やりたいことがなくても転職できる?

公開日:

最終更新日:

転職したいという気持ちがあっても、やりたいことがないと考えている方は多いものです。やりたいことはわからないけど転職したい!と思う方が、良い転職活動を行うための3つのポイントをご紹介します。

◆求人から志向を見出す

就活サイトや求人情報誌にはたくさんの求人が並んでいます。その中から、自分がいいと思ったもの、嫌だと思ったものをピックアップしてみてください。そう思った部分の共通点や理由を洗い出すことで、自分が仕事に求めるものやどんな働き方がしたいのかということが分かってきます。まずはたくさんの求人に触れることで、「やりたいこと」につながる糸口を探してみてください。

◆「できる」を伸ばす

これまでの経験の中で築いた長所を伸ばせる仕事を探してみるのもいいかもしれません。やりたいことははっきりわからなくても、できることを挙げることは難しくないでしょう。「人の顔や名前を覚えるのが得意」「タイピングが早い」など、ちょっとした特技だと思っていることでもそれを活かせる仕事がないか探してみると、自分に向いている仕事が見つかるかもしれません。得意なことならば成長も早く、やりがいを持って取り組むことができます。

◆条件から考える

どうしてもやりたいことがわからない場合、視点を変えて条件で転職先を絞ってみるのも良いかもしれません。転職したいという気持ちがあるということは、今の職場に何かしらの不満があるということです。転職を考えた理由を改めて整理し、「正社員として就職したい」「土日は休日の仕事がいい」「業務経験を活かしたい」など、具体的な条件を挙げてみてください。条件を整理することで自分が何を大切にしているのかという価値観がはっきりし、やりたいことも明確になります。

以上が、やりたいことがない、わからないという方に向けた転職活動のポイントです。上記のポイントを押さえることで、やりたいことをはっきりさせて転職活動に取り組めるのではないでしょうか。


一人で考えるのが難しいという方は、転職エージェントに相談してみるのも良いかもしれません。エージェントと対話をする中で、プロの目から見た客観的な長所を知ることができます。

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ