1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 工学部、理工学部が評価されやすい職業、業界をご紹介

工学部、理工学部が評価されやすい職業、業界をご紹介

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・理論研究に重きを置く理工学部より、工学部の方が実学寄りの傾向が強い
    ・しかし、工学部と理工学部にそれほど大きな違いはなく、両学部ともに就職に強い学部と言える
    ・工学部と理工学部が評価されやすいのは、電気・機械、金融業界、IT・通信業界など
    ・工学部や理工学部出身者が多い職業は、ITエンジニアやアクチュアリー、研究開発職など

理系の中でも特に就職に強いと言われる工学部と理工学部。学科名も似ているものが多い両学部にはどんな違いがあるのでしょうか。
今回は工学部と理工学部の違いを、両学部出身者が評価されやすい人気の業界、工学部と理工学部出身者の多い職業と併せて紹介します。

工学部と理工学部の違い

自然界の基本法則や仕組みの探求を重視するのが理学部。それらの知見を応用して新しい科学技術を創出することを重視するのが工学部で、その中間に位置するのが理工学部です。
工学部と理工学部には多くの共通点がありますが、まずはそれぞれの特徴を見ていきましょう。

工学部

おもに物理や化学の知識を応用して、人々の生活を豊かにするための技術を追求する学部です。自動車や航空機、電子機器など、製品開発に役立つ知識を学ぶため、モノづくりに興味のある学生が集まる傾向があります。

学術的な基礎研究のほか、より実践的な学びの機会も多く、企業で採用されている最先端の技術に触れることができる学部です。

理工学部

理工学部では、理学部の体系化された理論を基に社会に還元できる新たな科学技術を創造することを目指します。理工学部の研究は、「ナノテクノロジー」や「遺伝子工学」、「AI」など最先端分野の研究課題とリンクしていることが多いのが特徴。数学や物理、化学を得意とする学生が集まる傾向があります。

ただし、両者にそれほど大きな違いはありません。工学部、理学部ともに実用に重きを置いた実学を学べる、就職に強い学部だと言えるでしょう。

工学部、理工学部が強い採用ニーズ

工学部や理工学部が強いのはモノづくりを担う製造業だけではありません。

金融業界

銀行は、2016年から続くマイナス金利政策の影響で収益の悪化が顕著。求人数はやや減少する傾向にあります。
しかし、クラウドファンディングなどの新しい金融サービスが登場したことで、金融業界全体で業務効率化の流れが加速。IT技術者の採用を増やす動きが見られます。

企画、マーケティング業界

商品やサービスのライフサイクルが短くなっている厳しい状況を受けて、企業はこれまで手がけてこなかった事業領域への参入を常に画策しています。
そのため、新しい市場の開拓、それに伴う商品・サービスの開発、生産性向上を担う企画、マーケティング職の採用ニーズは依然として高い状態が続く見込みです。

また、営業やマーケティング活動を通じて集まったビッグデータを分析し、事業成長や商品・サービス企画に活用しようとする動きも活発化。データサイエンティストやデータアナリストなど、情報処理に明るい学術的なバックグラウンドを持つ技術者ニーズが高まっています。

IT、通信業界

売り手市場の傾向が顕著な就活市場においても、ITエンジニアの求人数は、特に豊富な状況が続くと予想されています。恒常的な人手不足に加えて、通信業界を筆頭にIT投資が活発であることが要因です。

基幹システムや業務システムの開発、リプレイス、さらに大手企業を中心にIoTやAI、RPA、フィンテックなどの新しいテクノロジーを実用に落とし込む新規プロジェクトが次々とスタートしています。

こうした案件では大規模なデータ処理が求められるため、データを扱うエンジニアは今後も引く手あまたの状況が続くと考えられています。

電気、機械

自動車や自動車部品メーカー、車載機器向けの電子部品、半導体を中心に、製造業全般で採用ニーズの高い状態が続いています。量産開発の現場ではこれまで以上に開発スピードアップとコスト削減が求められており、生産性アップと適正な人員配置の取り組みが急務。

機械系、電気系、組み込みソフトウェアを問わずモノづくりエンジニアの求人数は今後も増加の見通しです。

工学部&理工学部出身者が多い職業

ITエンジニア

コンピュータや通信を駆使した情報技術に特化した技術者の総称。システムエンジニア、プログラマー、Webエンジニア、データサイエンティストなど、それぞれの専門によって仕事内容は大きく異なります。

ただし、どの仕事も最先端の技術を常に吸収し続ける必要があるため、技術トレンドに敏感、興味を持っている人が向いていると言えます。

保険、金融関連の専門職

入社後に取得を求められる資格が複数あるなど、プロフェッショナルとして一人前になるまで時間のかかる仕事です。しかし、高い専門性があるため転職市場での価値も非常に高くなっています。

理系出身者が特に多いのはアクチュアリー。数理統計や確率などの数学的手法を用いて保険や年金の積立額を決めたり、将来の保険金支払に備えた準備金をチェックするなどして、経営の健全性を維持する役割を担っています。

化学系メーカーなどの研究開発職

化粧品業界や化学メーカー、素材開発をしている機械電気メーカーなどで商品の根幹となる要素技術の研究と開発を行います。ひとつの研究(技術開発)の結果が出るまで5~10年かかることが一般的。そのため、研究開発に対する情熱と粘り強さが求められます。

機械設計

素材、形状のデザイン、機能的に問題がないかチェックをしながら商品の試作品を開発する仕事。実製品を作成するすべての部署と関わるため、多くの関係者と協力しながら仕事を進められるスケジュール管理能力が求められます。


「工学部、理工学部が強い業界を知りたい」、「自分に向いている理系職種を知りたい」そんな人はハタラクティブまでご相談を!

ハタラクティブは、20代を中心とした若者向けの就職・転職支援サービス。
プロの就職アドバイザーが、就活中のお悩みにマンツーマンで対応しています。相談料はもちろん無料。
ぜひお気軽にハタラクティブまでお問い合わせください。

これまでに就職したことはありますか? 必須 ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

正社員経験がなくても大丈夫!

未経験OKの求人も多くあるため、あなたにぴったりな仕事が見つかります!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

  • image

    理学部卒が大活躍!主な就職フィールドをご紹介

  • image

    学部によって就職が有利、不利になるってホント?

  • image

    大学院卒と学部卒の就活はどう違う?

  • image

    理系出身者に人気の職業とは?就職事情について解説

  • image

    理系大学卒のフリーターは就職できる?

  • image

    これから伸びる業界をリサーチして未来ある就職を!

  • image

    就活の準備はなにからすればいい?成功させるコツとは

  • image

    面接での採否を左右する自己紹介と自己PR。その心得

  • image

    例文あり!採用面接で好印象な自己紹介とは?

  • image

    社内失業って何?原因や対処法はあるの?

  • image

    どう書くのが正解?退職願の正しい書き方

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?