転職が辛いと感じたら?原因や対処法をご紹介します

転職が辛いと感じたら?原因や対処法をご紹介しますの画像

この記事のまとめ

  • 転職が辛いのは「不採用が続く」「自分に合った求人が見つからない」などの理由がある
  • 転職活動が辛いと感じたら休息を取る、第三者に相談するなどの方法が有効的
  • 転職先の職場に馴染むことができずに、辛いと感じる人もいる

転職が辛いと悩んでいる方は多くいるでしょう。
転職が辛いと感じる原因は、「不採用が続く」「自分の希望に合う求人が見つからない」など。転職先に上手く馴染めず、転職が辛いと感じる方もいるようです。
このコラムでは、転職が辛いと感じる方に向けて、その原因や対処法をご紹介します。転職を成功させるためにも、できるだけストレスなく乗り切り、スムーズなキャリアアップを目指しましょう。

ハタラビット

ハタラクティブは20代の
フリーター・既卒・第二新卒

特化した
就職支援サービスです

転職が辛いと感じる4つの例

転職活動が辛いと感じる例として、「不採用が続く」「自分に合った求人が見つからない」「転職活動の費用がかさむ」などが挙げられます。以下に詳しく解説していくので、チェックしてみましょう。

1.不採用が続いてしまう

転職活動中に何度も不採用になってしまうと、転職活動自体が辛いと感じてしまうことがあります。一度や二度ならば問題ないという人も、不採用が続くことで「このまま転職先が見つからないのでは?」とネガティブに感じてしまうからです。考え方がネガティブになることで、自分の経験やスキルにマッチしない求人に応募してしまったり、転職活動の方向性を見失ってしまったりすることもあるでしょう。

2.自分の希望に合う求人が見つからない

勤務地や給料など自分の希望に合った求人がなかなか見つからない場合も、転職が辛いと感じることが多いようです。
求人が見つからないと「自分はいつになったら転職できるんだろう…」と、先が見えないことに対して焦りや不安が募ってきます。転職を考えていても、自分に合った求人が見つからないと、辛いと感じてしまい、なかなか行動を起こせないこともあるようです。

3.転職費用がかさんでしまう

転職費用がかさんでしまうことで、転職が辛いと感じることがあります。転職では、面接時の交通費や応募書類代など、何かと費用がかさんでしまうもの。転職活動が長期化するほど費用も掛かるので、仕事を辞めて収入がない場合には、大きな負担となってしまいます。

4.転職活動していることを周囲に知られたくない

会社や同期に知られないように転職活動することに対して、辛いと感じる人もいるようです。
たとえば、「どこかから情報が回って上司にバレたらどうしよう」「同期と頑張ってきたのに、転職活動をしていることが申し訳ない」など、現職の人間関係から転職活動が辛いと思ってしまうでしょう。そのため、普段の会話でも気を使うことが増えるだけでなく、いつもどおりに業務をこなすこと自体ストレスになってしまう可能性が高まります。

転職活動が辛いと感じている人は、「転職活動が辛い!仕事探しがうまくいかない…長期化する理由と解決策」のコラムも参考にしてみてください。仕事探しが長期化する前に、事前の対策を整えておきましょう。

転職活動が感じたときの5つの対処法

転職活動が辛いと感じたときは、「転職活動から離れて休息を取る」「第三者に相談する」といった対処法があります。以下で詳しくご紹介するので、転職活動が辛いと感じている人は参考にしてください。

1.転職活動が辛いと感じる原因を振り返る

転職活動を辛いと感じたら、思い当たる原因や理由を書き出して現状を整理しましょう。原因が曖昧なままなんとなく転職活動をしていても問題解決には至らず、逆に辛いと感じることが増えてしまう可能性も高まります。
「時間に余裕がない」「面接の受け答えが上手くできない」といったように、辛いと感じる原因となっているものが何かを明確にしたうえで、一つひとつ対処していくことが大事です。

2.資格取得を目指す

資格取得に向けて、勉強するのもおすすめの対処法です。スキルが足りていないと感じているのであれば、志望する業種や業界に関する知識を深めることで自信へと繋がる可能性もあります。取得した資格を活かせば転職できる可能性も高まり、スキルを増やせば仕事の幅を広げられるでしょう。

3.転職活動から離れて休息を取る

肉体的・精神的に辛いと感じるのであれば、転職活動から離れてみるのも良いでしょう。辛い状態のまま転職活動を続けても、良い結果には繋がらない可能性もあります。あらかじめ転職活動から離れる期間を決めておき、好きなことをしたり、ゆっくり休んだりしてリフレッシュしましょう

4.第三者に相談する

転職が辛いときは、家族や友人といった信頼できる第三者に相談してみてください。辛いと感じている気持ちを話すことですっきりするはずです。誰かに話すことで、自分の気持ちを整理できるだけでなく、転職に関してアドバイスがもらえる可能性もあります。

5.他人と比べない

転職活動が辛いと感じたら、他人と比べないようにしましょう。転職活動を始めてすぐに内定を獲得する人も中にはいるはず。しかし、応募者によってスキルや経験は異なり、転職に求めているものも違います。そのため、他人の比較する必要はありません。
他人と比べることなく、自分のペースで転職活動を行うことが大切です。

6.ポジティブな気持ちを持つ

転職が辛いと感じるときこそ、ポジティブな気持ちを持つことが大事です。転職後の未来を前向きに想像することで、転職活動へのモチベーションが上がる可能性もあります。転職後に挑戦したいことや自分の将来像を考えて、明るい気持ちで転職活動に臨むことを意識してみましょう

「転職活動が辛いからやめたい…」と考えている人は、「転職活動をやめたい…そんなときの対処法とは」のコラムもあわせてチェックしてみてください。転職活動が辛いときの対処法をご紹介しています。

転職先に馴染めなくて辛い3つの理由と対処法

転職先に馴染めなくて辛いと感じることには、「風当たりが強い」「上司や同僚と合わない」といった理由が挙げられます。以下でそれぞれの理由と対処法について解説するので、ぜひご覧ください。

1.社員の大半が新卒採用である

会社の大半を新卒採用の社員が占めている場合、馴染みにくいを感じることがあるようです。
会社によっては、社員の大半が新卒採用で中途採用の社員があまりいないことも。このような会社は新卒文化が根付いている可能性があり、中途社員からすると馴染みにくいと感じるようです。社内で人間関係を築かないと情報が入手しづらいといったこともあり、疎外感を抱いてしまう人もいるでしょう。
このような場合は、同期の中途採用者、または、新卒採用の社員で人脈のある人と繋がりを持つのがポイント。積極的にコミュニケーションを取ることで、転職先に馴染みやすくなるでしょう。

2.風当たりが強い

転職先での風当たりが強いと感じ、職場に馴染みにくいと思う人もいるようです。これは、「月収○円の給与条件で入社したい」「このポジションで入社できない場合は内定を辞退する」といった交渉を行い、好条件で内定を獲得した場合に該当します。経験や実力が伴っていたとしても、地道に努力してきたほかの社員からすれば、それを良く思わない場合も。その結果、社員からの風当たりが強いと感じ、転職先に馴染めないこともあります。
このような場合には、即戦力として仕事で結果を出すことが大切です。仕事を通して自分の価値を提供できれば、職場で馴染みやすくなる可能性があります。

3.上司や同僚と合わない

上司や同僚と合わないと感じるときに、職場に馴染めないと思う人は多いようです。性格が合わないだけで「上司・同僚に嫌われている」といった勘違いを起こしてしまう場合もあるでしょう。
上司や同僚と合わないと思うときは、一度相手の性格を分析してみることが大事です。その人の性格に合わせてコミュニケーションを取れば、良い関係を築ける可能性もあります。

転職先に馴染めないとお悩みの人は、「職場に馴染めない原因は?良好な人間関係を築くコツ」のコラムもご覧ください。転職先で良好な関係を築くための方法について詳しくご紹介しています。

「転職先に馴染めるか不安」「1人で転職活動を進めて良いか心配」といったお悩みを抱えている方は就職・転職エージェントの活用がおすすめです。
就職・転職エージェントを利用されば、求職者の希望に合った求人を紹介してもらえます。転職に関する悩みも相談できるので、効率良く転職活動を進められるでしょう。

就職・転職エージェントのハタラクティブでは、あなたの希望に合った求人をご紹介します。プロのアドバイザーがマンツーマンで転職活動をサポート。ハタラクティブで取り扱っている求人は、実際に取材を行った企業のみなので、具体的な業務内容や職場の雰囲気などを詳しくお伝えできます。
求人の紹介だけでなく、面接対策や応募書類の添削も行っているので、1人での転職活動が不安という方も安心です。サービスの利用はすべて無料なので、自分に合った転職先を探している方は、まずはお気軽にご相談ください。

関連タグ

  • arrow