーターから正職員になるための心構えを3点紹介しました。ちょっとした気持ちの持ちようで、面接の際の気持ちも大きく変わってきます。過去の実績や仕事に捉われずに、新たな気持ちで面接に臨むことが、正社員採用の一番の近道といえるでしょう。

関連タグ

  • arrow