新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

フリーターの生き方は、正社員より大変かも

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・フリーターは、年齢を重ねるにつれ人生の選択肢が狭まる可能性がある
    ・フリーターには時間が自由になるメリットがある
    ・しかし正社員に比べて給与が低く、雇用が安定しない
    ・正社員になるなら、若さを武器に就職を成功させよう

「このままフリーターでいいのか、正社員になるべきか…」
そんな風に迷っているなら、まずはフリーターのメリットとデメリットを理解した上で、これからを考えましょう。
コラムでは、フリーターから就職成功するためのポイントも解説しています!

本当にフリーターのままでいい?

自由なフリーター生活が快適
今はそう思うかもしれませんが、5年後、10年後を考えた時に、本当にフリーターのままで良いのでしょうか?
「いずれは就職しよう」と思っていても、アルバイト経験しかないフリーターが就職するのは、年齢を重ねるにつれて難しくなります。
若いうちであれば人柄や入社後の成長が期待され採用に至るケースが多いですが、ある程度の年齢になってくると、企業は即戦力や実績を求めるようになるからです。

アルバイトしか職歴がないフリーターが歳を重ねると、年々正社員として採用してくれる企業の数は減り、選択肢が狭まってしまいます。


フリーターの中には就職したくなったタイミングで就職できず、結局アルバイト生活を続けているという人も少なくありません。
そんな事態にならないためには、フリーターのメリットとデメリットを把握した上で、今後自分がどうなりたいかを真剣に考えてみてください。
p>

フリーターのメリット・デメリット

フリーターのメリットは、時間が自由になる点にあります。シフトの組み方次第ではプライベートを増やせますし、複数のアルバイトの掛け持ちもできるでしょう。
また、責任が少なくあまりプレッシャーを感じずに働けること、職場が嫌になったらすぐに仕事を変えられることを魅力に挙げる人もいます。

一方で、正社員と比べて給与が低いのは大きなデメリット。時間給なのでシフトを減らしたり風邪で欠勤したりすれば、その月の給与は減りますし、もちろんボーナスもありません。正社員は年齢が上がるにつれて昇給しますが、フリーターは1つの職場に長年勤めたとしても、大幅な給与アップは望めないでしょう。
また、フリーターは「非正規雇用」で長期の雇用が約束されおらず、不安定な立場です。契約の更新がなければ気に入った職場でも長くは働けず、その都度仕事を探すことになります。

フリーターの生き方は自由で気楽、というイメージがありますが、収入が充分でなければ結婚や住宅購入といった人生の選択肢が狭まりますし、将来的には常に生活を心配しなければならない状況になるかもしれません。
もし、フリーターのデメリットを考えて正社員を目指すなら、1日でも早く行動を起こすのが就職成功の秘訣。職歴のないフリーターの武器になるのは、何といっても若さです。
20代であれば未経験者を歓迎する企業は多いので、「アルバイト経験しかないから…」と諦めずに仕事探しを始めましょう。

フリーターになった原因を分析する

フリーターになる理由はさまざまですが、「やりたい仕事がなかった」「就活がうまく進まず挫折してしまった」という人は多いのではないでしょうか。
もし、正社員を目指すなら、自分がフリーターになった理由を分析し、反省点をまとめることが大切。そうすれば同じ間違いを防げますし、面接で「なぜフリーターになったのか」を聞かれた時に、謙虚で印象の良い回答ができます。

就活が始めての方、過去に就活に挫折しているという方は、プロの力を借りて正社員を目指しませんか?
ハタラクティブは若年層に特化した就職支援サービスで、カウンセリングから求人提案、面接対策まで、就職活動中の全ての過程をサポートします。
「まだ就職するか迷っている…」というお悩みにもアドバイスいたしますので、お気軽にご相談ください!

フリーターの就活にまつわる疑問を解決しよう

これから就職活動を始めるフリーターの方に向けて、よくある疑問にQ&A形式でお答えします。事前にポイントを押さえて、効率良く就活を進めましょう。

職歴欄にアルバイト経験を書いてもOK?

OKです。基本的に職歴欄は「正社員の経験」を書くものですが、フリーターの場合はアルバイト経験でも問題ありません。応募する職種や企業で活かせる経験や強みがあれば、積極的に記載しましょう。職歴欄の書き方については「履歴書にアルバイトの職歴は必要?」でも解説していますので、詳しく知りたい方はご一読ください。

フリーターをしていた理由はどう答える?

理由を正直に答えながら、心境の変化を伝えるのがポイント。「目指すものがあった」「内定がもらえなかった」「なんとなく」など、フリーターになった理由は人それぞれです。そこからなぜ正社員を目指すに至ったのかを前向きに伝えると印象アップにつながります。「既卒の就活「なぜ新卒で就職しなかったのか?」上手な答え方と回答例7つ」のコラムを参考に、自分なりの答えを見つけましょう。

就活せずに正社員になる方法はある?

正社員登用制度を狙うのも1つの方法です。アルバイト先で登用制度を導入しているかどうか、確認してみましょう。ただし、制度があっても必ずしも正社員になれるわけではありません。社員からの推薦・登用試験・役員との面談など、企業ごとに正社員になるための条件があります。詳しくは「正社員登用制度とは?特徴や注意点」でも解説しています。

就活経験が少ないので不安です

就職エージェントやハローワークを利用しましょう。エージェントやハローワークでは応募書類の書き方、面接対策、自己分析のサポートを行っています。
その中でも、ハタラクティブはフリーターや既卒に特化した就職支援サービスです。未経験歓迎の求人も数多く取り扱っているので、就職が初めてという方も安心してご利用いただけます。まずはお気軽にご相談ください。

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

    ▼ ご相談はこちらから ▼

    登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

    • はい

    • いいえ

    おすすめ記事

    RECOMMEND

    おすすめ記事

    適職診断
    twitter
    • arrow
    • youtubeIcn

    © 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ
    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ