26歳フリーターでも就職できる?注意点と対策

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 一生フリーターの悩み
  4. >
  5. フリーターの就職と年齢
  6. >
  7. 26歳フリーターでも就職できる?注意点と対策

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・26歳のフリーターなら、正社員として就職できる可能性は充分にある
    ・フリーターを続けていた理由を訊かれた時は、伝え方を工夫することが望ましい
    ・20代向けの求人では、スキルや経験よりも人柄が重視される傾向にある
    ・求人に応じる際は、書類の書き方や面接での受け答えに注意する

「そろそろ正社員として就職した方が良いかもしれない…」
年齢が26歳ほどになったフリーターの中には、そのように思い始める方も多くいるのではないでしょうか。実際に、30歳を越えると20代の時と比べて応募できる求人が減少するという意見もあるようです。
そこで当コラムでは、26歳フリーターの就職事情や応募時の注意点、就活対策などについて解説します。

◆26歳フリーターの就職について

現在あなたが26歳のフリーターなら、正社員として就職できる可能性は充分にあると言えるでしょう。というのも20代という年代は、これからスキルを身に付け実績を作っていく段階であると捉えられやすいからです。
また、20代向けの求人には未経験者を歓迎するものも多く見受けられます。そうした求人の中には、26歳からチャレンジできるものが含まれていることもあるでしょう。

一方で30歳以上になると、フリーターから正社員になれる機会は減少していくとされています。この点を考慮すれば、40代を越えての就職はさらに難しくなるものと考えられるでしょう。
26歳でフリーターから就職をお考えの方は、今行動を起こすことで正社員になるチャンスを掴むことができるかもしれません。

面接の注意点は、これまで正社員にならずにフリーターを続けていた理由が挙げられます。明確な目標がなく「なんとなく」フリーターを続けていたというのが事実であっても、これを正直に伝えると悪い印象を与えてしまう可能性があるためです。
フリーターをしていた理由を訊かれた場合は、少しでも相手に良い印象を与えられるよう、内容と伝え方を工夫するのが望ましいでしょう。


◆人柄を見られるのが20代向け求人の特徴

前項でも述べたように、20代はこれから経験や実績を積んでいく段階であると見なされます。そのため若い人材が求められる求人では、特別な経歴や高度な技術よりも、応募者の人柄を重視するケースが多くなると考えられます。
そうした求人に応じる際には、仕事に対するやる気・応募企業に対してどのような貢献ができるかなどをしっかり伝えられるようにしておくことが大切です。加えて、以下の2点にも気を配ると良いでしょう。

【応募書類】

就職活動中は、応募書類への記入を早めに済ませたいと気持ちが急ぐこともあります。それでもまずは、時間がかかったとしても慎重に作成することを心がけましょう。丁寧に書くという一手間が、仕事に対する真剣さや誠実さを採用担当者の方に伝えることに繋がります。

【受け答え】

面接では明るく受け答えをし、相手に仕事への意欲が伝わるようにします。また、投げかけられた質問に対しては簡潔に回答することもポイントです。コミュニケーションに苦手意識をお持ちの方は、事前に何度か受け答えの練習をすると良いでしょう。


◆就活対策には就職エージェントが便利

就活が上手くいかない時は、就職のプロフェッショナルに相談するのも一つの手かもしれません。
企業を掲載するにあたり厳しい審査基準が設けているのが、就職エージェントの特色です。したがって、いわゆるブラック企業と呼ばれるような会社の求人を提案されることは少ないと言えるでしょう。
各エージェントではそれ以外に、応募書類作成のお手伝いや面接対策などを実施している場合もあります。的確なアドバイスと手厚いサポートをを受けられるのが、エージェントを利用するメリットです。

ハタラクティブでも、プロの就活アドバイザーが求職者さん向けにカウンセリングや支援を行っています。特にやりたいことが見つかっていないという方にも、個々の資質や好きなことを把握した上で、長く働くことができそうな企業をご提案。ぜひお気軽にご相談ください。



職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、1,700人以上の方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ