1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 休日出勤にも種類がある?代休の定義と使用方法とは

休日出勤にも種類がある?代休の定義と使用方法とは

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・振替休日は休日と労働日をあらかじめ変更するのに対して、休日出勤後に他の日を休みとして扱うことを代休という
    ・労働者にとっては同じ休みでも、労務上は支払う賃金に差が出るのでしっかり使い分けよう
    ・労働義務のない、あらかじめ決められた休みを「休日」、労働義務があるが申請によって免除されるのが「休暇」
    ・労働基準法で定められた最低限の休みが「法定休日」、会社が独自で定める休みを「法定外休日(所定休日)」と呼ぶ
    ・法定休日に働くと35%以上の割増賃金が支払われることを覚えておこう

休日や休暇、代休、振替休日と「仕事が休みの日」の種類はいろいろありますが、それぞれの定義や違いは把握していますか?
「どれも同じ休み」と捉える人もいると思いますが、休みの扱いによっては休日手当の額に差が出ることも…。
当コラムでは、それぞれの概要や当てはまるケースについてまとめています。
自分の休みが正しく処理されているか知りたい方は参考にしてください。

◆振替休日と代休の違い

休日出勤をすると、代わりの日に休みを取れることもあると思いますが、その場合に振替休日と代休のどちらを使用するか意識したことはありますか?

どちらも「代わりの休み」だから大差ない…と考える人もいるでしょう。
しかし、両者には明確な違いがあり、扱い方を正しく把握しないと支払われる賃金に差が出ることも。
具体的な違いや使用シーンを理解しておきましょう。

【振替休日】

休日を事前に労働日に変更し、変更した労働日の代わりに他の労働日を休日に変更すること。

例:休日となっていた日曜を事前に労働日に変更、代わりに労働日となっていた火曜を休日に変更する

事前に会社に予告して、休日と労働日をあらかじめ交換しておくのが振替休日です。
ちなみに、日曜日など会社の法定休日に労働日を振り替えても、その日はすでに「労働日」として振り返られているので休日出勤の扱いにはならず、賃金は割増になりません。

【代休】

休日出勤をした後に、その代わりとしてほかの労働日を休日に変更すること。

例:日曜日に休日出勤をして、その代わりに火曜を休日に変更する

この場合は、事前に休日の交換がされていないので日曜は「休日労働」となり賃金は割増になります(法定外は35%の割増)。
また、代休として休んだ火曜日は通常の休みと同じように無給扱いになるのがポイント。

以上のように、振替休日の場合は休日の交換なので賃金の変更はありませんが、代休は休日出勤の代わりの休みという扱いになるので「休日労働に対する割増賃金」と「代休日の賃金控除」が発生します。

自分が取得した休みが「振替休日」なのか「代休」なのかを把握していないと正しい賃金を得られない可能性もあるので、しっかりと確認しておきましょう。


◆休日と休暇の違い

振替休日と代休のように、似て非なる言葉はほかにもあります。
よく使用するものとして「休日」と「休暇」が挙げられるので、違いを確認しておきましょう。

【休日】

会社のカレンダーなどで、あらかじめ定められている休みのこと。労働者に対して労働義務を課さない日なので、申請をしなくても休むことが可能です。
多くの企業では土曜、日曜、祝日が休日として定められているようです。

【休暇】

会社のカレンダーでは労働義務があるものの、労働者からの申請や法律などで労働義務が免除される休みのこと。
有給休暇や産前産後休暇などが該当します。
また、会社によっては休日を組み合わせて「長期休暇」「季節休暇」と呼ぶことがありますが、これらは法律上は「休暇」ではなく「休日」。
通常、「休暇」に出勤しても手当は出ませんが、上記のような「法律上は休日の休暇」に出勤すれば休日手当の対象となるので注意しましょう。


◆法定休日と法定外休日

前項で休日と休暇の違いについて説明しましたが、更に休日の中でも「法定休日」と「法定外休日」が存在しています。

【法定休日】

週1日もしくは4週で4日、労働者に与えないといけない労働基準法で定められた最低限の休日のこと。

【法定外休日】

所定休日とも呼ばれ、法定休日以外に会社が認めている休日のこと。
土曜日や創立記念日、祝日などが当てはまります。

労働基準法では労働時間の上限が1日8時間、週40時間以内と決められているため、8時間労働をした場合は5日で週の労働時間の上限に達してしまいます。
そのため、多くの企業では土曜を「法定外休日」、日曜を「法定休日」として調整。
しかし、法定外休日を日曜に設定する決まりはないので、会社の就業規則次第で土曜日や他の曜日にすることは可能です。

同じ「休日」でありながら法定内と法定外で休日を区別している理由は、休日手当の額に差が出るため。
労働基準法により、休日労働を行った場合は賃金を割増で支払うことが定められていますが、この「休日労働」とは「法定休日に労働者を働かせた場合」に当てはまります。
法定休日に休日出勤をした場合は、所定の賃金に35%以上を上乗せした割増賃金を労働者に支払わなければなりません。
法定外休日(所定休日)に休日出勤をした場合は「休日労働」として扱われないため、割増は対象外。通常の賃金が支払われます。

しかし、法定外休日の出勤により「週40時間以上の労働」になった場合は、時間外労働に当てはまるので25%以上の割増の対象。
月曜から金曜までフルタイムで働いて、法定外休日である土曜も休日出勤をした場合は、土曜の出勤に対して25%以上の割増賃金が追加となります。

このように、一口に「休み」と言っても労務・法律上は大きな違いがあります。
自分の休みがどれに当たるのか、正しい賃金は支払われているかをしっかりと確認する必要があるでしょう。

「法定休日に出勤したのに割増賃金が支払われていない」「代休のはずが振替休日として処理されていた」など、労働環境に対するお悩みがある方は転職を検討してみてはいかがですか?

転職エージェントのハタラクティブは、スタッフが実際に足を運んで確認した、信頼できる情報をもとに求人を紹介。
休日数や時間外労働についてなど、求人サイトでは分からないこともお伝えしています。
「しっかりと休める企業で働きたい」「残業の少ない業界はある?」といったお悩みにも対応!
未経験歓迎の企業も多数掲載しています。お気軽にご相談ください。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる