フリーターが正社員を目指すときの志望動機の伝え方

フリーターが正社員を目指すときの志望動機の伝え方の画像

この記事のまとめ

  • 志望動機を聞かれれる理由は、意欲や社風が企業に合っているか確認するため
  • 正社員経験がないフリーターは、「熱意」を示すことが大事
  • フリーターから正社員を目指す場合は、正社員になりたい理由も明確に伝える

フリーターから正社員を目指す場合、どう志望動機を伝えるか悩む方は多いでしょう。企業に好印象を与えるには、志望動機に説得力を持たせることが大事です。採用担当者に響く回答をするには、相手が質問から何を読み取ろうとしているのか、その意図を考えましょう。このコラムでは、正社員を目指すフリーターに向けて、志望動機の伝え方をご紹介します。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

フリーターが正社員面接の志望動機でアピールすべき点

正社員経験がないフリーターは経験者と比べてスキルや実績が足りないため、熱意を示して今後の成長性を伝えることが大切です。面接官は志望動機から、入社意欲や社風との相性、キャリアビジョンが自社で実現できそうかといった点を確認しています。
入社意欲をアピールするには、「なぜ同業他社ではなくその企業を選んだのか」を明確にすることが大切。「業界に憧れていたから」という他社でも通用する志望動機を言うと、「うちでなくても良かったのでは?」と思われてしまいます。
そのため、志望動機では企業に魅力を感じた部分を具体的に述べ、仕事を通じてどんなことを実現したいのか、どのように会社に貢献できるのかを具体的に説明することが必要。将来の目標を盛り込むときは、その企業で実現可能なキャリアプランを伝えましょう。

志望動機の作成方法は「志望動機の作り方を解説!好印象な回答をするポイントとは」のコラムで詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

正社員を目指すフリーターが志望動機を伝える際のコツ

ここでは、正社員を目指すフリーターが志望動機を考える際のコツをご紹介します。志望動機の作成に悩んでいる方は、以下を参考にしてみてください

志望動機に説得力を持たせる

志望動機には説得力を持たせるようにしましょう。志望動機に説得力を持たせるには、「○○という経験から、不動産業界に興味を持つようになった」という風に、実際のエピソードを交えるのがコツです。アルバイトやサークル活動など、過去の体験や学びを振り返り、志望理由につながるものがないか探してみましょう

企業への理解を深める

志望動機を考える際に、志望先の企業への理解を深めておきましょう。同業他社ではなく応募先企業を選んだ理由を説明するには、企業ならではの魅力や事業内容を知る必要があります。事前に企業のWebサイトを確認しておき、事業内容や経営理念などを把握しておきましょう。

正社員になりたい理由を明確にする

志望動機を作成する際には、フリーターから正社員になりたい理由を明確にしましょう。
面接では、「なぜ就職をせずにフリーターをしていたのか」「どうして今のタイミングで正社員を目指そうと思ったのか」といった質問をされることが多くあります。その際に、「やりたいことが見つからず何となく」「新卒の際に希望の就職先に落ちたので仕方なく」といった以下のような回答は良い印象とならないので注意してください。何となくフリーターをしていた場合でも、そのことに対する真摯な反省や「今後はこうなりたい」という目標を述べ、正社員になる意欲と前向きな覚悟を伝えましょう。

志望動機の作成方法については「正社員になりたい人は知っておこう!志望動機や理由を伝えるコツを紹介」や「フリーターから正社員へ!志望動機の例文をご紹介」のコラムで詳しく解説しているので、あわせてご覧ください。

「志望動機が上手く書けない」「フリーターから正社員になりたいけど、何から始めれば良いか分からない…」とお悩みの方は、ハタラクティブにご相談ください。
就職・転職エージェントのハタラクティブでは、プロのアドバイザーがあなたの悩みに答えます。面接対策や応募書類の添削を行っているので、一人での就活に不安を感じている方も安心です。
サービスの利用は無料なので、まずはお気軽にお問い合わせください。

関連タグ