転職は何がしたいかわからないままだと失敗しやすい!

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 転職は何がしたいかわからないままだと失敗しやすい!

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・何がしたいかわからないまま、なんとなく転職しようとすると失敗しやすい
    ・転職先に求める条件を明確にし、条件が複数ある場合は優先順位を決めておくと良い
    ・自分に向いた仕事がわからない時は、今までの仕事で楽しかったことや成し遂げたことを思い出してみる

「転職したいけど、何がしたいかわからない」
現在、転職を考えている人は、こんな悩みを抱えていることが多いようです。
しかし、漠然とした不満や気持ちでなんとなく転職を行うのは、非常に危険を伴います。
転職する時は、転職する理由と次に自分がどんな仕事したいかを明確にしておきましょう。
そこで、今回のコラムではなんとなく転職することの危険性と、転職を成功させるにはどうしたら良いかをご紹介します!

◆「何がしたいかわからない」転職は失敗する!

転職を考えている人は、現在の職場環境に何かしら不満を抱いているのでしょう。
仕事が面白くなかったり、人間関係が上手くいかなかったり、理由は様々あると思われます。
しかし中には今勤めている会社に大きな不満があるわけでもなく、転職してこうなりたい、こうしたい、という明確なプランがあるわけでもなく、何をしたいかわかっていないけど転職したい、という人がいるようです。
そういった人は「ただなんとなく今の環境を変えたい」という曖昧な動機から転職活動を行っているため、入社後に「こんなはずではなかった」とミスマッチを起こしやすく、その後も「やっぱり仕事が合わない」と転職を繰り返すことになってしまいます。
「何がしたいかわからない」と悩む人は、「何故転職したいのか」をもっとよく考えてみましょう。
会社に求める条件を明確にしないと、自分に合った転職先は見つけられません。
また、転職活動を始める前に、本当に転職が必要なのか考えてみることも大切です。
よく考えてみれば、今の職場で改善に向けてできることがあるかもしれません。


◆求める条件を明確にしよう

転職活動を始める前に、まず転職したい理由を明確にし、転職先に求める条件を決めましょう。
どんな状況に不満を感じているのか、何が嫌だったのか、何故向いていないと思ったのかを書き出し、転職によって変えたいこと、叶えたいこと、実現したいことを明確にすると、自分が仕事に求めるものが見えてきます。
希望する仕事の内容や給与、休日といった待遇など、求める条件が複数ある場合は優先順位を付け、絶対に譲れない条件を決めておくと、転職活動を進める上でぶれない軸ができるのでオススメです。
また、今の会社では抱えている不満を解消することはできないのかも、よく考えてみましょう。
もし解決できそうなら、無理して転職する必要はありません。


◆楽しかった経験を振り返ろう

向いている仕事や、やりたい仕事がわからない人は、今までの仕事で楽しかった場面、達成感を得られた場面を思い出してみましょう。
些細なことでも構わないので、これまで携わってきた仕事の中から楽しみを見いだせたこと、何かをやり遂げたことを挙げてみてください。なにかしらの共通点を見つけることができるはずです。
人と接する仕事だったり、体を動かす仕事だったり、一人黙々と集中する仕事だったり、これらの共通点のある仕事が、あなたに向いてる仕事かもしれません。
また、楽しみを見いだせる仕事なら、長く続けることも可能でしょう。
他にも、会社や職種で仕事を探すのではなく、自分の特技が活かせる仕事を探すという方法もあります。自分ができることや得意だと思うこと、スキルが身についていると思うことを仕事にしてみてはいかがでしょうか?
さらに、自分のできることや特技がわからない時は、友人や同僚などの第三者に自分が向いていることを聞いてみたりすると良いでしょう。客観的な意見を聞くことで、思ってもみなかった適性や長所に気づくことができるはずです。

的確な第三者の評価が欲しい人は、ぜひハタラクティブを利用してみてください。
ハタラクティブでは、20代に特化した転職支援サービスを無料で提供。独自の多彩な求人情報を紹介するだけでなく、あなたが何がしたいのかわかるまで徹底的に向き合い、転職活動をサポートします!




職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ