27歳フリーターは正社員になれる?就職するメリットや方法を解説!

27歳フリーターは正社員になれる?就職するメリットや方法を解説!の画像

【このページのまとめ】

  • ・27歳フリーターは、就活市場で若い年齢のため正社員就職のチャンスがある
  • ・27歳フリーターのままだと、将来的に就職先の減少や不安定な生活に陥るリスクがある
  • ・27歳フリーターから正社員になれば、雇用や収入が安定するのがメリット
  • ・27歳フリーターが正社員を目指しやすい業界は「IT系」「飲食系」「介護系」など
  • ・27歳フリーターが正社員を目指すなら、就職エージェントを利用するのも有効

フリーターのまま27歳を迎え、就職への道を諦めかけていませんか?27歳はまだまだ若く、正社員就職するチャンスは十分にあります。27歳フリーターなりの就活のコツを身に付け、安定した生活を手に入れましょう。正社員を目指すなら、27歳の今がチャンスです。フリーターのままでいるリスクや、就職するメリット、就職しやすい業界も紹介。このコラムを読んで、就活に向けた第一歩を踏み出してみてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

27歳フリーターは正社員就職できる?

「27歳のフリーターが、正社員として就職するのは厳しい」と思う方もいるでしょうが、就活市場において27歳はまだ若く、正社員就職の見込みが高い年齢です。
とはいえ、「資格を取得してから…」「アルバイトや契約社員で経験を積んでから…」と行動を先送りするのは、おすすめできません。就職活動は年齢が上がるにつれ難しくなるのが一般的な傾向。公務員試験の受験資格には、年齢制限を27歳前後に設定しているものもあります。
「就職できるか不安…」と動き出すのをためらっている27歳フリーターの方は、迷いをきっかけに変え、1日でも早く行動に移しましょう。

フリーターの割合が気になる方には「フリーターの割合は全人口でどれくらい?正社員になるためのコツも紹介」のコラムがおすすめです。フリーターからの就職について、分かりやすく解説しています。

27歳フリーターが就職しないままだとどうなる?

27歳フリーターで就職せずにいた場合、将来的に「働き先の選択肢が減る」「収入アップが見込めない」などの状況に陥る可能性があります。以下で、詳細を確認していきましょう。

27歳以降はフリーターとして働ける仕事が減っていく

27歳を過ぎ年齢が高くなるほど、フリーターとして就ける仕事は制限されていくでしょう。若い労働力を望む企業が多いのにくわえ、業務内容によっては自身の体力がついていかない…という場合も。また、周りの従業員との年齢差を懸念して採用を控える企業もあるかもしれません。27歳フリーターの現在は求人数が多くても、年齢が上がっていくなかで就職先が減る恐れがあります。

フリーターのままだと27歳以降も昇給しにくい

フリーターのままだと、27歳以降になっても大きな昇給には繋がりにくいでしょう。高時給のアルバイトや長時間勤務による、一時的な収入アップはあり得ても、待遇自体の向上は見込みにくいのが実情といえます。また、体調不良の欠勤による減収や景気の良し悪しによる解雇のリスクも。
27歳以降もフリーターで居続ければ、不安定な雇用や収入のもとで生活しなければならない可能性があります。

27歳を過ぎてもフリーターの場合には結婚しづらい

27歳を超え、人としては成熟していても、フリーターの場合は結婚しづらい状況にあるといえるでしょう。前述したように、フリーターのままだと雇用や収入が安定しないため、家族を養う経済的余裕が持てない可能性があります。また、社会的信頼性が足りずに住宅ローンを組めないことも。
正社員就職せずに27歳以降もフリーターであり続けると、家庭を築きにくい環境に陥る場合があるでしょう。

中高年になったときのリスクが大きい

27歳フリーターが、さらに20年同じ生活を続ければ、47歳フリーターに。実際に、中高年世代のフリーターも増えてきています。非正規雇用という働き方も一般的になってきていますが、中高年フリーターを巡る状況は、まだまだ厳しいのが現実です。「家を借りることができない」「年金だけでは不十分なため、引退できない」「仕事が選べない」など、さまざまなリスクに直面する可能性があります。27歳で将来のリスクをイメージするのは難しいかもしれませんが、実際にリスクに直面してからでは、どうにもならないことも多いもの。まだ、比較的正社員就職を希望しやすい今の時期に、具体的な行動を起こすことが大切です。「増加する高齢フリーター。背負うリスクとは?」のコラムを参考に、将来について改めて考えてみませんか?

27歳フリーターが就職するメリット

27歳フリーターから正社員就職を目指せば、「収入が安定する」「就職活動で若さを評価されやすい」といったメリットがあります。以下で、それぞれの詳細を知っておきましょう。

27歳以降は安定した収入を得られる

27歳でフリーターから正社員になれば、安定した雇用や収入を得られるのがメリットです。正社員には手当や賞与が支給されるだけでなく、勤続年数や成果による昇進・昇給も期待できます。そのため、正社員として長く働けば働くほど、定年までに得る総賃金は、27歳以降もフリーターを続けた場合に比べて高くなるのが一般的。そのほか、正社員になる利点には、社会保険加入や福利厚生の充実、退職金の支給なども挙げられるでしょう。
厚生労働省が公表した「令和2年賃金構造基本統計調査」によると、「25歳~29歳」の正社員平均賃金は24万9,600円です。一方で、正社員以外の平均賃金は20万2,400円と、すでに格差が生まれています。

労働政策研究報告書No199 2017の表

引用元:厚生労働省「令和2年賃金構造基本統計調査(8p)」

30代に入ると、正社員の平均年収はさらに上昇していきますが、フリーターの場合はほぼ横ばいです。年齢が上昇すれば格差は広がり、年収にして100万円~200万円ほどの差がつくケースも多く見られます。
27歳で就職すれば、格差の影響を最小限に留められるでしょう。

参照元
厚生労働省
令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概況

27歳という若さを評価してもらえる

冒頭で述べたように、フリーターで正社員未経験であっても、27歳は企業から若さを評価してもらえる年齢といえます。新卒ほどのフレッシュさはなくても、ポテンシャル採用に積極的な企業が27歳という若さに吸収力や成長性を感じて、内定を出す可能性があるでしょう。また、30代だと経験や実績を問われがちですが、27歳であれば実績以上に意欲や人柄が評価対象になりやすいと考えられます。

30代前半での転職も可能になる

27歳で就職して3年間働けば、30歳になるころには、3年間の実務経験を積んでいることに。この経験をもとに、30代前半で、キャリアアップのための転職も可能になります。より自分を成長させてくれる企業を選ぶのも良いですし、安定度の高い大手企業を目指してみるのもおすすめです。転職市場において、30歳という年齢は、実績と若さの両方をバランス良く評価してもらえる時期。30歳までに十分な経験を積むためには、27歳の今、就職することが大切です。

平均初婚年齢までに生活を安定させられる

厚生労働省が発表している「令和元年(2019)人口動態統計月報年計(概数)の概況(14p)」によると、令和元年の平均初婚年齢は、夫31.2歳、妻29.6歳でした。つまり、男女ともに30歳前後で結婚するケースが多いことが分かります。

令和元年(2019)人口動態統計月報年計(概数)の概況の表

引用元:厚生労働省「令和元年(2019)人口動態統計月報年計(概数)の概況(14p)」

27歳で就職すれば、30歳までの3年間で収入と生活を安定させられます。結婚生活に向けた基盤を、整えやすくなるでしょう。30歳を過ぎても、もちろん結婚は可能ですが、男女ともに、年齢を重ねるごとに状況が厳しくなっていくのも事実です。27歳で就職できれば、いわゆる結婚適齢期に、チャンスをつかみやすくなります。

参照元
厚生労働省
令和元年(2019)人口動態統計月報年計(概数)の概況

27歳フリーターが正社員になれる3つの業界

27歳フリーターが正社員を目指しやすい業界には、IT業界や飲食業界、介護業界などが挙げられます。以下で各業界の特徴を把握し、自身の適性や望む働き方と照らし合わせながら、自分に合った業界を探してみましょう。

IT業界

IT業界は昨今の急速なIT化に人材供給が追いついておらず、人手不足とされています。そのため、職種によっては27歳フリーターでの正社員就職も可能でしょう。
IT業界の業務形態は、PCやスマホを扱うハードウェア業界、コンピューターシステムの開発を担うソフトウェア業界のほか、情報処理サービス業界やWebサイトサービス業界など多様です。
27歳フリーターの方が未経験で目指すなら、営業職やシステムエンジニア、プログラマーなどが狙い目といえます。営業職は職歴を問わず、本人のやる気や対人能力が重視されやすい傾向にあるでしょう。システムエンジニアやプログラマーは未経験歓迎の求人も多く、企業によっては専門知識を身につけるための研修制度を整えているところもあるようです。
IT業界への就職成功率を上げたいなら、就職活動と並行して、資格取得を目指すのもおすすめです。「基本情報技術者」は、IT系では非常に有名な国家資格の一つ。IT業界を目指す方向けの、基本的な知識を身に付けられるでしょう。「就職のために資格を取得した」「資格取得に向けて、現在勉強している」とアピールすれば、就職に向けた自身の熱意を伝えやすくなります。
とはいえ、資格取得のために就職活動を後回しにするのはやめましょう。人手不足のIT業界であっても、年齢が上がれば上がるほど、正社員就職は難しくなってしまいます。

飲食業界

飲食業界も経験を問わない求人が多数を占め、基本的には職歴や資格がなくても働きやすいでしょう。勤め先によってはマニュアルや研修体制が整備されていることも多いため、27歳フリーターの方が正社員を目指しやすい業界の一つです。
飲食業界とひと口にいっても、サービスする食品の種類は多種多様で、その規模は全国チェーン店から個人店まで幅広いのが特徴。また、調理製造やフロア接客、配達など職種もさまざまです。27歳でフリーターから飲食業界への就職を望むなら、自分がどのような形で飲食業界に携わりたいかを明確にしたうえで行動すると良いでしょう。

介護業界

介護業界も高齢化が進むなかで常に働き手の不足に悩んでおり、未経験でも就職可能な求人が多いことから、27歳フリーターが正社員になりやすい業界といえます。
介護業界での主な仕事は、老人ホームやデイサービスといった施設における高齢者の日常生活をサポートすること。また、高齢者の自宅に伺って料理や入浴などを手伝う訪問介護もあります。実務経験を積めば、介護福祉士やケアマネジャーといった国家資格を取得するチャンスもあるため、資格を取りたい27歳フリーターの方におすすめの業界といえるでしょう。

中小企業もおすすめ
中小企業は大企業に比べて採用活動が控えめな事が多く、業界や業種に関わらず人手不足に悩んでいることも。また、若い人材からの応募が少なく企業全体の年齢が高いことも珍しくありません。年齢が比較的若く、仕事に対してやる気を持っていれば、経歴を問わずに採用してくれる企業も多いようです。

27歳フリーターの、就活のコツについてさらに知りたい方は「27歳は就職できない?職歴なし・未経験のニートやフリーターの就活方法!」のコラムをご覧ください。ニートについての情報も、詳しく解説しています。

27歳フリーターから公務員は目指せる?

27歳フリーターから公務員を目指すことは可能ですが、公務員試験には年齢制限があります。受験する職種や国家・地方・地域によって異なりますが、早い場合は27歳が制限となっていることも。
ただし、公務員試験を受けるにあたり学歴や経歴は問われないので、挑戦してみても良いでしょう。公務員については「公務員とはどんな職業?転職を目指す前に知っておくべきこと」「公務員に転職したい方必見!応募条件や成功のポイントを解説」のコラムも参考にしてください。

27歳フリーターの就活で注意すべき3つのポイント

27歳フリーターの方が就職活動を行う際は、下記のポイントに注意しながら進めると良いでしょう。

1.27歳フリーターの自分を客観視できているか

就職活動において、自己理解があるかは重要なポイントです。自分を客観的に分析できていなければ、就職活動の軸を作れず、自分にマッチした仕事探しや面接官を納得させる受け答えをすることは難しいでしょう。そうなると、27歳フリーターから正社員就職への道が遠のく恐れがあります。

2.27歳フリーターに不向きな求人を受けていないか

「フリーター歓迎」「経験不問」といった正社員募集の求人に焦点を当てず、経験者が優先される求人も含めて手当たり次第に応募してしまうと、採用確率を下げる結果になりかねません。27歳フリーターとしての経験や適性と照らし合わせながら、自分に合う求人を探すよう意識してみましょう。
一般的には、大企業よりも中小企業の方が、27歳フリーターを採用する可能性が高いと考えられます。人材不足に悩んでいる業界や、20代社員の絶対数が少ない業界も、27歳フリーターにとって就職しやすいと言えるでしょう。27歳という年齢に対して、どういった印象を抱くのかは、業界・企業によって大きく異なります。魅力を感じ、積極的に求めてくれる業界を中心に、求人情報を探してみましょう。
また、就職先について、理想を追求し過ぎるのも危険です。「ブラック企業よりホワイト企業が良い」と考えるのは当然のこと。しかし、条件の良い求人には、多くのライバルが集うものです。自分が妥協できる条件、できない条件を明確にしたうえで、働きたいと思える会社を選んでください。妥協できる条件が増えれば増えるほど、就職できる可能性は上昇するでしょう。

3.27歳フリーターから脱すべく実行に移せているか

就職活動ではマイナス思考を避け、積極性を持って実行に移していく姿勢が必要です。「27歳フリーターだと正社員になれないのでは…」と不安が募り、つい行動を後回しにしてしまう方もいるのではないでしょうか。先述したように、27歳ならば就職にはまだ猶予があり、採用に前向きな企業もあります。未経験者歓迎・無資格OK・フリーター歓迎の求人もあるため、自身の可能性を信じて積極的に行動を起こしていきましょう。
労働政策研究・研修機構「労働政策研究報告書No199 2017」の調査によると、フリーター継続期間と正社員就職は年齢が関係していることが分かります。

労働政策研究報告書No199 2017のグラフ

引用元:労働政策研究・研修機構「労働政策研究報告書No199 2017(128p)」

フリーター期間が1年を超えると、正社員就職の割合はどんどん下がります。仮に、大学を卒業してからずっとフリーターのまま27歳を迎えていれば、フリーター継続期間は5年ほど。これ以上フリーターを続けると、もっと正社員就職が難しくなることが予想できるでしょう。

27歳でフリーターの女性は、「27歳フリーターの女性は就職できる?成功につながる就活方法をご紹介」のコラムも併せてご覧ください。女性ならではの就活ポイントを紹介しています。

27歳フリーターが就職を成功させる5つの方法

27歳フリーターの方が正社員になるには、自身の適性を見出したうえで、就職先の探し方を工夫する必要があります。下記を踏まえて、自分が納得のいく就職を叶えましょう。

1.自己分析をする

27歳フリーターの方が就職活動を始めるときは、まず自分がどのような仕事に就きたいかを明確にしておくことが大切です。そのためにも、自己分析をきちんと行いましょう。
自己分析とは、これまでの経験を洗い出し、自身の適性や能力、行動傾向を知ること。フリーター期間も含めて、27歳までの人生を改めて振り返ってみましょう。自分のやりたいことや強みを把握すれば、仕事探しの基準がクリアになり、自身にマッチした業界や職種を見出しやすくなります。
また、自己分析の結果は履歴書の作成や面接の受け答えにも活かせるため、27歳フリーターの方が就職活動を進める際の後押しにもなるでしょう。

2.アルバイト経験を活かせる仕事を探す

27歳フリーターの方が正社員採用を目指す際は、これまでのアルバイト経験を活かせる仕事を探す方法がおすすめです。正社員ではなくても、同じ業界や職種での勤務経験があれば、就職活動で有利に働く可能性があります。
また、正社員登用制度のある企業なら、アルバイトでの勤務実績を経て正社員にキャリアアップできる場合も。今の仕事にやりがいを感じている27歳フリーターの方は、勤め先の上司に正社員登用制度の有無を確認してみても良いでしょう。「正社員登用制度とは?特徴や注意点を解説!」もご確認ください。

3.採用面接では前向きな姿勢を示す

就職活動の採用面接では、自身の27歳という年齢やフリーター期間をポジティブに捉えて、前向きな姿勢を示す必要があります。
面接でフリーターになった理由を聞かれたら、「27歳までは多様なアルバイトをこなし、自身の適性を見極めたいと考えました」というように、その行動に主体性や目的意識があったことを伝えましょう。さらに、「アルバイトで〇〇にやりがいを見出し、今後も〇〇業界に従事したく正社員を希望いたします」と、フリーター期間があったからこその就職活動であると説明することも重要です。
「27歳でフリーターの自分を雇ってくれる企業はあるのだろうか…」と不安に感じる方もいるかと思いますが、ネガティブな姿勢で面接の受け答えをするのはNG。面接官に「入社後に活躍してくれそう」と評価されるよう、自身の経歴や仕事への意欲を前向きにアピールしてください。

4.ハローワークを利用する

「志望する業界や企業が定まらない…」「就職活動に際して何から手をつければ良いか分からない…」とお悩みの27歳フリーターの方には、ハローワークの利用をおすすめします。
ハローワークは職業に関する事業を執り行う公共の施設。国が国民の雇用安定を目的に運営しており、登録すれば誰でも無料で求人紹介や就職支援を受けられます。27歳フリーターで就職経験がない場合でも、ハローワークの求人検索機は年齢や経験不問など条件を絞って検索を実行できるため、自分に合う求人を見つけやすいでしょう。また、窓口の職員に直接就職の相談をすることも可能です。
ハローワークは全国各地の求人を取り扱っており、求人数が多いのが魅力。掲載する業種も幅広く、地元に根ざした企業や中小企業の求人が豊富な傾向があります。「規模よりも自身との相性を重視して仕事を探したい」という27歳フリーターの方に向いているといえるでしょう。

5.就職エージェントを活用する

1人での就職活動が不安な27歳フリーターの方は、民間の就職エージェントを頼るのも一つの手段です。就職エージェントでは、自分の要望や適性に合った求人を紹介してもらえます。就活アドバイザーに就職の悩みを相談したり、提出書類の添削を依頼できたりすることも。就職のプロによるアドバイスがもらえるため、より効率的に就職活動を進められる可能性があるでしょう。
前述してきたとおり、27歳は就職活動をするうえでまだ十分に企業からの評価を得やすい年齢。フリーターで正社員の経験を持っていなくても、就職は可能といえます。1人で行う就職活動に行き詰まったときは、諦めずに第三者にサポートを求めてみると良いでしょう。

「フリーターから正社員就職できるか不安…」「書類作成や面接の受け答えに自信がない…」といった悩みを抱える27歳フリーターの方は、ぜひハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブでは、27歳フリーターで正社員未経験でも応募可能な求人を多数取り扱っています。ご紹介するのは実際の取材に基づいた信用度の高い求人です。また、応募書類作成や面接対策、自己分析といった就職活動に欠かせない作業もしっかりとバックアップいたします。27歳でフリーター生活を脱したい方は、ぜひハタラクティブをご活用ください。

こんなときどうする?27歳フリーターが知りたいお悩みQ&A

コラム内容から、27歳フリーターでも正社員就職のチャンスは大いにあることが分かったでしょう。ここでは、就職に関して一歩踏み込んだ質問をまとめました。疑問の解決にお役立てください。

27歳以降もフリーターを続けたらどうなりますか?

仕事に困り、生活が厳しくなる可能性が高いです。

フリーターの末路は?高卒や大卒で違いはある?就活の方法も解説」で解説しているように、27歳以降どれだけ長く同じアルバイトを続けても、大きな昇給は見込めないのが実情。会社の都合や社会情勢によっては雇用が不安定になることもあるでしょう。
さらに、非正規で働いた期間は職歴とみなされないため、正社員就職は格段に難しくなります。
 

就職に対して前向きになれません

誰でも不安は抱くもの。将来について改めて考えてみてください。
フリーターは自由でラクなため、正社員として働くことに抵抗を感じる方もいるでしょう。しかし、前出の質問のとおり27歳以降もフリーターを続けるのはリスクの高い行為。
フリーターから就職できた人の共通点」を参考に、自分の将来ややりたいことについて、改めて考えることが大切です。

 

バイト経験をどうアピールしていいか分かりません

アルバイトで得たスキルをアピールするのがおすすめです。
フリーターの就活、バイト経験はこう活かす!─スキルの棚卸し編」によると、企業は学生時代の学びや経験よりも、仕事に直結しやすいアルバイトで培ったスキルを重視するとのこと。
27歳フリーターの方は、採用担当者に印象を残すためにも、業務改善に向けた工夫や施策とその結果をアピールしましょう。

 

フリーターや未経験者歓迎の求人は信用できますか?

心配なら就職エージェントを利用しましょう。
求人が多く掲載されている「求人検索サイト」の場合、求人情報は得られても、会社内の雰囲気や制度まで知ることは難しいのが実情。
より信頼性の高い情報を知りたい27歳フリーターの方は、掲載企業すべてに訪問調査を実施しているハタラクティブをご利用ください。本当に未経験でも就職できるのか、入社後の研修制度はどうなのかといった疑問にお答えいたします。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 「高卒が一番のネック」厳しいと思っていた希望職種の内定を得るまで
    「高卒が一番のネック」厳しいと思っていた希望職種の内定を得るまで

    就職前

    ラーメン屋(アルバイト)

    就職後

    エステティシャン

    詳細見る

  • 大学院進学と就職を迷う日々…就職する決断ができた理由とは
    大学院進学と就職を迷う日々…就職する決断ができた理由とは

    就職前

    スポーツインストラクター、介護職(アルバイト)

    就職後

    営業職

    詳細見る

  • ダンスとバイト漬けの生活。気づいたら同い年の人たちがみんな働いていた
    ダンスとバイト漬けの生活。気づいたら同い年の人たちがみんな働いていた

    就職前

    飲食店(アルバイト)

    就職後

    ヘルスコーディネーター

    詳細見る

  • エンジニアとして就職!社会人未経験から内定までの道のりとは
    エンジニアとして就職!社会人未経験から内定までの道のりとは

    就職前

    飲食店 アルバイト

    就職後

    ネットワークエンジニア

    詳細見る

  • 警備アルバイトからエンジニアに就職。留年、内定辞退から就職を成功させた方法とは?
    警備アルバイトからエンジニアに就職。留年、内定辞退から就職を成功させた方法とは?

    就職前

    警備・イベント運営(アルバイト)

    就職後

    エンジニア

    詳細見る

  • “人と話すことが楽しい”。自分らしさを発揮できる清掃スタッフに
    “人と話すことが楽しい”。自分らしさを発揮できる清掃スタッフに

    就職前

    音楽教室スタッフ(アルバイト)

    就職後

    大手フランチャイズ企業の加盟店清掃職

    詳細見る

  • コンビニバイトの経験を活かし、カメラの道から保険会社営業に
    コンビニバイトの経験を活かし、カメラの道から保険会社営業に

    就職前

    大手コンビニエンスストア 店員(派遣社員)

    就職後

    大手保険会社 フォロー営業

    詳細見る

  • 大学院を中退。 新卒の就活失敗を乗り越え、念願の『製造系エンジニア』に
    大学院を中退。 新卒の就活失敗を乗り越え、念願の『製造系エンジニア』に

    就職前

    理系大学院生(中退)

    就職後

    製造系エンジニア

    詳細見る

  • 「やりたい仕事」が分からなかった僕が選んだのは、ITエンジニアの道
    「やりたい仕事」が分からなかった僕が選んだのは、ITエンジニアの道

    就職前

    販売(アルバイト)

    就職後

    ネットワークエンジニア

    詳細見る

  • 短大卒の22歳が手に入れた“憧れ”の「教育業界 事務」の仕事
    短大卒の22歳が手に入れた“憧れ”の「教育業界 事務」の仕事

    就職前

    支庁で事務補助(臨時職員)

    就職後

    学習塾チェーンの事務職(※紹介予定派遣)

    詳細見る

フリーターから正社員へ 体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION