何がしたいかわからないのに転職可能?どんな仕事がしたいか明確にするには

何がしたいかわからないのに転職可能?どんな仕事がしたいか明確にするにはの画像

この記事のまとめ

  • 何がしたいかわからないのに転職したいなら、業界よりも成し遂げたいことに着目しよう
  • 自己分析や情報収集を行い、どんな仕事がしたいかを考えるのも大事
  • 何がしたいかわからない人は、転職の失敗を恐れ過ぎている可能性がある
  • 何がしたいかわからない20代は、30代や40代の理想が叶いそうな転職先を選ぼう
  • 転職エージェントに相談すると、自分に合った転職先が見つけやすいのでおすすめ

何がしたいかわからないのに転職を考えてしまい、悩む人もいるのではないでしょうか。何がしたいかわからないまま転職するのは失敗のもと。たとえ転職できたとしても、目標が明確にならない限り満足のいく仕事に就くことは難しいでしょう。このコラムでは、漠然とした転職理由を明確にする方法や、適職を見つけるためにすべきことを解説します。どんな仕事がしたいかをよく考え、自分に合った転職をしましょう。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

何がしたいかわからないのに転職したいのはなぜ?

やりたいことがあるわけでもなく、何がしたいかわからないのに「会社を辞めたい」「転職したい」と思うときもあるでしょう。なんとなく「今の仕事は自分に合っていない」と感じたり、「別の仕事に就けばさらに活躍できるかもしれない」と思ったりして、転職を希望する人もいるようです。
まずは、「転職したい」と思う背景には何があるのか、本当に転職したいのかを見極めましょう。

今の職場に不満がある

「上司と気が合わない」「残業が多い」といった不満があり、何がしたいかわからないのに転職したくなる人は少なくありません。しかし、不満があるからといって転職してしまうと、次の職場で新たな不満に直面したとき、また辞めたくなってしまう恐れがあります。
このような場合、まずは今の職場で不満を解消する方法を考えるのがおすすめです。異動や配置転換の希望を出したり、業務内容の見直しを上司に相談したりするなど、できる限りの努力をしてみてください。それでも解決できなければ、転職を検討してみても良いでしょう。
部署異動する理由とは?希望したい場合やさせられるときの対処法を解説」のコラムで、異動を希望したいときにやるべきことを紹介していますので、参考にしてみてください。

どんな仕事がしたいか考えていない

「サッカーをやっていたからスポーツ業界」「洋服が好きだからアパレル」など、なんとなくイメージや憧れだけで就職先を選んでしまった場合、どんな仕事がしたいか考えていなかったと後から気づくケースがあります。
特に、社会人経験の浅い20代や転職が初めての人は、仕事選びの際に業界や扱う商品・サービスなどに目を向けがちです。自分が好きな商材やジャンルを扱う仕事でも、そのなかには多種多様な職種があり、地味な作業や重労働もあります。販売ノルマがあったり、深夜残業があったりして、ときには辛い局面も。しかし、「どんなスキルを身につけたいか」「何を成し遂げたいか」といった点を重視して仕事を探すと、辛い局面も目標のためと乗り越えやすくなります。
今の会社に就職する際、どんな仕事がしたいか良く考えていなかった人は、仕事をする目的や成し遂げたい目標などを考えてみましょう。そのうえで、今の仕事が合っているか、転職したほうが良いのかを考える必要があります。

スキルを基準に仕事を選ぶと将来に役立つ

身に付けたいスキルを基準に仕事を選んで、長所を強化したり、短所を改善したりすると、今後のキャリアアップが図りやすくなります。やりたい仕事も見えやすくなり、次の転職では自信を持ってスキルをアピールできるようになっているでしょう。ここでいう「スキル」は専門的な知識や技術のことだけではありません。コミュニケーション力やマネジメント力など、どの業界・職種でも活かせる能力も身に付けておくべきスキルといえます。

妥協して就職した会社だった

今の会社に就職する際も「何がしたいかわからない」状態だったため、就職活動が長引いてしまい妥協して選んだという人もいます。このような場合、そもそも今の仕事に対する意欲が低いので、何がしたいかわからない状態が続いてしまい、会社を辞めたくなるようです。
しかし、何がしたいかわからないままでは仕事選びの基準が不明確なため、自分に合った企業を選ぶことができません。転職できたとしても、新しい仕事に対しても意欲が低く、同じことを繰り返す恐れがあるでしょう。

「何がしたいかわからない」を解消する4つの方法

転職して何を実現したいか、どんな仕事がしたいかを明らかにするには、転職したい理由を深く分析し、自分自身と向き合う必要があります。

1.転職したい理由を掘り下げる

漠然とした転職理由を深く掘り下げてみると、本当の理由が見えてきます。「職場の人間関係がイヤだから」が転職理由だとしたら、人間関係の何がイヤなのかを掘り下げましょう。人間関係に不満を感じる理由は「コミュニケーションが足りない」「相性が悪い先輩がいる」「自分のペースよりチームワークを求められる」など、人によってさまざまです。
たとえば、「自分のペースよりチームワークを求められる」のが不満なら、個人ノルマがある仕事や実力主義の職場が選択肢として考えられます。

2.自己分析をする

何がしたいかわからないときは、自己分析を行って自分の趣味・志向や長所・短所を把握してみましょう。過去の経験を振り返り、どのようなときに楽しいと感じるのか、何に力を発揮するのかを洗い出します。また、苦手なことや嫌いなことを明確にするのも大切です。これらを明らかにすることで自分に合いそうな仕事や、避けるべき仕事が絞られるでしょう。
そのほか、「苦手だけど乗り越えたいこと」を洗い出して、転職先でチャレンジするという選択もあります。

他己分析もおすすめ

自己分析と同時に、第三者に自分のことを答えてもらう「他己分析」を行うのもおすすめです。家族や友人に自分の長所や、印象に残った出来事を聞いてみましょう。客観的な意見によって、自分では気づかなかった特性が明らかになり、仕事の選択肢が広まる可能性もあります。

3.仕事を通して得たいものを考える

何がしたいかわからない場合に、仕事で何を得たいのかを考えるのも良い方法です。仕事を通してスキルを身につけたいのか、人の役に立ちたいのかと考えることで、自分にとってのやりがいが分かるでしょう。
ただし、仕事のやりがいが給料や昇進だと、会社の状況や制度など、自分の努力とは関係ない理由で思うような結果を得られない恐れがあります。仕事を通して得たいものは、自分の将来に役立つものや、人の評価に関係なく大事だと思えるものがおすすめ。それが得られる仕事は、本当にやりたいことである可能性が高いです。

4.視野を広げる

何がしたいかわからないときは、情報が足りていない可能性があります。趣味を追及してみたり、書籍や新聞、SNSなどで幅広く情報を集めたりすると、知らなかった仕事に出会えることも。さらに、イベントやセミナーで人との出会いを増やすのも視野を広げるのに効果的です。ほかの人がどのような仕事をしているのか、何にやりがいを感じているのかを知ることで、どのような転職先が最適かを見極める参考になるでしょう。
自分が何がしたいのかわからない方に向けて!やりたいことの見つけ方を紹介」のコラムでも、何がしたいかわからないときにやるべきことを紹介していますので、こちらも併せてご覧ください。

転職したくても何がしたいかわからない人の特徴3選

転職したくても何がしたいかわからない人には、一定の共通点があるようです。ここでは、何がしたいかわからない人にありがちな3つの特徴をご紹介します。

1.どんな仕事でもこなせるため強みがわからない

転職したくても何がしたいかわからない人は、今の仕事で一定の評価を得ていることが災いしている可能性があります。何でもそつなくこなせてしまうため、特にやりたい仕事でなくても評価され、強みが見えにくかったり、現状に満足してしまったりすることが多いようです。しかし、自分の強みがわからないまま転職しても、適職かどうか分からず、転職を繰り返す可能性もあるでしょう。
この特徴に当てはまる人は、自分の強みを一つ伸ばしてみるのがおすすめです。際立った強みや特に自信を持てることが明確になると、「それを活かせるかどうか」「強みをより伸ばせるかどうか」という観点で転職先を探せるようになります。また、「武器」となる強みがあれば、転職後のキャリアアップに役立つでしょう。

2.今の仕事をやり切っていない

今の仕事をやり切っていない場合、どうすれば活躍できるのかが分からず、何がしたいかわからない状態になりやすいです。「仕事で力を出し切っていないかも…」と思う人は、まず現職に集中しましょう。今まで気づかなかった仕事の魅力や面白さに気付いたり、「現職をもう少し極めてみよう」という気持ちが生まれたりする可能性があります。反対に「やはり向いていなかった」と感じたとしても、それも大きな収穫です。自分が苦手なこと・やりたくないことが明確になり、転職先が選びやすくなるでしょう。自分が現職に向いている自信が持てない人は、一旦転職を見送り、仕事に集中するのが効果的です。

3.転職の失敗を恐れ過ぎている

転職の失敗を恐れ過ぎるあまり、何がしたいかわからないという人もいるようです。社会人経験が浅い人や、初めて転職する20代の若手に多い特徴といわれています。失敗を恐れるあまり、「上司と合わなかったらどうしよう」「スキル不足で失望されるのでは」と不安ばかりが頭をよぎり、何がしたいか考えられなくなっている状態です。
しかし、転職の失敗を恐れ過ぎて何もしないよりは、思い切って行動を起こしてみたほうが良い場合もあります。転職サイトに登録して世の中の仕事を知ったり、履歴書や職務経歴書を作成したりすることで、やりたい仕事や自分の強みが見えてくる可能性もあるでしょう。また、転職先を慎重に選ぶのは良いことですが、時にはチャレンジ精神を持って飛び込むことも大切です。「合わないと思ったら内定辞退という選択もある」と割り切った気持ちを持って転職活動に踏み切りましょう。

転職しないほうが良い人もいる

「今の職場環境は気に入っている」「待遇面には満足している」という人は、すぐに転職しないほうが良い可能性があります。特に、20代〜30代前半で専門スキルがないまま転職した場合は、年収ダウンのリスクが高いです。「前の会社のほうが良かった」とならないためにも、現状に不満がない場合は、何がしたいかわからない状態で転職するのは避けましょう。「転職で何がしたいかわからない人に適職の見つけ方を解説!」のコラムで、転職を考え直したほうが良いパターンを紹介していますので、ご覧ください。

何がしたいかわからない人が転職に成功するには

何がしたいかわからない人は、「どんな仕事がしたいか」を考えるのと同時に、「どんな仕事ならできるか」「自分に合った職場は何か」を考えるのも重要です。転職を繰り返さないためにも、ここでは、自分に合った転職先を見つけるポイントを5つ紹介します。

1.「できること」から考える

「何がしたいかわからない」ということにとらわれ過ぎている転職希望者は、「何が確実にできるか」という視点に切り替えて仕事を探すのがおすすめです。今までやった仕事を振り返り、できたことや得意だったことを箇条書きにしてみましょう。確実にできる仕事に就けば、企業やお客さまに貢献できる機会が増え、より多くの成功体験が積めるでしょう。人から感謝されたり、やりがいを感じたりすることで、自然と「できること」が「やりたい仕事」に変わっていく可能性もあります。

嫌なことから仕事を探すのもおすすめ

嫌いなことや苦手なことを避けるのも、自分に合った仕事を探す方法の一つです。「細かい作業は嫌い」「人付き合いが苦手」など、避けるべきポイントを決めておくことでミスマッチを防ぎやすくなります。ただし、「あれもこれも嫌」だと選択肢が減ってしまうので、どうしても嫌なこと・苦手なことに絞りましょう。

2.希望条件の優先順位を整理しておく

何がしたいかわからない状態を脱したあとは、働き方の希望条件を整理しましょう。たとえやりたい仕事でも、給与や労働時間、休日などに不満があると長く続けるのは難しくなります。自分の希望条件を決めておくことは、自分に合った転職先を見つけるうえで大切です。
ただし、すべての希望条件を満たす職場はなかなかありません。多くを求め過ぎると一向に転職先が見つからない可能性もあるので、希望条件には優先順位をつける必要があります。譲れない条件と妥協しても良い条件を分けたうえで求人情報を比較・検討するようにしましょう。

将来のことも考慮するのが重要

希望条件を整理する際は、将来のことも考慮するのが大切です。目先の労働条件だけに注目せず、キャリアアップが図れるか、長く働き続けられる職場かどうかなどを見極めましょう。たとえば、「5年後に年収○○円を目指したい」のであれば、昇給制度や人事考課制度に注目します。また、スキルを高めたい場合は、教育制度や資格取得支援制度の充実度を確認しておくと良いでしょう。

3.知名度や規模で企業を選ばない

何がしたいかわからない人のなかには、名前を知っている企業や大企業に応募してみようと考える方もいるでしょう。しかし、知名度や企業規模だけで転職先を選ぶのはおすすめできません。大企業に憧れることは決して悪いことではありませんが、それだけに的を絞った転職活動は失敗しやすい傾向にあります。
知名度のある大企業は、少ない採用枠に多くの応募者が集まるため倍率が高くなります。大企業にばかり応募すると転職活動が行き詰まってしまう恐れもあるので、転職先は自分の適性やスキルが活かせるかどうかという観点から選ぶようにしましょう。

4.30代・40代の理想像を考える

現在20代で「何がしたいかわからない」と悩んでいる人は、30代・40代になったとき、自分がどうなっていたいかを考えてみましょう。「30代で新しいサービスを開発する」「40歳までに管理職になる」といったキャリアプランを立て、それが実現できそうな企業を選ぶのもおすすめです。
キャリアプランが決まったら企業研究を行って、「30代の社員がどのような仕事を任されているか」「管理職の平均年齢は何歳か」「女性管理職は何人いるか」などを調べます。
将来の見通しを立てていないと、30代・40代になったときに不満が募り、転職を繰り返す恐れも。10年後、20年後を見据えて企業を選ぶのが、転職成功のコツといえます。

5.転職先が決まってから退職する

「何がしたいかわからないけど、とにかく現職から離れたい」と考える人もいるでしょう。しかし、急を要する状況でなければ、退職は転職先が決まってからするほうが無難です。
退職してから転職活動を始めると、収入がないので資金のやりくりに困る可能性があります。また、すぐに転職先が決まらなかった場合は焦りも出てくるでしょう。何がしたいかわからない状況に「早く働き先を見つけなければ」という焦りが重なると、自分に合った仕事を見極めるのは難しくなります。気持ちに余裕を持って転職先を探すのであれば、働きながら転職活動を進めるのが賢明です。
仕事選びのポイントは「仕事の選び方に迷ったら?コツが分からない方に向け重視する点を解説!」で詳しく解説しています。転職を繰り返さないためにも、自分に合った職場を見つけましょう。

何がしたいかわからない人はプロへの相談がおすすめ

どうしても何がしたいかわからない人は、転職支援を受けましょう。家族や友人からアドバイスをもらうのも良いですが、プロによる専門的なサポートを受けることでスムーズにやりたい仕事が明確になる可能性があります。

ハローワーク

ハローワークは公的な就職支援サービス機関です。在職中でも、職員への就職相談やセミナーの受講、職業訓練の申し込みなどができます。書類添削や面接練習なども受けられるので、具体的な退職日が決まっていなくても、転職活動への準備として利用してみるのも良いでしょう。
ただし、ハローワークで良い求人を見つけても、すぐに就職できる人しか応募できないなど制限がある場合があります。詳しくは「在職中にハローワークで転職活動できる?登録メリットやサービス内容を解説」のコラムで解説していますので、参考にしてみてください。

転職エージェント

手厚いサポートを求めるのであれば民間の転職エージェントの活用がおすすめです。利用者の人柄や適性も踏まえたうえで求人を紹介してもらえるため、何がしたいかわからない人も、より自分に合った転職先が見つけやすいでしょう。転職エージェントには、20代の若手に特化したものや、30代・40代のハイキャリア向け、業界特化型など、さまざまな種類があります。自分に合った転職エージェントを選ぶことで最適なアドバイスがもらえるので、転職成功の確率が高められるでしょう。
転職エージェントで行うカウンセリングについては「転職エージェントの面談内容とは?当日の服装や持ち物について解説!」のコラムで紹介していますので、こちらも併せてご覧ください。

何がしたいかわからない人は、プロの就活アドバイザーと一緒に適職を探ってみましょう。ハタラクティブでは最初にカウンセリングを行い、あなたの長所・短所や今あるスキルを明確にします。漠然とした転職理由も、就活アドバイザーと一緒に深掘りすることで「不満の根底にあるのは何か」「本当にやりたい仕事は何か」などがクリアになりやすいでしょう。
ハタラクティブは20代の若手を対象とした転職エージェントなので、未経験者向けの求人も数多く取り扱っており、初めての業界・職種に挑戦する場合も安心です。
さらに、応募書類の添削や面接対策など、転職活動全体を一貫してサポート。働きながらの転職活動も手厚くバックアップします。まずはお気軽にご連絡ください。

何がしたいかわからないときの不安を解消するQ&A

何がしたいかわからないときは、転職や将来について不安を抱える人も多いようです。ここでは、そのような不安をQ&A方式で解消します。

何がしたいかわからず第二新卒になったら?

転職活動では早期離職を懸念される恐れがあります。第二新卒は若いうえにビジネスマナーが身についており、転職市場で一定の需要があるようです。しかし、転職理由や将来のビジョンが曖昧だと「またすぐに辞めるのでは」と選考で不利になる恐れも。第二新卒として転職するなら、何がしたいかを明確にするのは必須です。「第二新卒の需要は高いって本当?」で第二新卒の転職事情を解説していますので、ご覧ください。

30代でスキルがなくても転職できる?

学ぶ姿勢や適応力があれば転職できます。30代の転職者に企業が求めるのは即戦力なので、スキルがないと選考で不利になるのは事実です。ただし、必ずしも専門スキルや難関資格を持っている必要はありません。前職で人から感謝された出来事や、周囲に働きかけて何かを変えたエピソードもアピール材料になります。「30代から目指せる職業を紹介!」で、30代から新しい仕事を目指す方法を紹介していますので、ご一読ください。

適職診断とは?

Webサイトを利用して、価値観や性格を分析するサービスです。複数の質問に回答することで自分のタイプが分かり、向いている職業が結果として表示されます。自己分析が進まなかったり、転職活動で行き詰まったりしたときに、参考として利用してみても良いでしょう。「自分に合ってる職業って?適職診断で何が分かる?」のコラムで適職診断で分かるポイントを紹介していますので、ご覧ください。

面接でどんな仕事がしたいか聞かれたら?

何を実現したいか具体的に答えましょう。企業側が知りたいのは「営業がしたい」といった目先の希望ではなく、将来の目標や、業界や社会にどのような貢献がしたいかなどのビジョンです。たとえば、「10年後は介護業務の30%をIT化したい。そのために、まずは営業で現場を知りたい。」といった回答が考えられます。「どんな仕事をしたいか面接で聞かれたら?」でも回答例を紹介していますので、参考にしてみてください。
面接に不安があるならハタラクティブに相談するのもおすすめ。応募先企業に合わせた面接対策で、選考通過の可能性を高められるでしょう。

この記事に関連するタグ