フリーターは保険に加入できる?保険料や支払い方を確認しよう

フリーターは保険に加入できる?保険料や支払い方を確認しようの画像

この記事のまとめ

  • フリーターが支払う保険料は、国民健康保険と国民年金
  • 保険料の納付書が届いたら金融機関やコンビニなどで支払おう
  • フリーターも条件を満たすと健康保険や厚生年金に加入できる
  • 厚生年金や健康保険料は、会社が半額を負担する

「フリーターはどんな保険料を納めるの?」と疑問に思っている方もいるでしょう。アルバイト先で社会保険に入っていないフリーターの場合、国民健康保険と国民年金の保険料を納める必要があります。
このコラムでは、フリーターが支払う保険料や支払い方をご紹介。社会保険加入のメリットもまとめているので、将来を考える際の参考にしてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

フリーターは保険に入れる?

日本は国民皆保険制度を採用しているため、フリーターであっても保険への加入が義務付けられています。勤め先で社会保険に加入していなければ国民健康保険、社会保険に加入していれば加入先の健康保険にそれぞれ加入。そのほか、社会保険の加入に関わらず「雇用保険」「労災保険」も対象です。詳しくは「任意じゃない?労働者が加入する社会保険とは」をご覧ください。

フリーターが支払う保険料は?

フリーターは、「家族の扶養に入っている」「会社で社会保険に加入している」という場合を除き、国民健康保険と国民年金の保険料を支払う必要があります。
国民健康保険料の額は、住んでいる市区町村や前年度の所得によって異なります。
国民年金の令和3年度の1カ月当たりの保険料は1万6610円です。「フリーターで得る収入が少なく、国民年金保険料を払えない…」という場合は、免除制度があるので利用を検討しましょう。

参照元
日本年金機構
国民年金保険料

フリーターは入れる?社会保険とは

社会保険とは、生活保障を目的に設けられている公的保険制度のこと。「健康保険」「年金保険」「雇用保険」「労災保険」「介護保険」の5つが該当します。

健康保険

冒頭で述べたとおり、日本は国民皆保険制度のため、フリーターであっても「国民健康保険」もしくは保険組合の公的健康保険に加入する必要があります。
国民健康保険料は全額自己負担ですが、健康保険料は会社が半額を負担します。また、組合の健康保険に加入すると、国民健康保険にはない傷病手当金などの給付を受けとれるため、手厚い保障を受けながら働けるでしょう。
健康保険の加入対象者の範囲は2016年から以下に拡大されています。

・働いている会社の従業員が501人以上、または500人以下でも労使で合意がある場合
・1年以上の雇用契約が見込まれる
・1週間で20時間以上の勤務時間になる
・通勤手当や残業代、賞与を含まない賃金が月に8万8000円以上ある
・学生ではない

これまでは対象ではなかったフリーターも、改定によって社会保険の加入条件を満たしている可能性があります。雇用契約書などを確認しておきましょう。

参照元
厚生労働省
平成28年10月から厚生年金保険・健康保険の加入対象が広がっています!(社会保険の適用拡大)

厚生年金

年金保険も、20歳以上60歳以下の人は加入が義務付けられています。社会保険に加入していなければ国民年金、社会保険に加入していれば厚生年金に加入できます。厚生年金とは、国民年金に上乗せする年金のこと。「2階建て」とも呼ばれ、国民年金より支払額・支給額ともに多いのが特徴です。なお、厚生年金保険料は会社と折半し、給与から天引きされるので、払い忘れる心配がありません。
厚生年金の特徴は、長く勤め、給料が高いほど将来支給される年金が増えるという点。国民年金しかもらえない場合と、厚生年金・国民年金の両方をもらえる場合では、後者の方が安定した生活を送りやすいでしょう。

雇用保険

雇用保険には、「失業してしまったときに生活をサポートする役割」と「失業後の再就職を促進する役割」があります。雇用保険に加入することで、万が一仕事を失っても給付金を受けとりながら再就職先を探せます。また、介護や育児で休業した場合の給付もあるため、ライフステージに変化があっても、収入に対する不安は少なく済むでしょう。
雇用保険の加入条件を満たす人は加入の義務が生じるため、正社員やフリーターなどの働き方に関係なく保険料が給与から天引きされます。雇用保険の加入条件や詳細については、「アルバイトで雇用保険なしは違法?加入は義務?条件や未加入時の対応」でご確認ください。

労災保険

労災保険とは、仕事中や通勤中に起きた怪我や病気を保障するものです。工事現場での作業や車の運転を伴う仕事に就業している人をはじめ、誰にでも起こりうる「万が一」に備える重要な保険といえるでしょう。すべての労働者が加入対象で、保険料は全額会社が負担します。

介護保険

介護保険は、高齢者の生活を支えるために設けられた保険。40歳以上になると介護保険料を徴収されます。なお、保険料は市区町村によって異なります。

フリーターが社会保険に加入するメリット

フリーターが社会保険に加入する最大のメリットは、老後の年金額が増えることでしょう。前項や「フリーターが厚生年金に加入する条件とは?メリット・デメリットも解説」でも解説しているように、厚生年金は国民年金にプラスされる制度です。国民年金の受給額だけで生活を送ることは難しいとされているため、厚生年金に加入することで老後の生活が安定しやすくなります。
また、所定の条件を満たすことで、病気やケガで障害状態になった場合に支給される障害年金や、亡くなったときに遺族に支給される遺族年金も受け取ることができます。

フリーターの保険料の支払い方

フリーターが保険料を納める際は、基本的には郵送される納付書を持参して金融機関やコンビニエンスストアなどで支払いを行います。口座振替も可能なので、自分に合った方法で対応しましょう。

社会保険は給与天引き

社会保険の場合は、保険料が会社と折半のため給与天引きで支払われます。銀行に振り込まれた時点で社会保険料は引かれているので、払い忘れや支払いの心配がありません。

将来が不安なフリーターは正社員就職を目指そう

責任が少なく働き方も自由なフリーターを希望する方もいますが、年齢を重ねてもスキルが身につかず収入も上がりません。若いうちはフリーターのほうが稼げても、年齢や勤続年数、スキルに合わせて給与が上がる正社員のほうが、いずれ収入は高くなります。
さらに、フリーターは非正規雇用のため、何らかのきっかけで仕事を失うリスクも高い働き方。将来が不安ならフリーターではなく正社員として働くことをおすすめします。

「安定した収入を得たい」「フリーターを続けるのが不安」という方は、ハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブは、フリーターや既卒などの若年層を対象に就職・転職支援を行っています。ハタラクティブは、人柄を重視する未経験OKの求人を多数ご用意。応募する企業に合わせて面接対策を行うので、一人で対策するよりも内定を獲得しやすくなるでしょう。
就職サポートはすべて無料で受けられるので、ぜひご相談ください。

この記事に関連するタグ