1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 三交代勤務、その魅力とデメリット

三交代勤務、その魅力とデメリット

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・三交代とはシフト勤務の一種

  • ・一般的なシフト制は24時間を8時間毎に区切られ、交代制で勤務する 
    ・コンビニやホテルなどの24時間営業の施設や、病院、工場などで主に用いられている 
    ・メリットは「平日の日中に休める」「残業が起こりにくい」「給料が高い」など 
    ・デメリットは「生活リズムが崩れやすい」「周りの人とスケジュールを合わせにくい」など 
    ・生活リズムを崩さないようにするには、食事や睡眠に気を使い、うまくリラックスしながら働くことが大切

三交代や二交代など、シフト制の仕事に興味があるけど実際にどんな風に働いているのかわからない…そんな風に悩んでいませんか?
このコラムでは、用語の解説や三交代が多く用いられている業種、三交代で夜勤があっても体調を整えながら働く方法などをまとめました。
三交代の仕事に興味がある、三交代で働いているけど身体が心配…そんな方は必見です。

三交代とは

三交代とは、シフト勤務の1種。1日(24時間)を8時間ごとの3シフトに区切り、交代して働く勤務形態のことです。
時間の区切りとしては、昼勤が6時~14時、前夜勤が14時~22時、夜勤が22時~6時など。時間の区切り方や、「昼番」「夜勤」など勤務時間の呼称は職場によって異なります。

三交代ではシフトによって1日あたりの人員が確保され、24時間稼動することができるのが特徴。
似た言葉に二交代があり、こちらは日勤と夜勤に分かれる働き方のことです。

三交代の場合、1週間ごとなどのスパンで夜勤→昼勤→前夜勤というようにシフトを入れ替わって勤務する場合と、「夜勤専従」「昼勤のみ」など、決まった時間で働く場合があるようです。

三交代制のある職場や職種

前項でも触れたとおり、三交代のメリットは24時間事業所や施設を稼働できること。
そのため、年中無休や24時間体制で営業している事業所で多く取り入れられています。

コンビニや飲食店
24時間営業のコンビニやファミリーレストランなどでは3交代制が多いようです。

工場
機械などを止めずに動かし続ける必要があるため、シフト交代制の勤務形態が多く用いられています。

病院や介護施設
入院患者がいる、深夜の急患を受け付けているという病院や、宿泊型や入居型の介護施設では医師や看護師、介護士などが三交代で勤務しています。

宿泊施設
ホテルや旅館など、1日中お客様がいる施設はどの時間にも対応が必要なため、三交代を取り入れていることが多いようです。

公務員の一部
消防や警察、自衛隊など、公務員でも三交代を取り入れていることがあります。

幅広い施設や業種で三交代制の勤務が行われていることがお分かりいただけたでしょうか?
次の項目では、そんな三交代勤務のメリットとデメリットをご紹介します。

三交代のメリット・デメリット

三交代勤務と聞くと、夜勤が厳しい、生活のリズムが取れない…など、デメリットを思い浮かべてしまう方も多いかもしれません。
しかし、三交代にも意外なメリットが存在するのです。この項では、三交代のメリットとデメリットに迫ります。

メリット

・二交代に比べて拘束時間が少ないため、副業やプライベートの時間がとりやすい
・平日の日中が休みになるので、週末には混雑する施設などを快適に利用できる
・交代で次のシフトの人へ引き継ぎを行うので、残業が発生しにくい
・深夜や早朝の勤務の場合は手当や割増賃金が支払われるので、給与が高い

デメリット

・生活リズムが乱れやすくなる
・家族や友達と生活を合わせづらい
・毎日や1週間などのスパンで夜勤と昼勤を繰り返すと、疲れや眠気が取れなくなることも

以上が三交代のメリットとデメリットです。
夜寝ないと疲れが取れない、土日休みの家族と休みを合わせたい…というような人には不向きですが、生活のリズムが多少変わっても問題ない、その分しっかり稼ぎたい!という人には良い働き方であることがご理解いただけたのではないでしょうか。

三交代など、生活リズムが崩れやすい時の対処法

生活リズムが崩れると、体調や仕事のパフォーマンスに影響を及ぼすことも。
上手く整えながら働くことで、三交代のメリットを活かしながら仕事とプライベートを楽しむことができます。

睡眠の質を上げる

疲れを取るために大切なのは、しっかり眠ることです。
しっかり眠るというのは睡眠時間を長く取るということではなく、質の高い睡眠をとるということ。
具体的には、下記のような点に気をつけてみるのがおすすめです。
 ・就寝前にカフェインをとらない
 ・日中や寝る前に適度に身体を動かす
 ・就寝中はアイマスクや耳栓など、睡眠を妨げる刺激を防ぐ工夫をする
 ・仕事中の休憩時間など、軽く仮眠する
 ・疲れているからとダラダラ寝すぎず、睡眠時間を一定にする

食べ物に気を使う

栄養バランスの整った食事や、胃腸に負担をかけないようなメニューを選ぶことが重要です。
忙しいとついコンビニやファストフードで済ませてしまいがちですが、まずは休日だけでも栄養バランスに気を使ってみてはいかがでしょうか。
下記のような配慮も、疲労を回復させるためには有効です。
 ・野菜や果物など、ビタミンの豊富な食材をとる
 ・脂っこいものやお酒など、身体への負担が大きいものはできるだけ避ける
 ・ストレス解消として暴飲暴食をするのはNG!

リラックスできる環境をつくる

入浴剤を入れたお風呂でのんびりくつろいだり、ドライブやカラオケなどの趣味を楽しんだり、心を休める時間をつくるのが大切です。
下記のようなストレス発散やリラクゼーションを楽しんでみるのも、心の疲れを癒やすのには必要なことです。
 ・マッサージやサロンなど、リラクゼーション施設を利用してみる
 ・何もしない休日をつくる
 ・好きな香りのアロマを買う
 ・思い切り趣味を楽しむ

プライベートの時間にストレスを発散できる趣味を持つことも、ワークライフバランスを保つ上で大きなポイント。
上記のような点に気をつけながら、仕事とプライベートのメリハリをつけて働いてみましょう。

こんなときどうする?三交代勤務に関するお悩みQ&A

傷病手当を受給する状況は、人それぞれ違うでしょう。ここでは、想定される三交代勤務に関するお悩みをQ&A方式で解決していきます。

三交代勤務とはどのような働き方ですか?

三交代勤務は、24時間を8時間ごとに3つの時間帯で分け、交代で勤務する働き方のことを指します。時間帯は企業によって異なりますが、6時~14時、14時~22時、22時~6時が一般的とされています。また、「前夜勤」「日勤」「早番」など、時間帯の名称が異なる場合もあります。詳しくは、このコラムの「三交代のメリット・デメリット」をご覧ください。

三交代勤務があるのはどのような職場ですか?

三交代勤務があるのは、24時間体制で稼働する必要がある職場です。代表的な例としては、医療・福祉施設、工場、コンビニ、宿泊施設など。また、警察や自衛隊といった公務員の一部にも三交代勤務の職業があります。

三交代勤務で働くメリットを教えてください。

三交代勤務に「きつい」というイメージを抱いている方もいるかもしれません。しかし、平日の日中が休みになる日もあるため、郵便局や銀行などの用を済ませやすかったり、外出の際に混雑を避けやすかったりと、土日休みにはないメリットがあります。また、早朝や深夜のシフトに入った分は、賃金が割増になるため、稼ぎたい方にとっても魅力的でしょう。

三交代勤務で働くデメリットを教えてください。

三交代勤務は生活が不規則になりがちで、精神的にも肉体的にもストレスを感じやすいのが最大のデメリットといえるでしょう。また、家族や友人の勤務時間が一般的な日勤だった場合は予定を合わせにくくなる可能性があります。

三交代勤務の仕事を長く続けていくためにはどのように対策すれば良いですか?

三交代勤務の仕事を長く続けていくには、疲労を溜めないよう生活リズムやワーク・ライフ・バランスを調整していくことが大切です。十分な睡眠時間を確保する、栄養バランスの良い食事を摂る、趣味の時間を楽しむなどの対策をしましょう。それでも「つらい」と感じる場合は三交代勤務が合っていない可能性があるため、転職も検討したほうが良いでしょう。ハタラクティブでは、アドバイザーがあなたの希望に沿った求人をご紹介します。

就職・転職はハタラクティブ!

勤務形態や雇用形態、仕事の内容、福利厚生など、就職先を選ぶ上で見るべき点はたくさんあります。
ひとりで就職・転職活動をしていると「結局どれが自分に向いているんだろう」「本当に向いている仕事って?」と悩んでしまうことも。そんなときには、就職・転職活動のプロに相談してみませんか?

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

あなたに合った仕事がきっと見つかる!

ご紹介するお仕事の仕事内容から職場の雰囲気までお伝えするので安心!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

関連キーワード

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる