15万?20万?一人暮らしに必要な手取り額と貯金方法

15万?20万?一人暮らしに必要な手取り額と貯金方法の画像

【このページのまとめ】

  • ・手取り15万円でも一人暮らしをすることは可能で、手取り20万円あれば余裕を持って生活することができる
    ・自分の生活費が平均かどうか知りたい場合は、理想的な生活費の割合に当てはめてみよう
    ・節約をするなら毎月一定の金額を支払う固定費を見直すのが有効
    ・自炊する、資格をとって手当をもらうなど、生活費を節約したり収入を増やしたりする方法は多くあるので、自分に合ったやり方を見つけよう

正社員になれば安定した給与をもらえるため、一人暮らしを始める人もいると思います。
しかし、中には「自分の給与で生活できるか不安…」という方もいるでしょう。
一人暮らしをするには、手取りでいくらあれば良いのでしょうか。
当コラムでは、手取りが15万円、20万円の場合の平均的な生活費の内訳を紹介しています。
節約方法もまとめているので、一人暮らしを具体的に考えていたり生活費を見直したりしたい方は参考にしてください。

◆一人暮らしするには手取りいくらあれば良い?

「社会人になったから一人暮らしをしたい!」「就職先が実家から離れているから一人暮らしが必要」など、実家を出る理由は人によってさまざまですが、手取りでいくらあれば一人暮らしができるのでしょうか。

新入社員の手取り額として一般的な15万円の例と、社会人2~3年目の平均額と言われる20万円の例を見てみましょう。

【手取り15万円の場合】

・家賃 6万円
・食費 2万5000円
・光熱費 1万円
・通信費 1万円
・医療、保険、日用品 1万円
・服飾費 5000円

以上で12万円となり、3万円が残ります。
残った3万円は貯金や娯楽費などにまわせるので、出費が多くないときは貯金も可能でしょう。

【手取り20万円の場合】

・家賃 6万円
・食費 3万円
・光熱費 1万円
・通信費 1万円
・医療、保険、日用品 1万5000円
・服飾費 1万円

以上で13万5000円となり、残りは6万5000円。
生活費を節約するなどすれば、月に4万円の貯金も不可能ではないと言えます。

【理想的な生活費の割合】

・家賃 25%~30%
・食費 15%
・光熱費 5%
・通信費 5%
・医療、保険、日用品 10% 
・お小遣い 15%
・貯金 20%

あくまでも目安なので、自分の生活パターンや住んでいる地域などによって変動するでしょう。
しかし、上記の割合に当てはめれば、手取り15万円でも一人暮らしをすることは可能。
さらに、手取り20万円あれば生活にゆとりができ、貯金もしやすいといえます。

◆手取り15万で貯金を増やすには

手取り15万円で一人暮らしをすることは可能ですが、なかなか貯金ができないと悩む方もいると思います。
貯金を増やすのに有効な方法はあるのでしょうか。

【固定費を見直す】

固定費とは、家賃や光熱費、保険料、通信費など毎月支払う額が決まっている生活費のこと。
引き落としになっていることが多いため、毎月いくら支払っているか曖昧になりやすいといえるでしょう。
しかし、一度削減に成功すれば毎月の支出を自動的に減らせるので、節約したいときには最優先で検討することをおすすめします。

中でも、家賃や通信費は見直しに向いている費用。
7万円の家から6万円の家に引っ越せば毎月1万円の支出削減になりますし、通信費も格安スマホを使ったり自宅のインターネット回線を解約したりすれば毎月5000円ほどを減らすことができるでしょう。

【自炊する】

節約の王道とも言える自炊ですが、コンビニ食や安いお弁当を買うのと同じコストと考える人もいるでしょう。
しかし、1週間分をまとめて作って冷凍しておくと、材料を無駄にすることなく光熱費を抑えることができます。
毎日コンビニで食事を買うと、自炊に比べておよそ2倍の食費がかかるとも言われているので、節約を心がけるなら自炊がおすすめです。

【コンビニに寄らない】

緊急時を除いて、むやみにコンビニに寄らないようにするのもポイントです。
帰宅時に立ち寄るのが習慣になっている人は注意しましょう。

【ペットボトル飲料を買わない】

たかがペットボトル…と思っても、毎日買えば150円×30日で4500円になります。
自宅でお茶を作る、マイボトルを持参するなどで代用しましょう。

他にも、電気やガスの供給先を変える、インターネット無料の部屋に住む、図書館を活用するなど節約の方法はいろいろあります。
ストレスにならない自分に合った節約方法を見つけましょう。

◆転職して給与アップを目指すのもあり

手取りが少なくて満足な生活ができない、生活費だけで貯金に回せないなど、収入面で悩んでいる人も多いと思います。
一人暮らしで収入面が気になるのであれば、節約だけでなく収入アップを目指すのも方法の1つ。

資格の取得やスキルアップによって手当が付く企業もありますし、1年毎の昇給や昇進を目指して業務に精を出すのも良いでしょう。
しかし、これらの方法は時間がかかるので、早期に収入を増やしたいのであれば転職を検討してはいかがですか?

ハタラクティブは、第二新卒などの若年層に特化している転職エージェント。
就職事情に詳しいスタッフが、あなたの専任となってサポートを行います。
企業には直接聞きにくい給与情報などもスタッフが代行して確認。入社後のミスマッチを防ぎ安心して転職することが可能です。
条件の良い企業で働きたい、持っているスキルを最大限活かしたいといった希望を叶えるために、ぜひお問い合わせください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION