フリータ-が健康保険に加入する方法

2014/09/28

【このページのまとめ】

  • ・日本は国民皆保険。全ての国民はいずれかの公的医療保険に加入する必要がある

    ・所定労働時間が正社員の4分の3以上あれば、アルバイトでも社会保険に加入できる

    ・年収130万円以下なら親の扶養に入れるが、充分に働けないデメリットがある

    ・社会保険の対象とならない人、扶養の条件を満たさない人は国民健康保険に加入しよう

    ・生活を安定させるなら正社員がおすすめ!

現在フリーターの皆さん、健康保険証は持っていますか?

まだ若いから検査や治療のために病院に行くことなんてない!と思う方もいるかも知れませんが、人間いつ何があるかはわからないものです。

 

そもそも、日本には「国民皆保険」という制度があり、すべての国民はなんらかの公的な医療保険に加入しなければなりません。

 

では、フリーターが加入できる保険制度には、どのようなものがあるのでしょうか? 

フリーターが健康保険に入る方法は、3通りあります。

 

1つ目は、アルバイト先で社会保険に加入する方法です。

フリーターであっても、一定の加入条件を満たしていれば企業の社会保険に入ることができます。 

おおまかには、正社員の4分の3以上の時間を働いていることが条件です。毎日のようにシフトに入っているという方は、条件を満たしているのではないでしょうか。

社会保険の特徴は、保険料の約半分を会社が負担してくれることです。そのため、自営業や退職した方が加入する国民健康保険と比べて保険料の自己負担が少なくてすみます。

 

2つ目は、親の健康保険の被扶養者になる方法です。

フリーターが親の扶養に入れる条件は、自分の年収が130万円未満で、なおかつその収入が親の収入の半分を下回っていることです。

年収を130万円以内に収めるには月々のバイト代を約10万に押さえる必要があり、充分に稼ぎたいフリーターの方にとっては扶養に入るメリットは少ないのではないでしょうか。

 

3つ目は、国民健康保険に加入することです。

社会保険の加入条件・親の健康保険の被扶養者になる条件のどちらも満たさない場合は、国民健康保険に加入します。 

手続きは、お住まいの市区町村の役所の窓口で行いましょう。

 

保険の加入方法についてご説明してきましたが、いかがだったでしょうか?

ご説明した通り、フリーターであっても条件を満たせば正社員と同様健康保険に加入できますが、正社員とフリーターの間には大きな待遇の差があります。

例えば、正社員が受けられる住宅手当などの福利厚生はフリーターには適用されないことがほとんどで、収入面でも正社員とフリーターには大きな差があるのが事実です。

フリーターの収入は年を経ても大きく上がらない傾向にありますが、正社員は仕事の評価次第で昇給があり、月々の給与のほかにボーナスが受け取れるのが大きなメリット。

将来の生活やスキルアップを考えるなら、なるべく早くフリーターから正社員へと働き方を変えるのがおすすめです。

 

とはいってもフリーター経験しかない方にとって、就職活動は何をしたら良いかわからないかもしれません。

そんな時は、就職支援のハタラクティブに相談を!

ハタラクティブは高卒や既卒、フリーターなどの若年層に特化したサービスを展開し、社会人経験がない方にもそれぞれの適性に合った正社員求人をご提案しています。

当サービスの特長は実際に取材した信頼できる企業の求人のみを扱っているの点で、ポテンシャルを評価の対象とする未経験OKの求人も多数ご用意しているほか、書類選考の通過率は91.4%、内定率は80.4%という高い実績が強みです。

「どうやって就職活動を進めればいいのかわからない…」

そんな風に悩んでいる方は、まずはハタラクティブに登録しましょう!

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

19卒乗り遅れた

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ