転職するには何が必要か?就活のための基本ポイント

転職するには何が必要か?就活のための基本ポイントの画像

【このページのまとめ】

  • ・転職成功のポイントは、転職先に求める条件の優先順位を決めておくこと!
  • ・自分に合った職場に就職するには、自己分析で自分を知って企業研究で相手先を知る作業が必須
  • ・学生時代の就活と転職活動は別物!社会人経験のある大人として選考に臨もう
  • ・働きながら転職活動をするには、スケジュール管理が欠かせない
  • ・エージェントを利用すれば、効率的な仕事探しと効果的な面接対策が可能です

今の仕事に不満があり、転職を考えている人は決して少なくないはずです。

しかし、実際に転職をしようとすると、なにから始めればよいのかわからない人も多いのではないのでしょうか。わからないからと何もせずにいれば時間ばかりすぎていくことになります。

今回のコラムでは転職成功のために必要なステップを解説するので、ぜひ参考にしみてください!

ハタラクティブは20代の
フリーター・既卒・第二新卒

特化した
就職支援サービスです

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

転職したあとで後悔しないためには、理由と目的の明確化が必須

転職するにはまずその理由と目的を明確にしなければなりません。

せっかく転職しても、その結果、自分の中の不満が解消されなかったり、さらに不満が大きくなったりしては意味がないからです。人は今の仕事に対していろいろな不満をもっていても、最大の不満はなにかと問われると答えに詰まる場合が多いものです。

しかし、日ごろから感じているこまかな不満がすべて解消される転職先などはまずないでしょう。

そこで、自分の中でこれだけは譲れないという真の転職の条件を見極めなければなりません。

まず、日ごろから感じている仕事に関する不満点を箇条書きですべて書き出してみます。

「年収が少ない」「残業が多い」「仕事にやりがいを感じない」などといった事柄です。それから、その不満に優先順位をつけ、「これだけは実現したい!」という強い転職目的を確立するのです。

これをしておかなければ、転職先を探しても目先の条件に惑わされて軸がぶれ、転職してからこんなはずではなかったということになりかねません。

自己分析で自分を知り、企業研究で相手を知ろう

目的を明確化したあとは、自己分析やキャリアの棚卸を行う必要があります。

自分の強みや弱みを知り、目的をどのように達成するかを考えるためです。

自己分析の方法はいろいろありますが、まずは今まで自分が行ってきた仕事を振り返り、時系列順に失敗や成功体験を書き出してください。

その間に身につけたスキルや有意義な経験を洗い出します。さらにその中から、自分の強みや弱みを浮き上がらせていくのです。

目的に基づいて自分が目指したいキャリアプランを3年後、5年後、10年後と順番に描き、自分の強みや弱みを踏まえた上でそれを実現するためにはなにが必要かを考えていきましょう。そうすれば、転職の道筋はおのずと見えてくることでしょう。

自己分析を終えたら、次は志望する業界や企業についての情報収集を進めます。

なぜなら、イメージや知名度、憧れだけで転職先を選ぶのはとてもリスクの高い行為です。

就職活動と同様、転職活動でも業界・企業研究は必須。検討している職種に適性があるのか、応募先の企業で活かせる能力があるのかなど、転職後に活き活き働くためにも仕事と自分を冷静に照らし合わせる作業は欠かせません。

選考では、「この人は自社に貢献してくれるか?」という目線で評価が行われます。面接での評価を高めるには、企業の求める人物像を理解した上で企業のニーズに合う自己PRをするのがポイント。仕事選びだけではなく、面接でのアピールや回答の質を高めるためにも、事前の情報収集は重要です。

就職活動と転職活動の違いとは?

新卒入社した会社しか経験がなく始めて転職するという方は、就職活動と転職活動の違いを頭に入れておきましょう。

就職活動の特徴

・新卒一括採用で、全体のスケジュールがある程度決まっている

・企業が説明会やインターンを開催し、積極的に情報を開示してくれる

・学生なのでマナーやスキルが中途採用に比べシビアに問われない

・ポテンシャルが評価される

転職活動の特徴

・自分でスケジューリングをし、情報収集をする必要がある

・社会人経験がある立場なので、基本的なビジネスマナーを厳しくチェックされる

・履歴書のほか、これまでのキャリアをアピールする職務経歴書が必要

年齢が若くても、社会人経験のある応募者は「基本的なスキルを身につけている」ことを前提に評価されます。転職活動では就職活動のとき以上に身だしなみや言葉づかいに気をつけ、ポテンシャルにプラスして前職で得たスキルをアピールする必要があるでしょう。

就職活動の際は自己分析で学業やアルバイト経験を振り返った方が多いと思われますが、転職活動の自己分析では、前職での仕事内容や成功・失敗体験、仕事へのこだわりなどを材料に分析を進めます。

ただし、第二新卒など前職の経験年数が少ない方は、学生時代の経験を材料に面接でのアピールポイントを考えても良いでしょう。

働きながらの転職活動には効率重視のスケジュール管理が必要

転職の目的とそのための手段が決まったならば、次は具体的な転職スケジュールを決めなればなりません。

このとき問題になるのは現在の仕事との兼ね合いです。たいていの場合、転職活動は勤務先には黙って行うものですから、上司にスケジュール調整を相談するわけにもいきません。

そのため、限られた時間をいかに有効に活用するかを考える必要があります。

まず、学生のときのように何十社も応募すると、たちまちスケジュールが破たんしてしまうので、1度に応募する企業の数は多くても5社までに抑えておきましょう。

あれもこれもと片っぱしから受けるのではなく、よく考えて本当にそこで働いてみたい企業だけに絞って応募しますう。

そして、休日や仕事が終わったあとの時間をうまく利用して活動を進めていきます。

例えば、1次面接は時間に融通がきく企業が多いので勤務終了後の夜間を希望してみればいいでしょう。

書類作成などは今までより30分早く起きる習慣を身につけてコツコツ進めていくことをおすすめします。

そして、最終面接は有給休暇を利用して乗り切るという方法もあります。

一方、働きながらではどうしても時間が確保できない人の場合、退職してから仕事を探すという方法もあります。しかし、この場合は注意が必要です。

退職すると当然、収入が断たれるわけで、その状態でなかなか転職先が決まらなければ精神的に追い込まれてしまいます。

その結果、「就職できるのならどこでもいい」という気持ちになって適当なところに入社したのでは、なんのために転職したのかわかりません。

そうならないためにも、辞める前に、雇用保険の他にある程度の貯金をしておくことが大切です。

そして、時間があるからといってダラダラと日々をすごすのではなく、3カ月を目安に一気に転職を決めてしまいましょう。

効率よく転職を決めたいのなら、転職エージェントの活用がおすすめ

限られた時間の中、少しでも効率よく転職活動を行うには転職エージェントの活用がおすすめです。

転職エージェントは求職者の希望に沿って仕事を紹介するサービスですが、求人サイトや求人誌などには掲載されていないエージェント独自の非公開求人を紹介してくれるのが大きな特徴です。

そのため、独力ではなかなか探せない理想の求人が見つかる可能性があります。その上、転職エージェントに登録すると、志望企業とのやり取りやスケジュール管理も代行してもらえます。

さらに、面接や履歴書作成などについてもアドバイスしてもらえるので、転職エージェントをうまく利用すればひとりで努力するよりもはるかに早く転職を決めることが可能です。

ただし、どれだけ効果があるかは転職エージェントが保有している求人の内容と担当の能力次第です。

したがって、エージェントは1社だけに頼るのではなく、最初は複数登録し、その中から手ごたえのある業者だけに絞っていくのがよいでしょう。

高い内定率を誇る若年層向けエージェントはハタラクティブ!

転職エージェントの数は非常に多く、どこに登録すればよいのか悩んでしまうものですが、できるだけ早く自分に合った転職先を見つけたいのであれば、ハタラクティブを利用してみてはいかがでしょうか。

ハタラクティブは20代の既卒、フリーター、第二新卒などを対象に就活の支援を行い、非公開求人も豊富です。

その上、経験豊かな就活アドバイザーがマンツーマン体制で対応し、相談者の強みと適性を最大限に引き出した上で、本当にマッチした就職先を紹介しています。

そして、ハタラクティブの最大の特長は80.4%(2015年7月)という内定率の高さです。就職先の職種も営業、事務、企画、エンジニア、施工管理、デザイナー、サービス・販売と多岐にわたります。

しかも、内定が決まればそれで終わりというわけではなく、入社後も定期連絡をしてアフターフォローを行っています。

サービスはすべて無料ですので、転職に関する悩みがある方はお気軽にご相談ください!

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

RECOMMEND

おすすめ記事

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細を見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細を見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
ハタラビットの部屋

Collection

特集

  • みんなの就職エピソード
  • よくある相談集
  • 失敗しない就活ノウハウ
  • 就職・転職のQ&A