新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. Web面接でイヤホンを使って良いの?おすすめの種類やマナーも解説!

Web面接でイヤホンを使って良いの?おすすめの種類やマナーも解説!

【このページのまとめ】

  • ・Web面接では、イヤホンを使用した方が相手の声が聞き取りやすくなるのでおすすめ
  • ・Web面接では、自分の声を届けやすいマイク付きイヤホンがおすすめ
  • ・Web面接では、電池や接続が切れる心配のない有線イヤホンがおすすめ
  • ・Web面接で使用するイヤホンはシンプルなものを選択しよう
  • ・Web面接を受けるときは、事前の動作確認をしておくことが大事

監修者:後藤祐介

就活アドバイザー

一人ひとりの経験、スキル、能力などの違いを理解した上でサポートすることを心がけています!

「Web面接でイヤホンを使用して良いの?」という疑問を持っている方も多いのではないでしょうか?
Web面接ではマイク付きイヤホンを使用した方が良いです。イヤホンを使うと相手の声が聞き取りやすくなるなどのメリットがあります。
このコラムでは、Web面接を受けるときのマナーや注意点、おすすめのイヤホンの選び方なども詳しく解説しているので、就活を有利に進めたい方はぜひご覧ください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

Web面接ではマイク付きイヤホンの使用がおすすめ

オンラインで行うWeb面接では、マイク付きイヤホンを利用した方が面接官などの相手の声が聞き取りやすくなるため、積極的に活用してください。

はじめてWeb面接を受ける場合は不安なことや分からないことがたくさんあって、「イヤホンを利用していいの?」というのも疑問の一つだと思います。
そもそもパソコンにはマイクが内蔵されていないものもあるため、イヤホンを使用していけないなら新しいものを購入するか借りてくるしかありません。
採用するかまだ決めていない就活生などに、企業側がそんな無理を押し付けてくるはずがないため、必然的にイヤホンの利用は認められることになります。

はじめてWeb面接を受けるからとにかく不安という方は、Web面接の基本を詳しく解説しているコラム「web面談の基本を解説!スマホは使える?場所や服装、注意点を確認しよう」をチェックしてみてください。

Web面接でマイク付きイヤホンを使用するメリット

Web面接でマイク付きイヤホンを使用した場合のメリットは以下のとおりです。

・相手の声がクリアに聞こえる
・自分の声も相手に届きやすくなる
・周囲の雑音が入りにくくなる
・周囲の音をシャットアウトできて面接に集中しやすくなる

相手の声が聞こえなかったり、自分の声が届きにくかったりした場合は、面接に合格できる可能性が低くなります。
万全な状態でWeb面接に臨めるように、マイク付きイヤホンを用意しておきましょう。

Web面接をはじめて受ける方で、その内容も流れも分からない方には、事前に必要な準備などについても詳しく紹介しているコラム「Web面接ってどうやるの?注意点と必要な準備をご紹介」をおすすめします。

Web面接におすすめなイヤホンは?選ぶ4つのポイント

ここでは、Web面接に使うのにおすすめのイヤホンの選び方のポイントを4つ紹介します。オンラインでの面接をスムーズに進行させるため、参考にしてみてください。

1.マイクが付属しているイヤホンを選ぶ

先述したとおり、Web面接ではマイク付きイヤホンがおすすめです。パソコンにマイクが内蔵されていない場合、マイク付きイヤホンの用意は必須となります。
また、パソコンにマイクが内蔵されていたとしても、内蔵マイクでは周囲の音を拾ってしまう恐れがあるでしょう。自分の声も相手に届きにくくなるため、マイク付きのイヤホンの利用がおすすめです。

2.有線タイプのイヤホンがおすすめ

イヤホンには有線と無線の2つの種類があります。有線タイプだと充電する必要もなく、音質も安定していることから、オンラインで行うWeb面接におすすめです。
無線タイプのハンズフリーイヤホンを利用する場合は、充電切れに注意しなくてはいけません。また、Bluetoothなどの無線タイプの場合、イヤホンとパソコンの接続が切れてしまう恐れもあります。

3.イヤホンはできるだけシンプルなものにする

最近ではお洒落でスタイリッシュなイヤホンもたくさん販売されていますが、あまりにも派手なものだとどうしてもそこに目がいってしまうのでNGです。
社会人として、そのようなイヤホンを公的な場であるWeb面接で使用することはプラス要素にはならないので、シンプルなデザインのイヤホンを用意しましょう。あるいは家族や友人などに借りて用意してください。

4.ヘッドフォンタイプは避ける

オンラインで行うWeb面接では、ヘットフォンやヘッドセットなど、あまりにも大きなものを使用するのは避けましょう。
サイズが大きい場合、面接官から見ると邪魔です。髪が隠れるせいで、全体の印象が伝わりにくくなるデメリットもあります。髪が乱れてだらしない印象を与えてしまう可能性もあるでしょう。
耳に装着するイヤホンタイプのものを選ぶのがおすすめです。

Web面接で面接官にできるだけ好印象を与えたいと思っている方は、印象アップの方法や押さえておきたいポイントなどを紹介しているコラム「Web面接の流れとは?押さえておきたいポイントや注意点もご紹介」を参考にしてみてください。

Web面接でイヤホンを使用する際の3つの注意点

Web面接でイヤホンを使用する場合、気をつけるべき点がいくつかあります。以下に3つの注意点を紹介します。

1.イヤホンを両耳に着けない

面接官の声を聞き逃さないように両耳つける方もいるようですが、イヤホンは片耳にだけに着けるのがおすすめです。
両耳にイヤホンをつけてしまうと自分の声が聞き取りにくくなり、会話がスムーズにできない危険性を高めてしまいます。

2.面接官にイヤホン使用の確認をとる

面接でイヤホンを使用することは違反ではありませんが、一応使用する前に面接官からの確認をとりましょう。
その方が相手に丁寧な印象を与えることができ、面接が有利になる可能性があります。

3.マイク付きの場合は事前にテストを行う

マイク付きのイヤホンを使用する場合は、事前にマイクテストを忘れず行いましょう。面接当日に音が聞こえなくなることは、絶対に避けなくてはいけません。

Web面接を受ける場所選びで悩んでいる方には、最適な場所やWeb面接の流れなどを紹介しているコラム「Web面接を受けるなら?最適な場所の選び方を解説!」がおすすめです。

Web面接を受けるときの5つのマナー

ここでは、イヤホンの使用とは別に、Web面接を受けるマナーを5つ紹介します。

1.ビジネスに適した服装を選択する

Web面接ではカジュアルな服装は控えて、ビジネスに適した洋服を選択しましょう。男女共にスーツであれば問題ありません。
上半身しか見えないと思って、下半身をパジャマやジャージで面接を受ける方もいるようですが、万が一それが面接官に見られると、プラスに働くことはないので注意してください。オンラインで行う面接でも、身だしなみは上下とも整えましょう。

2.余裕をもってログインする

Web面接の時間の直前ではなく、10分前など余裕をもってログインしてください。
オンラインで行うWeb面接では接続までに時間がかかることも珍しくなく、開始時間を過ぎてしまうと遅刻したのと同じように印象は良くありません。

3.丁寧に挨拶をする

Web面接開始前と開始後の挨拶は、できるだけ丁寧に行いましょう。言葉だけではなく、きちんと頭を下げましょう。
オンラインで行うWeb面接では無理に立つ必要はありません。姿勢良く座り、綺麗にお辞儀をすると印象が良くなります。

4.面接後にお礼のメールを送る

Web面接が終わった後にはメールなどでお礼を伝えると、より印象が良くなるのでおすすめです。面接の時間をとって対応してくれたことへのお礼を伝えましょう。

5.スマホやパソコンの通知をOFFにしておく

Web面接中にスマホやパソコンの通知音が鳴らないようにしておくことは大事なマナーです。
郵便や宅配便が来るのは仕方ないとしても、スマホの着信音などが鳴ってしまうと、「この人はマナーを守れない人だ」とマイナス評価されてしまいます。

Web面接を受けるときの服装選びで悩んでいる方は、面接時の服装やヘアスタイルの注意点などが詳しく書かれているコラム「Web面接に適した服装とは?選考の流れやマナーもチェックしよう」をチェックしてみてください。

Web面接を受けるときの5つの注意点

ここでは、イヤホンの使用以外にWeb面接を受ける際に注意すべき点を5つ紹介します。

1.ネットワーク環境を確認する

Web面接をはじめる前には、必ずネットワーク環境に異常がないかの確認をしておく必要があります。
普段から通信状況に不安を抱えているWi-Fi利用者は、有線に切り替えるか、安定性の高いルーターなどに交換しておくことも考えましょう。

2.スマホを利用する場合は通信規制に注意しよう

Web面接ではスマホを使用しても構いませんが、大量のデータのやり取りが原因で通信規制が起こることも考えられます。
オンラインで行うWeb面接ではデータの通信量が多くなることを想定して、データの上限に注意を払っておかなくてはいけません。

3.カメラの機能を確認する

Web面接を受ける際は、カメラ機能に異常がないか、事前に確認しておきましょう。
家族や友人に協力してもらって、面接で使用するZoomやSkypeやWherebyなどのツールを実際に使用して、動作を確認しておくことをおすすめします。

4.マイクの音量を確認する

マイクの音量をWeb面接前に確認しておいてください。
相手の声の聞こえ方と、自分の声がどう届いているかも大事なので、家族や友人に協力してもらい、マイクテストを行いましょう。

5.万一のときも冷静に対処する

Web面接前にしっかり準備をしておくのは重要なことですが、どれだけ対策してもWeb面接では通信が面接中に切れてしまうなどのトラブルがつきものです。
「これだけ事前準備をしたから大丈夫だ」と思い込んでいるときに問題が起きれば、人間はよりパニックに陥りやすいため、いつトラブルが起きても良いような心構えをしておきましょう。面接担当者の緊急連絡先をメモしておくなどの準備をしておいてください。
面接官は突破的な事態にどのように対応できるかを、採用の合否の判断材料にすることもあるため、事前に対処の仕方を考えておき、慌てず適切な対処ができれば、面接が有利になることもあります。

Web面接でスマホを使用していいか悩んでいる方には、スマホを利用する際の注意点などが書かれているコラム「Web面接はスマホでOK?よくある失敗パターンと面接準備のコツ」がおすすめです。

Web面接に不安がある場合は転職エージェントに相談しよう

はじめのWeb面接に大きな不安を抱えている方もいれば、これまで何度かWeb面接を経験したけど、結果が出なくて焦っている方も少なくないと思います。
Web面接でも対面での面接でも、事前の準備と反復練習が大切です。

Web面接に自信がないという方は、転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。
若年層の就活、転職をサポートしているハタラクティブでは、Web面接を含む就職に関するお悩み全般に対応しています。模擬面接にも対応しているので、「第三者のアドバイスが欲しい」「実際に近い状態で面接練習がしたい」という方にもおすすめです。
仕事探しもしっかりサポート。求職者一人ひとりの要望を丁寧にヒアリングし、条件にピッタリ合った職場を紹介します。

経験豊富なキャリアアドバイザーが、面接対策だけではなく、履歴書などの必要書類作成のお手伝いもして、就職できるまでしっかりサポートいたしますので、安心してお任せください。
ハタラクティブでは、相談も登録も全てのサービスも、完全無料でご利用いただけます。

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

    ▼ ご相談はこちらから ▼

    登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

    • はい

    • いいえ

    • arrow
    • youtubeIcon

    © 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ
    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ

    特集

    COLLECTION