面接結果の連絡が来ない理由とは?

面接結果の連絡が来ない理由とは?の画像

この記事のまとめ

  • 面接結果を連絡するまで、3日~1週間ほど要する企業が多い
  • 応募者が多い求人は、選考に時間がかかることもある
  • 優秀な人材を採用するため、合否を保留するケースもある
  • 自分から面接結果を企業に直接問い合わせる際は、タイミングに注意する

「面接結果の連絡が期日を過ぎても来ないんだけど…」「返事が遅いのは不採用だから?」そんな不安な気持ちを抱えているのは大変辛いものです。このような場合、自分から問い合わせても良いのでしょうか?当コラムでは、連絡が遅れている理由として考えられること、こちらから問い合わせることの可否や注意点についてまとめました。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

面接結果の連絡が届くのはいつ?

就職・転職活動をしている方にとって、面接後の合否の結果がいつごろ来るのかは気になるもの。一般的に面接から合否の結果を連絡するまで、3日~1週間程度を要する企業が多いようです。合否通知の手段は、電話・メール・郵送など。電話やメールでの連絡に比べると、郵送での通知はそれよりも少し時間がかかる傾向にあります。
合否連絡の期日については、採用面接時に企業側から説明されることが多いようです。もし、特に説明がなければ、面接官に「結果についてはいつ頃、どのような手段でご連絡いただけるでしょうか?」と尋ねておくと良いでしょう。

結果が出るまでの時間も有効活用する

合否が分かるまでは、気持ちが落ち着かないものです。しかし、「何も手につかない…」と就職・転職のための大切な時間を無駄にしてしまうのは避けましょう。今できること、今後に備えてできることに目を向け、行動することが大切です。「最終面接の結果待ちが長く不安なとき知っておくべきこと」に、結果が出るまでにできることについて解説されているので、ぜひ一読ください。
未経験OK多数!求人を見てみる

面接結果の連絡がなかなか来ない理由

「合否の連絡がなかなか来ないのは不採用だから」と言われることもあるようですが、必ずしもそうとは限りません。合否を決定するまでに、どれぐらいの時間をかけるかは企業によって異なります。ここでは、合否の連絡がなかなか来ない場合に考えられる理由をいくつかご紹介します。

応募者数が多い

単純に応募者の人数が多い正社員求人の場合、選考に時間がかかり連絡が遅れている可能性があります。人気のある業界や企業の求人募集では、そのようなケースも想定しておくと良いでしょう。

選考に時間がかかっている

採用までに十分に時間をかける企業もあります。会社によっては採用担当者だけでなく、役員や経営陣といった上層部の意見や意向を聞き、総合的に人事を決定することもあるようです。複数の候補者がいる場合、連絡までにより時間がかかるでしょう。特に大きな企業では、支社や各部署から一度本社に確認する必要があるため、その分の時間も要します。

保留にされている

「優秀な人材を採用したい」というのはどこの企業も同じ。そのため、有力な候補者がいる場合、その人物からの内定承諾を得るまで、他の候補者を「キープ」しているというケースもあるようです。
企業によっては、より求める人物像に合う人材が面接に現れるのを待っているということも。求職者側にとっては辛いことですが、買い手市場の業界や人気職種の場合、ある程度は仕方のないことといえます。

書類選考の平均期間は約1週間

面接に限らず書類選考の結果を待ちわびる方もいるでしょう。一般的に書類選考にかかる期間は、1週間~2週間ほど。企業規模、新卒・中途といった違いにより期間が異なるケースもあるようです。募集要項に記載されている場合もあるので、事前にチェックしておきましょう。「書類選考の期間はどのくらい?結果が遅い理由や問い合わせ方法を解説!」でも詳しく解説しているので、参考にしてください。

面接結果を自分から企業に問い合わせる際の注意点

合否の連絡期日を伝えられなかった、もしくは期日を過ぎているのに連絡が来ない場合、自分から企業に問い合わせても良いのでしょうか?

連絡の期日を過ぎていたり、期日は不明でも面接から2週間以上経っていたりするのであれば、こちらから連絡しても大丈夫です。ただし、選考に時間がかかっている可能性もあるため、自分から企業に直接問い合わせるタイミングは、多少の猶予を持たせることをおすすめします。

問い合わせの手段は、メール、電話のどちらでも可。連絡する際は、最初に「お忙しいところ失礼します」という一文ないし一言に続けて、自分の氏名と面接日を述べ、問い合わせ内容を伝えましょう。焦る気持ちはあるでしょうが、企業や採用担当者の事情に配慮することが大切です。早く結果が知りたいという想いを強調しないよう気をつけましょう。「書類選考の連絡が来ない!問い合わせても良い?失礼のない方法を解説」に、問い合わせメールの例文や電話連絡時の注意点が紹介されているので、そちらもご参照ください。

企業との連絡は就職エージェントに任せるのも一つの手

面接後の連絡がなかなか来なくて不安だけど、自分から直接企業に問い合わせるのはためらってしまう…そんな方には、就職・転職エージェントを活用した就活がおすすめです。
企業とのやり取りは、エージェントのキャリアアドバイザーが行うため、不安な気持ちを抱えながら待ち続けなくて済みます

ハタラクティブでは、高卒や既卒、フリーターなど若年層に特化した就職・転職支援を行っています。キャリアアドバイザーが、仕事選びや企業選びから、採用されるための書類作成のコツ、面接対策、内定後の準備までしっかりフォロー。就職・転職に関する、さまざまなお悩み相談も承っています。ぜひ、お気軽にご利用ください。

この記事に関連するタグ