大学院への進学理由に就活浪人はあり?

就職浪人すべきかどうか迷っている

大学院に就活浪人として進学してもいいでしょうか?現在内定をもらっている企業に、心から行きたいと思えません。大学院へ進み、自分のやりたい仕事が見つかるまで就活浪人として過ごそうと思っているのですが、このような理由で進学してもいいのでしょうか。

大学院への進学理由は人それぞれです。就活浪人も選択肢のうちのひとつでしょう。ただ、大学院へ進学する場合、就活浪人をするにあたってのメリットとデメリットをきちんと把握しておくことが大切です。大学院卒業後の就職活動を考えて選択をしましょう。

就活アドバイザーに詳しく聞いてみました!

「大卒」と「大学院卒」の就職活動を比較してみる

大学院への進学理由に就活浪人はあり?

例えば、今内定をもらっている企業に就職したとして、思っていた通り仕事が自身に合わず、転職することになった場合と、就活浪人として大学院生になってから就職活動をはじめるのと、どちらが自分にとって良いのかを考えてみましょう。


今内定を獲得している企業でも、正社員の採用試験や面接があったと思います。転職時には、また一から自分にあった正社員の求人を探さなければいけなくなり、エントリーシートなどの書き直しが必要になります。また、転職時には企業の採用面接の時に、「なぜ前の職場を辞めたのか?」という質問もされることでしょう。その際、きちんと前職を退職した理由と、今の自分が新しい会社で何をしたいのかを詳しく伝えられるようにしておくことが必要です。


就活浪人になり、大学院生になってから就職活動をする場合も、エントリーシートなどをはじめから書く必要があります。面接時には、「大学院に進学した理由・大学院でしてきたこと」などを聞かれるので、しっかり答えられるようにしましょう。
就活浪人のメリットは、「大学院卒」という肩書での採用になること。フリーターや高卒、既卒、第二新卒よりも初任給が高かったり、昇給が良かったりするケースがあります。また、「大学院卒」の場合、研修内容や配属先が学部卒の人と異なる企業もあり、ある程度の優遇が見られるところもあります。一方で、大学院卒と大学卒とで違いがない企業も多く存在します。
デメリットは大学院を卒業しているからといって、必ず採用してくれるとは限らないところ。企業の人事の人が見るのはその人の肩書ではなく、その人自身です。フリーターをはじめ高卒、既卒、第二新卒に関係なく、採用試験を行います。
また、今内定をもらっている企業よりも自分にあった仕事の募集が、大学院卒業後の就職活動時に存在するのかは誰にもわかりません。進学してから、「あの時に就職しておくべきだった…」と後悔しないよう、メリットとデメリットを踏まえた選択をしてください。


今内定をもらっている企業について考える

今内定をもらっている会社も、簡単に内定をもらえたわけではないでしょう。自分の努力で勝ち取った内定です。本当にその内定を辞退していいのか、落ち着いて考えてみてください。

まず自分がその企業に就職した場合、何が得られるのかを考えましょう。ビジネスマナーやパソコンスキル、コミュニケーション能力など、自分にとってのメリットを書き出してみてはいかがでしょうか。さらに仕事内容だけではなく、企業の福利厚生面や働きやすさについても確認してみることをおすすめします。
次に、なぜ自分はその企業に就職したくないのかという理由を考えてみます。仕事内容が嫌なのか、社風が嫌なのか、福利厚生面に満足できないのか、就職する決断を鈍らせている部分を洗い出しましょう。


最後に、大学院に進学すれば就職先に対する自分の悩みを解決できるのかを考えます。大学院に進学するには大学院試験に合格しなければいけない場合が多く、試験対策が必要になりますし、所属する研究室選びも重要です。進学に伴い、大学院に在籍する年数分の授業料がさらにかかると同時に、専門分野の研究をし続けなければいけなくなります。また、進学すると再び就活にチャレンジできますが、「また最初からはじめる」ことになります。進学する大学によって異なりますが、一般的に大学院の修士課程は2年、博士課程は3年必要になり、大学院にいる年数だけ就職活動するタイミングがずれ、それだけ時間が余計にかかります。2年、3年早く就職することでわかってくることもあるため、社会人の経験を積んでから転職活動をしたほうがより良い選択ができる場合もあります。
大学院で自分がこれからやらなければいけないことと、内定をもらっている企業に就職して社会人として働くことと、どちらが自分にとって本当に良い結果が出せるのかを見極めましょう。


まとめ…

内定をもらった時点で心から行きたいと思わない企業であっても、実際に就職してみると悪くなかったということもあるかもしれません。もしくは大学院に進学している間に、自分のやりたいことが明確になり、納得できる就職先が見つかるかもしれません。自分が大学院に進学してからやりたいこと(研究や活動など)があるのであれば、進学を。やりたいことがないのであれば就職を選ぶというのも選択肢のひとつとして考えられます。
就職するか進学するか。大卒と大学院卒の違いをよく比較検討することで、自分にとって何が大事なのかを再確認することができるでしょう。

大学院への進学や就職浪人に関するQ&A

院に進学するか、就職浪人するか、内定企業に就職するか…なかなか心が決まらない人はこちらをチェック!Q&A形式で疑問にお答えします。


大学院に進学するためには何をすべき?

大学院入試の対策と学費を用意が必要です。
大学院入試に合格しなければ進学は叶いませんから、試験対策は必須です。また、在籍年数に応じて学費も用意しなくてはなりません。修士課程なら2年、博士課程なら3年分の授業料がかかります。金額は大学にもよりますが、国立なら200万円前後、私立なら400万円前後は必要になるようです。

院卒の就活生に求められるものは?

高度な専門知識や技術力です。
企業が院卒を採用するメリットは、高いスキルや専門知識を保有した人材を雇えることです。特に理系の研究職においてはその傾向が強く、院卒が最低条件になっている場合もあります。院卒の就活では、求められるレベルが高いことを認識しておきましょう。院卒の就活についてより詳しく知りたい方は、「大学院卒は就職活動で不利になる?」のコラムをご覧ください。

大学院卒として就職するメリットは?

高卒や大卒に比べ、初任給が高く設定されているのがメリットです。
厚生労働省の調査結果によると、令和元年の学歴別に見た初任給は「大学院修士課程修了:238.9千円」「大学卒:210.2千円」「高専・短大卒:183.9千円」「高校卒:167.4千円」という結果です。社会に出て初めてもらう賃金が高いのは、働くモチベーションにも良い影響を与えるでしょう。

参照元
厚生労働省
令和元年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況:1 学歴別にみた初任給


院に進学せず就職浪人すると不利?

必ずしも不利ではありません。
就職浪人は一度就活を経験しているため、新卒時よりもスムーズに進められます。就職の意志があるうちは、無理に進学するよりも、卒業後も就活を続けた方が内定への近道になるでしょう。詳しくはこちらの「就活浪人は新卒より不利なのか」をご覧ください。

一人での就活に自信が持てないのであれば、就職エージェントを利用してみてはいかがでしょうか。
ぜひこの機会にハタラクティブをご利用ください。

この記事に関連するタグ