フリーターの末路は?高卒や大卒で違いはある?就活の方法も解説

フリーターの末路は?高卒や大卒で違いはある?就活の方法も解説の画像

【このページのまとめ】

  • ・フリーターと正社員との賃金差は、30代以降大きく広がっていく
  • ・フリーターのままでは、社会的信用を得られず経済的に困る末路をたどる可能性がある
  • ・フリーターの末路が良くないのは「昇給がない」「スキルが身につかない」などによる
  • ・フリーターの厳しい末路を回避するためには、少しでも早く就職活動を始めるのが大事

フリーター生活を続けた場合、最終的にどうなるかという末路が気になる方もいるでしょう。フリーターは雇用が不安定なうえに社会人としてのスキルが身につかないので、年齢を重ねるごとに稼ぐのが難しくなってきます。よって、不安になったら少しでも早いうちに正社員を目指すのがおすすめです。このコラムでは、フリーターを続けた場合の正社員との差や就職可能な年齢、正社員になりやすい職種などもご紹介します。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

フリーターの経済的な末路は?正社員との賃金差

若いうちは正社員と変わりない収入を得られても、年令を重ねるごとに収入差が増えて経済的な格差が生まれやすいフリーター。フリーターの経済的な末路は、厳しいものになるようです。ここでは、フリーターを続けたときの経済的な損失について、20代から30代の賃金の推移、生涯賃金の差に触れながら説明します。

20代は賃金に違いが少ない

20代は、フリーターと正社員で賃金に差が少ない時期です。20代の正社員は仕事を始めたばかりでそれほどボーナスもなく、初任給も低め。一方、フリーターは時給なので働いたぶん稼ぐことができるうえ、若いので体力がありたくさん働けます。よって、20代のうちは正社員とフリーターの賃金差は少なく、場合によってはフリーターの手取りが上回ることもあるでしょう。

30代以降は賃金格差が広がっていく

30代以降、正社員は昇進などによって基本給やボーナスの額が上がり、年収が増えていきます。しかし、フリーターは時給制でボーナスもなく、昇給もほとんどありません。よって、20代の頃と同じ給与水準で働かざるを得ないうえ、年齢とともに体力が低下するので思うように稼げず収入が減る恐れもあるでしょう。

フリーターと正社員の賃金差

フリーターのような正社員以外の職員と正社員の賃金は、令和2年の厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、男女の合計で正社員の平均賃金が32万4,200円であるのに対し、正社員以外は21万4,800円と、10万円以上の差となっています。
また、男女別に見た正社員以外と正社員の賃金差は以下のとおりです。

フリーターの経済的な末路は?正社員との賃金差の画像

フリーターの経済的な末路は?正社員との賃金差の画像

引用元:厚生労働省「令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概況(7p)

調査結果の表を見てみると、男女ともに正社員は給与が上がっていっているのに対し、正社員以外はほぼ横這いといえるでしょう。また、20代のうちには正社員と正社員以外の賃金差はそう大きくないものの、30代からはどんどん開きが大きくなっていっているのが分かります
このデータから、フリーターを続けた場合はほぼ給与が上がらないうえ、同じだけの金額を稼ぐのに年々体力的に辛くなっていくのは想像に難くないでしょう。そのため、フリーターを続けていると、最終的には生活に困窮してしまう可能性も出てくるのです。
フリーターを続けた場合のリスクについては「フリーターのリスクとは?将来の見通しや正社員になるためのポイントを解説」のコラムでも詳しく解説していますので、併せてご覧ください。

参照元
厚生労働省
令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概況

フリーターを続けると待っている人間関係の4つの末路

フリーターは雇用や収入が不安定なことから、信用性に欠けるという印象を抱く人が多いのが事実です。フリーターを続けていると、人間関係では以下のようなデメリットが起きる可能性が高いといえるでしょう。

1.結婚が難しい

フリーターだと、収入が安定しないので結婚して家庭を持つことが難しくなります。結婚したいと思ってもなかなか踏み切れないので、交際相手と別れてしまうことも。また、新しい相手を探したくても年齢が上がるにつれて結婚を望む人が多くなることから、交際自体も難しくなるでしょう。

2.正社員の周囲と話が合わなくなる

若い頃は収入や状況にあまり違いを感じませんが、だんだん収入や生活状況が変わってくると話題が合わなくなりやすいです。周囲の仕事や子どもの話題についていけずに、少し寂しい思いをすることがあるでしょう。

3.社会的信用が得られない

フリーターは社会的な信用が得にくいといわれています。これは、フリーターは収入が不安定なため、ローンが組めなかったり不動産の賃貸契約ができなかったりする場合があるためです。このように不便さや心もとなさを感じるときがあるでしょう。

4.上司が年下になり働きづらいと感じるようになる

フリーターとして年齢を重ねると、正社員の上司が年下になる場合が多くなります。ときには、年下の上司からの指導や叱責に抵抗を受けることもあるでしょう。また、上司側も年上の部下に指示を出しづらいと感じるため、煙たがられてしまう場合もあるようです。

フリーターを続ける5つのデメリット

フリーターを長年続けていると、次の5つのデメリットに悩まされることになるでしょう。以下、それぞれご紹介します。

1.昇給がほとんどない

フリーターは時給制が多いうえに長期雇用を想定していないため、昇給はほとんどありません。そのため、同じところで働き続けても給与が上がる可能性は低いでしょう。また、年を重ねるに従って若い頃のように働けなくなるので、今までより給与が下がってしまうこともあります

2.スキルが身につかない

フリーターは正社員の仕事の補助的な業務であることが多いので、正社員として通用するスキルが身につきません。よって、フリーター期間は職務経歴としてみなされないのが一般的。どんなに働いても職務経歴にならないので、就職に不利になる一方といえます。

3.年金が比較的少ない

フリーターは国民年金のため、正社員の厚生年金のように一部企業が負担してくれることはなく、自分ですべて払う必要があります。また、国民年金の場合は厚生年金より将来もらえる年金額が少ないのもデメリットです。フリーターの人のなかには、年金を支払うのが負担で未納になってしまっている人もいますが、そのような場合には将来年金はもらえません。フリーターは、将来の社会保障の点でも不利だといえるでしょう。

4.貯金ができない

フリーター生活を送りながら貯金をするのは、難しいと感じている人が多いようです。フリーターは働いたぶんしか給与がもらえないので、稼げる額に限界があります。そのため、自分の生活を成り立たせるので精一杯で、貯金までお金が回らないという人も多いのでしょう。

5.就職先が減っていく

20代のうちはポテンシャルに期待した求人が多くても、30代を過ぎると徐々に求人が減っていきます。年を重ねるごとに応募できる求人がなくなっていくので、いざ就職しようと思っても就職先が見つからないということになるでしょう。
フリーターの平均年収は?20代・30歳の年齢別に正社員の収入と比較!」のコラムでは、平均年収以外にもフリーターの手取り額、フリーターで一人暮らしをした場合の試算など幅広い内容をご紹介していますので、ご参照ください。

フリーターから就職できるのは何歳まで?学歴の差はある?

フリーターから就職できるのは20代が主で、30代になると就職が厳しくなるでしょう。以下、詳しく解説します。

フリーター年数が長いと就職できる可能性は低くなる

フリーター期間が長いほど、正社員になれた人の割合は低くなるというデータがあります。独立行政法人労働政策研究・研修機構の2016年の調査によると、フリーター継続期間と正社員になれた人の割合を示したグラフは、以下のとおりです。

フリーターから就職できるのは何歳まで?学歴の差はある?の画像

引用元:独立行政法人労働政策研究・研修機構「第4回 若者のワークスタイル調査(128p)

このグラフから、フリーター期間が1年を過ぎると正社員になれた割合が大きく下降しているのが分かるでしょう。1年以内であればおよそ60%~70%の人が正社員になれたという一方で、5年以上になるとその割合は20%近くに落ち込みます。
このデータからも、長い間フリーターを続けていると就職できる可能性がぐっと低くなるのが見て取れるでしょう。

参照元
労働政策研究・研修機構(JILPT)
第4回 若者のワークスタイル調査

20代のうちに就職活動をしたほうが良い

フリーターから正社員になりたいと望んでいるのであれば、20代のうちにできるだけ早く就職活動をするのがおすすめ。職歴のないフリーターの場合、仕事に対する熱意や将来性、人間性などが評価対象になります。企業は人材のポテンシャルに期待して採用するので、年齢が若ければ若いほど有利。企業は20代の応募者に対し、未経験でも積極的に採用を検討する傾向があります。

30代になると応募できる求人数が減る

20代であれば多い未経験歓迎の求人も、30代になるとぐっとその数は減ります。30代は一般j的に転職を考える人が多い年代で、企業側も即戦力として期待するからです。よって、30代で未経験OKの求人はその数や種類が非常に限られてくるといえるでしょう。

高卒と大卒フリーターで有利・不利はある?

フリーターから就職する場合には、新卒採用ほど学歴の差はないようです。同じフリーターという立場でなら、学歴よりも年齢のほうが重視される傾向があります。よって、高卒フリーターのほうが年齢が若いぶん有利になることもあるでしょう。
フリーターからの就職に関しては「フリーターは正社員になれない?給料・仕事面の違いや就職すべき理由を解説」のコラムでより詳しく解説していますので、こちらも参考にしてください。

フリーターから正社員就職しやすい6つの職種

フリーターから正社員に就職する場合、比較的求人が多いとされているのは以下の6つです。未経験可、学歴不問の求人が多いのが特徴で、なかには積極的に人材育成に取り組む企業が多い職種も。正社員就職を目指す際の求人選びの参考にしてください。

1.販売職

販売職は学歴があまり重視されないうえ、職歴よりもコミュニケーション力や積極性が重視されます。よって、未経験から挑戦しやすい職種といえるでしょう。また、販売職は幅広い業界に求人があり、業界によって求められる素質が異なります。多くの求人のなかから、自分に合ったものを探せるのが魅力です。

2.介護職

介護職は年々高まるニーズによる人手不足から、未経験OKの職場が多いのが特徴です。また、現場で経験を積みながら資格を取得し、キャリアアップを目指せるのもメリット。資格は業務に直結するものなので高く評価され、資格手当もつきやすいようです。また、身に付けたスキルはどこの介護施設でも重宝されるので転職しやすく、ずっと働き続けることができます。

3.工場作業員

工場作業員は、工場での軽作業が主な仕事です。工場作業員の仕事は単純作業や一人で黙々と進められるものが多く、ものつくりが好きな人以外にも経歴に自信のない人やコミュニケーションが苦手な人に向いています。また、企業が資格取得をサポートしてくれることもあるので、働きながらスキルアップできるのもメリットです。

4.飲食業

飲食業は、求人が多く未経験者歓迎であることが多いです。飲食業には機転が利くことやコミュニケーション力が求められますが、幅広く人材を採用する傾向があるので、自信はないけれど興味があるという方にもおすすめ。実力主義なので経歴はあまり関係なく、経験を積んで現場に精通すれば昇進できる可能性があります。店舗のフロアスタッフから始まり、チーフや店長など店舗の責任者に昇格したのち、本社勤務になるというステップアップもできるでしょう。

5.営業職

営業職は、未経験から挑戦できる仕事の一つです。コミュニケーション力は必要ですが、実力主義の仕事のため学歴不問であることが多く、門戸が広いのが特徴。また、営業といっても扱う商品や対象によってやり方が違うので、自分に合った営業職を探すこともできます。

6.ITエンジニア

ITエンジニアは、未経験可の求人も多いので挑戦しやすい仕事です。働きながらプログラミングを身に付けることも可能。資格取得を奨励している企業が多いので、スキルを身に付けながらキャリアアップできるのもメリットです。

悲しい末路を回避!フリーターから就活する3つの方法

フリーターから就職活動する方法には、主に以下の3つがあります。それぞれにメリット・デメリットがあり、自分に合った方法を選ぶのが大事です。フリーターの方におすすめの方法もあるので、チェックしてみてください。

1.求人サイト

求人サイトのメリットは「多くの求人を見られること」「自分でいつでも応募できること」の2つが挙げられるでしょう。思い立ったらすぐ求人を探して応募できるので、自分のペースで就活を進められます。一方で、「多くの求人のなかから自分に合ったものを見つけるのが大変」「企業とのやり取りをすべて自分で進めなくてはならず、スケジュール管理が面倒」といったデメリットも。

2.ハローワーク

ハローワークは、全体の求人数の多さや管轄地域の求人を多く持っていることが主なメリットです。また、無料の就職セミナーを開催しているので就職活動の進め方が分からない人に向いています。一方、ハローワークは求人サイトと同様、大量の求人のなかから自分に合ったものを探さなくてはいけないところがデメリットといえるでしょう。

3.就職エージェント

就職エージェントは、民間企業の運営する就職支援サービスです。サービスによって、扱う業界や支援対象者が異なるのが大きな特徴。よって、自分に合ったサービスを選ぶと希望する求人が見つかりやすいのがメリットです。また、就職エージェントでは就活アドバイザーが企業とのやり取りや選考対策など就職企業を全面的にバックアップしてくれるのも魅力。求人は就活アドバイザーが紹介するものにしか応募できないのがデメリットといえますが、適性や合格可能性などを考慮して紹介しているので、やみくもに受けるより合格可能性は高まるといえるでしょう。
就職エージェントが適しているのは、自分に合った仕事が分からない人や就活のやり方に自信のない人。また、就活アドバイザーが企業の選考のスケジューリングをしてくれるので、働きながら就活する忙しいフリーターの方にもおすすめです。

「これから自分に合った就職先を見つけたい」と考えている方は、20代向け就職エージェントのハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブではスキルや経験、学歴などに不安を抱く方に向けて、人柄とポテンシャルを重視した求人をご紹介しています。どんな求人を選べば良いか分からないといったお悩みも専任の就活アドバイザーに遠慮なくお寄せください。丁寧なカウンセリングをもとに、あなたの就職活動を全面的にサポートします。ご登録、ご利用はすべて無料。どうぞお気軽にお問い合わせください。

フリーターの末路に関するQ&A

ここでは、フリーターの末路に関してよくある質問と回答をご紹介しています。

高卒と大卒のフリーターで扱いの違いはありますか?

フリーターから就職する場合、学歴の差は新卒採用ほどはないといえるでしょう。高卒フリーターのほうが年齢が若い傾向があるため、有利なこともあります。フリーターからの就職で大事なのは、年齢と「何でも吸収していこう」とする柔軟な姿勢です。学歴を気にせず、積極的に求人に応募してみることをおすすめします。大卒フリーターの方には「高学歴でフリーターを続けても大丈夫?非正規の危険性と正社員になる方法」のコラムも参考になるでしょう。

フリーターから就職できるのは何歳くらいまで?

フリーターから就職しやすいのは主に20代といわれています。30代になると社会経験を積んでいる人が多く、即戦力を期待される年齢になるからです。よって、少しでも若いほうがフリーターからの就職には有利といえるでしょう。「フリーターは何歳まで名乗れる?就職を考えるべき年齢を知ろう」のコラムでは、フリーターの就職可能な年齢についてより詳しく解説していますので、ご一読ください。

フリーターから就職しやすい仕事はありますか

フリーターから就職しやすいのは、未経験可で学歴不問の仕事といえるでしょう。たとえば、ITエンジニアや販売職といったものが挙げられます。「未経験」「学歴不問」といったキーワードで検索してみるほか、若者向けのハローワークを使ってみるのもおすすめです。「未経験でもできる仕事とは?正社員になれる職種や就活のポイントを解説」では、未経験可の仕事に応募する際のポイントや求められるスキルなどについて詳しく解説しています。

フリーター歴が長く、スキルや経験がないので不安…

年齢が高くなるとそれだけ就職しにくくなるので、少しでも早く就職活動を始めるのがおすすめです。「就職活動のやり方が分からない」「自分に合った仕事が見つかるか不安」という方は、ハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブでは、主に経験やスキルに不安のあるフリーターの方に向けた求人をご紹介しています。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 「高卒が一番のネック」厳しいと思っていた希望職種の内定を得るまで
    「高卒が一番のネック」厳しいと思っていた希望職種の内定を得るまで

    就職前

    ラーメン屋(アルバイト)

    就職後

    エステティシャン

    詳細見る

  • 大学院進学と就職を迷う日々…就職する決断ができた理由とは
    大学院進学と就職を迷う日々…就職する決断ができた理由とは

    就職前

    スポーツインストラクター、介護職(アルバイト)

    就職後

    営業職

    詳細見る

  • ダンスとバイト漬けの生活。気づいたら同い年の人たちがみんな働いていた
    ダンスとバイト漬けの生活。気づいたら同い年の人たちがみんな働いていた

    就職前

    飲食店(アルバイト)

    就職後

    ヘルスコーディネーター

    詳細見る

  • エンジニアとして就職!社会人未経験から内定までの道のりとは
    エンジニアとして就職!社会人未経験から内定までの道のりとは

    就職前

    飲食店 アルバイト

    就職後

    ネットワークエンジニア

    詳細見る

  • 警備アルバイトからエンジニアに就職。留年、内定辞退から就職を成功させた方法とは?
    警備アルバイトからエンジニアに就職。留年、内定辞退から就職を成功させた方法とは?

    就職前

    警備・イベント運営(アルバイト)

    就職後

    エンジニア

    詳細見る

  • “人と話すことが楽しい”。自分らしさを発揮できる清掃スタッフに
    “人と話すことが楽しい”。自分らしさを発揮できる清掃スタッフに

    就職前

    音楽教室スタッフ(アルバイト)

    就職後

    大手フランチャイズ企業の加盟店清掃職

    詳細見る

  • コンビニバイトの経験を活かし、カメラの道から保険会社営業に
    コンビニバイトの経験を活かし、カメラの道から保険会社営業に

    就職前

    大手コンビニエンスストア 店員(派遣社員)

    就職後

    大手保険会社 フォロー営業

    詳細見る

  • 大学院を中退。 新卒の就活失敗を乗り越え、念願の『製造系エンジニア』に
    大学院を中退。 新卒の就活失敗を乗り越え、念願の『製造系エンジニア』に

    就職前

    理系大学院生(中退)

    就職後

    製造系エンジニア

    詳細見る

  • 「やりたい仕事」が分からなかった僕が選んだのは、ITエンジニアの道
    「やりたい仕事」が分からなかった僕が選んだのは、ITエンジニアの道

    就職前

    販売(アルバイト)

    就職後

    ネットワークエンジニア

    詳細見る

  • 短大卒の22歳が手に入れた“憧れ”の「教育業界 事務」の仕事
    短大卒の22歳が手に入れた“憧れ”の「教育業界 事務」の仕事

    就職前

    支庁で事務補助(臨時職員)

    就職後

    学習塾チェーンの事務職(※紹介予定派遣)

    詳細見る

フリーターから正社員へ 体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION