転職したいと思ったら?行いたい準備と決断する基準を紹介

転職したいと思ったら?行いたい準備と決断する基準を紹介の画像

この記事のまとめ

  • 転職したいと思ったら、転職の目的や現実的に可能かどうかを考える
  • 転職したいと感じても、「不満を解消したいだけ」「目的はない」状態は控えたほうがいい
  • やりたことがはっきりしている人や職場でのストレスが大きい人は、転職を視野に入れよう

転職したいと感じたとき、どのような行動をとるべきか悩む人もいるでしょう。転職は人生の大きな決断です。後悔のない転職活動を行うためには、転職するべきタイミングを見極めることがとても大切。このコラムでは、転職に向いている人と待った方がいい人の特徴をまとめてみました。転職を考えている人は自分がどちらに当てはまるのかチェックしてみてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

転職したいと思ったら?最初に行いたい3つのこと

転職活動を始めるにあたって、まず退職理由を明確にすることが大切です。退職理由を明らかにすることで、転職する必要性を改めて考えましょう。また、転職が現実的に可能かどうかを見極めることも大切。転職することで将来のキャリアがどうなるかも、注目したいポイントです。

1.転職によって現在の悩みが改善されるか考える

転職によって、現在抱えている悩みが改善されるかを考えましょう。例えば、職場の人間関係や労働環境に問題があり、不満を抱えている場合は、転職して環境が変われば改善される可能性があります。しかし、業務内容に対して不満があるにもかかわらず同じ職種に転職すれば、同じ悩みを繰り返してしまうでしょう。

また、これらの不満は転職をしなくても社内の部署異動や転勤で解決することも。本当に転職する必要があるかどうか、今抱えている悩みを明確にする必要があります。

少し時間をおいて冷静になることも大切

一時の感情で転職を決めてしまうと、目的が定まっていないため転職に失敗したり後悔したりする可能性が高まります。転職先でも同じような不満を抱えてしまったり、想像してたようなキャリアアップが望めないというケースも。そのため、無計画のまま勢いで転職をするのは避け、自分自身を見つめなおして冷静になれる時間を確保しましょう。

2.現実的に転職が可能か考える

一般的に、転職すると年収が下がるといわれています。また、勤務地が大きく変わることもあるでしょう。どんなにやりたい仕事でも、引っ越しが必要だったり勤務時間が今と大きく変わったりすれば、生活に影響が出る可能性も。特に家族がいる場合は、収入や転居について慎重になる必要があります。転職を希望していても、現実的に可能かどうかも改めて考えましょう。

転職活動をしても必ず転職する必要はない

転職活動をしたからといって、必ず転職する必要はありません。悩んでいるなら希望する条件で探してみたり、今の自分のスキルや経験からどんな求人があるか調べてみたりするのがおすすめ。現実を見ることで、転職を進めるか一旦ストップするかの判断材料になるはずです。

3.5年後や10年後の働き方をイメージする

転職をするか、今の職場で働き続けるか、どちらが将来にとって良いか迷う場面もあります。そのような場合は、長期的な目標を決めて、それが今の職場で実現できるかを考えてみましょう。5年後にどのような仕事をこなせるようになっていたいのか、10年後にどのようなポジションについていたいのか、などをイメージして、今の職場で達成できるかを考えます。

もし、今の職場で実現が難しそうであれば、理想のキャリアアップができる企業への転職がおすすめです。キャリアアップがどのようなものかを知り、実現のためのポイントを押さえておきたい方は「キャリアアップとは?目指すメリットや実現させるための5つの方法を解説!」も参考にしてください。

転職したいと思ったら準備すること

ここでは、転職活動を始めるための準備しておきたいことを紹介します。転職活動をスムーズに進めて、希望の企業で働くためにも、ポイントを押さえておきましょう。

転職活動の時期や期間を決める

在職中に転職活動をする場合、タイミングや期間を決めることが大切です。繁忙期に転職活動を始めても、準備や選考にかける時間を確保できない場合があります。また、期間を決めておかないとだらだらと転職活動が長引いてしまい、思うように進まないことも。そのため、転職活動に時間を使えるタイミングを見計らい、期間を設定して取り組むのがおすすめです。

自分が持っているスキルや経験を洗い出す

効率的に転職活動を行い、希望する企業に雇用してもらうためには、今の自分のレベルを知る必要があります。自分に何ができるのかを明確にするためにも、スキルや経験の洗い出しをしましょう。

転職したいけどスキルがないときは?

転職に必ずしもスキルは求められません。スキルよりも、転職の目的や意欲を重視する企業も多くあります。また、「スキルなしでも転職できる?年代別のやるべきことや転職市場を詳しく解説!」のコラムでも説明しているように、20代なら若さや将来性、30代ならマネジメント経験など、スキル以外でアピールできるポイントを見つけることも大切です。

希望する転職先の情報収集をする

自己分析が完了したら、働きたい業界や職種、企業についての研究・分析も進めましょう。情報収集する際は、転職サイトや求人情報誌などをチェックするのがおすすめです。また、自分で情報収集するのが難しい場合は、転職エージェントを活用するのも良いでしょう。面談で希望する条件や理想の働き方などを伝えると、専任のエージェントがマッチした求人を提案してくれます。

希望する転職先で必要な資格やスキルを取得する

希望する業界や職種、企業がある程度絞れたら、転職を成功させるために必要な資格やスキルの取得を目指しましょう。未経験を歓迎している企業もあれば、経験が必要な企業もあります。希望する企業によって異なるため、転職先企業の候補を決めてから取得を目指しましょう。

転職活動を成功させるために手順や準備しておくことをチェックしておきたい人は「転職活動をスムーズに進めるために準備しておくこと」をご覧ください。

転職したいと感じるきっかけ

転職をしたいと思うきっかけは人によってさまざまです。大まかに分けると、給料・労働環境・社風・仕事内容の4つに対して、不満を抱える人が多いといえます。ここでは、働いている人が転職を考える理由を見ていきましょう。

業務量に給料が見合ってない

業務量と給料のバランスがとれていないと感じるとき、転職を検討する人が多いようです。給与は安定した生活を続けていくためにも重要な要素。生活が厳しくなるほど低かったり、業務量が多いのに金額が見合ってなかったりすると不満を抱きやすいでしょう。

残業や休日出勤が多い

残業や休日出勤が多く、ワークライフバランスがとれない場合も、転職を考える人が多いようです。体力面や精神面で疲労してしまうような環境にいる場合、過労で倒れる前に転職を検討するのがおすすめです。

社風が合っていない

企業理念や経営方針と、自分の理想の働き方が合っていない場合も転職を考える人がいます。企業の仕事への姿勢を変えることは難しいもの。社風が合わないなかで業務を続けるのは将来への希望を持ちづらいといえるでしょう。

業務内容が合っていない

今の職種の業務内容が合っていないと感じたときも、転職を検討する人も多いようです。本来やりたかった仕事と別の業務を任されている場合、モチベーションが上がらず業務に集中できないという人もいるでしょう。将来働き続けることを考えると、自分がやりがいを感じられる仕事に転職するのも一つの手段です。

転職理由を面接で伝えるときに、好印象を抱いてもらうためのポイントは「転職理由を面接で聞かれたら本音を伝える?前向きさを示す書き方の例文とは」で紹介しています。

転職を進めても良い人の特徴

転職活動をスタートさせようか検討している人の中には、本当に転職してよいのか悩んでいる人もいるでしょう。ここでは、転職を進めるのに適している人の特徴を紹介します。

転職したい理由が明確な人

やりたいことがはっきりしており、それが今の会社で叶わないことが分かっている人は、転職に向いているといえるでしょう。転職の目的がはっきりしていれば、退職を伝えるときや面接でもしっかりと伝えられます。今の仕事が自分の目指すキャリアにつながらないと分かっているなら、早めに転職活動をスタートさせましょう。

職場の環境が良くない人

現在の職場環境が悪く、体力的・精神的に疲労が溜まりやすい状況の場合は、転職を検討しましょう。特に時間外労働が多く、肉体的にも精神的にもストレスが多い職場で働いている場合は、体調を崩すおそれがあります。無理をして体を壊す前に転職を前向きに検討してみてください。

会社に行くのが毎日憂鬱な人

毎日会社に行くのがつらい、足どりが重いなど精神的に疲弊し、業務に支障をきたしてしまうおそれがある場合は、転職を検討しましょう。自分がいま働いている環境がブラックであるか判断できるようにしたい人は「ブラック企業とは?厚生労働省による定義の有無についても解説」もあわせてチェックしてください。

20代で転職は早い?

新卒入社した会社で3年程度働いた25歳前後の人は第二新卒と呼ばれ、積極的に採用する企業も多いのが特徴。なぜなら第二新卒者の持つスキルや若さ、柔軟性は、転職市場において非常に有利となるからです。上記で説明した特徴に当てはまるところがあれば、転職を前向きに検討してみましょう。

転職を待った方がいい人

転職を進めたほうが良い人もいれば、一度考え直したほうが良い人もいます。ここでは、安易に転職を決めず、もう一度今の状況を見つめなおし、転職が適しているか考えたほうが良い人の特徴を見ていきましょう。「転職したい」という気持ちが芽生えてきても、すぐに転職活動を始めるのではなく、現状の自分の状態を見極めることが大切です。

同じ業種での転職を考えている人

同業種で転職をする場合は、他の業界に転職する場合と比べて即戦力が求められる傾向にあります。よって現状の職場で経験を積み、次の職場でも活かせるスキルを身に付けることで、選択肢を広げることが可能となるでしょう。在職期間が短い場合は、転職時期を先延ばしにすることも検討してください。

愚痴ばかりで現状を変える行動を取っていない人

現状の仕事に不満があっても、まずは改善するために策を尽くしてください。現状から逃げるために転職活動を行っても、面接で見抜かれてネガティブな印象となり成果を上げることが難しくなります。

目的のない人

自分のやりたいことがわからないまま転職活動を行うのは、非常にリスクが高くなります。条件で転職先を決めやすくなるため、働いてみて「こんなつもりではなかった」「思っていた仕事と違った」という事態が起こる可能性も。自分が転職する意味や目的をしっかりと定めてから、転職活動を行うようにしましょう。

「転職に興味があるけどタイミングが分からない」「転職したいけど良い会社が見つからない」など、転職に関するお悩みなら就職支援サービスを提供しているハタラクティブまでお気軽にご相談ください。就活アドバイザーがマンツーマンであなたの転職をサポートします。

転職をしたいときの対処方法に関するFAQ

ここでは、転職したいと考えたときにどのような行動を取れば良いか悩んでいる方に向けて、Q&A方式で回答していきます。

転職したいけど何から始めればよいかわかりません。

転職すると決めたら、まずは全体の流れを把握し、スケジュールを設定することが大切です。
収入などの理由から、働きながら転職活動を行ってブランクなく転職するのが一般的。また、転職活動は長引くほど意欲が減る可能性があります。「働きながら転職活動するのは無理?メリット・デメリットや成功のコツを紹介」を参考に進めていきましょう。

転職先はどのように探したら良いですか?

求人情報誌や転職サイトを使って、採用募集を行っている企業をチェックしましょう。
募集要項を確認して気になる企業をピックアップし、企業研究を進めていきます。希望の企業をなかなか探せないという方は、転職エージェントの利用もおすすめです。ハタラクティブでも、経歴や希望をふまえたオススメの求人を紹介しています。

やりたいことがないけど転職したいです。

やりたいことがない人は、職種や業種にどのようなものがあるか把握できていない可能性があります。まずはさまざまな業界や職種を知るために、業界研究を行うとよいでしょう。「仕事の種類を知って適職を探そう!系統別に職業一覧をご紹介」を参考に、自分の興味がある分野を見つけてみましょう。また、「転職したいけどやりたいことがない!仕事探しのコツや現職の見直し方を紹介」のコラムも参考にしてください。

ハタラクティブ
のサービスについて
こんな人におすすめ
  • 経歴に不安はあるものの、希望条件も妥協したくない方
  • 自分に合った仕事がわからず、どんな会社を選べばいいか迷っている方
  • 自分で応募しても、書類選考や面接がうまくいかない方

ハタラクティブは、主にフリーター、大学中退、既卒、そして第二新卒の方を対象にした就職・転職サービスです。
2012年の設立以来、18万人以上(※)の就職・転職をご支援してまいりました。経歴や学歴が重視されがちな仕事探しのなかで、ハタラクティブは未経験者向けの仕事探しを専門にサポートしています。
経歴不問・未経験歓迎の求人を豊富に取り揃え、企業ごとに面接対策を実施しているため、選考過程も安心です。

※2014年12月~2024年1月時点のカウンセリング実施数

この記事に関連するタグ

目次