フリーターが正社員を目指すときの志望動機の伝え方フリーター就職のコツまるわかりガイド

面接を受ける際に必ず聞かれる志望動機。企業はここから何を見抜こうとしているのでしょうか?それは、「志望意欲」と「自社が求める人材であるか」という点です。そのため「御社の事業に将来性を感じた」など抽象的で面接官の心に響かない動機は避けましょう。ここでは、フリーターが応募理由を考える上で、採用に効果的に働く履歴書への書き方と面接で言ってはいけないNGワードなどをご紹介します。

質問の意図は?

自己PRや応募理由を確認した後、その内容に基づいて面接官がいくつか質問を投げかけてくることがよくあります。面接官はこの質問の答えから、あなたの働きたいという意欲がどの程度強いのか、なぜ多くの企業の中からこの会社に応募したのか、そして志望動機に書かれた内容が本当に自社で実現できるものなのかなどを確認しているのです。
そのため、社風に惹かれた・将来性を感じたなど、どこにでも当てはまる内容は避け、あくまでも仕事を通じてどんなことを実現したいのか、どのように会社に貢献することができるのかを具体的に説明することが大切なポイントとなります。説明をより具体的にするため、フリーターのときのバイト体験談を交えてることが大事です。
フリーターだからこそ、経歴書では分かりきらない過去の経験や学んで得たスキルをしっかりアピールできる志望動機を用意することで、職歴のなさをカバーすることが重要なのです。

企業のことを調べておきましょう

フリーターから転身してその企業で何がしたいのか。同じ業種の他社ではできないことなのか。フリーターが志望動機を考える上で、応募先の企業のことをできるだけ詳しく調べておくことはとても重要なことです。
調べ方は、インターネットで検索する場合は企業のホームページを見れば事業内容の詳細が分かりますし、新聞・図書館・商工会議所などの資料でも情報を収集することができます。その他、応募する企業がサービス業などで店舗をもっている場合は、実際に足を運び顧客の目線で感じることも良いでしょう。大手企業である場合、関連事業やグループ会社などすべての情報を調べることが難しいため、希望職種に関連した内容に調査の重点を置き、その職種で自分がどんな部分を実現できるかなどを志望動機に落とし込んでいきましょう。そうすることで、マニュアルではない自分らしいオリジナルの志望動機を作ることができます。

脱フリーターの理由を説明できるようにしておきましょう(覚悟、決意、危機感)

面接でフリーターが志望動機を聞かれる際に、「なぜ就職をせずにフリーターをしていたのか」「どうして今のタイミングで正社員を目指そうと思ったのか」といった質問をされることが多くあります。
その際に、絶対言ってはいけないNGワードはこちらです。

  • ・やりたいことが見つからず何となく。
  • ・新卒の際に希望の就職先に落ちたので仕方なく。

まず、「何となく」という志望動機からは働く意欲は感じられず、「仕方なく」からはやる気のなさをアピールしてしまうため絶対に言ってはいけません。採用側は求職者に対し、「すぐに辞めてしまうのではないか」と不安を感じているものです。その不安を払拭させるためにも、目的があってこれまでのアルバイトをしていたという答えを用意しておくことが必要です。アルバイト先で身につけた知識や経験を、応募職種に関連付け、これから正社員として目標を叶えたいという意欲を伝えましょう。

就活のプロがあなたの自己PRを添削。採用担当者の目線で強みも引き出します。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ