面接で気をつけることとは?こんなことを言われたら注意が必要

面接で気をつけることとは?こんなことを言われたら注意が必要の画像

この記事のまとめ

  • 切り返しに困る質問では、機転が効いた受け応えができるか、臨機応変に答えられるかが見られている
  • どのような質問にも落ち着いて答えるには、事前の準備が大切
  • 面接に不安がある、自己アピールがうまくできない、という方はハタラクティブを活用しよう
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

うちの会社に向いてないのではといわれたら

意欲を持って面接に臨んだにも関わらず、面接担当者から「うちの会社に向いていないのでは?」と言われることがあるようです。応募している側からすれば、切り返しに困る質問なのではないでしょうか。

さらに、「同業の別の会社の方が向いているのではないか」「部署が希望に沿えない可能性があるけどどうしますか」といった質問を受けることがあるようです。

このように予想もしなかった質問をされてしまうと、冷静さを失ってしまうかもしれません。

面接担当者はあえて切り返しに困るような質問を応募者に聞くことがあるようです。

切り返しに困る質問では、機転が効いた受け応えができるか、臨機応変に対応できるかが見られていると考えて良いでしょう。
また、コミュニケーション能力があるかどうかも見られているようです。

性格や態度、言葉使いを注意されたら

面接が進んでいく中で、「あまり明るい性格ではないようですね」「声が小さいですね」「自信がなさそうですね」などと言われるとショックを受ける人は多いのではないのでしょうか。

注意されると落ち込んでしまうかもしれませんが、あくまでも面接の場であるということを思い出しましょう。

面接担当者は、あえてこのような注意をし、応募者の反応を見ていることがあります。
自分の成長のために指摘してくれていると考え、謙虚な姿勢で受け止めましょう。

仕事の経験の少なさを指摘されたら

フリーターの生活が長い人は、「アルバイトの経験だけですぐに即戦力になれますか」という質問をされる可能性があります。

また、短期間で仕事が変わっていると、「長く働く気持ちは本当にありますか」「入社してもすぐに辞めてしまうのではないですか」といった質問があるかもしれません。

目的があってフリーターで仕事をしているのであれば、逆にアピールできるチャンスでもあります。

面接担当者は、会社と応募者のベストなマッチングをしなければなりません。
面接は採用を見極める一番大切な場であり、お互いのミスマッチがないかどうか確認する重要な機会となっています。

上記のような質問をされたときに落ち着いて答えられるよう、事前の準備が大切です。

面接対策はハタラクティブにおまかせ!

ハタラクティブは、高卒、第二新卒、既卒などの若年層を対象とする就職支援サービス。

面接で想定されるさまざまな状況に対応できるよう、アドバイザーがマンツーマン体制でサポートします。

面接に不安がある、なかなかうまく自己アピールできない、などの悩みがある人はぜひご相談ください。

この記事に関連するタグ