転職の面接はどんな質問をされる?効果的な自己紹介の仕方や逆質問の答え方

転職の面接はどんな質問をされる?効果的な自己紹介の仕方や逆質問の答え方の画像

【このページのまとめ】

  • ・転職面接は「今までどのようなことをしてきたのか」という部分が評価される
  • ・転職理由や退職理由は転職面接で必ず聞かれる項目のため、しっかりと対策すべき
  • ・面接の最後に聞かれる「逆質問」は最大のアピールチャンス
  • ・「ビジネスマナー」「服装」「企業・業界研究」は転職面接だからこそ重要

「転職の面接ではどのようなことが聞かれるのだろう」と不安に思う人は多いでしょう。転職と新卒の面接では採用に関するポイントがやや異なります。転職面接では「今までの実績」が重要。会社に即戦力として貢献できることをしっかりアピールするため、よく聞かれる質問を知って、前もって対策をしておきましょう。基本のビジネスマナーや面接を辞退する方法についても解説しますので、転職活動中の人は参考にしてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

転職の面接では何が大切?新卒との違い 

「これから何ができそうか」が評価される新卒の面接とは違い、転職面接では「これまで何をしてきたのか」が評価されます。

新卒との大きな違いは?

企業が中途採用を行うのは、主に即戦力となる人材を求めているから。これまでの実績やスキルが重視されるのが中途採用の特徴です。
また、社風が凝り固まらないよう、新たな人材を採用して組織の活性化を狙う企業もあります。他業種のノウハウを吸収するため、あえて全く別の業界からの人材を求めることもあるようです。

転職面接では意欲の一歩先まで答えるのがポイント

新卒の面接では「学びたい」「実現したい」など、意欲や向上心がアピールポイントとして通用していました。しかし、中途採用者に求められるのはその一歩先。「問題を解決するにはどうすればいいか」「どのように努力をしてきたか」などという具体的な過程が重視されます。
応募する業種が未経験の分野であっても、自分のこれまでの経験との類似点やスキルの応用方法を考え、どのように活躍できるのかというビジョンを提示することが大切です。

応募先の企業がなぜ中途採用を行っているのか、求められている役割をしっかり理解して面接に臨むことで採用担当者が望む人物像に近づけるでしょう。

転職面接でよく質問される内容を知っておこう! 

ここでは転職の面接でよく質問される内容を解説します。
「面接でどんなことを聞かれるのか分からなくて怖い」「質問に答えられなかったらどうしよう」と不安に思う方も自信を持ってハキハキと答えられるよう、参考にしてください。

自己紹介

面接ではまず、「自己紹介をお願いします。」と言われることがほとんどです。自己紹介では、氏名・前職(現職)について・締めの順で、1分程度話します。
自己紹介を通して採用担当者は「自社に適した人材かどうか」を判断しているため、氏名や職業についてだけでなく、締めでしっかりとアピールすることが大切です。
アピールする際は、どのような経験があり、その経験を今後会社でどのように活かしていきたいのかということを、端的に話すと良いでしょう。

前職やキャリアについての質問

転職面接の場合、自己紹介が終わると採用担当者は求職者について詳しく知るために、前職やキャリアについて聞くことが多いようです。
「職務経歴を教えてください」といった大まかな質問をされることもあれば、「前職ではどのような評価を受けていましたか?」「前職での実績は何ですか?」などより詳しく前職について質問されることも。
具体的な質問をされたときは、「◯◯だと思います」と自分の意見を答えるのではなく、「その結果、◯◯のような評価をいただきました。」と客観的な意見で答えるのがポイントです。

転職理由や退職理由は必ず聞かれる

転職理由や退職理由は「答えづらい」と感じる方が多いかもしれませんが、転職面接では必ずといって良いほどよく聞かれる質問です。転職をすること自体はマイナスではありませんが、理由の答え方によっては採用担当者に良くない印象を与えてしまう可能性があります。

会社への不満を転職理由とするのではなく、「希望のキャリアを実現するため」「◯◯の経験を積みたかったから」など、将来を見据えたポジティブな理由を答えるのがベター。
ただし、良い印象とするために嘘の転職理由を伝えると、後の質問で深く聞かれたときに答えられず、かえってマイナス評価につながる可能性があります。あくまでも本当の理由に基づいた退職理由を答えましょう。

志望動機や希望条件は明確にしておこう

「当社を希望する理由は何ですか?」と聞く会社が多いですが、なかには「他社でも同じサービスを行っているが、なぜ当社なのか?」と詳しく志望動機を聞かれることがあります。「◯◯に関わる仕事がしたかったから」など漠然とした理由ではなく、希望の会社でなくてはいけない理由を答えられるように対策しておきましょう。

希望の収入を聞かれたら正直に答えるべき?

会社によっては希望収入を聞かれることがあります。給与はできるだけ高い金額を受け取りたいものですが、ここで注意すべきは「希望の給与額について聞かれているわけではない」という点です。
もちろん人件費の目安として聞いていることもありますが、採用担当者は希望給与額を聞くことによって「自己評価がしっかりできているかどうか」を判断しています。
高い給与額を提示した分、その金額に見合ったスキルや経験を根拠として示す必要があるので注意しましょう。

残業や休日出勤について聞かれた場合は?

残業や休日出勤はできるだけ避けたいもの。しかし、転職面接で「残業や休日出勤に対応できるかどうか」と質問されたときは、「必要に応じて対応可能です。」と答えましょう。
仕事への意欲ややる気を測る意図があるので、対応可能と答えることで「残業や休日出勤をしてでもやりたい仕事であること」をアピールできます。
ただし、「慣れているから大丈夫」とあまりにも寛容な答え方をすると「効率的に仕事をこなす努力が足りない」と捉えられる可能性も。あくまでも「必要であれば」と一言付け足しましょう。

「逆質問」は何を聞けば良い?

「逆質問」とは、面接の終盤に採用担当者から「何か聞きたいことはありますか?」と質問されること。
逆質問では、調べれば分かることや「はい・いいえ」で答えられる質問は避け、自分が会社について一番興味のあることを聞きましょう。自分が希望の会社に入社したと仮定して質問内容を考えるのがおすすめ。
「採用いただけた場合、私の◯◯というスキルはどのような業務に活用できるとお考えでしょうか?」と採用担当者が入社後を想像してから答えるような質問をするのが理想です。「入社をするにあたって、ここだけは知っておいて欲しいということはありますか?」など、入社に対して積極性をアピールするのも良いでしょう。

聞きたいことがない場合はどうしたら良い?

逆質問は貴重なアピールの場なので、できるだけ答えたいところですが、面接が充実した内容であった場合は無理やり質問する必要はありません。特に質問がないときは「特にありません。」だけではなく、「充分納得ができました。ぜひご縁をいただきたいと思います。」と感謝の気持ちを込めて伝えましょう。

そのほかのよく質問される内容にも対策を!

面接では自己紹介や志望動機、逆質問以外にも求職者本人について質問されることがあります。「趣味は何ですか?」「挫折した経験はありますか?」「今までで一番頑張ったことは何ですか?」など、想定外の質問をされることもしばしば。
特に理想の解答がない質問の場合、マイナスな印象を与えるもの以外であれば、素直に答えれば問題ないでしょう。

併願状況について聞かれたらどうする?

なかには「他社の選考は受けていますか?」と併願状況を聞かれた人もいるようです。併願している会社の有無を聞かれたら、嘘をつかず正直に答えましょう。ただし、口が軽い印象を与えかねないため、併願している会社数や会社名を具体的に答える必要はありません。
他社について詳しく聞かれたら、職種や業種を伝える程度で良いでしょう。受けている会社数については「数社受けています。」と答えればOKです。

面接突破のための基本マナーと注意点 

転職の面接はマナーをしっかり身につけて臨むのが突破するポイントのため、こちらでビジネスマナーの基本を覚えておきましょう。社会人経験のない新卒の場合、マナーが完璧でなくても多少寛容に受け入れてもらえますが、転職面接の場合は採用担当者に「非常識な人」という印象を与えてしまいます。

「ビジネスマナー」の基本

最低限守るべきビジネスマナーは以下のとおりです。

・会場への到着時間
・受付する時間
・待機中の姿勢
・ドアのノック回数
・ドアの開閉
・挨拶の仕方
・荷物の取り扱い方
・着席するタイミング
・適切な敬語の使い方

不安だと感じる部分があれば、改めて確認しておきましょう。当日緊張しないためにも、事前に面接のシミュレーションをしておくのがオススメです。

転職の面接にはリクルートスーツ以外の服装で臨もう

面接にはリクルートスーツと思ってしまいがちですが、実はそれは間違い。20代前半までの若さをアピールする場合はリクルートスーツでも問題ありませんが、20代後半以降の方は、マイナスな印象を与えることがあります。
リクルートスーツはフレッシュさをアピールできる反面、新卒が就活中に着るというイメージが強いため、頼りない印象を与えてしまう可能性も。経験をアピールする転職時には、リクルートスーツは避けましょう。

面接時の服装は、「取引先の企業に行くイメージ」で選ぶのがベター。基本的にはスーツですが、業種によってはオフィスカジュアルを推奨している企業もあります。面接を受ける企業の社風を確認して決めましょう。
面接官や現場にいる社員の方よりカジュアルな格好では失礼な印象を与えてしまうこともあるので、迷った場合はスーツで行くのが無難です。

企業研究や業界研究は念入りに

応募先の企業が業界の中でどのような立ち位置なのか、どのようなクライアントにどんなサービス・製品を提供しているのかなど、最低限の企業研究をしてから転職活動を行いましょう。
未経験の分野へ挑戦する場合は、特に念入りに調べておく必要があります。少なくとも志望企業のWebサイトの確認は絶対に行っておきましょう。また、実際にサービスを受けたり、製品を購入したりすることが可能な場合は、一度試しておくのがおすすめ。面接時の話題づくりになるだけでなく、企業への理解を深めることもできます。
前述のとおり、同業他社ではなく、なぜその会社にしたのかを明確に説明できるようにしておくことが大切です。

転職面接を辞退するときはどうしたら良い? 

ここでは、転職の面接を辞退する場合のマナーを紹介します。人によっては転職活動中に面接を辞退することもあるでしょう。「家庭の事情で都合が悪くなった」「他社から内定をもらった」など理由は人それぞれですが、理由に関わらず面接を無断キャンセルすることはマナー違反です。面接を辞退する場合はしっかりマナーを守りましょう。

面接辞退はできる限り早く伝える

面接を辞退することを決めたら、会社にはできるだけ早く連絡をしましょう。面接を受ける人だけでなく会社側も面接に向けて書類の作成やスケジュール調整などさまざまな準備をしています。直前の辞退や無断欠席は会社に迷惑をかけることになるので、注意が必要です。

電話もしくはメールで面接辞退の連絡をする

面接の辞退を伝える連絡は電話でもメールでも良いとされています。ただし、メールの場合、相手が確認をしたかどうかしっかり把握できないため、行き違いによるトラブルが発生することも。なかなかメールの返信がない場合や、より確実に伝えるためには電話で面接辞退の旨を連絡すると良いでしょう。

成長性を重視した採用を行う会社は多い 

職歴がある場合の転職活動はすべて「中途採用」になりますが、近年では職歴の浅い若い人材を「第二新卒」として採用する企業が増えています。
第二新卒とは、主に学校卒業後3年以内に転職をする人を指す言葉。これは一般的な基準のため、企業によって「卒業後◯年」「職歴◯年」などそれぞれ「第二新卒」の定義は異なります。とはいえ、20代前半であれば、第二新卒としての基準を満たす可能性が高いでしょう。
第二新卒の採用試験では新卒と同じように、未経験の人材でもポテンシャルを見込んで採用を行っているのが特徴です。入社後も即実践に入るというより、新卒と同じまたは似たようなプログラムで人材を育成していく会社もあります。
経験に自信がない方や、全くの未経験分野へチャレンジしたい方の転職は、第二新卒枠が狙い目かもしれません。

第二新卒の転職なら、ぜひハタラクティブへご相談ください。
20代の正社員就職や転職に強いハタラクティブでは、丁寧なカウンセリングとサポートで転職活動を応援しています。「初めての転職活動で何をすればいいのかわからない」という場合でも、書類対策や面接対策など各プロセスごとにプロの目線から適切なアドバイスを提供。内定後のフォローも実施します。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION