27歳フリーターの女性は就職できる?成功につながる就活方法をご紹介

27歳フリーターの女性は就職できる?成功につながる就活方法をご紹介の画像

【このページのまとめ】

  • ・27歳は、フリーター女性にとって将来を考える節目の時期
  • ・27歳から就職すれば、経験を積んで30歳前にキャリアアップが望める
  • ・27歳フリーター女性は、人材不足の業界や中小企業が就職しやすい
  • ・27歳フリーター女性は、自己分析や企業選びを重視しながら早めに就活を始めよう

27歳は、フリーターの女性にとって就職を考える節目の時期といわれるようです。これまで就職経験がないと、自分は正社員になれるのかと不安になる方も多いのではないでしょうか。
このコラムでは、27歳フリーター女性の現状や、就活を成功させるポイントなどをご紹介。就職に向けて何から始めたら良いか分からない方は、ぜひ参考にしてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

27歳フリーターの女性が抱える現状とは?

フリーターとして生活している女性にとって、27歳は自分の将来を真剣に考える1つの節目になるようです。大学卒業後すぐに就職した人の場合、27歳はある程度のキャリアを積んでいることが多い時期。そのため、自分の現状と正社員で働いている同年代との差を感じ、就職に対して徐々に焦りが見えてくる年齢といえます。
また、27歳は20代の終わりが近づいていることを意識し始める時期でもあり、「30歳までには就職したい」と考える方も増えてくるでしょう。厚労省「令和元年賃金構造基本統計調査」をみると、全年齢を通して女性は男性よりも収入が少ない傾向。さらに、非正規の場合は昇給がなく、年齢を重ねても賃金が上がる可能性が低いと予想できます。データによると、非正規で働く女性の賃金ピークでも195万円。このまま今の生活を続けていても収入アップは厳しく経済面の不安が大きくなることもあるでしょう。
もし、27歳で就職活動を検討しているなら、早めに行動することが重要です。

 




引用:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査(8p)

参照元
厚生労働省
令和元年賃金構造基本統計調査 結果の概況

 

フリーターの人数と就職率

総務省統計局「労働力調査」によると、日本国内のフリーター(15~34歳の若年層)人数は約138万人です(2019年時点)。そのうち、男性は約66万人、女性は72万人であることから、女性のフリーター人数がやや多い傾向にあります。



引用:総務省統計局「労働力調査(14p)

また、労働政策研究・研修機構(JILPT)「若年者の就業状況・キャリア・職業能力開発の現状③」によると、フリーターから正社員への就職率は、男性が約35%に対し、女性は約16%と半数以下です。さらに、年齢別の就職率は下記のようになります。


引用:労働政策研究・研修機構(JILPT)「若年者の就業状況・キャリア・職業能力開発の現状③ 72p

このように、就職率は20代半ばをピークにして徐々に低下し、30代で一気に落ち込んでいるのが分かります。そのため、まだ若手に位置する27歳からの就職は遅くないといえるでしょう。

参照元:
総務省統計局
労働力調査
労働政策研究・研修機構(JILPT)
若年者の就業状況・キャリア・職業能力開発の現状③


就職をするか、このままフリーターを続けるかで悩んでいる方は、キャリアコンサルタントが詳しく解説している「フリーター女性は早めの就職がおすすめ!30代になる前に正社員を目指そう」の記事もぜひチェックしてみてください。

 

27歳でフリーターを続けるとどうなる?

27歳フリーターの女性が就職をしなかった場合、収入面に不安を感じたり、将来設計が難しくなったりする可能性があります。フリーターを続けるとどうなるのか、主な理由を下記にまとめました。

フリーターだと収入が安定しづらい

アルバイトは昇給のチャンスが少ないことから、安定した収入を得られない状態が続くでしょう。
また、非正規雇用は人事の影響を受けやすく、企業の経営が厳しくなると一番に職を失う恐れも。さらに、病気療養や治療などでやむを得ないお休みが必要でも、時給制のため無収入の期間ができてしまいます。不安定な生活から抜け出すためにも、早めにフリーターを卒業するのがおすすめです。

フリーターのまま年齢を重ねると応募できる求人が減少する

フリーターを続けていても、自分のスキルアップを図るのは難しいといえます。また、体力を使う仕事なら、年齢を重ねることで身体がついていかなくなる可能性もあるでしょう。そうなると、やりたいことではなく、対象年齢で応募できる仕事を探すことも少なくありません。
企業では、一般的に若い求職者が求められる傾向にあります。そのため、20代のうちにフリーターをやめて正社員へ就くことが望ましいといえるでしょう。

フリーターは将来を描きにくい

フリーターのまま収入が安定しないと、日々の生活がままならなくなり、将来家庭を築くのは難しくなります。
もし結婚をしても、子どもを養っていくための費用が捻出できない恐れもあるでしょう。また、フリーターはローンが組みづらいことから、家や車の購入は厳しいといえます。
27歳フリーターの女性で家庭を持ちたいと考えているなら、就職について真剣に取り組むことが重要です。

27歳フリーターの女性が就職を目指す3つのメリット

27歳とは、考え方に柔軟性があったり企業内の年齢バランスを下げたりと、需要がある年齢です。ここでは、27歳フリーターの女性が就職するメリットを3つご紹介します。

1.27歳を若手として扱ってくれる企業がある

27歳は、まだ若手として人員教育を行ってくれる企業も多いようです。
特に27~29歳は、企業によって待遇の差が大きい年齢のため、1歳でも早く就職することが良いといえるでしょう。また、創立して10年未満の若い会社は教育体制が整っていないところもあるため、就活時に企業情報をしっかり確認しておくことも大切です。

2.職務経験を積んでキャリアアップにつなげる

30歳までに3年の職務経験を積むためには、27歳のうちに就職をするのが望ましいでしょう。
1つの職場で3年の経歴があれば、30歳でキャリアアップのために転職を視野に入れることができます。27歳フリーターから就職を目指すことは、キャリア形成にも最適な時期といえるでしょう。

3.27歳なら30歳前で将来の生計が立てやすくなる

基本給や賞与が設けられている正社員なら、フリーターよりも安定した生活が持続できます。
前途のとおり、アルバイトは昇給の可能性が低いため、生活費だけでなく貯蓄もしづらくなるのが現実です。また、アルバイトは若者や主婦、学生を中心に採用する企業も多く、27歳のフリーターは入職が難しくなることも。
30歳前に就職し、収入を安定させておけば、将来を見据えた生計が立てられるでしょう。

27歳フリーターの女性が就職しやすい職場はある?

27歳フリーターの女性が就活をするなら、採用されやすい業界や企業を選ぶのがポイント。なかでも、人材が不足している業界や応募者が少なめの企業が良いでしょう。おすすめの職場を下記でご紹介します。

人材不足の業界

人材不足といわれている介護やITなどの業界は、比較的狙いやすいといえます。
短期離職者の多さや技術者の不足、人材の需要によって採用が追いつかない現状など、理由は業界ごとにさまざまです。また、専門性に特化した知識が必要になる場合が多いのも特徴。そのため、27歳フリーターがこれらの業界に就くなら、資格取得や専門知識の勉強をすると良いでしょう。スキルを活かせる業界なので、現場で経験を積んでからキャリアアップを図ることも可能です。

中小企業

採用に予算がかけられなかったり、若手の求職者が少なかったりする中小企業にとって、27歳フリーターは歓迎される人材といえるでしょう。
また、技術職の場合は、技能継承のため若い人材を求める中小企業も多いようです。仕事に対する意欲や就職後のビジョンを具体的にアピールすれば、育成できる人材として採用してもらえる可能性も高くなります。

派遣社員

派遣社員は、27歳フリーターにとって多くのメリットがあります。
人材派遣会社を通じて、未経験OKや残業なしなど自分に合った働き方を探すことが可能。大企業で働けるチャンスもあるでしょう。また、雇用保険や福利厚生を完備しているので、待遇が良いのもポイントです。人材派遣会社に資格支援サポートがあれば、キャリアアップに向けたスキルを身につけられます。さらに、働く地域によっては月収25万円以上を稼げることも。
フリーターから就職するなら、正社員にこだわらず、派遣社員を選択するのも一つの手段といえるでしょう。

27歳フリーターが就職しやすい職種について詳しく知りたい方は、キャリアコンサルタントが解説する記事「フリーターにおすすめの職業は?就職しやすい仕事を知って正社員を目指そう」も併せてご覧ください。

27歳フリーターの女性が就活を成功させる3つのポイント

27歳フリーターからの就職を成功させるには、自分の現状を認識したり早めに行動したりすることが重要です。下記で紹介する3つのポイントを参考にしてみてください。

1.27歳フリーターは厳しい状況であるという意識を持つ

「まだ20代だから…」と気を抜かず、まずは27歳フリーターである自分の現状としっかり向き合うことが大切です。
また、一口に20代といっても、就職活動では20代前半と後半で状況が大幅に異なります。特に社会人経験がない場合、年齢を重ねた就職が不利になりやすいことを意識したうえで、就活に挑みましょう。

2.採用ハードルが上がる前に行動する

前途のとおり、27歳フリーターを送る中で「就職したい」と思ったら、早めに就活を始めましょう。
若いうちであれば、人柄や将来性を重視するポテンシャル採用で入職できる可能性もありますが、年齢が上がると、そのぶん経験やスキルを求められるようになります。
採用してくれる企業の選択肢を減らさないためにも、就活はできるだけ早いうちから進めるのがおすすめです。

3.フリーターから就職したいという意欲をアピールする

27歳は、20代前半と比べると採用のハードルは上がるものの、就職への意欲や志望動機などを明確にアピールできれば、採用対象としてしっかり評価してもらえます。
そのためには、自己分析や企業研究を徹底し、企業側へ仕事に対する熱意を十分に伝えることが大切です。

27歳フリーターでも就職できるか不安な方は、詳しいアドバイスをご紹介している「27歳のフリーターでも就職のチャンスはある?」の記事もチェックしてみてください。

27歳フリーターの女性が心掛けたい3つの就活方法

27歳フリーターからどうやって就活を始めるか迷ったら、下記の3つの方法を参考にしてみてください。フリーターの就活には、丁寧な事前準備や意識の持ち方が大切です。

1.フリーター期間を踏まえた自己分析をする

自己分析を行う際は、フリーターの時期に経験した出来事や仕事を振り返り、自分が本当にやりたいことをしっかり把握しましょう。
自己分析が不十分だと、就職しても仕事内容が合わず、すぐに退職してしまう恐れも。自分と向き合い、成し遂げたことや努力したことを掘り下げれば、フリーター時の空白期間もポジティブに活かせます。

2.フリーターでも受けられる企業を選ぶ

27歳フリーターの就活では、フリーター歓迎の企業を選びましょう。
一般的な企業を受けても、職歴やスキルのあるほかの求職者が有利になる可能性があります。自分がやりたい仕事を見つけると同時に、採用されやすい条件の企業を探すこともポイントです。

3.企業とのマッチングを意識して行動する

経験やスキル、人物像など、応募する企業と自分の強みがマッチするようにしましょう。
自分に優れる点があったとしても、それが企業理念に合わなければ採用される可能性は厳しくなります。選考に落ちても諦めず、求人情報をしっかりとリサーチして、複数の企業に応募することも重要です。良い結果を出すためには、迅速な行動力も求められます。

27歳フリーターから就職を目指したい女性には、若年層向け就職エージェントのハタラクティブがおすすめです。未経験歓迎の求人も多く取り扱っているので、フリーターからの就活も安心!専任アドバイザーによるマンツーマンのカウンセリングで、一人ひとりの希望に合ったお仕事をご紹介します。
サービスのご利用は無料です。まずはお気軽にお問い合わせください。

27歳フリーター女性の就職に関するお悩みQ&A

30歳を目前にしたフリーターからの就職に不安を抱く女性もいるでしょう。ここでは、27歳フリーター女性の就職に関するさまざまな疑問を、Q&A方式で解決していきます。

本当に就職できるか心配です…

27歳から正社員に就職することは可能です。 しかし、年齢が上がるにつれて就職が難しくなるのも事実であるため、早めに就活を始めましょう。その際には、27歳を若手として扱ってくれる中小企業や、人材不足の介護・IT業界など、27歳フリーターから就職しやすい企業や業界を選ぶことが成功のポイントになります。詳しくは「27歳フリーターから就職できる!就活で気をつけるべきポイントを解説」でも解説しているので、ぜひご覧ください。
 

資格は必ず取った方が良い?

フリーターが資格を取得すれば、就職に有利です。 資格があれば自分のスキルを証明したり、資格が必要な職種に就けたりと、さまざまなメリットがあります。また、業界や職種によっては資格手当がつくことも。 企業側には、就職に対する意欲のアピールにもつながるので、自己分析に沿った資格取得に挑戦してみましょう。「フリーターにおすすめの資格と取得時の注意点を解説!」でも紹介しているので、併せてご覧ください。
 

30歳を超えたら正社員になれませんか?

30歳以上でも就職できる可能性はあります。 フリーターになる前に資格を取得していたり、専門性のある知識を持っていたりするなら、30歳以上でも即戦力として採用してもらえるチャンスがあるでしょう。 しかし、「フリーターのまま年齢を重ねると応募できる求人が減少する」のとおり、企業は一般的に若い人材を求める傾向にあります。就職に活かせるスキルを持っていない場合は、若手として扱ってもらえる20代のうちに就活を始めるのがおすすめです。
 

やりたいことがなくても正社員になれますか?

目標がないまま就活を始めると、就職に成功しても仕事内容や社風などが合わず、早期退職になる恐れがあります。やりがいのある仕事に就くためにも、就職エージェントに相談して将来のビジョンを明確にしましょう。 若年層を対象としたハタラクティブでは、専任の就職アドバイザーによるマンツーマンのカウンセリングを実施。あなたのやりたいことを見つけるお手伝いをします。どんなお悩みでもお気軽にご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 「高卒が一番のネック」厳しいと思っていた希望職種の内定を得るまで
    「高卒が一番のネック」厳しいと思っていた希望職種の内定を得るまで

    就職前

    ラーメン屋(アルバイト)

    就職後

    エステティシャン

    詳細見る

  • 大学院進学と就職を迷う日々…就職する決断ができた理由とは
    大学院進学と就職を迷う日々…就職する決断ができた理由とは

    就職前

    スポーツインストラクター、介護職(アルバイト)

    就職後

    営業職

    詳細見る

  • ダンスとバイト漬けの生活。気づいたら同い年の人たちがみんな働いていた
    ダンスとバイト漬けの生活。気づいたら同い年の人たちがみんな働いていた

    就職前

    飲食店(アルバイト)

    就職後

    ヘルスコーディネーター

    詳細見る

  • エンジニアとして就職!社会人未経験から内定までの道のりとは
    エンジニアとして就職!社会人未経験から内定までの道のりとは

    就職前

    飲食店 アルバイト

    就職後

    ネットワークエンジニア

    詳細見る

  • 警備アルバイトからエンジニアに就職。留年、内定辞退から就職を成功させた方法とは?
    警備アルバイトからエンジニアに就職。留年、内定辞退から就職を成功させた方法とは?

    就職前

    警備・イベント運営(アルバイト)

    就職後

    エンジニア

    詳細見る

  • “人と話すことが楽しい”。自分らしさを発揮できる清掃スタッフに
    “人と話すことが楽しい”。自分らしさを発揮できる清掃スタッフに

    就職前

    音楽教室スタッフ(アルバイト)

    就職後

    大手フランチャイズ企業の加盟店清掃職

    詳細見る

  • コンビニバイトの経験を活かし、カメラの道から保険会社営業に
    コンビニバイトの経験を活かし、カメラの道から保険会社営業に

    就職前

    大手コンビニエンスストア 店員(派遣社員)

    就職後

    大手保険会社 フォロー営業

    詳細見る

  • 大学院を中退。 新卒の就活失敗を乗り越え、念願の『製造系エンジニア』に
    大学院を中退。 新卒の就活失敗を乗り越え、念願の『製造系エンジニア』に

    就職前

    理系大学院生(中退)

    就職後

    製造系エンジニア

    詳細見る

  • 「やりたい仕事」が分からなかった僕が選んだのは、ITエンジニアの道
    「やりたい仕事」が分からなかった僕が選んだのは、ITエンジニアの道

    就職前

    販売(アルバイト)

    就職後

    ネットワークエンジニア

    詳細見る

  • 短大卒の22歳が手に入れた“憧れ”の「教育業界 事務」の仕事
    短大卒の22歳が手に入れた“憧れ”の「教育業界 事務」の仕事

    就職前

    支庁で事務補助(臨時職員)

    就職後

    学習塾チェーンの事務職(※紹介予定派遣)

    詳細見る

フリーターから正社員へ 体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION