フリーターの仕事探しで気をつけたいことは?情報収集のポイントを解説

フリーターの仕事探しで気をつけたいことは?情報収集のポイントを解説の画像

この記事のまとめ

  • フリーターが仕事探しをする際、求人票と実際の職場とのギャップに注意しよう
  • 求人票と実際の職場との代表的なギャップは、給与・勤務時間・職場環境・仕事内容
  • フリーターが仕事探しをする際は、情報収集が大切
  • 情報収集は、企業が発信しているものと第三者から得られるものの両方を確認しよう

「フリーターから就職したいけど仕事の探し方が分からない」と悩む方もいるでしょう。フリーターから仕事探しを行う際は、求人票と実際の職場とにギャップが生じる可能性を意識して、事前に情報収集をしておくことが大切です。このコラムでは、フリーターが仕事探しを行う際に気をつけたいギャップについて紹介。また、仕事探しのポイントや情報収集の注意点などもまとめています。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

フリーターの仕事探しでは求人票と実際の職場のギャップに注意

初めて就活を行うフリーターや既卒の方の中には、求人の内容と実際の仕事内容とで多少なりともギャップが生じる可能性を意識していない方もいるでしょう。多かれ少なかれ、求人票と実際の職場にはギャップがつきものです。以下に、実際に生じやすいギャップとして考えられるものを紹介します。

・給与
・勤務時間
・職場環境
・仕事内容

月の平均残業時間や、およその年収、企業の業務内容など、求人票や求人ページにはたくさんの情報がつまっていますが、完全にすべての情報が書いてあるわけではありません。書いてあっても平均値なことが多く、人によってはズレが生じてしまうこともあります。また、配属される部署によって、関わる人や仕事内容も異なってくるため、職場環境が実際にどうなっているかまでは求人票では表すことができないのが現実です。そのため、仕事探しの際は、ギャップが生じる可能性について認識しておくと良いでしょう。

未経験OK多数!求人を見てみる

フリーターの仕事探しのポイント

フリーターが求人選びに失敗しないためには、しっかり情報収集を行い、求人の内容と実際の仕事とのギャップを確認することが大切です。ギャップを確認するためには、求人票だけでなく、さまざまなところから情報を収集しましょう。以下で、情報収集の仕方をまとめました。

企業のHPを見る

情報収集をする際は、まず応募先企業が発信している情報を集めるのが基本です。企業のHPから情報を収集する際は、経営状況がつまっているIR(投資家向け情報)ページをはじめ、社長コメントや企業理念、新着情報などを確認すると良いでしょう。ただし、企業が発信している情報だけでなく、ニュースや書籍、雑誌といった、第三者から見た情報も重要です。第三者からの情報は、なかなか手に入りづらいものですが、可能な限り両方を偏りなく見るようにしましょう。「第二新卒の転職活動は企業の情報収集が大切!具体的な方法を複数ご紹介」では、情報収集のやり方を具体的に解説しているので、あわせて参考にしてみてください。

実際にその会社を受けた友人や先輩から話を聞く

できる限り行ってほしいのが、実際にその会社を受けた友人や先輩に話を聞くことです。どんなに情報を収集しても、企業が発信している情報だけでは、実際の職場の雰囲気などはイメージしづらいもの。その企業の実際の印象は、生の声を聞くことで得られます。気になる企業がある場合は、その企業のことを知っている友人や先輩に話を聞いてみましょう。

会社の人事担当者や面接官に質問をする

面接の際に、会社の人事担当者や面接官に直接質問してみるのも方法の1つ。実際にその企業で働いている人たちなので、しっかりとした情報を得られるでしょう。ただし、企業の人事担当や面接官に聞く場合は、あまり条件面ばかり確認してしまうと良い印象を持たれないことも。そのため、可能な限り選考には直接影響しない人を探して聞きましょう。どうしても面接官に質問したい場合は、「前職では◯時間ほど残業していたのですが」など、実体験を述べた上で聞くと、マイナスの印象を回避できます。逆質問の仕方とは?回答例や好印象を与えるポイントを解説」では、面接の際の逆質問の仕方や好印象を与えるポイントなどを紹介しているので、参考にしてみてください。

どのような情報を調べれば良いか分からないときは、上述した給与や勤務時間、仕事内容、などの項目を思い出して自分が重要だと思うものから確認していきましょう。情報収集は、ギャップを少なくするだけでなく、企業への理解が深まります。ひいては、内定獲得に近づくはずです。

情報収集する際の注意点

情報収集する際は、企業が発信する情報と第三者からの情報、どちらも確認することが大切です。しかし、口コミサイトや掲示板などから手に入る第三者の情報には注意が必要。口コミサイトや掲示板などは、企業に対して良くないイメージを持つ人が書き込むこともあり、中立的に見ることが難しくなってしまいます。可能な限り、信頼できるサイトから情報収集するようにしましょう。「業界研究のやり方から情報収集の仕方・ノートのまとめ方まで徹底解説!」では、情報収集や企業研究のやり方について解説しているので、参考にしてみてください。

「フリーターから正社員への就職を目指したい」「仕事の探し方が分からない」「自分に合った職場で働きたい」などとお悩みの方は、ハタラクティブの利用を検討してみませんか。
ハタラクティブは、若年層の就職・転職支援に特化したエージェントです。専任のアドバイザーがつき、マンツーマンでカウンセリングを実施。求職者一人ひとりの希望や適性に合わせた求人の紹介をはじめ、応募書類の添削や面接対策など、全面的にバックアップしています。また、求人のことを実際に知っている就活アドバイザーが人事に聞きにくいことも代わりに回答。細かいこともそれとなく採用担当に確認してくれるので、後々後悔するような企業を選択してしまう確率を低くすることができるでしょう。サービスはすべて無料で利用できるので、ぜひお気軽にご相談ください。

 

この記事に関連するタグ