面接での「何か質問はありますか?」にはどう答える?

面接での「何か質問はありますか?」にはどう答える?の画像

この記事のまとめ

  • 逆質問をする企業側の意図は、応募者の熱意や意欲をチェックする、企業との相性を図るためなどである
  • 企業側の狙いを考慮し、逆質問用の質問をいくつか準備しておくと良い
  • 面接中に既に解決したことや調べれば分かることなどは、逆質問に対する内容として相応しくない

「あなたから質問はありますか?」面接の最後に聞かれたことがある人は多いと思います。これは逆質問と言われるもの。あなたが面接官に質問できるチャンスのことを指します。
最後に熱意をアピールできるこの時間、何でも聞いて良いというわけではありません。そこで今回は、あなたの印象アップに繋がる質問や避けたい質問についてご紹介。
面接前の準備に、ぜひお役立てください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

◆面接での「何か質問はありますか?」はなぜ聞かれる

好印象を与える質問を考える前に、逆質問をする企業側の狙いを考えてみましょう。どのような理由があるのでしょうか。

・応募者の熱意や意欲をチェックするため
・コミュニケーション能力を図るため
・会社と応募者の相性をチェックするため

逆質問には、以上のような企業側の意図があります。企業側の思いを汲み取った質問を考えておくことが大切です。


◆聞きたい質問例

あなたの長所や意欲を面接官にアピールするためには、どのような質問が効果的なのでしょうか。以下に、好印象を与えるための質問例をご紹介いたしますので、参考にしてみてください。

・御社で活躍している人に共通点はありますか?
・御社の新規事業に参加させていただくためには、どのようなスキルが必要でしょうか?
・御社で入社して、1日も早く即戦力として活躍したいと思っています。入社までに身につけておくべきスキル、勉強しておいたほうが良いことなどはありますか?
・私は自分の意見をはっきり口に出すタイプです。主体的に意見を言うことは許される環境でしょうか?
・人と触れ合うことが好きなのですが、ほかの部署の方ともコミュニケーションを取れる機会がありますか?
・御社は中途採用者にどういうことを期待しますか?
・私は御社の◯◯というサービスを長年愛用しています。このサービスはどういう経緯で誕生したのでしょうか?

あなた自身が聞きたいことを洗い出し、当日質問できるよう準備しておきましょう。


◆こんな質問には注意

逆質問に対し、何でも聞いて良いかというとそうではありません。「面接中に既に出た内容」「事前に調べれば分かる」「待遇ばかりを気にしている」「はい・いいえで答えられる」などは、あまり好ましくない質問です。
以下に避けるべき質問例をご紹介いたしますので、参考にしてみてください。

・長期休暇は取得できますか?
・御社ではどのような商品を取り扱っていますか?
・御社の強みを教えてください
・残業はありますか?
・年間休日はどのくらい取得できますか?

ちなみに、「特にありません」と答えてしまうのも避けたほうが無難です。最後まで存分にあなたをアピールするためにも、最低でも2~3個は準備しておくようにしましょう。
万が一、「準備していた質問が面接中に解決してしまった」「どうしてもほかの質問が思い浮かばない」という場合には、「十分にご説明いただきしっかり理解することができましたので、質問は特にありません。ますます御社へ入社したい気持ちが高まりました。」と伝えられるとベター。
「特に無いです」「質問はありません」と答えるよりも、コミュニケーション能力の高さをアピールできます。


逆質問をうまく乗り越えるためには、事前準備をどれだけできていたかが鍵。そこでおすすめしたいのが、転職エージェントであるハタラクティブです。
ハタラクティブでは、徹底した面接対策を毎日開催しています。経験豊富な転職のプロのアドバイザーが徹底的にサポートを実施。悪いところを強みに変え、良いところを存分にアピールできるようあなたに合ったサポートを行います。
面接対策以外にも、求人紹介や応募書類の添削など幅広くサポート可能。ますはお気軽にお問い合わせください。