本日面談できます!

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 就職留年と既卒の就活!メリットとデメリットは?

就職留年と既卒の就活!メリットとデメリットは?

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・就職留年をするメリットは、新卒枠で採用される可能性があること
  • ・就職留年の際は、大学に在学し授業料が必要となるため、金銭的に負担がかかる
  • ・既卒のメリットは、学費がかからず時間が十分にあること・新卒採用のみを行う企業の場合、応募できないのが既卒のデメリット
  • ・就職活動の悩みはハタラクティブに相談しよう

なかなか内定が獲れない…このまま卒業して大丈夫?就職活動中にはそんな悩みを抱えることもあるのではないでしょうか。

このコラムでは、就職留年と既卒の違いやそれぞれのメリット、デメリットを解説します。

【関連記事】
既卒の就活「なぜ新卒で就職しなかったのか?」の上手な答え方と回答例7つ
既卒者の就活、成功のためのコツ

◆就職留年と既卒の違い

「就職留年」とは、在学中に就職が決まらなかった場合、単位を落とす、わざと試験を受けない…などの方法で学生のまま大学に留まり、就職活動を続けることを指します。

対して「既卒」は大学を卒業し、新卒採用ではない道で就職活動を行う人を指す言葉です。
「就職浪人」という呼ばれ方をすることもあります。

就職留年という手段が取られる理由は、日本の雇用事情にあります。
日本で人材採用の手法としてメインとなるのは、新卒一括採用。一定の時期に新卒者を一気に採用し、将来的に事業を担う人材として育成するというのが一般的です。新卒採用ではスキルではなく、応募者の人柄や価値観などポテンシャル要素を評価することに加えて、選べる業種や職種が幅広いことも魅力。さまざまな企業にチャレンジできること、スキル以外の部分を評価される、というのは、新卒時ならではの特権といえるでしょう。
そのため、新卒時のメリットを活かすために、就職留年をするという人も少なくありません。
 そして、既卒は卒業後も就職活動を続けることになりますが、新卒ならではのメリットは適用されないため、苦戦している人もいるようです。

周囲との比較による焦りから解放される、自分のペースで就活を進められる、という声もありますが、実際どちらが就活に有利で、どのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか。

それぞれの特徴を見ていきましょう。

◆就職留年のメリットとデメリット

就職留年をする最大のメリットは、新卒枠での採用試験を受けられることです。

大企業や主要企業には新卒枠が設けられていることが多く、優秀な学生に対して就職内定を出し、社風に合わせて教育していきたいという風潮があります。この新卒枠に入るには大学在学中で翌年卒業予定という条件があるため、既卒では条件を満たしません。
新卒枠に既卒でも応募できるというシステムを設けている企業も増えていますが、新卒しかとらないという企業も多いため、就職留年をして新卒枠で就活することは大きなメリットになるといえます。
一方、留年し大学に在学し続けるということは当然授業料がかかるため、金銭的な部分ではデメリットが。授業料は、国立大学でも年間80万程度かかり、私立大学になると130万を超えることもあるため、負担は大きくなるといえるでしょう。

 参照元:日本政策金融公庫 https://www.jfc.go.jp/n/findings/pdf/kyouikuhi_chousa_k_h27.pdf 

特に日本学生支援機構が運営する奨学金を受けている場合は、原則4年間(6年制の大学の場合は6年間)しか奨学金を受けることができないため、授業料を奨学金で賄っている場合は留年中の学費の捻出をどこから行うのかも考慮しておく必要があります。

◆既卒のメリットとデメリット

一方、一旦大学を卒業してから就職先を探す人は既卒浪人となり、新卒の資格を失ってしまいます。希望する企業が新卒採用しか行っていない場合は、就職先の選択肢が減ることに。
また、大学卒業後も大学の就職支援が受けられることもありますが、基本的には在学中の学生の就職支援に力を入れており、大学に来る求人も新卒のみを対象にしたものがほとんどとなっています。

就活においてより選択肢を増やしたいと考えている人には、既卒浪人のデメリットは大きいかもしれません。


既卒浪人のメリットとしては、学費がかからず時間がたっぷりあるため、その間に夢に向かってチャレンジできる機会があるということです。資格を取得したり、留学して語学力を磨いたり、ボランティア活動を通して人格形成を養ったりする機会を得ることができます。

また、フリーターとして働きながら自分のペースで就活を行うことも可能です。

◆既卒、フリーターであるメリットを活用する

新卒と比べてどうしても就活において損をしてしまう傾向がある既卒浪人ですが、手に職を付けたい、専門職に就きたいなど明確な目的のために努力しているのであれば、採用側も既卒浪人であることにデメリットを感じにくいでしょう。
まずは自分のつきたい職種や業種が何なのか、また就活に有利な資格や技能が何なのかを把握してキャリアアップを目指しましょう。
また、既卒としての就職活動が大変だと感じている場合には、就職支援サービスを活用してみるというのも一つの手。

若年層に特化した就職支援サービスハタラクティブでは、既卒やフリーターの就活をサポートしています。
自分が就きたい職種や業種がわからない人、どのように就活を進めればいいのかわからない人も気軽にご相談ください。経
験豊富な就活アドバイザーがマンツーマン体制でサポートします。プロのサポートを受けながら就職活動を行いたい、自分にぴったりの仕事を探したいという方は、まずはお気軽にご登録ください。

関連キーワード

ご利用者の口コミ

  • まり

    就活未経験だったのですが親身になって話を聞いてくださり的確なアドバ…

    2021/01/27

  • 大槻智映

    親身になって、最後まで手厚いサポートをしてくださいました!おかげで…

    2020/12/21

  • 加藤直哉

    紹介してくれる求人の質に関しては他社としっかり比較していないので分…

    2020/12/14

  • ka

    担当の方がとても親身になって相談に乗ってくださったので、第一希望の…

    2020/12/12

  • Dan

    担当の方のサポートが素晴らしかったおかげでトントン拍子に就活を進め…

    2020/12/01

  • 昔野貴方

    カウンセラーの方が親切で、こちらの事情にそって仕事先をいくつか紹介…

    2020/11/26

  • 鶴岡雅史

    とても親切で丁寧な対応だったと思います。この状況下で転職に対する不…

    2020/11/10

  • みやみや

    未経験のことで不安と緊張がありましたが、カウンセラーの方が丁寧に教…

    2020/10/01

  • Kosuke Karasawa

    カウンセラーの人が親身になって下さり、コロナ禍でもありながら、内定…

    2020/09/29

  • Jun

    担当して頂いた方の丁寧かつ迅速な対応でスムーズに転職活動がすすみ、…

    2020/09/18

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

まずは情報収集から始めませんか

今のお気持ちはどちらに近いですか?

 

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?