転職したいけどやりたいことがないときは?自分に合った仕事の見つけ方

転職したいけどやりたいことがないときは?自分に合った仕事の見つけ方の画像

【このページのまとめ】

  • ・転職でやりたいことがない場合は、自己分析や業界研究をする
  • ・やりたいことがない状態で転職先を見つけるには現状の不満ややりがいを明確にする
  • ・転職先を探す際は、仕事や職場に求める条件とその優先順位をつける
  • ・やりたいことがない場合の転職は、プロに相談するのもおすすめ

転職したいのにやりたいことがないと悩んでいませんか?今の職場に不満があっても、転職で実現したいことが分からないと踏み出せません。やりたいことを見つけるには、自己分析で自分の適性を把握したり、キャリアの棚卸しで強みを見つけたりすることが必要です。また、現職の不満を洗い出し、不満を解消できる職場を探すのも良いでしょう。
このコラムでは、転職希望の方に向けて、やりたいことを見つけるヒントをご紹介します!

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

やりたいことがないときにすべき4つの転職活動準備

やりたいことがない状態で転職活動をしても不安を感じてうまくいかないことが多いため、まずは情報収集や自己分析をしたり、メンタル面を鍛えたりして準備をすると良いでしょう。

1.転職の情報収集のため仕事や業界について研究する

やりたいことがないのは、世の中にある業界や職種について把握していないからという可能性があります。
特に異業種への転職を希望する場合は、世の中にどんな業種があるのかを広く知ることが必要。業界や職種についての知識が浅いと、適性に合う仕事があっても見落としてしまう可能性があるからです。
業界地図や職業図鑑などの書籍を使って業界・仕事の種類や特徴を学び、自分に合った転職先を探しましょう。

2.自己分析で好きなことや楽しかったことを振り返る

自己分析が不十分だと、自分の価値観や強み・弱みが分からず、適性に合わない仕事に転職するリスクが高いです。
やりたい仕事や適性のある職種を見つけるためにも、学生時代や社会人生活を振り返り、印象的な経験を書き出しましょう。成功体験だけではなく、挫折体験や悔しかった出来事を振り返るのも意味があります。
ひととおりエピソードを書き出したら、エピソードに共通する行動の癖や考え方がないか分析しましょう。特に、課題にぶつかったときの対処方法からは、その人ならではの強み・弱みが見えてくるはず。
ほかにも、楽しかった出来事や達成感があった出来事からは、自分がどんなときにモチベーションが上がるのかが分かります。これらはすべて仕事を探す際の参考になる要素なので、しっかり自己分析を行っておきましょう。
自己分析をしてもよく分からない方は、他人からどう評価されているかが分かる「他己分析」も併せて活用しましょう。他己分析は客観的な意見がもらえるため、自分だけでは分からなかった自身の魅力や弱点などが明確になります。他己分析について詳しく知りたい方は「自己分析と併用したい!他己分析のススメ」もご覧ください。

3.若いうちなら転職の失敗を恐れず挑戦する勇気を持つ

失敗を避けるために慎重に考えて転職活動するのは悪いことではありませんが、収入面や新しい仕事への不安ばかりを考えていると、少しでも興味を抱いた仕事を避けてしまう恐れが。
慎重になり過ぎてチャンスを逃さないためにも、「駄目だったらもう一度転職すれば良い」という気持ちを持ちましょう。特に20代の若いうちなら、失敗しても再びやり直せるチャンスがあります。未経験の分野であれば、年齢の目安は30代といわれているのが実状です。
「応募したら絶対に入社しないといけない」というわけではないので、転職求人サイトでどんな仕事があるのか調べたり、面接に行って採用担当者に話を聞いたりしてみましょう。
仕事を辞めずに転職活動をすれば、途中で転職を取りやめることもできるので、うまくいくか不安な方は、在職中に転職活動を行うと良いでしょう。

4.転職先を選ぶため他人の目を気にしない心を養う

やりたいことがないと悩む人の中には、周囲の目を気にして行動できなくなっている人もいます。本当はやってみたい仕事があるのに、「親が反対しそうだから」「無謀だと思われそうだから」と踏み切れないことも。「大企業でなければ世間体が悪い」という人もいるでしょう。
しかし、あくまで働くのは自分自身。周囲の目を気にして転職先を選んでも、仕事や社風が合わなければ長く働くのは難しいでしょう。大企業は知名度があってイメージが良いかもしれませんが、そこでの仕事や働き方があなたに合っているかどうかは別問題。
本当に満足のいく転職を叶えるには、他人ではなく自分の基準で仕事を選ぶことが大切です。
転職をしたいのにやりたいことがないという人は、「やりたいことがないときはどうする?」で紹介している対処法もぜひお試しください。

やりたいことがないときに転職先を見つける5つの方法

転職活動の事前準備が整ったら、自己分析や業界研究の結果、現職のやりがい・不満などを参考にして仕事を探します。

1.自己分析をもとに興味のある仕事に挑戦する

前項で行った自己分析・他己分析は、自分の適性や興味を明確にするもの。結果をもとに、自分の強みを活かせる職種や興味のある仕事を絞り込み、挑戦してみましょう。たとえば、「料理が好き」であれば飲食店のキッチンで働くことにやりがいを感じられる可能性がありますし、食品メーカーでの商品開発などに向いている場合も「じっとしているより動いている方が心地が良い」のであれば、デスクワークより土木作業員など身体を動かす仕事に適性があると考えられます。

2.業界研究をもとに将来性の期待できる転職先を探す

業界研究は自分の適性や興味に合う仕事探しに役立てられますが、その業界や仕事の「将来性」「需要」を把握するのにも利用できます。たとえば、現在急激に需要が増加しているIT業界や介護業界は慢性的な人手不足であり、就職がしやすい状況です。将来的にも需要は高まり続け、一定以上の雇用が期待できるといえるでしょう。万が一、転職先が合わなかった場合でも次の仕事を見つけやすい業界ともいえます。
一方で、事務手続きなどの定型業務は近い将来AIが代わりに行えるようになるといわれており、これまでの事務職人気と相まって一層高い就職倍率になる可能性が。やりたいことに注目して仕事を選ぶのも良いですが、「長く安心して勤められる職場を探したい」という人には、将来性を重視した転職活動もおすすめです。

3.現職の不満を洗い出してやりたい仕事を探す

現職に不満を抱いて転職を考えている人は、不満の原因からやりたい仕事を探す方法が有効です。そのためには、現職の何が嫌で転職したいのか、不満を掘り下げて分析しましょう。
たとえば、人間関係に不満がある人は、さらにその原因を掘り下げていきます。もし、「上司の命令が絶対」という体育会系な社風に不満があったのであれば、次は社内の風通しが良いボトムアップ型の職場を探すのが良いでしょう。
また、「営業職が苦手」と一口にいっても、その理由は「新規営業が嫌」「ノルマがきつい」などさまざまです。仮に新規営業が嫌な人は、ルート営業ならば実力を発揮できる可能性があります。
このように、自分が何に不満を感じているのかを具体的に分析することで、転職先の仕事を選ぶヒントが見えてくるでしょう。

4.現職のやりがいから転職先を探す

現職をヒントに次の仕事を探すなら、不満だけでなく、やりがいにも目を向けましょう。その場合も、不満を洗い出す際と同様に「なぜそれをやりがいと感じたのか」という目線で掘り下げていくのがポイント。
たとえば、「お客さまに感謝されるのが嬉しい」というやりがいを分析すると、「人の役に立つのが嬉しい」「リアルタイムで反応があるのが嬉しい」「自分の提案が認められるのが嬉しい」といった要素が出てきます。
転職先を探す際は、自分がやりがいを感じる要素がある仕事を選ぶと良いでしょう。

5.実績を振り返り強みを活かせる転職先を探す

これまでの仕事の実績を振り返って、自分の強みや得意分野を探しましょう。強みが思いつかないときは、「キャリアの棚卸し」を行い、普段の業務内容や仕事に対する姿勢を洗い出します。
仕事に対する工夫や意識は人それぞれなので、「自分には大きな実績や目立つスキルがない」と思っていても、何かしらの長所が発見できるはずです。

<キャリアの棚卸しのやり方>
まずは1日の業務をすべて書き出してみましょう。「出社したらメールチェックをする」「〇時から会議」という風に、よくある1日の流れを細かく振り返ります。
1日の流れを書き出していくと、「あんな業務もしていたな」と思い出す事柄もあるので、それも含めてすべてを書き出してください。
業務内容が書き出せたら、各業務で意識しているポイントを書き加えましょう。メールチェックだったら、「その日中に返信するようにしていた」という風に、工夫したことや気をつけていたことを思い出します。
次に、各業務の実績を書き足します。このとき「大した実績がない…」と思う人は多いですが、実績は大きな数値でなくても大丈夫。自分なりの目標を達成したことや、周囲にほめられたことを取り上げてもOKです。数字で表せる実績がなくても、「書類作成スピードが前月より上がった」「プレゼン資料が分かりやすいとほめられた」といった事柄があれば書き出しましょう。
これまでに複数の業務や転職を経験している人は、過去の職務内容に応じて上記の作業を繰り返します。すべて書き出せたら、今までのキャリアを俯瞰して自分の強みを見つけましょう。
どの業務でも一貫している姿勢や経験から学んだこと、周囲から評価されていることなどに注目すると、強みが見つけやすくなります。
キャリアの棚卸しが終わったら、転職求人サイトなどを使って自分の強みが活かせる仕事を探しましょう。
目立つ実績・強みではなくても、採用したい人物像は企業によって多様です。自分では「よくある業務だから」と思うことでも、「経験が少しでもある人なら採用したい」と考える企業もあるでしょう。業務に対するこだわりや工夫を高く評価する企業もあります。
社会人経験が浅い人は「実績がない」と悩みがちですが、身近な業務から自分なりの強みを探し出しましょう。
フリーターの就活、バイト経験はこう活かす!─スキルの棚卸し編」では業種別の棚卸し例を紹介していますので、参考にしてください。

転職活動で仕事を探すときの4つのコツ

適性ややりたいことが明確になったら、内定が出る確率を上げたりミスマッチを減らしたりするために、仕事内容や就職先に求める条件をより明確にするなど転職活動のコツを押さえておきましょう。

1.仕事や転職先に求める条件を決める

ミスマッチのない転職を叶えるには、求人を探す前に転職先に求める条件を定めましょう。
仕事探しの軸が定まらないまま求人を見ると、「給与は良いが勤務地が遠い」「勤務地は近いが福利厚生に不安がある」などさまざまな条件で比較してしまい、判断が鈍るようになってしまいます。
また、一時的な感情で応募企業を決めてしまい、「給与は良いけど仕事は合わなかった」というミスマッチが生じるリスクもあるでしょう。
仕事を探す前に、現職の不満や今後の希望を整理して、「転職で何を実現したいのか=転職先に求める条件」を考えることを大前提にしてください。たとえば、現在の仕事内容に対する給与が不満であれば、給与面を最も重視して選ぶようにするという風です。

2.転職先に求める条件に優先順位をつける

条件が複数ある場合は、「絶対譲れない条件」と「妥協できる条件」に分けて考えましょう。すべての希望を満たす職場を見つけるのは、現実的には難しいからです。
また、条件が多いと応募できる求人の数が限られ、視野が狭まってしまいます。条件には優先順位をつけ、柔軟に求人を探しましょう。

3.未経験の仕事はよく調べる

未経験業種に転職する場合は、事前に業界や仕事内容についてよく調べましょう。イメージだけで転職するとミスマッチが起こりやすく、後悔することになりかねません。
業界に関する書籍やWebサイトなどを調べ、できればその業界で働く人に話を聞くと良いでしょう。仕事の良い面だけではなく、大変さも理解することで、転職後のミスマッチを防げます。

4.やりたいことがない転職活動はプロに相談する

「やりたいことがない」という悩みが1人で解消できないときは、プロに相談するのがおすすめ。ハローワークや民間の転職エージェントでは、担当者と一緒に求人を見ることができます。
特に転職エージェントでは、専任の担当者が求人の提案から選考対策まで一貫してサポートしてくれるので、転職に不安がある人も安心です。
転職エージェントは求人サイトに掲載されていない非公開の求人も扱っているので、「思うような仕事と出会えない」という人もぜひ利用すると良いでしょう。
やりたいことがないとお悩みの方は、若年層の転職支援を行うハタラクティブに相談してみませんか?
ハタラクティブでは専任のアドバイザーがカウンセリングを行い、あなたに合った仕事をアドバイス!
必要があれば一緒に自己分析を行うので、「自分の強みが分からない」という方も心配ありません。
また、応募企業が決まった後は、書類・面接対策で内定までをバックアップ。面接日の調整や条件交渉などもすべてアドバイザーが行うので、スムーズに転職活動を進められます。
サービスのご利用は無料ですので、「相談だけしてみたい」という方もお気軽にご登録ください!

やりたいことがないときの転職Q&A

やりたいことがない場合の転職について、よくある疑問を解消します。

転職先に求める条件は待遇面でもOK?

はい、モチベーションの維持・向上や安心感につながりそうであれば給与や福利厚生など待遇面を重視して選んでも大丈夫です。「皆勤したら手当が出る?福利厚生は仕事選びの鍵になる!」で紹介しているように、給与が低めでも福利厚生でカバーしている企業も豊富ですから、求人をチェックする際はどんな福利厚生があるかしっかり確認しておきましょう。

転職できても早期退職にならないか心配…。

自分で転職先や仕事を選ぶのが不安な方は、一度適職診断を受けてみるのがおすすめです。自己分析・他己分析と同じように、自分の思考の傾向や行動、癖、強み、弱みなどをもとに適職の一例が示されるので、参考になるでしょう。

やりたいことがないままだけど先に退職しても良い?

転職活動が長引き収入面が心許ない、ブランクがあると転職活動に不利になりやすいなどの理由から、できれば転職先が決まってからの退職がおすすめです。しかし、心身に不調が出ているなど限界を感じている場合は、先に退職しても問題ありません。「退職を決めたら…転職活動のタイミングはいつが良い?」でご紹介しているメリット・デメリットも参考にしてください。

将来性がある転職先にはどんなものがある?

ITや介護業界の職種をはじめ、医療・看護業界、広告業界の需要が高まるといわれています。「将来性のある業界って何?需要の高い仕事の特徴と企業選びのポイント」ではより詳しく業界・職種について紹介していますので、ご一読ください。

どうしてもやりたいことが見つからないときは?

当コラムで紹介した方法などを試してもやりたいことが見つからない場合は、「やりたいことがない就活はどうする?」を参考にするほか、ハタラクティブへご相談ください。専任のアドバイザーがつき、しっかりヒアリングを行いますので一緒にご自身にぴったりの仕事を見つけましょう。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION