フリーターの末路とは?高卒と大卒の違いは?就職成功のコツを紹介

フリーターの末路とは?高卒と大卒の違いは?就職成功のコツを紹介の画像

この記事のまとめ

  • フリーターの末路が厳しい原因は、収入の少なさと雇用の不安定さ
  • フリーターは結婚や友人関係が上手くいかず悲しい末路をたどる可能性がある
  • フリーターのまま30歳を超えるとブラック企業に就職する末路も考えられる
  • フリーターの不安を払拭するには未経験可の求人を選んで就職を成功させる

フリーターを続けた場合の末路が不安なものの、具体的な解決策が分からず行動に移せない人も多いのではないでしょうか。フリーターが抱える将来の不安を払拭するためには、20代のうちに正社員を目指すのがおすすめです。このコラムでは、フリーターが早めに就活するべき理由や就職成功のコツを紹介。フリーターの経済面や人間関係についても解説しているので、不安を解消するための参考にしてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

フリーターの経済的な3つの末路

フリーターは年齢を重ねても収入が増えず、年金の受給額も少ない傾向があるため、将来的に生活が厳しくなる可能性があります。ここでは、フリーターを続けた場合の経済的な末路について解説しているので、将来を考える際の参考にしてみてください。

1.収入が増えず生活の余裕がなくなる

フリーターを続けると、収入が増えず生活の余裕がなくなる恐れがあります。厚生労働省の「令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概況 雇用形態別」によると、フリーターを含む「正社員・正職員以外」の男女別の賃金推移は以下のとおりです。

フリーターを含む「正社員・正職員以外」の男女別の賃金推移の画像

フリーターを含む「正社員・正職員以外」の男女別の賃金推移の画像

引用元:厚生労働省「令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概況 雇用形態別

正社員は男女ともに年齢が上がるにつれて給与も上昇している一方、正社員以外の賃金は年齢を重ねてもほぼ横ばいです。また、20代では正社員と正社員以外との賃金差が小さく、30代から大きくなっていることも分かります。
年齢が若いうちはフリーターの収入で生活できていても、将来も維持できるとは限りません。体力の衰えや病気によって働けなくなると、生活が困窮してしまう可能性があります。

参照元
厚生労働省
令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概況

フリーターは昇給やボーナスがほとんどない

フリーターは昇給幅が少なく、ボーナスもほとんどないため、収入の増加が見込めません。明確な昇給制度が設けられていることが少なく、昇給したとしても時給が数十円、日給が数百円上がる程度でしょう。フリーターとして長く働いても、給与は大きく上がらないのが実情です。
また、フリーターはボーナスの対象外であるのが一般的。正社員が収入アップの機会に恵まれているのに対し、フリーターは働いた時間分の収入しか得られないため、両者の年収の差は開いていきます。

フリーターと正社員の生涯賃金の差は大きい

フリーターと正社員の生涯年収の差は、1億円以上であることが分かっています。独立行政法人労働政策研究・研修機構の「ユースフル労働統計 2020 労働統計加工指標 生涯賃金など生涯に関する指標」によると、大学・大学院を卒業後フルタイムの正社員を60歳まで続けた場合の生涯賃金は、男性が2億7,210万円、女性が2億2,157万円です。

フルタイムの正社員を60歳まで続けた場合の生涯賃金のグラフの画像

引用元:政策研究・研修機構「ユースフル労働統計 2020 労働統計加工指標 生涯賃金など生涯に関する指標

一方、大学・大学院を卒業後フルタイムの非正社員を60歳まで続けた場合の生涯賃金は、男性が1億5,390万円で、女性が1億2,150万円となっています。

フルタイムの非正社員を60歳まで続けた場合の生涯賃金のグラフの画像

引用元:政策研究・研修機構の「ユースフル労働統計 2020 労働統計加工指標 生涯賃金など生涯に関する指標

体力があり長い時間働ける20代のうちは、フリーターでも同年代の正社員と同等の収入を得られる場合もあります。しかし、フリーターと正社員の賃金差は30代以降開き、生涯を通して見ると非常に大きな賃金格差が生まれます。

参照元
独立行政法人労働政策研究・研修機構
ユースフル労働統計 2020 労働統計加工指標

2.年齢を重ねるにつれ雇用が不安定になる

フリーターのまま年齢を重ねると、年齢が若いときよりもアルバイトで採用される可能性が低くなります。体力があり今後の成長も見込める若い人材のほうが企業にとって魅力的で、採用されやすい傾向があるからです。
なお、フリーターから正社員への就職難易度も、30代以降に上がります。企業が年齢を重ねた人材に期待するのは、即戦力となる経験や能力です。フリーターのままでは充分なスキルを身につけられないため、年齢が上がるほど就職活動は困難になるでしょう。

3.年金の受給額が少なければ定年後も働く必要がある

国民年金のみに加入しているフリーターの場合、厚生年金に加入している正社員と比較すると受給額が少なく、定年後も働き続けなければならなくなる可能性も。年金の種類は20歳以上60歳未満の日本国民すべてが加入する「国民年金」と、会社員や公務員が加入する「厚生年金」の2つです。フリーターが厚生年金に加入できる場合もありますが、「労働時間及び労働日数が、正社員の4分の3以上」などの条件を満たす必要があります。日雇いや短期のアルバイトで条件を満たせず、厚生年金に加入できないフリーターも多いでしょう。
国民年金の受給額は、日本年金機構の「令和3年4月分からの年金額等について」によると、約6万5,000円。一方、厚生年金の受給額は給料と加入期間によって異なるものの、厚生労働省「令和元年度厚生年金保険・国民年金事業の概況」によると、平均で14万4,268円となっています。国民年金と厚生年金での平均受給額の差は約8万円。国民年金だけで生活が苦しい場合は、定年後も働いて収入を得る必要があり、生活の余裕は生まれないでしょう。

フリーターの末路についてより詳しく知りたい方は、「バイトリーダーの末路は厳しい?不安を解消するための方法を解説」も参考にしてください。正社員と比較したフリーターの末路を、年齢別で解説しています。

参照元
日本年金機構
令和3年4月分からの年金額等について

厚生労働省
厚生年金保険・国民年金事業の概況

フリーターの人間関係の4つの末路

フリーターの雇用や収入の不安定さは、結婚や友人関係に影響を及ぼすことも。ここでは、フリーターを続けると陥る可能性がある、人間関係の4つの末路について解説します。

1.生活が不安定なので結婚が難しくなる

フリーターは、収入や雇用の不安定さから結婚が難しい傾向があります。住宅や車の購入、子どもの進学などライフイベントごとの出費を考えると、フリーターのままでは結婚に踏み切れないことも。また、生活への不安から、結婚相手の親に反対される場合もあるといわれています。すべてのフリーターが結婚できないわけではありませんが、フリーターの経歴が結婚の妨げになってしまう可能性も理解しておきましょう。

2.正社員の友人と話が合わず疎遠になる

フリーターを続けると、同年代の正社員と話題が合わなくなり、次第に疎遠になる場合もあるようです。正社員の友人が昇格や昇給するのに対し、フリーターは大幅な昇給がないため収入面の差は顕著になります。結婚してマイホームを持ち、ライフステージが変化していく正社員の友人と自分を比較してしまい、フリーターという立場に肩身の狭さを感じ、友人と疎遠になる人もいるでしょう。

3.社会的信用が得られなくなる

フリーターは雇用や収入が不安定たなめ、社会的信用が得にくく世間からネガティブな印象を抱かれることもあります。賃貸契約やクレジットカードの審査が通らない、車や家など高額の買い物をする際にローンが組めないなど日常生活での不便が多くなる可能性が高いです。安定した収入が見込める正社員と比べると、フリーターは日常的な制約が多く、描いていたライフプランを実現できない場合があります。

4.上司が年下になり働きづらさを感じる

フリーターを続けると、正社員の上司が年下になるケースが増え、働きづらさを感じることもあります。年下の上司から指導や叱責を受けることに抵抗を感じる人もいるでしょう。また、上司側も年上の部下に指示を出しづらいと感じるため、仕事に支障が出る場合もあるようです。職場での人間関係が原因で、仕事を続けにくくなる可能性があります。

親の支援を受けているフリーターの末路も厳しい
親から支援を受けてダラダラとフリーターを続けていると、良好な親子関係が保てなくなる可能性もあります。特に、親が年金ぐらしになるとフリーターの子どもを支援するのが負担になるでしょう。実家ぐらしや金銭的な援助によって成り立っている生活を、将来も維持できる保証はありません。親の退職により収入が減少した場合や、親が亡くなった場合、将来的に生活が困窮する可能性があります。

フリーターの人間関係の末路について、さらに詳しく知りたい方は「フリーターであることが惨めに感じる7つの要因!脱出する方法をご紹介」を参考にしてみてください。

フリーターの末路が不安なら正社員就職がおすすめ

フリーターを続けるのに不安を感じるなら、収入と雇用が安定した正社員になるのがおすすめです。特に20代のうちは正社員採用のハードルが低く、採用の可能性が高くなります。

就職のハードルが低い20代のうちに正社員を目指そう

フリーターから正社員に就職できるのは20代が主で、30代になると採用が難しくなる傾向があります。以下で20代のうちに正社員を目指すべき理由を詳しく解説しているので、参考にしてください。

フリーター期間が長いと就職に不利になる

フリーターの期間が長くなるほど、正社員への就職は難しくなるというデータがあります。独立行政法人労働対策研究・研修機構「第4回 若者のワークスタイル調査」によると、フリーター継続期間と正社員になれた割合は、以下のとおりです。

フリーター継続期間と正社員になれた割合の画像

引用元:独立行政法人労働対策研究・研修機構「第4回 若者のワークスタイル調査

フリーター期間が1年以内であれば、60%~70%の人が正社員になっている一方、5年以上になるとその割合は約20%まで落ち込んでいます。また、フリーター期間が1年を超えた時点で、正社員になれた割合が大きく減少していることから、できる限り早く行動を起こしたほうが良いといえるでしょう。

参照元
独立行政法人労働対策研究・研修機構
第4回 若者のワークスタイル調査

若いうちはポテンシャル採用の可能性がある

企業の採用担当者は若い人材に対してポテンシャルを期待します。特に職歴のないフリーターが重視されるのは、仕事に対する熱意や将来性、人間性などです。仕事への意欲を持っている若い人材であれば、未経験であっても積極的に採用する企業も少なくありません。フリーターから正社員を目指す場合、ポテンシャルが評価される20代のうちの就職活動がおすすめです。

ブラック企業に就職する可能性が高くなる

年齢を重ねると就職先の選択肢が少なくなるため、ブラック企業に就職する末路を迎えてしまうこともあるでしょう。ブラック企業に就職した場合、過度な残業や人間関係が原因で、体調や精神面の不調をきたす末路も考えられます。収入と生活の両方を安定させるためにも、就職先を選ぶ余地がある20代のうちに、就職活動を行うことが重要です。

大卒フリーターは高卒フリーターより就職に有利?
フリーターの就職活動では、学歴より年齢が重視される傾向にあるため、大卒が高卒より有利とはいえません。企業によっては、年齢が若い高卒フリーターのほうが採用されやすい場合もあるでしょう。

正社員になってフリーターの末路を回避したいと思っている人は、「フリーターは未来ない?不安を払拭する方法と正社員になるための方法とは」も参考にしてください。正社員になるメリットについても解説しています。

フリーターの末路を回避する就職成功の6つのコツ

フリーターから正社員への就職を成功させるためには、自己分析や企業研究を行い、就職しやすい職種を選ぶといったコツがあります。以下で6つのコツを解説していますので、フリーターの不安な末路を回避するのに役立てましょう。

1.思い立ったらすぐに就活を始める

フリーターの長期化を不安に感じたら、すぐに行動を起こしましょう「いつか正社員になろう」と思っていても、フリーターを続けているうちに、就職のハードルは上がっていきます。前述のとおりフリーター期間が1年を過ぎると就職率は下がるため、不安になった時点ですぐに就職活動を行うことが重要です。

2.自己分析や企業研究を徹底する

正社員の就職を目指すにあたって、自己分析と企業研究を徹底して行う必要があります。自己分析では、過去の経験を振り返り、自身の好きなことや強みを洗い出しましょう。自分に合った仕事内容や働き方が把握でき、就職後のミスマッチを防止できます。
適性にもとづいて応募したい職種や業界が決まったら、気になる会社のWebサイトや求人情報、ニュースなどさまざまな媒体から情報を収集し、企業研究を行いましょう。企業研究を行うと希望に合った働き方ができるか、自身の強みを活かせる仕事かなどが判断できます。

3.アルバイト先の正社員登用制度を利用する

正社員登用制度を利用するのも、フリーターから脱却するために有効な手段です。正社員登用制度とは、非正規雇用から正社員雇用へ、雇用形態が切り替わる制度を指します。アルバイト先に制度がなければ、正社員登用制度を導入しているアルバイトへ就業するのも方法の一つです。企業によって登用の基準は違うため、正社員登用制度の有無だけでなく、正社員になるための基準を事前に確認しておくことも必要です。

4.フリーターが就職しやすい職種を選ぶ

フリーターから正社員を目指す場合、未経験での応募が可能な職種を選びましょう。未経験可の職業は、就職後の研修体制や資格取得支援制度が整っている傾向があります。以下で5つの職種を解説していますので、仕事を選ぶ際の参考にしてください。

1.販売職

販売職は学歴や職歴よりも、コミュニケーション能力や積極性が重視されるため、未経験からでも挑戦しやすい職種です。特に接客業の経験があるフリーターは、アルバイト経験がアピールできる職種といえるでしょう。また、販売職は幅広い業界に求人があり、業界によって求められる素質が異なります。多くの求人のなかから、自分に合ったものを探せるのが魅力です。

2.介護職

高齢化による人手不足から、未経験・無資格でも応募可能な求人が多いのが介護職の特徴です。入社後の実務や研修によってスキルの向上が図れるため、フリーターが就職しやすい職種といえます。また、介護職として経験を積めば、介護福祉士やケアマネジャーの資格が取得できるのもメリット。働きながらスキルや資格を取得できるため続けやすく、転職もしやすい傾向があります。

3.工場作業員

工場作業員はマニュアルが決まっている作業が多いため、未経験でも応募しやすい職種です。仕事内容は単純作業や一人で黙々と進められるものが多く、経歴に自信のない人やコミュニケーションが苦手な人にも向いています。繁忙期に採用数を増やすことがあるので、フリーターから正社員を目指すにはおすすめ。正社員登用制度がある工場や、資格取得をサポートしてくれる会社もあるので、未経験からでもスキルの向上を図ることが可能です。

4.営業職

営業職は実力主義の場合が多いため、学歴や経歴不問の求人が多く、未経験から挑戦しやすい職種です。コミュニケーション能力に自信のある人や接客業の経験がある人は、採用される可能性が高いでしょう。ノルマや顧客対応など大変そうなイメージを持たれがちですが、頑張り次第で稼げる職種ともいえます。ルート営業か店舗営業か、既存顧客対応か新規開拓営業かなど、営業職にはさまざまな種類があるので、自分に合った働き方を探しましょう。

5.ITエンジニア

人材不足のIT業界では、経歴や経験の有無に関わらず採用を行っている企業が多くあります。専門性の高い仕事内容でもあるため、入社後の研修や資格取得支援制度が整っている場合が多いのが特徴です。資格を取得し経験を積むことでIT業界内での転職も有利になり、キャリアの向上が図りやすいというメリットもあります。

5.就職に役立つ知識やスキルを身につける

フリーターから正社員を目指す場合、知識やスキルは必須ではないものの、身につけていれば仕事への意欲や積極性が評価される可能性があります。フリーターがアルバイトやパートで担当する仕事は正社員に比べて簡易なものが多いため、フリーターのままでは就職活動に活かせる強みを習得することは難しいでしょう。スキルを身につけるためには、プライベートで資格の勉強をする、将来の希望に沿った内容のアルバイトに積極的に応募する、などの自発的な行動が必要です。特に、資格を取得すると自主的に学んだ姿勢を示すことができ、仕事への意欲や将来の伸びしろを感じさせ就活で高評価につながるでしょう。フリーターは職歴がないため、資格によってスキルを証明できるメリットもあります。

就職に役立つ資格は?
就職に役立つ資格には、TOEICやMOT(マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト)といった汎用性の高いものが挙げられます。また、希望する業界・職種に役立つ資格を選ぶのもおすすめです。不動産関係では宅地建物取引士、IT業界ではITパスポートなどの資格を取得することで、就活での効果的なアピールにつながるでしょう。

フリーターの末路回避のために必要な資格を知りたい方は、「フリーターにおすすめの資格を種類別に解説!取得時の注意点や勉強法も紹介」を参考にしてみてください。

6.1人で不安なら就職支援サービスを利用する

フリーターから正社員への就職に不安を感じた場合は、就職支援サービスを利用するのがおすすめです。ハローワークや就職エージェントでは、担当者からのアドバイスを直接受けられるため、安心して就活を進められます。

ハローワークを利用する

ハローワークは国が設置する公共職業安定所のことです。ハローワークでは職業相談や求人への応募、応募書類の添削などのサービスを無料で利用できます。全体の求人数の多さや管轄地域に特化した求人の取り扱いが多いことがハローワークの特徴です。ハローワークは全国に設置されているので、まずは自宅近くのハローワークを探してみましょう。「フリーターは未来ない?不安を払拭する方法と正社員になるための方法とは」では、わかものハローワークについても触れていますので、あわせてご覧ください。

就職エージェントを利用する

就職エージェントは、民間企業が運営する就職支援サービスです。専任の就職アドバイザーが適性に合った求人を紹介してくれるうえ、応募から就職までをサポートしてくれます。企業とのやり取りや面接日程の調整などを、アドバイザーが行ってくれることも特徴の一つ。アルバイトと並行しての就活でも準備を怠ることなく、自信を持って選考に臨めます。

フリーターを続けるのが不安なものの、就職活動のやり方が分からないという方は、ぜひハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブは、20代のフリーターやニートを中心とした若年層の就職を支援する就職エージェントです。専任のアドバイザーがカウンセリングを行い、豊富な求人の中からあなたに合った仕事を提案いたします。また、ハタラクティブでは応募書類の添削や面接、企業との選考日程の調整など、応募から入社までの就職活動を徹底的にサポート。就職活動に不安を抱いている方も、安心してご利用いただけます。サービスはすべて無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

フリーターの末路に関するQ&A

ここでは、フリーターの末路に関してよくある質問と回答を紹介しています。

フリーターの末路はどうなりますか?

生活の困窮やライフプランの実現が難しくなることが考えられます。このコラムの「フリーターの経済的な3つの末路」で解説したとおり、正社員との生涯賃金の差は1億円以上です。収入の不安定さから、生活に困窮したり、社会的信用が低いため結婚や住宅購入などのライフプランの実現が難しくなることも。将来に不安を感じる方は、フリーター向けの就職支援を行っているハタラクティブにご相談ください。

フリーターの就活で高卒と大卒の違いはある?

新卒採用に比べると学歴の差はないようです。高卒フリーターのほうが年齢が若いため、有利なこともあります。フリーターからの就職で大事なのは、年齢と仕事への意欲です。学歴を気にせず、積極的に求人に応募してみることをおすすめします。大卒フリーターの方には「高学歴でフリーターを続けても大丈夫?非正規の危険性と正社員になる方法」が参考になるでしょう。

夢があってフリーターをやめられません

タイムリミットを決めましょう。夢を諦めきれずに就職しても早期離職になる可能性があるため、「○歳まで」「3年間だけ」と終わりを決めて、それまでは夢に打ち込むのも方法の一つです。ただし、フリーターからの就職は早いほうが有利という点は念頭に置いておきましょう。「既卒就活のやり方は?厳しい場合は就職サイトやエージェントを活用しよう」で夢を追っていた人の志望動機の回答例を紹介していますので、ご一読ください。

フリーターが就職できるのは何歳までですか?

フリーターが就職しやすいのは主に20代といわれています。30代になると経歴や即戦力を期待されるからです。職歴よりもポテンシャルで採用されやすい20代のうちに就職するのが良いでしょう。「フリーターは何歳まで名乗れる?就職を考えるべき年齢を知ろう」のコラムでは、フリーターの就職可能な年齢についてより詳しく解説していますので、ご一読ください

この記事に関連するタグ