転職が辛い時期の乗り越え方は?辞めたい理由と対処法を紹介!

転職が辛い時期の乗り越え方は?辞めたい理由と対処法を紹介!の画像

この記事のまとめ

  • 転職が辛いのは「転職先がなかなか決まらない」「転職先が合わない」などの理由がある
  • 転職活動が辛いと感じたら休息を取る、第三者に相談するなどの方法が有効的
  • 転職が辛いと思ったときは自分を労り、周りに頼ることを意識する
  • 転職活動が上手くいかずに辛いときは、エージェントを活用してみよう

転職が「辛い」と感じる人もいるでしょう。原因は、「転職活動がうまくいかない」「転職した会社が自分と合わない」など、さまざまです。転職が辛いときは、今の状況を改善するためにできることはないか考えてみましょう。このコラムでは、転職が辛いと感じる方に向けて、その原因や対処法をまとめました。「転職が辛い」という状況から脱し、求職活動を成功させる方法もご紹介します。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

転職が辛いと感じる理由とは?

転職が辛いと感じる要因は、「転職活動が辛いと感じる場合」と「転職してからが辛いと感じる場合」の2パターンに分けられます。ここでは、具体的にどのような場面で辛いと感じるか見ていきましょう。

転職活動が辛いと感じる場合

転職活動が辛いと感じる理由は、「転職先が決まらない」「周囲に転職活動中だと知られないようにするのが心苦しい」「出費がかさみお金に余裕がなくなる」などが挙げられます。

転職先が決まらない

転職先が決まらないと、精神的にも身体的にも辛いと感じることがあるでしょう。応募書類を記入することは労力を必要とするほか、志望先に出向いて面接を受けるのも一定の大変さがあります。まして、内定がもらえず転職がうまくいかないと、自信をなくしてしまうこともあるでしょう。焦ってしまい妥協して転職先を決めると、後悔する可能性があります。自暴自棄にならずに、反省を次回に活かせるようにすれば、きっとあなたに合う会社が見つかるはずです。

周囲に転職活動中だと知られないようにするのが心苦しい

会社や同期に知られないように転職活動することに対して、辛いと感じる人もいるようです。たとえば、「どこかから情報が回って上司にバレたらどうしよう」「同期と頑張ってきたのに、転職活動をしていることが申し訳ない」など、現職の人間関係から転職活動が辛いと思ってしまうでしょう。そのため、普段の会話でも気を使うことが増えるだけでなく、いつもどおりに業務をこなすこと自体ストレスになってしまう可能性が高まります。

出費がかさみお金に余裕がなくなる

転職費用がかさんでしまうことで、お金に余裕がなくなり、転職が辛いと感じることがあります。転職では、面接時の交通費や応募書類代など、何かと費用がかさんでしまうもの。転職活動が長期化するほど費用も掛かるので、仕事を辞めて収入がない場合には、大きな負担となってしまいます。

自分の希望に合う求人が見つからない

勤務地や給料など自分の希望に合った求人がなかなか見つからない場合も、転職が辛いと感じることが多いようです。求人が見つからないと「自分はいつになったら転職できるんだろう…」と、先が見えないことに対して焦りや不安が募ってきます。転職を考えていても、自分に合った求人が見つからないと、辛いと感じてしまい、なかなか行動を起こせないこともあるようです。自分に合う求人の選び方や失敗しないポイントを知りたい方は「仕事探しで迷わない!自分に合った求人の選び方や失敗しないポイントを解説」をご覧ください。

趣味や好きなことへの時間がなくなる

自分の時間がなくなることで、転職活動中に気分転換をしにくくなる可能性が考えられます。書類作成や面接などに時間をとられることで、趣味や好きなことへの時間がなくなるからです。転職が辛いのは「時間」のないことも大きな理由といえるでしょう。

転職してからが辛いと感じる場合

転職活動がうまくいっても、転職してから辛いと感じる人も多いようです。具体的にどのような場面で辛さを感じるか見ていきましょう。

転職先の仕事になかなか慣れない

異業種や未経験から転職した場合、仕事への適応に時間が掛かり、転職が辛いと感じることも多いでしょう。転職先に慣れないと、居心地が悪くなり、孤独感を感じることがあります。職場に居ることが辛いと感じ、仕事に向かうのも億劫になるでしょう。

転職先がテレワークでコミュニケーションが取れない

転職先の仕事がテレワークだとコミュニケーション不足になるため、意思疎通ができず、辛いと感じる人も多いです。業務がスムーズに進まなくなり、進行に遅れが発生し、顧客や取引先に迷惑が掛かることも考えられます。職場の人と意見が交わしにくくなることで、孤独感を覚えるでしょう。

拘束時間が長過ぎる

一般的な正社員の場合、通勤時間を含めて、1日の大半の時間が会社に拘束されます。拘束時間が長いほど自分の時間がなくなり、ストレスを感じてしまうでしょう。残業の多い仕事だと拘束時間がさらに長くなり、辛いと感じることが多くなります。

人間関係がうまく構築できない

人間関係がうまく構築できずに辛いと感じる人も多いでしょう。なぜなら、転職してから最初のころは、慣れない環境で、人間関係にまで気が回らないことがあるからです。前の職場の人間関係が良かった人ほどギャップに苦しみ、辛いと感じるでしょう。

転職が辛いと思ったときの対処法

転職が辛いと思ったときに、無理に鼓舞して体調を壊してしまったら本末転倒です。ここでは無理をせずに働く方法や、転職活動を行う方法を解説します。

限界に達する前に自分を労る意識を持つ

転職が辛いと感じたときは、限界になる前に自分をいたわりましょう。自己観察をしっかりすることで、自分の限界を把握できます。

こまめに休息を取る

疲れる前にこまめに休息を取ることで、必要以上に辛い気持ちを感じずに済むでしょう。転職活動を行う際はモチベーションを保てるように自己管理することが必要です。ただし、休み過ぎると、転職活動のモチベーション低下につながる可能性もあるので気をつけなければなりません。こまめな休息を取り、転職活動と休憩のオン・オフを切り替えることで、モチベーションを維持できるようにしましょう。

好きなことに夢中になる時間を取る

好きなことに没頭している時間は転職活動中の辛い気持ちを忘れられるため、精神衛生上良い影響が期待できます。好きなことが仕事につながることも考えられるため、積極的に取り入れたいところです。ただし、現実逃避をするために好きなことばかりしていると、習慣化してしまう恐れもあります。あらかじめ好きなことをする時間を決めておけば、習慣化するのを防げるでしょう。

変えられることだけに意識を向ける

変えられることに目を向けると、「自分で解決できる」という自己効力感を鍛えられます。過去や他人などの変えられないことに目を向け過ぎると、精神的な負荷になります。変えられるものと変えられないものを判断して、変えられるものだけに焦点を当て続けることで、転職活動を前向きに進められ、辛い気持ちは減少していくでしょう。

ポジティブな部分に意識を向ける

ポジティブな部分に目を向けると、転職活動の辛いことに意識が向きにくくなると同時に、モチベーションも上がるでしょう。ただし、ネガティブな感情にも、「それを乗り越えたい」のように向上心を高めるきっかけになるなどの意味があります。ポジティブな部分に目を向けつつも、ネガティブなことから逃げずに、向き合う姿勢を持ちましょう。正しい目標設定をしたり、困難が起きたりしたときの自分なりの解決法をいくつか持っておくと、辛い気持ちにも立ち向かいやすくなります。

一人で抱え込まず周りに頼る

辛いときは、1人で抱え込まずに家族や友人などの周りの人に頼ってみるのもおすすめです。

頼れる人がいれば打ち明けてみる

家庭や職場で悩みを打ち明けられる人がいれば、頼りましょう。一人で悩んでいたときのモヤモヤが、晴れる可能性があるためです。ストレスを感じたら相談すると決め、できるだけ早く行動すると良いでしょう。

相談に乗ってくれる機関に頼る

身近な人に打ち明けられないことも、支援機関なら一定の距離があるため、相談しやすいと感じる人もいます。ハローワークや転職エージェントを活用するなどして、悩みを聞いてもらいましょう。相談先が分からない人は、「仕事を辞めたい…辛いときの相談先は?窓口機関ややるべきことを紹介」を参考にしてみてください。

失業保険でお金の心配を減らす

転職活動の費用が嵩んでいることに辛さを感じている人は、失業保険を利用してお金の心配を減らせば、心に余裕がでてくるでしょう。ただし、退職理由ごとに、給付条件や給付期間などがあるため、事前に調べておくことをおすすめします。ハローワークに相談して、受給要件を満たしているか、どのくらいの金額が入ってくるのかなどを確認しておくと確実でしょう。お金の心配がなくなると、転職に対して前向きに向き合えるようになるはずです。

自分に合った転職エージェントを活用する

転職エージェントを活用すると、一人で転職活動をするよりも早めに内定先が決まることがあります。経験豊富なアドバイザーが親身になって聞いてくれることが、理由の一つです。ただし、転職活動に焦ってしまい、自分に合わない企業に入らないように注意しましょう。

時間が解決するのを待つ

転職後に辛い気持ちを感じているのなら、すぐに退職を考えるのではなく、少し耐えてみることも一つの手段。時間が解決する可能性もあるので、以下の期間を目安にしてみましょう。

3カ月間は耐えてみる

耐えられそうであれば、転職してから3カ月間は耐えてみましょう。なぜなら、転職したばかりのころは慣れないことが多く、精神的にも身体的にも辛いと感じやすい時期だからです。どうしても辛い場合は、職場内の信頼できる同期や、家族などに相談してみることをおすすめします。時間が経っても辛い気持ちが解消されないときには、無理せずに転職を検討してみましょう。

転職して半年~2年目は辛いことを受け入れてみる

転職してから半年〜2年目は辛いことを受け入れてみましょう。なぜなら、転職をしてから半年〜2年程度経つと、仕事に慣れてくるので業務量が増え、責任が大きくなる傾向にあるからです。とはいえ、大きな仕事を任せてもらえればやりがいを見つけたり、スキルアップしたりするなど、嬉しいことも増えるもの。一定期間は辛いかもしれませんが、やりがいやスキルを身につけた分、職場で活躍できるようになるでしょう。

転職活動しやすいタイミングを見計らう

転職しやすいタイミングを見計らえば、内定をもらえる可能性も高まるでしょう。在職中で転職しやすいタイミングは、繁忙期や決算期のあとなどです。一般的に求人が多く出ているタイミングは。1月〜3月、GW明け〜6月、夏季休暇明け〜10月ごろ。転職のタイミングを考えて、スムーズに取り組める状態を作っておきましょう。

転職が辛いと思わないための事前準備

転職が辛いと感じるのは、事前の準備が整っていないことも関係しています。具体的にどのような準備をしておけばよいか見ていきましょう。

Webサイトなどから会社の情報を収集しておく

Webサイトを利用すれば、比較的簡単に情報を収集できます。スマートフォンやパソコン、ネット環境があれば、いつでもアクセス可能だからです。ただし、Webの情報は偏りがあったり、信憑性が薄い場合があるので注意しましょう。公的機関や会社の公式HPなどを参考にすれば、偏りのない事実を得られます。情報収集の方法をより詳しく知りたい方は、「業界研究のやり方がわからない?就職・転職に役立つノートを作成しよう」をご覧ください。

転職エージェントで客観的な意見をもらう

転職エージェントへ登録し、アドバイザーから客観的な意見をもらいましょう。仕事の経験があまりない人は知識が浅い可能性もあり、間違った見解をすることもあります。経験豊富なアドバイザーへ意見を求めることで、転職活動を失敗するリスクを減らせるでしょう。

就職・転職エージェントのハタラクティブでは、あなたの希望に合った求人をご紹介します。プロのアドバイザーがマンツーマンで転職活動をサポート。ハタラクティブで取り扱っている求人は、実際に取材を行った企業のみなので、具体的な業務内容や職場の雰囲気などを詳しくお伝えできます。求人の紹介だけでなく、面接対策や応募書類の添削も行っているので、1人での転職活動が不安という方も安心です。サービスの利用はすべて無料なので、自分に合った転職先を探している方は、まずはお気軽にご相談ください。

転職が辛い人に関するFAQ

ここでは転職が辛い人にありがちな質問を、Q&A形式で紹介していきます。

異業種からの転職は辛い?

異業種からだと、求められる能力が違うことが考えられるため、辛いと感じやすいでしょう。たとえば、建設業からIT業に移る場合、社内のツールやシステムに慣れるのに時間がかかり、ストレスを感じることも。異業種でも、事前にスキルを獲得しておくことで乗り越えやすくなるでしょう。未経験から異業種に転職を検討している人は「未経験でも大丈夫?異業種への転職を成功させるには」をご覧ください。

転職先の仕事が辛くて自信がなくなりました…

転職先の仕事が辛くて自信をなくした場合は、第三者に相談してみることをおすすめします。客観的な意見をもらえば、冷静に状況を判断できる可能性があるからです。また、あまりにも辛い場合、部署移動ができないか、会社に相談してみるのも良いでしょう。自分を責めたり、否定し過ぎたりするとますます自信がなくなるため、ポジティブな面に目を向けることが大切です。転職先の仕事が辛いなら、「働く自信がないときの対処法!相談先はどこが良い?ニートも卒業できる?」をご覧ください。

転職が辛い人はただ単に慣れていないだけ?

一般的に転職先に慣れるまでに最低でも3カ月以上は掛かると考えて良いでしょう。人によっては、変化に対して強いストレスを覚えることもあります。成長しているときは、辛いことを受け入れるマインドを身につけることで、一時的な辛さを緩和させられる可能性が高まるでしょう。どうしても仕事に慣れない場合は、「仕事に慣れない。悩み解決のヒントは?」を参考にしてみてください。

転職ができないときの具体的な対策方法は?

業務形態や雇用形態を問わずに興味を持った会社は、応募書類を送ってみることをおすすめします。正社員にこだわると選考へのハードルが上がり、転職活動がスムーズに進まない可能性も考えられるからです。転職活動を自分で進めるのが難しい場合は、転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。

この記事に関連するタグ