面接で問題点を指摘されたら?返答に困る事例やその対処法を紹介

面接で問題点を指摘されたら?返答に困る事例やその対処法を紹介の画像

この記事のまとめ

  • 面接では「切り返しに困る質問」や「性格・態度・言葉遣い」を指摘されることがある
  • 面接で問題点や懸念点を指摘されたら、落ち着いて自分の考えを伝えよう
  • アドバイスをしてくれる面接官もいるため、面接で指摘されたことは謙虚に受け止めよう
  • フリーターの場合は、働いた期間や経験の少なさを指摘されることもある

「面接で問題点や懸念点を指摘されたとき、どのように回答したら良いか分からない」と悩む方もいるでしょう。面接で企業側は、応募者の問題点や懸念点をあえて指摘したり、切り返しに困る質問をしたりすることもあるようです。では、どのように回答すべきなのでしょうか。このコラムでは、企業の採用担当者が面接で問題点などを指摘する意図を紹介。また、質問されがちな内容や対処法などもあわせてまとめています。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

面接で問題点や懸念点を指摘されたら

就職・転職活動の面接において、面接官から応募者の問題点を指摘されたり、応募者に対する懸念点を質問されたりすることがあるようです。さらに、「うちの会社に向いていないのでは?」といった、切り返しに困る質問をされることも。企業側は、あえてこのような答えや反応に困る質問や指摘をすることで、応募者の能力や仕事に対する姿勢などを見極めることがあるようです。意欲を持って面接に臨んだにも関わらず、面接担当者から予想もしなかった質問をされてしまうと、冷静さを失ってしまうもの。予想外の質問にも適切に対処できるよう、あらかじめ質問を想定し、事前に準備しておくことが大切です。

面接で指摘されるのは必ずしも悪いことではない

面接で採用担当者から問題点などの指摘を受けると、「不採用サイン」と捉えて落ち込むこともあるでしょう。しかし、面接で指摘を受けるのは、必ずしも悪いことばかりではありません。採用担当者はフィードバックを目的に指摘していることもあるようです。また、上述したように、応募者の質問の回答から、能力や姿勢を見ていることもあります。指摘を受けても落ち込まず、最後まで冷静な対応を心がけましょう。「面接が早く終わると不採用?合否のパターンやサインを詳しく解説!」では、面接の合否パターンについて解説しているので、チェックしてみてください。
未経験OK多数!求人を見てみる

面接ではどのようなことを指摘される?

では、面接では、実際にどのような指摘や質問をされるのでしょうか。以下で、指摘される内容と対処法を紹介していきます。

面接で切り返しに困るような指摘をされたら

「うちの会社に向いていないのでは?」「同業の別の会社の方が向いているのではないか」「部署が希望に沿えない可能性があるけどどうしますか」など、面接ではこのような切り返しに困る質問をされることがあります。面接担当者は、応募者にあえて切り返しに困るような質問をすることで、「落ち着いて自分の考えを説明できるか」「臨機応変に対応できるか」といった点を見ていると考えて良いでしょう。対処法としては、まず面接官の言葉を受け止めたうえで「おっしゃる通りかもしれませんが、向き不向きに関係なく、意欲を持って前向きに取り組んでいく所存です」と熱意を伝えると良いでしょう。

面接で性格や態度、言葉使いを指摘されたら

面接が進んでいく中で、「あまり明るい性格ではないようですね」「声が小さいですね」「自信がなさそうですね」など、態度や性格、言葉遣いなどを指摘されることもあるようです。このような指摘をされるとショックを受けたり、落ち込んでしまったりするかもしれませんが、あくまでも面接の場であるということを思い出しましょう。面接担当者は、あえてこのような指摘をし、応募者の反応を見ていることがあります。自分の成長のために指摘してくれていると考え、「ご指摘ありがとうございます」と謙虚な姿勢で受け止めましょう

面接で仕事の経験の少なさを指摘されたら

フリーター生活が長い人は、「アルバイトの経験だけですぐに即戦力になれますか」という質問をされる可能性があります。また、短期間で仕事が変わっていると、「長く働く気持ちは本当にありますか」「入社してもすぐに辞めてしまうのではないですか」といった懸念点を指摘されることも。フリーターになった理由にもよりますが、もしも企業から前述のような点を指摘されたら、フリーターの経験を通して培った自分の強みを伝えることを意識してみましょう。現在は前向きに就職活動していることを伝えれば、面接官に好印象を与えられるはずです。

目的があってフリーターとして仕事をしているのであれば、この指摘は逆にアピールできるチャンスでもあります。「フリーターの正社員面接でよくある質問は?ふさわしい服装についても解説」では、フリーターから正社員を目指す際に面接でよく聞かれる質問や回答例などを紹介しているので、あわせて参考にしてみてください。

面接担当者は、会社と応募者の相性を見極めた上でマッチングをする必要があります。面接は採用を見極める一番大切な場であり、お互いのミスマッチがないかどうか確認する重要な機会です。上記のような質問をされたときに落ち着いて答えられるよう、事前に準備しておきましょう。

面接でよく聞かれる質問も準備しておこう

就職・転職活動の際は、問題点や懸念点を指摘された場合とあわせて、面接でよく聞かれる質問の回答も事前に準備しておきましょう。面接でよく聞かれる質問は、自己紹介・志望動機・自己PR・逆質問です。また、転職の場合は、転職理由も必ず質問されるでしょう。事前に回答を用意し、本番に備えておくことが大切です。「転職の面接で聞かれることが多い質問とは?対策のコツや回答例も紹介!」では、面接でよく聞かれる質問や回答例などを紹介しているので、参考にしてみてください。

「面接で問題点や懸念点を指摘されたときの回答方法が分からない」「そもそも面接が不安」などとお悩みの方は、ハタラクティブに相談してみませんか。
ハタラクティブは、若年層の就職支援に特化したエージェントです。面接で想定されるさまざまな状況に対応できるよう、アドバイザーがマンツーマン体制でサポートします。また、求職者一人ひとりの希望や適性にあわせた求人の紹介をはじめ、書類の添削や入社後のフォローなども実施。求職活動を全面的にバックアップしています。サービスはすべて無料で利用できるので、ぜひお気軽にご相談ください。

この記事に関連するタグ