学士とは?修士や博士との違いと就活に与える影響を解説

学士とは?修士や博士との違いと就活に与える影響を解説の画像

この記事のまとめ

  • 学士号は大学で卒業に必要な単位と試験、論文などを経て取得できる
  • 修士号は、大学院修士課程を終えた後に取得できる
  • 博士号は、大学院博士課程を終えるか博士論文が認められた人が取得できる
  • 社会的には、学士よりも博士や修士の方が評価が高い傾向にある
  • 企業としては、人件費コストを抑えられる学士の方を採用したい

学士号・修士号・博士号などの学位は聞いたことがあるものの、それぞれの違いが分からない方もいるでしょう。大学や大学院で無事学業を修めると「学位」が授与され、大学を卒業すると「学士」を得られます。このコラムでは、学士号・修士号・博士号の学位の違いや、社会的な評価についてまとめました。短期大学士や専門士についても解説するので、それぞれの違いを知って学位に合った就活時の参考にしてみてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

学士とは

学士とはの画像

学士は、大学を卒業した人に与えられる学位です。卒業に必要な単位を履修したうえで卒業論文や試験に合格することで、卒業時に自動的に学士の学位が得られます。詳しくは、大学や大学院において、以下の項目を修めた人に授与される称号のことです。

・規定の教育課程を履修
・試験や卒業論文に合格
・研究および論文を発表

これらは、文部科学省の定める「学位規則(昭和二十八年文部省令第九号)」により与えられる学位が定められています。

修士号とは

修士とは、大学院の修士課程を修めた後に授与される学位です。「マスター」とも称され、基本的には4年制学部で学士を得た後に、2年間の大学院修士課程も修了することで取得できます。しかし、以下の学部学科の場合は異なることもあるので確認しておきましょう。

・医学部医学科
・歯学部歯学科
・農学部獣医学科
・薬学部薬学科

これら6年制学部で学士を得た場合は、2年間の修士課程を経ずに修士4年制博士課程へ直接進学するので、学士から博士を取得することになります。

博士号とは

博士号とは、大学院の博士課程を修める、または博士論文が認められた人に授与される学位です。「ドクター」とも呼ばれ、博士と称されるもののなかには「課程博士」と「論文博士」があります。この2つの違いは、以下のとおりです。

・課程博士…大学院の博士課程へ進学後、研究をして博士の認定をされたもの
・論文博士…博士課程を経ずに博士論文を提出し、博士と認定されたもの
※例:修士修了後、企業へ研究職として就職する。その後、仕事で研究論文を発表し、優秀とのことで博士号の認定を得る。
自身の研究テーマに打ち込み、論文等でその成果を発表。そのような研鑽を積むことで、将来的には大学教授への道も拓けます。

「M1」「D1」とは?

修士号や博士号の呼称としてよくあるのが、「M1」「D1」など。Mは修士課程で「Master’s course」、Dは博士課程で「Doctor’s course」と呼ばれます。これは大学院でどの程度の過程を習得しているかによって異なり、例えば修士課程で1年の場合は「M1」と呼びます。

短期大学士とは

短期大学士とは、短期大学を卒業した人に与えられる学位のことです。短期大学士の必要期間は2~3年が一般的であるため、学士よりも短期間で学位が取得できることがメリットの一つ。短期大学士の学位を取得すると、大学への編入ができるため、進路に幅ができます。

準学士とは

1991年以降は短期大学を卒業すると「準学士」という学位が得られる仕組みでしたが、2005年から「短期大学士」の学位授与に変更されました。なお、「準学士」は、高等専門学校を卒業した場合に得られる学位として現在も存在しています。

専門士とは

専門士は学位ではありませんが、文部科学大臣が認めた専門学校を卒業した人に与えられる称号です。短期大学士と同じ扱いになり、大学への編入ができる場合も。専門士の称号が付与される専門学校の要件は、文部科学省の「専門士・高度専門士の称号とは」によると、以下が要件として定められています。

「専門士」の称号が付与される専門学校の要件の画像

引用:文部科学省「専門士・高度専門士の称号とは 専門士とは

文部科学大臣が認めた4年以上の専門学校を卒業した人には、高度専門士という称号が与えられます。高度専門士も学位ではありませんが、大学卒業と同じ扱いになり、大学院への入学ができる場合も。大学院へ入学するには、指定されている専修学校の専門課程を修了する必要があります。高度専門士の称号が付与される専門学校の要件は、以下をご覧ください。

「高度専門士」の称号が付与される専門学校の要件の画像

引用:文部科学省「専門士・高度専門士の称号とは 高度専門氏とは

専門士、高度専門士ともに学位ではないものの、その後の進路により、学位の取得が可能になります。

専門職学位とは

専門職学位は、専門職大学院や専門職大学、専門職短期大学を修了すると与えられる学位です。法科大学院を修了した人に与えられる「法務博士(専門職)」や、教職大学院を修了した人に与えられる「教職修士(専門職)」などがあります。専門職大学院は、高度で専門的な知識とスキルを兼ね備えた高度専門職業人を養成することが目的です。法務博士や教職修士以外の一般専門職大学院を修了すると、「修士(専門職)」の学位が与えられます。

なお、専門職大学・専門職短期大学は平成31年にできた制度で、専門職業人材の養成強化が目的です。産業界と連携して実践的な職業教育が行われ、卒業単位の3~4割以上を実習科目とし、企業内実習などがあるのが特徴。専門職大学を卒業すると「学士(専門職)」の学位が与えられ、専門職短期大学を卒業すると「短期大学士(専門職)」の学位が与えられます。

参照元
e-GOV法令検索
トップページ
文部科学省
専門士・高度専門士の称号とは

未経験OK多数!求人を見てみる

学士・修士・博士の社会的な評価とは

社会的には、「博士>修士>学士」というように、博士号や修士号の難易度が高く認識される傾向にあります。「博士号は大学教授を目指す人が多い」というイメージや「学位の違いが就職後の初任給にも表れる」という実情も理由の一つでしょう。以下で詳しく紹介するので、参考にしてみてください。

初任給での違い

厚生労働省の「令和元年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況:1 学歴別に見た初任給」によると、大学院修士課程修了が23万8,900円と最も高くなっています。

令和元年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況:1 学歴別に見た初任給の画像

引用:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況:1 学歴別に見た初任給

上の表から分かるとおり、修士と学士では初任給に2万円以上の差があります。1ヶ月の給料として見ると大差がないように思えますが、年収にすると34万円ほどの差になり、さらにボーナスも加えた場合の差は40万円以上です。同調査では、博士号については触れられていませんが、修士と同程度もしくはそれ以上といえるでしょう。このことから、社会的な評価は「博士>修士>学士」という傾向であることが分かります。

参照元
厚生労働省
トップページ

学費から見る学士・修士・博士の違い

学位はそれぞれ修了する課程で取得できるものが決まりますが、学位取得までにかかる学費にも差があることを踏まえて進路を考えることが大切です。下記を参考に、自分が進みたい道は何か考えてみてください。

国公立大学

国立大学は、入学料・授業料が「国立大学等の授業料その他の費用に関する省令(平成十六年文部科学省令第十六号)」によって標準額が定められています。各国立大学法人は、標準額を踏まえ「一定の範囲内」で、それぞれ定めているようです。国立大学の「標準額」と、文部科学省の「国公私立大学の授業料等の推移」を参考に公立大学の令和3年の平均額を紹介します。

区分授業料の年額入学料
国立大学53万5,800円28万2,000円
国立短期大学39万円16万9,200円
国立大学院53万5,800円28万2,000円
国立法科大学院80万4,000円28万2,000円
公立大学53万6,363円39万1,305円

引用:e-GOV法令検索「国立大学等の授業料その他の費用に関する省令(平成十六年文部科学省令第十六号) (授業料、入学料及び検定料の標準額等)」、文部科学省「国公私立大学の授業料等の推移

上記の図の中で最も費用が必要なのは、国立法科大学院です。弁護士、検察官、裁判官を養成するための教育を行う大学院で、先述した「法務博士」の学位だけでなく司法試験の受験資格も得られます。

私立大学

文部科学省の「私立大学等の令和5年度入学者に係る学生納付金等調査結果について 1.私立大学(学部)・短期大学・私立高等専門学校」によると、令和5年度の私立大学における授業料の平均は、95万9,205円となっており、入学料は24万806円です。以下、表にまとめましたのでご覧ください。

区分授業料の年額入学料
私立大学95万9,205円24万806円
私立短期大学72万9,069円23万7,122円

引用:文部科学省「私立大学等の令和5年度入学者に係る学生納付金等調査結果について 1.私立大学(学部)・短期大学・私立高等専門学校

授業料の年額と入学料ともに、私立短期大学より私立大学のほうが高いことが分かります。私立短期大学を卒業すると、先述したように「短期大学士」という学位を取得でき、その後は4年生大学への編入学や短期大学専攻科入学といった進路もあります。

修士・博士の学費

文部科学省の「私立大学等の令和5年度入学者に係る学生納付金等調査結果について 2.私立大学大学院」によると、私立大学の大学院における授業料などの平均は、以下の表のようになります。

区分授業料の年額入学料
博士前期課程(修士課程を含む)79万8,465円20万1,752円
博士後期課程60万4,592円19万2,686円
専門職学位課程1,06万7,207円19万4,492円

引用:文部科学省「私立大学等の令和5年度入学者に係る学生納付金等調査結果について 2.私立大学大学院

また、大学院の授業料は、分野や学部によって差が出るのが一般的です。同じく文部科学省の「令和5年度 私立大学大学院入学者に係る初年度学生納付金等 平均額(定員1人当たり)の調査結果について」によると、修士・博士ともに、最も授業料が高いのは「家政・芸術分野」になります。

学位による学費の差

国立大学では標準額が決められているため、学位による学費の差はありません。しかし、私立大学の学費は、修士・博士よりも高いことが分かります。また、専門性が高い専門職大学院では、より高度な内容になるため、授業料も高くなるようです。

参照元
e-GOV法令検索
トップページ
文部科学省
トップページ

学士・修士・博士の就活での違いとは

就活するにあたり、学士・修士・博士で求められることが変わります。ここでは、それぞれの学位で就きやすい職業などをご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

学士が有利なのは?

就活で学士に求められるのは、「学生生活での活動を入社後の業務に活かそうとする姿勢」「業務に関する知識やスキルを積極的に習得しようとする意欲」です。学士は、修士や博士のように専門的なスキルや知識を習う機会が少ない傾向にあるので、専門性はそれほど求められないでしょう。大事なのは、仕事に対する積極性の有無です。

就活の面接で「学生時代に一生懸命取り組んだことは何か?」といったことを聞かれた場合、主体的に動ける人材であることをアピールするのがおすすめ。その際、根拠となるエピソードとして学生生活での活動を具体的に挙げられると良いでしょう。面接での回答についてより詳しく知りたい方は、「『学業で力を入れたこと』の回答法や例文を紹介!分からないときの対処法も」のコラムもぜひご一読ください。

修士が有利なのは?

就活で修士に求められるのは、専門性です。学士よりも専門性が高い修士は、専門職の仕事を目指すのに有利といえます。研究や開発といった分野、シンクタンク、コンサルティングなどの業務では、修士の専門性を活かせるでしょう。就活では、学生時代に経験した出来事よりも、研究の実績を伝え、専門分野の知識やスキルをアピールすることをおすすめします。

博士が有利なのは?

博士号を取得した場合、民間企業への就職ではなく大学教員を目指す人が多い傾向です。民間企業に就職する場合は、一般的な職種ではなく研究職に就くことが大半でしょう。そのため、博士の就職は教授職や研究職といった分野で有利になることも。民間企業の就職以外では、博士課程修了後に任期付きの研究員として大学で働くことが多く、そのような場合は「ポストドクター(ポスドク)」と呼ばれます。将来的には、「助教→講師→准教授→教授」というキャリアアップが可能です。博士取得者の就活については「博士号の就職は厳しい?主な勤め先や就活を成功させる方法を紹介」でも詳しく解説しているので、ぜひご覧ください。

学士よりも修士や博士が就活で不利になる?

学士よりも修士や博士が就活で不利になる?の画像

先述したように、社会的には学士よりも博士や修士の地位が高く見られやすい傾向です。しかし、就活においては、博士や修士よりも学士の方が求人数が多いのが実状。その理由となるものは何か、以下でご紹介します。

専門分野による求人の少なさ

修士や博士には専門の研究分野があり、学位に関連する職種の幅が狭いことが求人が少ない理由の一つです。同じ分野を専攻している人口が多いと競争率は高くなり、同じ分野を専攻している人口が少ないと、そもそもの求人数が少ないでしょう。そのため、未経験分野へのチャレンジが有利となる学士よりも、就活において不利だと感じやすいことがあります。

人件費がかかる

修士や博士よりも学士の求人が多いのは、人件費がかかることを敬遠している企業が多いことが理由です。先述したように、学士よりも修士や博士の方が初任給が高く設定されているため、ボーナスなども含めると学士よりも人件費が多くかかり、就活において不利になってしまいます。

年齢の問題

就活時の年齢が、学士のほうが修士や博士よりも若いことも理由の一つ。修士課程修了時の年齢はおよそ25歳、博士課程終了時はおよそ30歳であることが考えられます。20代前半である学士と比べると、やはり劣ってしまうのが実状です。さらに、修士や博士は2~5年の間研究に没頭するため、「考え方が偏っているのでは」と懸念する採用担当者も。そのため、「柔軟性」を求める新卒枠では、学士のほうが有利となることがあるでしょう。

修士や博士が不利なポイントを払拭するには

大学院へ進む際に、その分野における就職先がどの程度あるかをあらかじめ調べておくことは重要です。そのうえで、修士や博士が学士よりも不利な部分を払拭するには、研究で得たことを入社後に活かせることをアピールすることが大事になります。人件費にコストがかかっても、それだけの魅力や採用メリットがあると評価してもらえるよう、戦略を練って選考に挑みましょう。

学士の文系・理系別の就活ポイント

就活では、専攻が文系か理系かによって、求められるものが変わります。それぞれ、どのようなアピールをすれば良いのか、以下をご覧ください。

文系は社会経済への関心をアピール

文系は、専門分野に関する知識の豊富さと、社会経済に対する関心の深さをアピールすると良いでしょう。さらに、文系は基礎教養が求められる場合があります。研究の内容がビジネスと結びつきにくい場合、個人の能力や実力が重要視されるためです。そのため、文系からの就活は、研究活動から何をどう仕事に活かせるかを伝えることが必要になります。

理系は専門性をアピール

理系は、研究職としての即戦力が期待されるでしょう。そのため、学生の間にしっかりと専門知識をつけておくことが重要です。大学院で研究した内容や自身の得意分野をアピールするようにしましょう。研究職への就職に関しては、「研究職にはどんな種類がある?就き方や向いている人の特徴も解説」でも詳しく解説しているので、ご確認ください。

「学士からの就活が不安」「自分の学歴に合った就職先が分からない」とお悩みの場合は、就職・転職エージェントに相談するのがおすすめです。エージェントのキャリアアドバイザーが丁寧に希望をヒアリングし、適性に合った求人をご紹介します。
若年層向け就職・転職エージェントのハタラクティブは、20代のフリーター・既卒・第二新卒に特化した就職支援サービスです。自己分析の深掘りから応募書類の作成、面接対策など、内定獲得までの道のりを専任のキャリアアドバイザーがマンツーマンでサポート。性格から分かる適職診断を1分程度で受けることも可能です。サービスの利用はすべて無料なので、「エージェントの利用がはじめて」という方もお気軽にお問い合わせください。

学士に関するお悩みQ&A

ここでは、学位の一つである「学士」に関する疑問をQ&A方式で解決します。フリーターからの就職や中退した場合の学位についても回答していますので、ぜひ参考にしてみてください。

転職活動で学歴はどの程度重視されますか?

採用は応募者の人柄やスキルなど総合的に判断されるため、学歴のみで決まることは基本的にないでしょう。しかし、複数の候補者の実績やスキルが同等であるときは、学歴が高い方が有利になることもあります。また、企業や職種によっては学歴を重視する場合も。転職と学歴の関係性は、「就職に学歴は関係ある?学歴フィルターがある理由や就活でのアピール方法」でも触れているのでご一読ください。

学士取得後フリーターだった場合、正社員は目指せますか?

大学卒業後に就職せずフリーターだった場合も、正社員を目指すことは可能です。「既卒2年目はまだ間に合う!内定を勝ち取る就活の進め方とポイントをご紹介」でもお伝えしているように、正社員就職をするには早めに行動することが重要。第二新卒枠を設けている企業が多いように、中途採用ではポテンシャルのある20代が求められる傾向があるためです。年齢が上がるにつれてよりスキルを求められ、選択肢が狭まる可能性があるので注意しましょう。

大学を中退していたら学士の取得はできませんか?

中退していると最終学歴が高等学校になるため、「学士取得」にはなりません。学士を取得するには基本的に「大学卒業」が必要です。このコラム内の「学士とは」でも紹介していますが、履歴書の学歴欄は、「△△年△月◇◇大学◇◇学部 中途退学」のように記載します。学科や専攻があれば、あわせて正式名称で書いてください。

学士の文系と理系どちらが転職に有利でしょうか?

転職活動において、文系と理系どちらか一方が確実に有利ということはありません。しかし、文系であれば営業や事務、理系であれば研究や開発などに向いているでしょう。応募する業界や職種によって求められる人材は異なるため、十分チェックしたうえで自身に合った企業を探しましょう。ハタラクティブでは、あなたに合った職種をご提案。内定まできめ細やかにサポートするので、ぜひご相談ください。

ハタラクティブ
のサービスについて
こんな人におすすめ
  • 経歴に不安はあるものの、希望条件も妥協したくない方
  • 自分に合った仕事がわからず、どんな会社を選べばいいか迷っている方
  • 自分で応募しても、書類選考や面接がうまくいかない方

ハタラクティブは、主にフリーター、大学中退、既卒、そして第二新卒の方を対象にした就職・転職サービスです。
2012年の設立以来、18万人以上(※)の就職・転職をご支援してまいりました。経歴や学歴が重視されがちな仕事探しのなかで、ハタラクティブは未経験者向けの仕事探しを専門にサポートしています。
経歴不問・未経験歓迎の求人を豊富に取り揃え、企業ごとに面接対策を実施しているため、選考過程も安心です。

※2014年12月~2024年1月時点のカウンセリング実施数

この記事に関連するタグ