逆質問は怖くない!面接で対応できる質問例を用意しよう

逆質問は怖くない!面接で対応できる質問例を用意しようの画像

【このページのまとめ】

  • ・企業側が質問を促すのは、あなたの志望度の高さを測っていることが多い
  • ・質問をする際は、手に入りやすい情報や既に説明された内容を尋ねない
  • ・質問の内容次第では、逆質問で自己アピールへと繋げることができる

面接で逆質問を促されても困らないために、事前に質問を用意しておくことが必要です。質問次第では、合否に左右するかもしれません。今回のコラムでは、質問の失敗を防ぐコツを紹介したいと思います。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

面接官が志望者に逆質問を求める理由

面接の最後に「何か質問はありますか?」と、面接官から質問されることがあると思います。上手く応えられずに、苦い経験をした方もいらっしゃるでしょう。質問次第では、合否に関わるかもしれないと考えるだけで、プレッシャーを感じることもあるでしょう。
しかし、志望者からの質問を望むのは、企業側に意図するものがあるからです。

入社意欲を知るため

逆質問は、入社志望者の志望度を測る目安となっています。質問がなければ、企業への関心度が低いと思われるかもしれません。
入社意欲が高ければ、企業のことについて面接の前に調べていることが質問内容からわかるでしょう。
逆質問を求められた場合、企業が取り組んでいることについて積極的に質問をすることで、入社意欲が高い人だと印象付けることができます。

社風に合うか確かめるため

逆質問の内容から、あなたが企業の社風とマッチしているのかを面接官は確認している可能性があります。
志望動機がどんなに優れていても、ネガティブな質問をしてしまえば社風に合わないと判断され、あなたの評価は下がるかもしれません。
企業の理念から外れたミスマッチな質問は避けましょう。

コミュニケーション能力を測るため

単に質問に答えるのではなく、面接官はあなたが自発的に発言できるかどうかをみていると思われます。
また質問内容から、あなたのコミュニケーション力・理解力・情報力が高い人物かを確認していることが多いです。

企業側に逆質問をする際の注意点

逆質問は、自分をいかにアピールできるか、絶好のチャンスだと思うべきです。しかし、ただ質問をすれば良いわけではありません。
逆質問をする際は、次の点に注意しましょう。

Webサイトでわかる内容は聞かない

企業のHPを見ればわかりそうな質問は避けましょう。わざわざ、自分から企業のことを調べていませんと言っているようなものです。
しかし、HPからわかることを掘り下げて質問することができれば、仕事へのやる気が感じられ、好印象へと繋げられるかもしれません。

すでに説明された内容は尋ねない

面接時に説明されたことを質問するということは「話を聞いていない」と、良くない印象を与えてしまいます。
説明された内容と、質問しようとしている内容が被らないように、あらかじめ複数質問を用意しておくと良いでしょう。

待遇面に関して連続で聞かない

仕事内容には触れず、給与・休日・残業時間・有給休暇について連続で質問するのは、仕事より待遇面を重視していると思われても仕方ありません。
待遇面の質問は、慎重に行うことが必要でしょう。

逆質問の例

逆質問は、質問内容の自由度が高いのが特徴です。
質問の内容次第では、あなたの人柄を伝えることもできるでしょう。どこにポイントをおいて質問するかによって、アピール度は変わってきます。

熱意をアピール!

入社後をイメージして、会社で業務を成し遂げるには何が必要かなど、気になる点を質問すると良いでしょう。

(例文)
「教育体制はどのようになっていますか?」
「異業種から転職された方は、 どういった勉強をされていますか?」
「どのようなステップを踏むことで、実務に入れるのでしょうか?」

このほかにも、責任感と協調性をアピールするのも良いかと思われます。

強みをアピール!

あなたの得意分野をアピールしましょう。まずは、面接官にあなたへの関心を抱かせることが重要です。

(例文)
「◯◯を得意としており、その分野で活躍していきたいです」
「◯◯資格を持っており、御社で活かしていきたいと思います」
「粘り強く挑戦することができます」

事前に企業研究を行うことで、あなたが企業が求めている人材にマッチしていることを十分アピールできます。
また複数質問を用意することで、質問のバリエーションを広げることができるでしょう。

面接に不安がある人は…

面接官にどのように質問すれば自己アピールが上手くいくのか、悩まれる方もいらっしゃると思います。
質問1つで選考に左右されるとか思うと、不安で仕方ないかも知れません。
そんな時、転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか?
就職支援を行っているハタラクティブには、多くのエージェントが従事しています。
マンツーマンで就職活動の相談や、面接対策などをサポートしてくれるため、面接への不安や疑問は解消されるでしょう。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION